山口喜久一郎 衆議院議員
23期国会発言一覧

山口喜久一郎[衆]在籍期 : |23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期
山口喜久一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは山口喜久一郎衆議院議員の23期(1947/04/25〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は23期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院23期)

山口喜久一郎[衆]本会議発言(全期間)
|23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 衆議院本会議 第34号(1947/09/20、23期、日本自由党)

○山口喜久一郎君 日本自由党は、小峯柳多君を指名いたします。

第1回国会 衆議院本会議 第36号(1947/09/25、23期、日本自由党)

○山口喜久一郎君 日本自由党は、辻寛一君を指名いたします。

第1回国会 衆議院本会議 第38号(1947/09/30、23期、日本自由党)

○山口喜久一郎君 日本自由党は、植原悦二郎君を指名いたします。
【次の発言】 日本自由党は、周東英雄君を指名いたします。
【次の発言】 自由党はありません。


■ページ上部へ

第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 衆議院本会議 第55号(1948/06/04、23期、民主自由党)

○山口喜久一郎君 私は、民主自由党、社会革新党、第一議員倶樂部、日本農民党、無所属を代表いたしまして、予算提出時期に関する件について質問を試みたいと存ずるのであります。  芦田総理大臣は、一昨夜ラジオのマイクを通じて、全國に向つて予算案はでき上りましたと放送されたのでありまするが、いかに現内閣が羊頭を掲げて狗肉を賣ることに妙を得たといえども、われわれ議会人といたしましては、財政法の命ずるところにより、成規の手続を経て國会に提出されざる限りにおいては、予算案ができ上つたと國民の前に僭称することは断じて許さないのであります。(拍手)街頭の紙芝居の解説といえども、かかる虚構の言を弄することはできませ……


■ページ上部へ

第3回国会(1948/10/11〜1948/11/30)

第3回国会 衆議院本会議 第8号(1948/11/10、23期、民主自由党)

○山口喜久一郎君 ただいま議題となりました両院法規委員会規程中改正案の提案理由を御説明申し上げます。  本案は、去る六月、第二回國会において、國会法改正の際、両院法規委員会の権限及び構成に関する規定を改められたのに伴いまして、両院法規委員会規程を改めようとするものであります。今、その内容について概略を御説明申し上げます。  第一は、両院法規委員会が國政に関し問題となるべき事案を指摘して両議院に勧告することを規定されたことに伴う改正と、新立法の提案または現行の法律及び政令に関し内閣に対し勧告する制度が廃止されましたのに伴う改正とでありまして、第十七條ないし第二十一條は、その点についての改正であり……


■ページ上部へ

第4回国会(1948/12/01〜1948/12/23)

第4回国会 衆議院本会議 第4号(1948/12/06、23期、民主自由党)

○山口喜久一郎君 ただいま議題となりました議員芦田均君、同北浦圭太郎君、同川橋豊治郎君の逮捕について許諾を求める件に関する議院運営委員会の審議の経過並びに結果について簡單に御報告申し上げます。  本件は、去る十二月一日、内閣から本院にその許諾を求められたものでございまして、同日ただちに議院運営委員会に付託されたのであります。御承知のごとく、本件は第三回國会において審議未了となりましたものと内容がまつたく同一の案件でありますので、御参考までに第三回國会における審議の経過を申し述べることにいたします。  案件は、議員が憲法に保障された会期中には逮捕されないという原則に対する例外であり、その性質きわ……

第4回国会 衆議院本会議 第10号(1948/12/12、23期、民主自由党)

○山口喜久一郎君 ただいま議題となりました議員田中角榮君の逮捕について許諾を求めるの件につきまして、議院運営委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。  本件は、田中角榮君が衆議院議員なるところ、昭和二十二年九月四日ごろ、福岡縣直方市字中泉において採炭業を営む木曽重義より、当時第一回國会に上程せられていた臨時石炭鉱業管理法案審議に際し、同法案の通過に反対せられたき旨の請託の趣旨のもとに、東京都千代田区飯田町二丁目二十番地田中土建株式会社において金百万円の交付を受け、もつて職務に関し賄賂を收受したという被疑事実に基いて、去る十二月七日、内閣より同君の逮捕について許諾を求められ……

第4回国会 衆議院本会議 第21号(1948/12/23、23期、民主自由党)

○山口喜久一郎君 ただいま上程されました吉田内閣不信任決議案に、民主自由党を代表して反対の討論を行おうとするものであります。、  この不信任決議案が通過することは、わが党が絶えず主張して参りました衆議院解散への道へつながるものでありまして、総選挙を恐れてあらゆる解散回避手段を講ぜられたる野党の諸君も、ここに解散の門を開くところの不信任決議案までようやく來られたことは、遅かりしといえども欣快にたえない次第であります。(拍手)  御承知のごとく、わが党は、今年初頭片山内閣崩壊の時から、総選挙によつて民意を正しく反映した國会を構成し、政局を安定に導くことを主張して來たのでありまして、片山社会党党首も……

山口喜久一郎[衆]本会議発言(全期間)
|23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院23期)

山口喜久一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 議院運営委員会 第1号(1947/06/27、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 私は第二十一章の補則の点でありますが、第二百五十八條の「この規則の疑義は、議長がこれを決する。但し、議長は、議院に諮りこれを決することができる。」この補則について、なお將來のために質しておきたいのであります。またでき得べくんば、これを改正してもらつておく方が、いいのではないか。ということは、疑義は、議長が決するという場合においては、いわゆる会議中の疑義を議長が決するということには、この議事の運営上、当然のことであろうと思いますが、少くともこの規則全般に対する疑義を議長が決するというような断定を下すことは、適当ではない。かように考えておりますが、これは事務総長からでも、この点に……

第1回国会 議院運営委員会 第3号(1947/07/08、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 今の十條ですが、日額四十円の滯在雜費というのは、どうも意味が不分明な点があるように思うのです。たとえば、四條の旅行日数に應じて日額二百円の定額によつてやるということは、これははつきりしている。大体國会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程というものは、國会議員が、第十條で見ますと、東京に家を持つている者を中心として考えられているように思うのです。大体、大部分の人は家を持たない人が多いのですから、議会に出席することは、旅行の一部分であるとも解釈できる。こういう意味において、たとえば派遣旅費が二百円であれば、滯在手當は百円。こういうふうに、はつきりした方がいいのではないかとわれわれは……

第1回国会 議院運営委員会 第6号(1947/07/11、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 そこで、政府の事情もあるでしようが、大体委員長の方で本会議を開かねばならぬ日取りは、いつころだという御見当は大体つきませんか。
【次の発言】 地方に帰りまして、大体みんなの國許の用件等、議員の心構えもあることですから、大体われわれの方としては、二週間と見ますと、二十九日が次々の火曜日になるのですが、その程度までは、本会議は緊急やむを得ざる場合以外においては開かれないということに了承しても差支えありませんか。

第1回国会 議院運営委員会 第10号(1947/08/02、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 内閣提出の法律案は二十三件ですが、あと予定される法律案は、事務総長、どれくらいですか。提出がない以上は、しかたがないから、何日間会期を延期をしなければ片づかないか、予定を聽かしていただきたい。八月十日以後に出たものは取扱わないという話だつたので、十三日でも十五日でもよいからそれまでは取扱う。その以後のものは、第一回臨時國会は一應閉じて、もう一回政府が議案を整理して、引続き第二回を開いてやるということにしてもらいたい。だらだらしておつたら年末までいつてしまう。

