田中彰治 衆議院議員
27期国会発言一覧

田中彰治[衆]在籍期 : 24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期
田中彰治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは田中彰治衆議院議員の27期(1955/02/27〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は27期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院27期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
田中彰治[衆]本会議発言(全期間)
24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院27期)

田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期
第22回国会(1955/03/18〜1955/07/30)

第22回国会 決算委員会 第13号(1955/06/07、27期、日本民主党)

○田中(彰)委員 議事進行について。本日の案件はまことに重大な事項であり、従って各参考人の述べられる内容は本件審議に重大なる影響があります。私はむしろ証人として喚問すべきだと考えておるのであります。しかし委員長におかれましてはそこまでなさらなくても、各参考人に対して、特に真実を述べられ、本件審議に協力せられますよう御注意を願うとともに、各参考人は一人が発言せられている間、他の参考人は別室において休憩せられるようおとりはからいを願います。動議とはいたしませんが、委員長においてしかるべくお取り計らいをぜひともお願いしたいのであります。
【次の発言】 関連して。ちょっと参考人にお伺いいたしますが、あ……

第22回国会 商工委員会 第29号(1955/06/23、27期、日本民主党)

○田中(彰)委員 だいぶ資料の要求が出ておりますが、簡単に局長にお尋ねします。政府から見て、大炭鉱と小炭鉱は幾つあるのですか。
【次の発言】 お尋ねいたしますが、大手炭鉱が昭和二十六年あたりから今神田委員の言われたように、相当いろいろな機械を入れたり、開発銀行からたくさんの金を入れたりして、そうして石炭を掘っておる。ところがこの大手炭鉱は昔の明治時代あたりから持っておるのですから、魚でいうならば、刺身になるような一番いいところを持っておる。中小炭鉱はその後大手炭鉱の要らない鉱区を分けてもらったり、あるいは端の方で石炭がないと思ったところにあるのを見つけて、それを自分の鉱区にしたというようなこと……


■ページ上部へ

第23回国会(1955/11/22〜1955/12/16)

第23回国会 決算委員会 第1号(1955/12/06、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 大臣にちょっとお尋ねをいたしますが、白色病変米が、三十年十月一日現在で調べた数量で、十三万九千三百七十一トンございます。そこで一トン当り七石として九千七万五千五百九十七石、この在庫の黄変米の買い入れ代金は約八十五億三千九百五十二万円ぐらいになっておるのであります。そしてこの保管料として今日までに支払いましたものが約六億二百三十九万円、月三千万円平均ぐらい払ってきておる。そこで今農林大臣のお話を伺いますと、このままにしておけないから何とか処分したいというようなお考えであり、また両院の委員長にそういう話をされたというのでありますが、私たちもこの処分は早急にやりたいと考えております……

第23回国会 決算委員会 第3号(1955/12/13、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 食糧庁長官にお尋ねいたしますが、農林省の方から参りましたこの「黄変米の処分について」をちょっと今ここで見ますると、この払い下げはほとんどみそ、しょうゆ、お菓子の材料になっておりますが、私はみそ、しょうゆの加工とかあるいは醸造にこれを使う場合には、御飯をたくくらいの熱度くらいしか加わらないものですから、これにもし使われるものならば、主食にも使われるのではないか。実際今まで試験したような毒があるならば、みそとかしょうゆとか、そういうものに使われないのではないか、こういう質問をこの前の委員会にもやったのですが、そのときに農林省の見解あるいは厚生省の見解などをお聞きしますと、それは毎……

第23回国会 決算委員会 第4号(1955/12/15、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと林参考人にお尋ねいたしますが、この農地の坪数反別はどのくらいありますか。全部耕作に貸したという総坪数は……。
【次の発言】 これは何人くらいの人のものですか。
【次の発言】 それからこの土地は、山林はいいが、畑とたんぼは前からの農地ですか、創設地ですか。たとえばこの中に今度の農地法によってもらったような土地はありますか、ないですか。
【次の発言】 それからちょっとお尋ねしますが、その会社が小作でもって貸しておけば税金が安くなる、こう言ったのは事実でしょうね。
【次の発言】 脱税しろということですね。そこでちょっと委員長にお願いしておきますが、この次に一つ農林省の農地部……


■ページ上部へ

第24回国会(1955/12/20〜1956/06/03)

