塩出啓典 参議院議員
14期国会活動統計

塩出啓典[参]在籍期 : 8期- 9期-10期-11期-12期-13期-|14期|-15期
塩出啓典[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは塩出啓典参議院議員の14期(1986/07/06〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は14期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院14期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第106回国会
(特別:1986/07/22-1986/07/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第107回国会
(臨時:1986/09/11-1986/12/20)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1986/12/29-1987/05/27)
1回
3028文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1987/07/06-1987/09/19)
1回
1963文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第110回国会
(臨時:1987/11/06-1987/11/11)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1987/11/27-1987/12/12)
1回
8396文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1987/12/28-1988/05/25)
1回
3083文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1988/07/19-1988/12/28)
2回
913文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1988/12/30-1989/06/22)
2回
850文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



14期通算
(1986/07/06-)
8回
18233文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


塩出啓典[参]本会議発言(全期間)
8期- 9期-10期-11期-12期-13期-|14期|-15期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院14期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第106回国会
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

7回
(6回)
2回
(0回
0回)
5099文字
(0文字
0文字)

16回
(11回)
6回
(0回
0回)
42477文字
(0文字
0文字)

10回
(0回)
2回
(0回
0回)
12949文字
(0文字
0文字)

第110回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第111回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

15回
(0回)
7回
(0回
0回)
29426文字
(0文字
0文字)

17回
(5回)
7回
(5回
0回)
27754文字
(3207文字
0文字)

5回
(4回)
5回
(4回
0回)
8821文字
(3129文字
0文字)


14期通算
74回
(28回)
29回
(9回
0回)
126526文字
(6336文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
1947文字
(0文字
0文字)


14期通算
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
1947文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
36回
(11回)
12回
(0回
0回)
大蔵委員会

2位
12回
(0回)
2回
(0回
0回)
税制問題等に関する調査特別委員会

3位
10回
(8回)
3回
(0回
0回)
科学技術特別委員会

4位
9回
(9回)
9回
(9回
0回)
法務委員会

5位
7回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
税制問題等に関する調査特別委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

法務委員会(第113回国会)
法務委員会(第114回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

科学技術特別委員会(第106回国会)
大蔵委員会(第106回国会)
科学技術特別委員会(第107回国会)
大蔵委員会(第107回国会)
科学技術特別委員会(第108回国会)
大蔵委員会(第108回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

塩出啓典[参]委員会統計発言一覧(全期間)
8期- 9期-10期-11期-12期-13期-|14期|-15期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院14期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)0本
第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)0本
第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)0本
第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)0本
第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)0本
第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)0本
第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)1本
第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)2本
第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)2本


14期通算(1986/07/06-)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第112回国会(1987/12/28〜1988/05/25)

マンション問題に関する質問

第112回国会 参議院 質問主意書 第3号(1988/01/29提出、14期、会派情報無し)
質問内容
近年、マンションは永続的な生活の場として見直されつつあり、建設戸数も急増しているが、それに伴いマンションの居住性能、管理条件、売買関係などについての不満、苦情が続発している。とりわけ維持管理をめぐるトラブルは多発の傾向にあり、大きな社会問題ともなつている。これらマンションをめぐる様々な問題は、住宅政策の基本に関する重要な問題を含んでいると考えるので、以下の諸点について政府の見解と対応を伺いたい。 …
答弁内容
一について
マンションについては、管理組合が自らその管理を行うもののほか、管理業者に委託して管理を行つているものが増加している。
このような状況を踏まえ、マンションの管理規約の作成に当たつての指針となる中高層共同住宅標準管理規約及びマンションの管理委託契約の締結に当たつての指針となる中高層共同住宅標準管理委託契約書の作成及びこれらの周知を行うこと等により関係者に対し必要な指導等を行つているとこ…

■ページ上部へ

第113回国会(1988/07/19〜1988/12/28)

自然公園施設の災害復旧に関する質問

第113回国会 参議院 質問主意書 第12号(1988/10/06提出、14期、会派情報無し)
質問内容
被災した公共土木施設、文教・厚生施設及び空港・鉄道施設等については、早急に復旧を図るための災害復旧制度が整つている。
しかし、自然公園施設の災害復旧については災害復旧制度が整つておらず、公園施設整備費や予備費の支出で対処しているのが実情である。
我が国においても、いよいよ本格的な余暇時代を迎えようとしており、国民の多様なニーズにこたえられる保養施設の整備が急がれている。こうした現状にかんがみ、…
答弁内容
被災した自然公園施設の復旧については、自然公園施設に対する国民のニーズ及び復旧の緊急性を踏まえ、適切に対処できるよう今後とも努力してまいりたい。