第1回国会 議院運営委員会 第18号(1947/08/23、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 これは將來の慣例になりますから、代議士でそういうような人はないでしようが、自分の都合でこつちへまわるとか、あつちへまわるとかいうことで追加されたりしないように、そういうときは團体的にすらつとやつて、それで一区切りつけるようにしなければ、そんなことで旅費を稼ぐ人もなかろうし、選挙運動をする人もなかろうけれども、そういうことを適宜にやらないで、公のことは公にやる、そうして日限をきめて終る。それで見残したら適宜自分で勝手に見に行つたらいいというようなことにしておかぬといけないと思います。
【次の発言】 今の問題で特別にそういう設備をやることを小委員会にかけてけじめをつけていただくわ……

第1回国会 議院運営委員会 第19号(1947/08/27、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 私は皆さんの御意見を拜聽した上でと思いましたが、自由黨としては、將來とも政令をいたずらに用いることは、議會のあり方としてはおもしろくないという考えでありまして、從前であればいわゆる勅令の場合においては樞密院もあるし、いろいろな制約されるところもありましたが、今後政府がただ單に政令をもつてさようなことを決定するという習慣は、おもしろくない習慣であるから、今後は政令を用いる場合には、議會の承諾といいますか、あるいは最大限度に讓歩しても、事後承諾を求めなければならぬと思います。われわれとしては政令の濫發ということに對しては絶對に反對な氣分であります。こういう觀點から參議院の方で衆議……

第1回国会 議院運営委員会 第20号(1947/08/28、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 自由黨は各黨が贊成意見を述べられれば、自由黨もまた述べる機會を與えていただきたいと思いますが、ただいま工藤さんのお話のごとく、かかる問題は贊成意見は同一歩調でなければいかぬと私は考えます。違つた角度からの贊成意見はぶち壞しみたいなことになるおそれがありますから、なければ、きれいにないのがよい。あれば各黨がやるのでありますが、議會の運營上與黨側が贊成意見というようなことは、與黨ぶりはなはだおもしろからず思うし、與黨の方でもう一囘お考え直しをやつて、なければない方が仕上りがきれいではないか。全部贊成なら贊成で討論はやめる。自由黨はどつちでもよいのだ。

第1回国会 議院運営委員会 第21号(1947/08/30、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 二週間休むというその表立つた理由を坪川君に伺いたい。
【次の発言】 國会職員の休養ということは表面の理由にはならぬ。議案の審議過程がこうなつておる。だからこの程度延長したならば、どの法律案はどういうことになるというような見透しのもとに、立論されなければならぬと思います。
【次の発言】 本來から言えば、そういうことは議院運營委員會の速記に止めておくべきものだと思う。けれどもそこまで固苦しく言わなくても、何か聽かれたときには、そういう理由で二週間は休んでも、あとの審議に差支えは來さないということで便宜二週間休むというような聲明は別にしなくても、心構えとしていつでも話はできるように……

第1回国会 議院運営委員会 第22号(1947/08/30、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 四角張つてくると自由黨は反對の意見をもつていると申さなければなりません。
【次の発言】 それ以上のことは議長の裁量に任す。
【次の発言】 異議のある者は計算できない。そうすると起立採決になる。

第1回国会 議院運営委員会 第23号(1947/09/15、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 その討議の方法ですが、やはり前囘通りやられますか。われわれは演壇に登りたい人は登つても差支えない。議席でやりたい人は議席でやつてもよいというように、それもひとつ自由にしていただきたいと思います。
【次の発言】 和歌山へ行つたのは誰ですか。
【次の発言】 野溝委員長が行つたのに對して、みな代議士は休みの間歸つているのですから、和歌山縣選出の代議士には、貴下の選擧區を通るからぐらいの挨拶はあつてしかるべきだと思うのです。自分勝手な人と適宜連絡をとつて行くというようなことは、委員長としての行き方としては違うと思う。將來はそういうふうに委員長が獨自で行くというようなことにせぬように、……

第1回国会 議院運営委員会 第24号(1947/09/17、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 治山治水、あらゆる點に實際問題として關係がありますからね。衆議院はただ子供が泣いておるのをすぐもらい泣きするというのではいかぬ。將來の大計を立てなければいかぬから……。
【次の発言】 五人が五日間も行かなければならないのですか。

第1回国会 議院運営委員会 第27号(1947/09/27、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 北海道の問題はどうなるか。
【次の発言】 あれは非常にわれわれ將來のためにも意見をもつていますから決定せずにおいてください。
【次の発言】 ただいまのあとの取扱いが正しいと思います。議決不要というような取扱い方は、たとえば採擇されざる場合もあります。そのときにおいて議決不要というようなことは、今のソ連領の引揚げなんかのことは、議決不要でも結釋ですが、問題によつては新たなる事態の發生によつて出てくる社會情勢の變化によつて問題が現われてまいる場合がありますから、今の事務總長の言われたあとの場合が結構である。
【次の発言】 そういう方がよいと思つております。

第1回国会 議院運営委員会 第28号(1947/09/29、23期、日本自由党)

○山口委員 公聽會によぶ範圍はどうですか。

第1回国会 議院運営委員会 第29号(1947/09/30、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 財政金融がよかろうと思います。
【次の発言】 報告書にしてください。

第1回国会 議院運営委員会 第30号(1947/10/08、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 私は小島君と全然反對の意見をもつています。と申すのは、小島君はこれはもとに戻すという言葉を使われていますが、私はもとに戻した方がいいと思う。できれば、あらゆる議案法案は一應本會議で趣旨辯明をさして、その上で委員會にもつていくような以前の運營方法がよかつたと思つております。從つてこの研究事項に書いてある原案のごときはその趣旨に則つて、現在の法規上においては法規をかえなければいけないから、次善の策としてこういうふうに研究事項に書いてあるのだと思いますが、私は以前のような運營方式がよかつたという觀點から、イ、ロ、ハ、すべてこの案のごとくして差支えないと思つています。

第1回国会 議院運営委員会 第31号(1947/10/09、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 百六條の六の「祷祀の職にある者と」というのは、占いとか、易者とか、そういうものですか。
【次の発言】 これは普通今までの法律の中にはいつておりましたか。
【次の発言】 新憲法のもとにおいて、そういう淫祠邪教というようなものを認めておられるわけですね。
【次の発言】 小さいところはまた、檢討をしますが、一體議會中に行くことが妥當かどうかを考えておかなければならない。議會終了後各委員會の權限において調べることがいろいろあるでしよう。鑛山、電氣事業、生絲など……。何かついでに行くというような姿がちらつとでも現われたりするとおもしろくないのじやないか。

第1回国会 議院運営委員会 第32号(1947/10/13、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 だからこの會を閉じたあとで懇談會をやつて、根本原則みたいなものをこしらえて、それをこの次の運營委員會に諮つてやることにしたらどうか。
【次の発言】 その點は大丈夫だろう。
【次の発言】 これに對して、與黨側の方では、どういう見解をもつておられますか、それも聽きたいのと、自由黨の考え方としては、單純に考えれば、參議院の要求がもつともに思いますが、またこれを多少掘り下げて考えていくと、さような取調べを受けたものが、もし無罪になつた場合の結果は、すべて脅迫ということは事實が殘りませんから、そういう裁判の最終の過程まで考えてくると、ずいぶん檢討の餘地があると思います。そこでわれわれと……