第24回国会 決算委員会 第5号(1956/02/09、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと大臣に御注意申し上げておきますが、こういう工合に、土地がきまらなかったり、工事が明らかでないときに、数億の金を一応出す。これは大臣がそれを出したことに対してどういう工合に考えておられるか。もちろん責任は考えておられましょうが、建設省あたりが今までやっておりますのは、普通民間のものにはとてもこういうことを許しておらないのです。その一つの例を申しますと、たとえば住宅金融公庫なんかで家を建てるために土地を買う場合には、その土地を買うのだから、何の担保に入っていようが、登記するまでに地上のものを取り除いて持ってくればそれでいいわけです。それを買う場合はすっかりさら地にして、何……

第24回国会 決算委員会 第6号(1956/02/15、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して。どうも大蔵省の方の答弁を聞いておるとなかなかあっち逃げこっち逃げなんだが、どっちみちこのような事件が起きて批難事項に上ったのだから、あなたの方が早く遺憾の意を発表されて、今後注意するということにされて、これをあれしてもらったらどうですか。

第24回国会 決算委員会 第8号(1956/02/22、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 本日鳩山総理大臣がこの決算委員会に気軽に臨まれたことについて、私は国家のために非常に喜んでおります。われわれは決算委員会に約三年席を置いて今日までいろいろな問題をただしてきましたが、前吉田総理大臣のごときは、いかなる方法をもって呼び出しても決算委員会に一回も顔を出されなかった。しかるに今度委員長からの申し出で総理大臣にその出席の御意見を聞くや、すぐに行ってその話を聞いて、自分が責任ある処置をとらなくちゃならない、こういう御答弁をいただいて、今日出席されたことについては、私たちは非常に満足しておるのであります。  しかし会計検査院から出ますこの不当事項につきましては、根本的に改……

第24回国会 決算委員会 第13号(1956/03/09、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 私はまず委員長に、この問題を申し上げる前に申し上げておきたいのですが、決算委員会は、政党政派を超越して厳粛にやらなければならぬということは――国民が泣いて納めた血税をいかに有益に、各官庁あるいは公社、あるいはまた政府が融資しておるか、こういうところで有益に使ったか、むだがあるかないか、あるいはまた不正があるかないか、いかに使われておるかということをよく調べて、これを国会に報告し、国民に知らしめる。そして次に予算を組むときにはこういうむだをなるべくなくするようにしなければならないという関係上、決算委員会というものは、あまり派手な委員会でもありませんし、またこういうことを正直にや……

第24回国会 決算委員会 第14号(1956/03/12、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して。私はちょっと総務会があったのではずしておりまして、なんですが、通産局の方々にお聞きしたいんだが、試掘権が価値あるとかないとかいうことでなく、試掘権の権利というものは――このごろは設定されるまでに一年も二年もかかるのです。早くても半年ぐらいかかる。しかし試掘権というものは、きょうこういうものをあれしたいから出した、その郵便局が受付したときから試掘権の権利が認められておる。その人が試掘権を出して、私が五分あとに出しても両方許可しないから、許可するときには一分でも先に出した方を許可する。試掘権を設定して登録税を納めたから権利があるというのではない。試掘権は願い出たときに、……

第24回国会 決算委員会 第29号(1956/04/27、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 この防衛庁の質問をこれから各委員がやるのですから、もし委員長の方から呼び出して出られないような人は、これは参考人でなくて証人に切りかえてもらって、証人の呼び出しとしてこれを徹底的にやらないと、どうも私らは納得のできない点がある。その点一つ委員長、強硬に呼び出しをしていただきたい。今までの例を破って徹底的にあれしていただくようにお願いいたします。

第24回国会 決算委員会 第37号(1956/05/25、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ほかの証人をちょっと別室へ控えさしておいて下さい。
【次の発言】 山田証人に対しお尋ねいたしますが、崩壊の発生によって部落民が大なる不安を感じておりますか、この不安を除去するために、あなたは今どういうお考えを持っておられますか、それからお尋ねいたしておきます。
【次の発言】 あなたが土地の買収をさせてもらいたい、あるいはまた今ダムになっておる土地を借料を払って借りているからというように簡単に考えておられますが、これは私は非常に重大な問題だと思うのです。たとえばこの部落民の人たちにしてみますと、この土地の価値、こういうものに対して考えていることは、あなたの考えと第三者の考えと非……

第24回国会 決算委員会 第38号(1956/05/28、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと証人にお尋ねしますが、証人はきょうは証人として出ておられるのですね。先ほど委員長から証人に対する心得を読み聞かせられたでしょう。そこであなたにさっき辻委員が質問いたしたのですが、つまり井上工場へ行くときにあなたは、井上工場へ行ったら軟禁されるとか監禁されるとか、うっかりするとドスをもっておどかされるというようなことを、こっちから立たれるときも聞いておられるとわれわれの調査には載ってきておる。それから大阪に行かれたときも向うの旅館でほかの人から聞かされたと私らが調査したのに載ってきておる。またあなたの口ばかりでなく、ほかからもそういうことを聞いておりますが、そういうこと……