マグネシウムの摂取に関する質問

第113回国会 参議院 質問主意書 第14号(1988/10/14提出、14期、会派情報無し)
質問内容
近年、国民の栄養状態は著しく改善されているが、その一方で、食生活の洋風化による脂肪の過剰摂取や加工食品の増加による栄養バランスの偏り等が問題点として言われている。
二十一世紀の本格的な高齢化社会を目前にした今日、食品の適正な摂取は、国民の健康の維持増進や成人病の予防という観点からも、極めて重要な意味を持つことは、述べるまでもない。
しかし、飽食の時代、グルメブームという状況の中で、食品の過度の…
答弁内容
一について
国民が健康な生活を営むために一日に摂取することが望ましいエネルギー及び各種の重要な栄養素については、「日本人の栄養所要量」においてカルシウムなどの無機質を含めその所要量を定めており、我が国国民の平均的な栄養の摂取量は、当該所要量とほぼ同じか又はこれを上回る水準となつている。
二及び三について
マグネシウムは、生体の代謝にかかわる各種酵素の構成要素として生体の維持に必要な元素である…

■ページ上部へ

第114回国会(1988/12/30〜1989/06/22)

かんきつ園地再編対策に関する質問

第114回国会 参議院 質問主意書 第9号(1989/04/21提出、14期、会派情報無し)
質問内容
政府は昭和六十三年六月二十日、それまでのオレンジの輸入自由化はしないとの方針を変更し、自由化を決定した。これを受けて、政府は八月二十六日、かんきつの国内対策を決定したが、その重点はかんきつ園地再編対策に置かれている。
しかるに、園地再編対策は、助成金の水準、他制度との関係、目標面積の配分等に関して、数多くの複雑な問題を抱えており、各地のかんきつ生産農家から批判や疑問の声があがっている。
よって…
答弁内容
一の1について
うんしゅうみかん園地については、その転換後も農地として利用されることが基本であると考えている。しかし、今回のようにうんしゅうみかん園地の大幅な転換を速やかに推進するに当たっては、気象条件、立地条件等が悪い園地について、他の農作物への転換が困難であることから、やむを得ず廃園又は植林を行わざるを得ない場合がある。
廃園又は植林を行う場合には、当該園地からほとんど収益が期待できないこ…

公的年金制度の信頼性の確立に関する質問

第114回国会 参議院 質問主意書 第11号(1989/05/08提出、14期、会派情報無し)
質問内容
二十一世紀の本格的な高齢化社会の到来を目前にした今日、老後の所得保障の中核的制度である公的年金制度に対する国民の関心と期待の高まりにはかってないものがある。
しかるに、公的年金制度の将来を展望すると、今国会に提出された国民年金法の改正案における厚生年金保険の六十五歳支給開始年齢引上げ問題に端的に現われているように、将来の年金財政を維持するためには、給付水準の大幅なダウンと極限を超える高負担の方向…
答弁内容
一について
厚生年金制度については、高齢化の急速な進展や平均寿命の伸長等により三十年後には老齢厚生年金受給者数が現在の三倍強にまで増大する一方、保険料を負担する被保険者数はほぼ横ばいのままであることから、支給開始年齢を現行のまま据え置いた場合には保険料率はピーク時に当たる平成三十二年度には三十一・五%にまで引き上げざるを得ないものと見込まれ、後代の負担が過大となるおそれが大きい。
このため、今…

塩出啓典[参]質問主意書(全期間)
8期- 9期-10期-11期-12期-13期-|14期|-15期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院14期 ※参考情報)

公明党・国民会議 (第107回国会、初出日付:1986/11/07、会議録より)
公明党・国民会議 (第108回国会、初出日付:1987/02/19、会議録より)
公明党・国民会議 (第109回国会、初出日付:1987/08/27、会議録より)
公明党・国民会議 (第111回国会、初出日付:1987/12/02、会議録より)
公明党・国民会議 (第112回国会、初出日付:1988/02/20、会議録より)
公明党・国民会議 (第113回国会、初出日付:1988/08/02、会議録より)
公明党・国民会議 (第114回国会、初出日付:1988/12/30、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院14期 ※参考情報)

第113回国会
法務委員長議会

第114回国会
法務委員長議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

塩出啓典[参]在籍期 : 8期- 9期-10期-11期-12期-13期-|14期|-15期
塩出啓典[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 14期在籍の他の議員はこちら→14期参議院議員(五十音順) 14期参議院議員(選挙区順) 14期参議院統計