第1回国会 議院運営委員会 第43号(1947/11/14、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 原則論は一切委員を派遣しないとは言つていないわけですから、原則に反したとはわれわれは解釋しない。だから眞に緊急やむをえざるものという觀點からこれをお許しになるならば、われわれは異議はない。
【次の発言】 議長と當該委員長と淺沼委員長とで懇談してください。

第1回国会 議院運営委員会 第46号(1947/11/28、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 自由黨としては、昨日申し上げた通り、委員長から七日ではどうかというお話がありましたが、七日以上は延期しないという條件附であればそれも結構ですが、延期される含みをもつたものであれば、むしろこの際參議院に同調して會期の使い得る限度である九日まで延長されることに贊成いたします。
【次の発言】 自由黨といたしましては、森君の御説に全然同感の意を表して、九日まで延長されることに贊意を表します。

第1回国会 国土計画委員会 第25号(1947/11/18、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 下津港は長い海岸線をもちます和歌山縣下において、唯一の貿易港として今日の躍進を續けつつあるのでありますが、今般同港を開港場として名實ともにその機能を十分に發揮させていただき、もつて和歌山縣初め近接府縣の産業の振興をはかり、近時ようやく再興氣運にある海外貿易に十分なる協力をせしめることこそ現下の緊急時と痛感いたしますがゆえに、ここに特別の御詮議による開港に指定されたく、私及び今村長太郎君、田中織之進君兩氏を紹介議員として下津港開港指定の請願を提出したような次第であります。何分よろしく議員諸賢の十分なる御協力をお願いしたい次第であります。  そこで下津港の概要を申し上げますと、所……

第1回国会 財政及び金融委員会 第27号(1947/10/08、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 なお私は委員會として最後のはらをきめる必要もありますので、ただ一點だけ證人に聞いておきたいと思うのですが、お許しを願いたい。
【次の発言】 ただいま私が最も疑問とする點は、今村證人は日教組の觀點から強く配分率に反對の意思を表明しておられますが、その日教組を含む全官待のその會合において、かくのごときことは將來も勘案して決定される性質のものではないかしらんと思う。そこにおいて私は中途からはいりましたので、そのあやがちよつと了解しにくい點がありますのでお尋ねするのでありますが、日教組を含む會談においてお話が出て、そこで強く反對の意思を表明し、その原案が作成されるまでに、組合側として……


■ページ上部へ

第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 議院運営委員会 第2号(1948/01/21、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 是正していくことはよくわかるが、常任委員云々ということは、選挙直後を承けての考え方ではないか。
【次の発言】 私の言うのは、國会毎にやり直すというのは、新たなる例を開くので、こういう例を開くことがいいのか悪いのかを決定してから、進めたいというのです。
【次の発言】 会期の初めにきめて勉強してやろうという趣旨だと思うから、にわかにかえることはたいへんである。何か他の方法があろうと思う。
【次の発言】 任期四年のものを入れかえるということは、議院法に新しい例を開くことになるから、愼重を期したい。
【次の発言】 惡いのよいのという意見は、まだ私は表明していない。新例を開くことになり……

第2回国会 議院運営委員会 第3号(1948/01/24、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 ただいま安平君からの時間の問題が重大であるというお話もありましたが、安平君の言われるお氣持はよくわかります。しかしながら時間の問題が重大であるかどうかということすらも、いわゆるわれわれが独自の立場から判定すべき事柄であつて、政府なりあるいと総理大臣なりからこの文書がまわつてきたから、ただちにそれに服從しなければならぬというような古に観念を去つて、新しい憲法のもとにおいてわれわれが國権の最高機関であるという、権威ある立場に立つてこれを取扱つていかなければならぬと私は考えとおります。しかしながらかくのごとき案件が迅速に処理すべきことは当然のことであります。ただ時間をいたずらに遷延……

第2回国会 議院運営委員会 第4号(1948/01/26、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 先ほど工藤委員のお話の中に、むだではないかというようなことがありましたが、われわれは、おのずからこの点は見解を異にしておるのでありまして、司法当局の今日のような態度は、おそらくあり得ないという考え方から、十分ひとつわれわれの権限、権能において調査を進めて、そうして最善の判断を下したい、こう考えておる次第であります。そこで私は司法大臣にお尋ねいたしておきたいのですが、司法当局部内で決定されたことは、あくまでも曲げないというお考えでありますかどうか。それから鈴木さんが司法大臣であるという立場を離れて、國会議員としてこの状態を判断さるる場合に、はたしてこれは司法当局のお考え方なり態……

第2回国会 議院運営委員会 第6号(1948/01/28、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 この事件の性質上、本委員会が公刊して差支えないという決定をいたすまでは、公刊しないということにお願いしたいと思います。
【次の発言】 安平君の意見に同意いたしますが、決定的になさねばならぬということでなく、われわれは誠意をもつてこれの審議を急ぎまして、万障を排して本会議中に委員会を終るように明日は努力したいと思います。

第2回国会 議院運営委員会 第7号(1948/01/29、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 自由党を代表して、反対の意見を表明いたします。先般來司法大臣の報告及び原君の弁明を聽取したのでありまするが、司法大臣は、本件はキヤラコに関する詐欺事件であると言い、原君はキヤラコのキヤの字も聞いたことのない事件である、こう申しておるのであります。ここに問題の根本的な見解の相違点を発見するのであります。しかも司法大臣は総金額は二百二十四万円と言い、原君は百九十万円を自分は受け取つたと申しております。ここにも金額に相違があります。いわんや、原君は十二月下旬より五回に及んで檢察廳の取調べを受けているのであります。しかるに、未だ檢察廳としては起訴さるるに至つていないのであります。司法……

第2回国会 議院運営委員会 第14号(1948/02/16、23期、日本自由党)

○山口(喜)委員 議院運営委員会で何日ということを確定的に、動かし得ないように決定するということもどうかと思う。いわんや憲法六十七條には、「この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行う。」ということがありますから、そこにもおのずから法規上の制約が生じてくるわけなので、いつまでも政治の空白をおくというようなわけにもいかぬと思う。おのずからそこには常識というものがある。そういう意味において、安平君が二十日と言われることも、それでは二十日で引受けたということになると、運営委員長といえども、それではそう決定いたしますといつて、何かそこらの要請負の普請みたようなわけにもいくまいと思う。そこにも一日……

第2回国会 議院運営委員会 第17号(1948/03/20、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 森君の御意見は妥当であると思います。

第2回国会 議院運営委員会 第19号(1948/03/24、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 これは十日以内と限らなくても、各議院が決定をして二十日でも一箇月でも休んだらどうか。
【次の発言】 さしあたり今度四月一日から二十日まで休むということもできなくなりはしないか。
【次の発言】 会期の始めまたは特別の場合とか何とか入れておいたらどうかね。

第2回国会 議院運営委員会 第23号(1948/04/01、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 さつき法務総裁は祕書官の必要でない点を力説されたのでありますがわれわれの方としましては優秀な先輩大臣が優秀な自分らの後継者を教え導くためにも、祕書官制度というようなものは置く方がいいのではないかという政治的な考えも実はもつておるのです。しかしかりに法務総裁の主張されるように、祕書官不必要論が成り立つとしても、せめて総理大臣の秘書官ぐらいには代議士祕書官が許されてもいいという考えですが、政府の考えはどうですか。
【次の発言】 それから先ほどわれわれの開き漏らした点は、現在のままとしても五月十日までは現行のまま政務次官が置かれることになつておりますから、そのまま踏襲してその間に恒……