第24回国会 決算委員会 第40号(1956/06/01、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 日本国有鉄道の経理に関する小委員会の現在までの審議状況について、御報告申し上げます。  本小委員会は、五月二十三日、同二十五日の二回にわたり会議を開きまして、まず小委員会の運営について協議いたしまして、次いで、鉄道会館等外郭団体の問題、乗車券等売上代金の市中銀行預け入れの問題、物資購入の問題等につきまして、国鉄当局に対して質疑を行い、さらに今後の審議に必要な資料の提出を求めたのであります。小委員会の審議はかようにまだほんの序の口でありまして、 何ら結論を得るに至ってはおりませんので、閉会中も引き続いて審議を進めるべく、本委員会においてお計らい下さるよう、お願いいたす次第であり……

第24回国会 決算委員会 第42号(1956/06/13、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 議事進行。今中村さんが申されましたことによりますと、こういう問題は小さな問題だというようなことを言っておられますが、山本君が今読み上げたことが事実であるかないかということは、参考人とか証人を呼んで私は調べなくちゃならぬと思う。しかし山本君から聞いておりますところによると、投書を主体としたものではなく、投書を山本君が見て、これは重大だと思ったから、彼も調査員を派していろいろ調べたから、その名前、番地、その日、いろいろなものがはっきりそこへ出てきておるのだと思う。そこでこれは調査したと言っても、やはり人間の調査ですから、間違いがあると、いけないから参考人を呼びたいといって相談をし……

第24回国会 決算委員会 第43号(1956/08/23、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 この事件は非常に社会を騒がした事件であります。目下社会から非常に疑惑をこうむっておる状態であります。そこで事務次官の先ほどの説明を聞きますと、監督の不行き届きであったそう申しておられるのですが、私たちは本日農林大臣が都合がよかったら出ていただいてこの事件に対する農林大臣の所信を一つ伺って、それからあなたの所信――先ほど申されたような点について満足であってもなくても伺う。それからこの事件の重大性について私は農林大臣がきょうおいでになりませんから、次に伺うことにして、次官に申し上げるのですが、あなたの方で先ほど吉田委員が言われたようにこの事件がもう検事局の問題となって起訴されてし……

第24回国会 決算委員会 第44号(1956/09/21、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 藤井参考人にお伺いいたしますが、あなたが、本年の五月の三十日と私は思っておりますが、参議院の通産委員会へおいでになって佐久間ダムの問題について質問された。そのときにあなたは、そういうものはまだ知っておらないというようなことを言われた。ところが当時の小坂総裁のお話――新聞、雑誌その他いろいろなものを通じてのお話では、藤井はみな知っているのだけれどもあれは隠しておるのだというようなことから、非常にいろいろなところに波紋を描いて、今日でもまだこれがはっきりしておらない。あなたが参議院にお呼ばれになって通産委員会に御出席になったのは何日ですか御記憶ありませんですか。

第24回国会 決算委員会 第45号(1956/11/01、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 参考人にちょっとお伺いいたしますが、あなたが佐久間ダムを初めやられたときは、七、八年かかってもできないのじゃないか、こういうような評判もあり、あなた方もそう思われておったと思うのです。それが三年ないし四年早くできた。これに対してあなたはよかったと思っていらっしゃるのですか、早くできたことはいいけれども、経費が非常によけい要ったから、これは悪かったんだ、こう考えていらっしゃるのですか、どういう工合に考えていらっしゃるのですか、御遠慮のないところを一つ伺いたいと思います。
【次の発言】 そこで、私はダムにあまり経験のないしろうとですが、私の方の新潟県で実はダムをやっておったのが、……

第24回国会 決算委員会 第46号(1956/11/02、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 食糧庁長官にお尋ねしますが、今黄変米が在庫どのくらいあるのですか。
【次の発言】 今あなたの御説明を聞いていると、再搗してそれを食糧になるものは食糧にしたいとおっしゃいましたが、再搗されたために、再搗したその小ぬかと申しましょうか、白米を再搗したのですから、白米の再搗した皮ですが、これを再搗料にあなたの方で上げておられるために、彼らは非常に米を小さく再搗する。これでいいものを、もう少し薄く再搗する。あるいはその小ぬかを自由に処分させておられるために、その小ぬかがいろいろなところに売られて、家畜なんかにも非常に害がある。家畜にどうして害があるかと申しますと、私の方は二万五千鶏が……