第2回国会 議院運営委員会 第40号(1948/06/02、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 ただいま坪川君は客観情勢によつて遅れておると言われましたが、それに間違いありませんか。
【次の発言】 客観情勢が悪ければオーケーは來ないでしよう。
【次の発言】 大綱はオーケーが來て、その他客観情勢によつて遅れているということに承知して差支えありませんか。――記録はとつているでしようね。
【次の発言】 ただいま坪川君からお話があつたのですが、せつかくお見えになつておりますから、政府側から出す予算の大綱についての御説明なり、あるいは御見解なりを、この機会に承つておくことも私はよかろうと思うので、お伺いいたしておきますが、議長からは何らまだわれわれの方にお話がなかつたのですが、政……

第2回国会 議院運営委員会 第41号(1948/06/03、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 委員長にお尋ねいたしますが、政府から何らか委員長あてに通知が參つておりますか。今日はこれから始まるのでありますが、一体どういうことが議題になつておるのか、自由討議の形において大藏大臣が発言を求められておるのですか、おらないのですか。
【次の発言】 議長からだんだんのお話ですが、経済危機云々ということも、われわれにはよくわかります。かるがゆえに先月の十五日前後までに速やかに予算案を提出されたいと要求し、また政府もこれに対して言明を與えられた。それが今日まで荏苒日をむなしうしてまいつておる状態です。しかも政府が予算の大綱についてこれを説明しようと言う。議長のお言葉通りわれわれはこ……

第2回国会 議院運営委員会 第44号(1948/06/07、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 公聽会を開くということはいつの日でも喜ぶべきことでありますから、われわれ民主自由党としてはこれに賛意を表します。

第2回国会 議院運営委員会 第62号(1948/06/29、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 福井縣も大きいでしたが、和歌山縣の震災に関して早川君が緊急質問をしたように、龍神温泉を中心とする所が震源地帶であることがわかつて、各村々の道路の決壤亀裂で龍神温泉は全滅した。通信連絡がないためにわからなかつたが、たいへんなことらしいのです。だから同じ地震の被害であれば、それも附け加えておいてもらいたいと思います。

第2回国会 議院運営委員会 第66号(1948/07/03、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 議会開会中は議員の出張等は運営委員会でも相当制約を加えましたが、議会閉会中の地方出張、調査は相当大幅にどんどん認めていくというような方針で進みたいと思います。

第2回国会 議院運営委員会 第68号(1948/07/05、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 ただこの場合に、これは朝日新聞の申出だから優秀な売れそうなものができるでしようが、こういうものがでてくると毎日新聞でも、読賣新聞、あるいはほかの出版会社でも、おれの方でも出さしてくれということになる。そのときの選定に対する方式を、よほど議会として厳正公平にきめておかぬと、問題になるおそれがある。
【次の発言】 必要と思われるときにはやはり各党の代表が必ず寄ること、欠けた場合には開かないこと。なるたけ定足数でやるということにしておきたい。

第2回国会 議院運営委員会 第74号(1948/08/04、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 図書館の職員が議会の職員と同様の手当を受けるということは、何か便乗された形があると思います。事務総長にお尋ねしておきますが、将来議会の職員と図書館の職員と同様になさるのですか。図書館と議会開会中の議会の職員の多忙さとは差があると思います。
【次の発言】 私は別に反対はいたしませんが、将来どうなさるのか、事務総長の御見解を承つておきたい。
【次の発言】 これは人の給与に関する問題ですから、あまりとやかく言いたくない。従つて本問題はわれわれとしては議長に一任したいと思います。

第2回国会 議院運営委員会 第78号(1948/09/22、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 今のお話に先だつて、民主自由党から成規の手続を経て議案を附して召集を要求してありますが、この取扱い方については将来の慣例にもなりますので、どういうふうに取扱うかを御審議願いたいと思います。
【次の発言】 なるべく早くというように法文を解釈して差支えないものか、そうなればこの法文は死文になる。日をきめて要求があつた場合には、きめた日に決定しなければならないと、私は将来とも解釈したいのであつて、いつでもいいからなるべく早く決定すればいいということであれば、五十三条は不必要になる。これは重大な問題だと思います。
【次の発言】 そうすると私の方の要求に対する政府の見解は、あるいは速記……

第2回国会 議院運営委員会 第84号(1948/10/07、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 ただいまの正式かどうかということはまだきまつてないようでありますが、これはやはり今後の慣例上も内閣が総辞職するというような非常に緊急な事態に至つた場合においては、その収拾手続に遺漏がない限り、緊急運営委員会を正式に開くというようなことは正しい前例である、こういうふうに解釈する。よつてさらに正当な手続をふまれた方がいいと思います。
【次の発言】 これはやはり辞意を表明したということに受取つて差支えない。
【次の発言】 私の方の党の考え方としては、ただいま中野君及び林君の御意見は前提でもあるし、ごもつともな御意見でもあるが、しかし党の建前からすれば、これを議長に委託するとかいうこ……

第2回国会 議院運営委員会 第85号(1948/10/09、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 これは議会の構成の問題であつて、いかなる首班がお立ちになろうと、これをかえるような政治的な含みのある案件ではないのですから、これはやはりあらゆる議案に先立つというらち外に考えて差支えないと思う。
【次の発言】 委員の選任は、諸般の情勢から各党がなかなかきちんとそろわない。だからこれはやることにしておいてもやれないと思う。だから特別委員会の設置までにしようじやないか。

第2回国会 財政及び金融委員会 第14号(1948/03/30、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 河井君や内藤君、梅林君のお説を承つておりましたが、先ほどまた局長から復金の改組というようなお話がありましたが、本増資案は今後の復金の改組なり、あるいはあり方等とにらみ合わせて考慮され、決定さるべきであるというような空氣と私は解釈しておるのであります。こういう点について、將來復金の改組等については、当局に具体案のお持合せがあるかどうか、一應承つておきたいと思います。
【次の発言】 時間もないようでありますから、次会の委員会の折に、当局の案がありましたらそれをひとつ御提示願いたいと思います。残余のことは懇談の形式において、隔意なくわれわれの希望なり意見を申し述べたいと思います。


■ページ上部へ

第3回国会(1948/10/11〜1948/11/30)

第3回国会 議院運営委員会 第3号(1948/10/13、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 民自党と民主党との関係は、こちらに報告する筋合のものじやないと思う。あくまでも議院運営委員会を通しての関係じやないと思う。
【次の発言】 それはまだ発表の段階に達していない。だから平たくものを言えば、午前中に型のごとく議院運営委員会を開いて、ここですぐ何時に首班選挙を行うということは、今ちよつと無理かと思うのです。
【次の発言】 そういう意味合いからどうでしよう。われわれの方と民主党の方と御相談の上、委員長にさらに運営委員会を開いてもらつて、時間をきめないで大体の目安が立つた場合に開いて首班選挙の開会を決定する。こう御了承願つたらいかがでしよう。