■ページ上部へ

第25回国会(1956/11/12〜1956/12/13)

第25回国会 決算委員会 第4号(1956/11/28、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 建石証人にお聞きいたします。今あなた宣誓書をお読みになって、名前をお書きになりましたですね。よくその趣旨はおわかりですね。そこで遠慮なく正直に一つ述べていただきたいと思います。  あなたの方の死守同盟というのは、一体今どのくらいの人数があるのですか。
【次の発言】 そこでその百三十六人の方々が全部村の人であるか、あるいはまた村の人でない人も入っているのか、この点。それからいま一つは、この百三十六人が今やはり会長と志を一つにして、自分たちの土地に対する最初の考えと同じような考えを持ってやっているのですか、それともばらばらになっているのですか、その点をお伺いしたいと思います。

第25回国会 決算委員会 第7号(1956/12/05、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 証人にお尋ねいたしますが、あなたのところは、あなたの下に部下が何人おりますか。あなた一人ですか。その派出所というのですか、警部補駐在所というのですか、それをお尋ねいたします。
【次の発言】 今山本委員から質問されたことなんですが、土地収用法がたとい出たといたしましても、その所有者がそれを拒否して、そうして裁判とか、異議申し立てをすると、それは有効であると考えておられるのですか、有効でないと考えておられるのですか。
【次の発言】 たとい土地収用法が出たとしても、その所有者がそれを拒否して異議の申し立てをすると、相当長い期間これはどうすることもできないのです。そのくらいのことはあ……


■ページ上部へ

第26回国会(1956/12/20〜1957/05/19)

第26回国会 決算委員会 第7号(1957/02/21、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 更生資金を借りてこれが非常に延滞しているとおっしゃるのですが、会計検査院の方から調べると、そういうようなこともありますが、しかしあの当時引き揚げてきた人たちがいろいろ困って、いろいろななれない事業をやったその結果、大ぜいで引き揚げた人たちがやった結果、今度職が見つかったり、その専業がよくいかなかったり、時勢に伴わないでやって非常につぶれた。私の選挙区なんかにも相当困っているのがあるが、よく調べてみると、財産もないし、建てたものは腐ってしまったというのがある。一つ言ってみますと、塩を製造するところなんか、今塩を製造しても燃料が高くて合わない。建物はみな腐っちゃった、土地は砂浜の……

第26回国会 決算委員会 第8号(1957/02/26、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して――ちょっと工藤委員長に申し上げますが、今人の問題だと言われますけれども、国鉄に長い間最高幹部をしておったり幹部をしておって、その人が外郭団体に行って、自分の使った部下が国鉄におって、人が幾らいいかといって、こういうものが公正にうまくいくとあなたがごらんになりますことは、私は非常に大きなあやまちだと思う。第一に、御承知のごとく日本の裁判権というものは非常に公正なものとして、これはだれも認めていることだが、しかし証人を呼び出した場合とか、それを裁判する検事とか判事というものが、そういう証人とあるいは親類関係にあったとか、その他いろいろな関係のあったときは、その者が裁判を……

第26回国会 決算委員会 第35号(1957/05/13、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連。その六千万円やったというのはあれですか、知らないのですか、やらないのですか。あんたの方の会社からそういうものは出ておらないのですか、知らないのですか、どういうことですか。

第26回国会 決算委員会 第36号(1957/05/14、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 松岡議員にお尋ねいたしますが、私は御承知のように声も高いし、あまり口もいい方じゃないのですから、ちょっと同僚のよしみに反したようなことがあるかもしれませんが、決算委員としての質問ですからお許しを願っておきます。  この問題は、御承知のごとくこの委員会では一応審議された問題であり、その結果会社側と部落の方で話し合いが済んだという御報告を受けておったのであります。それでありますから、松岡議員の言われる通りであれば、こういうような問題が起きないはずなんですが、その問題が起きた点に私たちは非常に不思議を抱いてお尋ねしなければならぬような結果になっておるのです。  そこで私はまず第一に……


■ページ上部へ

第27回国会(1957/11/01〜1957/11/14)

第27回国会 決算委員会 第3号(1957/11/12、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと農林大臣にお尋ねいたします。昭和三十年の四月一日に黄変米の数量が十四万四千トンあった、それがわずか一年間の三十一年四月一日までに十二万九千トン、こういう工合になっておりまして、だいぶ売却されておるのです。この売却は一体どういう方面に売却されたのか。またどういう都合で、菌があって売却してならぬといって、ここでも売却しないということに委員会等に話しておったのですが、どうして売却されておるのか、その点を一つ詳細に御説明願います。
【次の発言】 長官はそういうことを言われますが、三十二年の四月一日には十万七千トンくらいあった。三十一年の八月末には七万四千トンばかりしかない。そ……