第3回国会 議院運営委員会 第4号(1948/10/14、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 民主自由党としては、わが党の幹事長の重責にある人で、まだわれわれの定例役員会も開かれていないような次第で、事はきわめて重大でありますから、一應党に帰つて役員会なり、あるいは代議士会等にはかりまして、何分の民主自由党の意思を表明したい、かように考えますので、この委員会は暫時休憩されて、われわれの方の意思が決定次第、さらに議院運営委員会を開かれたいと考えます。
【次の発言】 ただいま椎熊君から、何か山崎君の辞表に対して、調査すべしというお話がありましたが、先ほど休憩前のお話は、議長が前例によつて慰留に参るが、それについていかようにすべきかが先ほどの議題の続きであつたと思うのであり……

第3回国会 議院運営委員会 第5号(1948/10/16、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 別に法律的なものでないから運営懇談会でもよい。少しやさしい言葉の方がいい。
【次の発言】 どういう必要があつてつくるのですか。
【次の発言】 参議院がつくつたからといつて、必ずしもこちらもつくる必要はない。煩瑣になるだけだ。
【次の発言】 この際特に明らかにしておきたい。それは委員長の問題ですが、今組閣工作が行われておりますが、委員長は前例によりまして民主自由党を中心とする内閣ができた場合においては、ただちに委員長の與党、野党の交代をお願いしたいということを、いろいろ構成上の問題がありますから、確かめておきたいと思います。

第3回国会 議院運営委員会 第6号(1948/10/21、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 抽籤であれば私の方は承知します。
【次の発言】 ただいまの一事不再議の原則ですが、何ゆえに委員長は今日これを議題にされたのですか。
【次の発言】 しからばそれは御意見として承つておきまして、前の議院運営委員会の決議として、確認していただきたい。
【次の発言】 議論を区分していただきたいと思います。これも一事不再議の原則に基きまして、前回の運営委員会におきましては海外同胞と災害地対策は原則に從うが、不当財産だけはまたあらためて御相談をしよう、こういうことになつておつたはずです。そうすると海外同胞と災害地対策は原則に從うが、不当財産の問題だけをどうするかということが、今日の議題で……

第3回国会 議院運営委員会 第8号(1948/10/23、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 私の方は全部できます。
【次の発言】 わが党の原案を読み上げます。  内閣・工藤鐵男君、人事・角田幸吉君、地方行政・山口好一君、経済安定・水田三喜男君、法務・高橋英吉君、外務・生越三郎君、大藏・島村一郎君、文部・圓谷光衞君、厚生・佐々木盛雄君、商工・本多市郎君、農林・坂本實君、水産・西村久之君、運輸・有田二郎君、逓信・原健三郎君、労働・綱島正興君、建設・柏原義則君、予算・上林山榮吉君、決算・松浦東介君、議院運営・不肖山口、懲罰・明禮輝三郎君、図書館運営・伊藤郷一君。  以上であります。
【次の発言】 議場の手続上もその方がしやすい。

第3回国会 議院運営委員会 第9号(1948/10/26、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  淺沼委員長のあとを受けまして、お見かけ通り浅学短才の私がその任を全うし得るか、心中ひそかに忸怩たるものがありますが、せつかく各党のエキスパートをもつて構成された皆さん方の御声援と御懇情に甘えまして、その大過なきを期したいと考えておる次第であります。何分よろしくお願いいたします。  以上はなはだ簡單でありますが、運営委員長就任の言葉といたす次第であります。  本日の議題は特別委員及び委員長選任の件でありますが、これについて事務総長から説明願います。
【次の発言】 本件に関して、何か御意見はございませんか。

第3回国会 議院運営委員会 第10号(1948/11/08、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  最初に本委員会の理事を互選する件を議題に供します。石田博英君。
【次の発言】 石田君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、委員長より御指名申し上げます。            石田 博英君            吉川 兼光君            椎熊 三郎君  以上の三名を本委員会の理事にお願いすることにいたしたいと思います。御異議ございませんか。
【次の発言】 さよう決定いたします。
【次の発言】 お手元に配付いたしました議院運営委員会の本日の協議事項について順次これを付議いたしたいと思います。  まず特……

第3回国会 議院運営委員会 第11号(1948/11/09、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。  先般小委員会におきまして、大体各派の了解を得ました小会派合同して各委員会に一名ずつ理事を置くということを議題に供しますが、これについて御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議ないようでありますからさように決定いたします。  続いてただいま衆議院議員永江一夫君から辞職願が出ております。一應これを朗読いたします。    辞職願      衆議院議員 永江 一夫  私儀一身上ノ都合ニ依リ議員ヲ辞任  致度候ニ付此段御許可相成度願上候   昭和二十三年十一月八日         右  永江 一夫    衆議院議長松岡駒吉殿  以上であります、これ……

第3回国会 議院運営委員会 第12号(1948/11/10、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。  議院運営委員会の小会派代表の理事として、田中久雄君を追加指名いたします。ちよつと速記をとめて……。
【次の発言】 そうです。
【次の発言】 取扱いの愼重を期し、かつ昨日以來の総理大臣の答弁が問題になつて、昨日はまずい次第でしたから、それをいかように今日是正して行くかというようなこと、及び同じ題目の緊急質問がまだたくさん残つておりますから、それをいかようにするか、公務員法を先に上げるか、その緊急質問のあとにするかというようなことに関しても、一應これから懇談会を開いて皆さんの大体の御意向を察知して、それからさらに審議を進めたいと思いますが……。

第3回国会 議院運営委員会 第13号(1948/11/11、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。  事務総長から発言があります。
【次の発言】 別に御意見はないようでありますから、國政調査承認要求の件、これを承認するに御異議はありませんか。
【次の発言】 満場一致これを承認することに決しました。
【次の発言】 ただいま政府から官房長官がお見えになつておりますから、先ほどの小委員会における申し入れの件について、当局の御説明を承りたいと思います。
【次の発言】 内藤君は総理の出席を要求されておるのですが、総理の出席を要求することについて御意見はありませんか。
【次の発言】 大体御議論も盡きたように思います。総理大臣の出席を要求したいと思いますが……

第3回国会 議院運営委員会 第14号(1948/11/12、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これから議院運営委員会を開きます。  福利小委員会の選任についてお諮りをいたします。先に福利小委員は各派より一名ずつということにきまつておりまして、委員長の手元に候補者の申出がありますが、委員長において指名するに御異議はございませんか。
【次の発言】 御異議がなければ    今村 忠助君  笹口  晃君    櫻内 義雄君  多賀 安郎君    成重 光眞君  岡田 春夫君    榊原  亨君  中野 四郎君    田中 久雄君を指名いたします。なお委員会の性質上、委員長が加わつて、その小委員長の任に当りたいと思いますが、この点いかがでございましようか。

第3回国会 議院運営委員会 第15号(1948/11/13、23期、日本自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  人事委員会の公務員法の一部を改正する法律案に関する公聽会開会承認要求の件について、議長より諮問があります。これを議題といたします。事務総長から説明を願います。
【次の発言】 別に御発議はありませんか――それでは人事委員会の公聽会開会承認要求の件については、議長において承認さるべきものと答申することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 承認するに御異議ありませんか。
【次の発言】 それでは御異議がないようでありますから、承認することに決定いたします。

第3回国会 議院運営委員会 第16号(1948/11/15、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  運輸委員会の公聽会開会承認の要求について議長より諮問があります。これを議題といたします。事務総長より御説明を願います。
【次の発言】 何かただいま議長諮問の件について御意見ありませんか――別に御発議がないようでありますから、運輸委員会の公聽会開会承認要求の件については、議長においてこれを承認すべきものと答申することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議がなければさように決定いたします。
【次の発言】 次に内閣委員会及び大藏委員会の國政調査承認要求の件について、議長より諮問があります。これを議題といたします。事務総長より御説明を願います。

第3回国会 議院運営委員会 第17号(1948/11/16、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。  労働委員会の公聽会開会承認要求の件について議長から諮問があります。これを議題といたします。事務総長から御説明を願います。
【次の発言】 何か御意見はありませんか。
【次の発言】 ただいまの労働委員会の公聽会開会承認要求の件は、議長においてこれを承認すべきものと答申するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議ないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 何かほかに御意見はありませんか。
【次の発言】 ほかに御発言がありませんか。――それではおはかりいたしますが、只野直三郎君提出の政局の混乱原因調査特別委員会設置に関する決議……

第3回国会 議院運営委員会 第18号(1948/11/17、23期、日本自由党)【議会役職】

○山口委員長 これから運営委員会を開きます。  法制局長から、法制局の参事の任命について本委員会の承認を求められております。これを議題といたします。
【次の発言】 ただいまの法制局の参事の任命について、これを承認するに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議がなければ承認するに決定いたします。
【次の発言】 水産委員会の國政調査承認要求の件について議長から諮問があります。これを議題といたします。
【次の発言】 何か御発言はありませんか――。御発言がなければ水産委員会の國政調査承認要求の件は議長においてこれを承認すべきものと答申するに御異議はありませんか。

第3回国会 議院運営委員会 第19号(1948/11/18、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  昨日社会党の吉川兼光君が委員を辞任されたので、その補充として田中織之進君が指名されました。吉川君は理事であるとともに議院運営の小委員でありまして、この際理事及び小委員の補欠選任についてお諮りをいたします。
【次の発言】 ただいまの東君の動議に御意見等はありませんか。
【次の発言】 別に御発言もないようですから、ただいまの東君の動議によつて、私から理事に細川隆元君、議院運営小委員には田中織之進君を、それぞれ指名いたします。御異議はありませんか。
【次の発言】 さように決定いたします。
【次の発言】 官房長官は退席してもらつてもさしつかえありませんか。

第3回国会 議院運営委員会 第20号(1948/11/19、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  農林委員会の委員派遣承認申請の件について議長から諮問があります。これを議題といたします。
【次の発言】 これについて何か御意見はありませんか。
【次の発言】 いかがでしようか。相当反対の意見が多いようでありますから、本委員会としては一應これを拒否することといたしまして、その後においてまた農林委員会の方で強い御希望等があれば、あらためて御協議をいたすという含みを持たして、否決することに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 他に御協議申し上げたいことがありますが、官房長官が今見えており……

第3回国会 議院運営委員会 第21号(1948/11/20、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 そういうことにいたしておきます。石田君から提出の北村徳太郎君懲罰動議は、撤回することに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、これを撤回することに決定いたしました。
【次の発言】 御報告及び御承認を求めたいことがあります。昨日G・H・Qのギーダー氏及びアメリカの映画撮影監督のローラーという人が見えまして、十一月二十二日の午前十時三十分から、議場において前回に引続き、教育映画をぜひ撮影さしてもらいたいということであります。前回以來のいきさつを御存じない方もあるかもわかりませんが、前回玄関等において撮影したのが、議員を何かエキストラ同様に取扱つたというこ……

第3回国会 議院運営委員会 第22号(1948/11/22、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 ちよつと速記をとめて……。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 それでは午後再開することにいたしまして、この問題は午後再開後になお御協議を煩わすことにいたします。
【次の発言】 今の事務総長の提議に関して御意見はありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、議長発議で日程の最初にこれを上程することにいたします。―他に御意見はありませんか。
【次の発言】 きようは延期いたします。  それでは暫時休憩いたします。     午後一時十七分休憩      ━━━━◇━━━━━     午後三時四十四分開議

第3回国会 議院運営委員会 第23号(1948/11/24、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。
【次の発言】 この場合田中君にお答えかたがた御協議いたします。開会の要求書は、私の手元に來たのを拝見したのですが、十一月二十二日の午後二時に上林山委員長と、社会党の要求者大島義晴君と民主党の川崎秀二君と会見、協議の結果、十一月二十六日の午前十時より開会することに各派においてお約束ができたようでありますが、これについては御承知はないのですか。
【次の発言】 けれどもこれは大島君が承知しておるようです。徹底しなかつたのではないでしようか。だからもしもこれについてなお各派において御承認がないという場合においては、本委員会へ予算委員長に來てもらうとか、……

第3回国会 議院運営委員会 第24号(1948/11/25、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開会いたします。  先日の榊原君の提案の新聞記事に関する調査の方法をいかがいたしましようか。
【次の発言】 ちよつと速記をとめてください。
【次の発言】 それでは運営委員会が済んで本会議の始まつている間に、ここで祕密会で小委員会を開いたら、かえつて混雜しないでいいかと思いますが、そういうことにいたして御異議ありませんか。
【次の発言】 さよう決定いたします。
【次の発言】 それでは椎熊君から申出の件はこれを了承することにして、爾余の問題については院内で交渉するということに御異議ありませんか。
【次の発言】 しからばさように決定いたします。

第3回国会 議院運営委員会 第25号(1948/11/26、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 さように決定いたします。
【次の発言】 お諮りをいたします。参議院の緊急集会の権限に関する決議案というのが、荊木君が提出者としてこちらに出て参つておりますが、これをいかように取扱うかについて御協議を申し上げます。大体皆さんは内容を御承知のようでありますから、この取扱い方について御協議を願います。
【次の発言】 民主党の方では本日の日程に上程して、それをいつ取扱うか、冒頭に行くか、どこで取扱うかということは、院内交渉にまかしてもいいという御意見ですか。その点を、採決するとすれば、明確にしておきたい。
【次の発言】 それでは大体御議論も盡きたようですから、荊木一久君提出の参議院の緊急……

第3回国会 議院運営委員会 第27号(1948/11/28、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。
【次の発言】 しばらく速記をとめてください。
【次の発言】 ただいま殖田法務総裁が御出席になりましたから、芦田君、北浦君及び川橋君の逮捕について許諾を求める件について説明を求めることにいたします。
【次の発言】 何かこれについて御質疑等はありませんか。  それではこれより祕密会にしたいと思いますが、御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますから、本委員会はこれより祕密会といたします。議員以外の方、事務担当者を除いて、その他の方の退席を願います。      ━━━━◇━━━━━

第3回国会 議院運営委員会 第28号(1948/11/29、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 運営委員会を開会いたします。  開会式の日取りその他に関して、事務総長から説明願います。
【次の発言】 各常任委員会の理事の数は、從前通りということに本委員会としては決定することに御異議はありませんか。
【次の発言】 さように決定いたします。
【次の発言】 次に御相談いたしますが、総理大臣の施政方針の演説を政府は五日にやりたいというのですが、大体こういうことに了承してもさしつかえありませんか。それでは速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 あれは地方行政委員会でやつておるようです。
【次の発言】 選挙法改正の委員会というのはできてない。

第3回国会 議院運営委員会 第29号(1948/11/30、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。
【次の発言】 他に御発言はありませんか。
【次の発言】 お諮りいたしたい問題がありますから、事務総長から説明願います。
【次の発言】 ただいまの行政機開設置法案提出に関する決議案の取扱いについては、きよう午後から開かれる運営委員会において決定いたしたいと思いますが、御異議はありませんか。
【次の発言】 さように決定いたします。
【次の発言】 御承知の通り会期は余すところ本日だけになつておりますから、奇襲作戰ということはどうかと思いますが、これから引続き今晩の十二時までは続くものとあらかじめ覚悟しておくことが、今日の事態としては適当でないかしらんと、……

第3回国会 人事委員会 第1号(1948/11/09、23期、民主自由党)

○山口(喜)委員 ただいま徳田君、米窪君からいろいろ國家公務員法案の取扱い方について御意見があつたようでありますが、從來の委員会の慣例として、法案が本委員会に直接まわり、そしてこの委員会において先議するということは國会の慣例であると思います。だから米窪君や徳田君のおつしやるように、本会議にこれをかけるというようなことは、この委員会が発議すべき性質ではなくて、むしろこれは他の委員会なり、あるいは本会議においてこれを議するというようなことによつて――法案をこの委員会で審議する前に、本会議において議せられるというようなことはあり得ても、本委員会自体としては、政府が本委員会に法案を提出された以上は、す……


■ページ上部へ

第4回国会(1948/12/01〜1948/12/23)

第4回国会 議院運営委員会 第1号(1948/12/01、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより議院運営委員会を開きます。
【次の発言】 事務総長から御報告申し上げることがあります。
【次の発言】 この要求書は前の要求書と一言一句違いはありませんね。
【次の発言】 速記をやめてください。
【次の発言】 衆議院議員芦田均君外二名の逮捕の要求の件につきましては、來る三日正午より本委員会を開いてこれを議することといたします。しこうして政府の施政方針の演説に関しては、本委員会としては、三日に本会議を開いてこれを行うことを政府に、委員長と松岡議長とこれより参りまして、強く要求することといたしたいと思います。しこうして明二日議院運営委員会を開いて爾余の日程について御協議をすると……

第4回国会 議院運営委員会 第2号(1948/12/02、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  この際お諮りいたすことがあります。國会法第五十五條の二による小委員は、毎会期の初めに選挙することになつておりますが、この小委員は第三回國会の通り選任されたものと認めることに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。  次に内閣総理大臣の施政方針演説の日取りに関することでありますが、きのうの委員会における申合せによりまして、議長と私とが内閣と折衝した顛末等について、議長さんの方から御報告を願いたいと思います。
【次の発言】 それは大藏大臣としてのは予算委員会においてやられたので、本会議では安本長官という……

第4回国会 議院運営委員会 第3号(1948/12/03、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  地方行政委員会及び農林委員会から、國政調査承認要求の件について議長からの諮問があります。事務総長から説明をお願いいたします。
【次の発言】 別に御発議はありませんか。――それではただいまの國政調査承認要求の件は、これを議長において承認すべきものと答申することに御異議はございませんか。
【次の発言】 御異議がないようでありますからさように決定いたします。
【次の発言】 それでは明日の議事日程を議題に供します。しこうして明後五日の日曜日は本会議を開くやいなやについての御意見を求めます。大体本委員会の空氣としては、五日は休みたいというような御意見のように承り……

第4回国会 議院運営委員会 第4号(1948/12/04、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。――本委員会は四時まで休憩いたします。     午後三時三十二分休憩
【次の発言】 それでは休憩前に引続き会議を開きます。
【次の発言】 昨日内閣から、昭和二十三年十一月以降の政府職員の俸給等に関する法律案が提出されましたが、この法律案の付託委員会について、先日細川君からの申出もありましたから、この際御意見を承りたいと存じます。なお参議院では、予備審査のためではありますが、大藏委員会に一應付託して、人事委員会及び労働委員会と合同審査をされるそうでありますからこれは参考までに申し上げておきます。

第4回国会 議院運営委員会 第5号(1948/12/06、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 それではこれより会議を開きます。
【次の発言】 何か御意見等はございませんか。
【次の発言】 それでは國務大臣の演説に対する質疑の前に、日程第一の議員芦田均君及び北浦圭太郎君、川橋豊治郎君の逮捕について許諾を求める件、これを上程することに御異議はございませんか。
【次の発言】 しからばさように決定いたします。
【次の発言】 大体委員長報告に、笹口君の討論の御趣旨は十分織り込んであるのですが、さらにおやりになれば、石田君のおつしやる通り賛成と反対と代表おのおの一人ずつということで御異議はございませんか。
【次の発言】 ちよつと速記をとめてください。

第4回国会 議院運営委員会 第6号(1948/12/08、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。本日の議事について、打合せをいたしたいと思います。
【次の発言】 開会は一時半くらいでいかがですか。
【次の発言】 それでは一時半に本会議を開くことに御了承を願います。
【次の発言】 ただいま議長からの御報告はこれを承りおくということに取扱いたいと思いますが、別に御意見等はございませんか。
【次の発言】 いかがでしよう。ただいま林君からお話がありましたが、これについて委員長たる私はいわゆる與党の一人でありますが、この運営委員会において與党側の意見を申し述べることが適当でしようか、あるいはむしろこれを取扱わない方が妥当ではないかしらんと思いますが、皆さ……

第4回国会 議院運営委員会 第7号(1948/12/09、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  議員尾崎行雄君から解散権の所在ということについて本委員会に意見を提出されておりますから、これを一應私から朗読いたします。    解散権の所在 (1) 内閣の解散権を承認して、今日それを実行させる端緒を開けば新憲法の基礎が破壞され、新憲法は旧憲法よりも非民主主義的なる惡法になる。 (2) 旧憲法では主権が天皇に在つたから内閣は天皇の御許しを得なければ衆議院を解散することは出來なかつたが、今日解散を説く人々は内閣だけの考えで勝手にこれを断行し得ると思つているようだ。そうすれば新憲法下の今日の内閣は、以前の内閣よりも更に一層有力にして、官吏專制的であることに……

第4回国会 議院運営委員会 第8号(1948/12/10、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより会議を開きます。  國会議員の歳費旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案、これを議題に供します。
【次の発言】 別に御意見等はございませんか。
【次の発言】 それでは本件は、ただいま石野君から種々御発言がありました。事務総長からこれに対する御答弁がありましたが、これらの應答を含めて、ただいまのところこれを仮決定とし、あらためて本委員会においてこれを決定するという含みをもつて承認することに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 次に政界、財界、官界の粛正徹底に関する決議案を議題といたします。

第4回国会 議院運営委員会 第9号(1948/12/11、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 ただいま事務総長から御報告の件は、これを本委員会において承認するに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 次に議員石田一松君を懲罰に付するの動議が提出されております。これについて提出者側から何か御説明はありませんか。
【次の発言】 石田一松君に委員外の発言を許可することに御異議はありませんか。
【次の発言】 それでは石田一松君に委員外の発言を許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 しばらく速記をとめてください。
【次の発言】 それでは速記を始めてください。ただいま取扱つております議員石田一松君を懲罰委員会……

第4回国会 議院運営委員会 第10号(1948/12/12、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  事務的の案があるそうですから、事務総長から御説明願います。
【次の発言】 ただいまの事務総長の御説明に対して、これを了承することに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますから、さよう決定いたします。
【次の発言】 ただいまの御説明に別に御意見はございませんか。
【次の発言】 御意見がないようでありますから、これを承認することに決定いたします。
【次の発言】 ただいま倉石君から國家公務員法の第五條第二項について御発言がありましたが、これについて御意見等はありませんか。

第4回国会 議院運営委員会 第11号(1948/12/13、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  前回から問題になつておりました衆議院解散の際の、参議院の閉会中の審査に関する國会法の一部を改正する法律案が、参議院を通過して、本委員会に付託されました。これを議題といたします。  本案については、特に参議院側から提案理由の説明を求めるまでもないと思いますので、趣旨弁明を省略いたしまして事務総長から概略の説明を承ることにいたしたいと思いますが、御異議はございませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますからさようにいたします。
【次の発言】 大体社会党は田中君の御意見によつて代表されますね。いかがですか。これより討論採決に入る方がいいか、ある……

第4回国会 議院運営委員会 第12号(1948/12/14、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。しばらく速記をとめてください。
【次の発言】 それでは暫時休憩いたします。     午前一時二十一分休憩      ━━━━◇━━━━━     午前一時五十分開議
【次の発言】 これより運営委員会を開会いたします。  予算審議の件について議長から御発言があります。
【次の発言】 ちよつと念のために伺います。ただいま大藏大臣に対する懲罰勤議と言いますが、政府委員たる大藏大臣に対して、議員は懲罰動議は出し得ない。それは議員泉山三六さんに対する懲罰動議と解しますが、それは間違いないようにお願いいたしたい。

第4回国会 議院運営委員会 第13号(1948/12/15、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  本日の日程その他の御協議を申し上げる前に、事務総長から当委員会の了承を得たいことがあるそうですから、事務総長から御説明を承ります。
【次の発言】 この申出に対して何か御意見はございませんか。――別に御意見もないようでありますから、事務総長の申出の件は、これを了承するに御異議はありませんか。
【次の発言】 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
【次の発言】 これが取扱いの時期等について御相談を願います。他に緊急質問の中でどうしても急いでやりたいというような強い要求のものはありますか。

第4回国会 議院運営委員会 第14号(1948/12/16、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 それではこれから運営委員会を開きます。  本日の本会議を開くか、開かないかということについて、ただいま政府から何かお申出があるそうでありますから、これを承ることにいたしたいと思います。
【次の発言】 官房長官は四時二十分に向うへ行かなければならぬので、簡單に願います。
【次の発言】 それでは官房長官には帰つていただきます。御苦労でした。
【次の発言】 それはただいまの官房長官のお話からすれば、まだ明日政府は休んでもらいたいと明確に言つてはいないわけです。そういう場合に、運営委員会の責任において休むということを決定するというような成重君のお申入れですか。

第4回国会 議院運営委員会 第15号(1948/12/17、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  昨日は御承知の通りの事情で、委員会及び本会議を休みましたが、本日はこれからどうするか、議事の運営について協議を願います。
【次の発言】 ただいま事務局を通じて官房長官の出席を求めておりますから、いずれその返事が参るだろうと思います。  しばらく速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 今官房長官から返事がありまして、三時半に司令部に行く約束がある。それで何時に出席ができるかということについては、まだお約束はできない。こういうふうな返事でありますが、いかようにいたしましようか。

第4回国会 議院運営委員会 第16号(1948/12/18、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  事務総長から御報告を願います。
【次の発言】 大体明日は原則として休みたいが、官房長官が帰つて來て……。
【次の発言】 「たい」という言葉がこの際は適当であろうと思います。休みたいと思うのだが、官房長官が先方から帰つて來て、当委員会に昨日以後の情勢を報告してそれに基いて、われわれの方としては明日のことはあらためて決定する。こういうことに御了承を願います。
【次の発言】 それでは本日の本会議について御相談を願います。
【次の発言】 議場内粛正に関する決議案、戸叶里子君外十二名提出の分、これも一つ読んでください。    議場内粛正に関する決議案   ……

第4回国会 議院運営委員会 第17号(1948/12/19、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。
【次の発言】 暫時速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 ちよつと速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めてください。
【次の発言】 いかがですか、この場合運営委員会を暫時休憩することにいたしたいと思いますが、御異議はありませんか。
【次の発言】 それでは暫時休憩いたします。     午後五時八分休憩      ━━━━◇━━━━━     午後五時三十六分開議
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。

第4回国会 議院運営委員会 第18号(1948/12/20、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  まず日程について事務総長から御説明願います。
【次の発言】 ただいま椎熊君からも強い御要望があり、成重君からもまた御意見がありましたが、ただいま委員長から官房長官の出席を要求しておりますから、どうか参られましたら、そういう点は忌憚なく政府とお話合いを願いたいと思います。
【次の発言】 御説ごもつともと存じますが、やはり運営委員長の談話を発表する場合には、先般もちよつとのことで叱られまして、大分委員長も口を愼んでいるような次第であります。皆樣方のこういう談話を発表せよというようなおきめに基いて、運営委員会の総意を休して委員長が発表することになるので……

第4回国会 議院運営委員会 第19号(1948/12/21、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 運営委員会を開きます。  給與法案が委員会を上りましたので、これが取扱いについて御協議を願いたいと思います。  引続き本会議を開いて、委員長報告をするということに異議ありませんか。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 それでは本日の本会議は八時四十五分に開くことにいたします。なお給與法案議了後、本会議は休憩に入り、午後五時に運営委員会を開いた結果、本会議をさらに再開する、こういうことにいたしたいと思います。御異議はございませんか。
【次の発言】 さように決定します。
【次の発言】 では午後五時まで運営委員会は休憩いたします。     午前八時十八分休憩      ……

第4回国会 議院運営委員会 第20号(1948/12/22、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  本日の議事等について御相談をいたします。
【次の発言】 そうです。
【次の発言】 この場合委員長から事務当局に、私はまた淺沼君と見解を異にしておりますから、一應承つておくことが至当であると思います。議長が宣告した場合、他に宣告を明瞭に聞いておつた人が議院内部にあつた場合においては、これは有効であるかどうか……。
【次の発言】 靜かにしたまえ。
【次の発言】 私が発言しているのです。私が事務当局に聞いておきたいことは、速記録に記録されなくても、他の議員で議長の宣言を明確に聞いた人があつた場合においても、速記録に載らなかつたならば無効であるかどうかと……

第4回国会 議院運営委員会 第21号(1948/12/23、23期、民主自由党)【議会役職】

○山口委員長 これより運営委員会を開きます。  本日の議事日程等について、事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 野党三派共同の不信任案を取扱うに御異議ありませんか。
【次の発言】 それではさようにいたします。
【次の発言】 しばらく速記をとめてください。
【次の発言】 それではこの不信任案の取扱い方について、各党から、賛成、反対の討論者の申入れがありますが、その順序等については、事務局に一任することに御異議ありませんか。
【次の発言】 採決の方法をどういたしましようか。
【次の発言】 先ほど細川君からも同樣の意見もございましたし、また民主党の方でも御賛成になつたようでございますから、採決の……


山口喜久一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院23期)

 期間中、各種会議での発言なし。

山口喜久一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

山口喜久一郎[衆]在籍期 : |23期|-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期
山口喜久一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院議員(五十音順) 23期衆議院議員(選挙区順) 23期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