第27回国会 決算委員会 第4号(1957/11/13、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 僕はちょっと坊政務次官に伺いたい。あなたは先ほど税務署の中の改革をしたい、人事の改革をしたいと言われております。それはあなた実際心から言われておるのですか、これをまずお聞きいたします。
【次の発言】 そういうことになりますと申し上げなければならぬが、私は税金の公正化というものに非常に関心を持ってる。一方ではわずか十万円か二十万円の税金を払わぬために差し押えを食い、妻や子の着てるものまで競売にされて、そこで子供が母親にそれを求めてくれと言っているような情景をわれわれも承知しておる。一方では、大きいものはこういうようなものがある。あなたも大蔵省に行かれてから、国税庁に行かれたでし……


■ページ上部へ

第28回国会(1957/12/20〜1958/04/25)

第28回国会 決算委員会 第1号(1957/12/23、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 昭和三十年の六月と記憶しておりますが、当委員会において、軍艦「梨」にからむ不当事項が取り上げられまして、ここで相当論議されたのであります。今わが党の総務会長をしておる砂田氏が、当時防衛庁長官でおりましたので、自分が責任を持って公正に処理するからというので、委員会も審議を打ち切って、それにまかしたような状態であります。その後それが補修されましたが、本来ならば、そういう問題の起きた軍艦でございますから、補修するにも、りっぱな入札制度というものがあるのですから、入札制度によって補修し、その後の取扱いについても、どこから見ても公明正大でなければならないのでございますが、どうもその後「……

第28回国会 決算委員会 第2号(1957/12/26、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 私、会計検査院長にちょっとお尋ねいたしますが、今吉田委員からのあなたに対する質疑に対して、あなたのお答えになった点を聞きまして、私は非常に落胆した。御承知のごとくわが国でいろいろな問題が起きますが、まあ国民が信じていいと思うのは裁判所、検察庁、それからその上にもっと厳粛でないかと信じているのは会計検査院です。それだからこの職に対しては政治家といえども、内閣といえどもみだりにこれを勝手にできないというくらいな身分保障をつけてある。その一員が、しかも農林省という、わが国で一番大きな予算を扱うところのこの職員と汚職でもって逮捕された、こういうものが出ました場合に、私は少くとも、あな……

第28回国会 決算委員会 第3号(1958/01/13、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 長官にちょっとお尋ねいたしますが、その前に、わが党の中にも一部そういう空気があり、国民、特に青年層あるいは社会党の全般の空気が、そういう空気に片寄っているのですが、それは何であるかというと、防衛庁の予算ということについては非常に問題がある。それから防衛庁の存在、果してああいう予算を使って、あれだけのものが必要であるのかないのかというような――これはわれわれは必要だということを主張しているが、そういう問題があることは、長官もこれはいろいろな新聞とか、また各所で開かれる演説会とか、社会党の諸君のやる演説会とかをごらんになればわかると思います。そこで、そういうような空気のある場合は……

第28回国会 決算委員会 第10号(1958/03/04、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 この国有財産を払い下げしたもの、それから貸したもの、それから貸してから払い下げしたもの、これに関して三十年ごろから今日までのやつを資料として出してみて下さい。私もちょっと調べたいことがある。たとえばちょっと今吉田先生のところにやったら、あの日活アパートだってその通りだ。財務局であれをやったら非常に安い値段で払い下げてしまって、しかもあれなんかは、スポーツのことをやるのでちょっと東京都が貸した。それを今度東京都か困ったものだから国家の方に移して、国家の方ではそれをすぐ安く払い下げて随意契約をしている。三十年くらいからの分の資料を全部出して下さい。貸してある財産、払い下げしたもの……

第28回国会 決算委員会 第14号(1958/03/12、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 あなたにちょっとお聞きしますが、この松平という人が、岡という人が自殺か、ガスで死んだのか知りませんが、死ぬ四、五日前か一週間くらい前から、周から、お前に運動費として金を貸しておいたとか、お前にいろいろなことをやったとかいうような、周から松平氏が初めに金をもらったんだ、その金は、運動費としてとったのか、とり過ぎたのか、またもらったのか、借りておったのか、どういう契約があったのか知りませんが、周さんから松平さんが非常に責められておった。その他いろいろ、この砂糖の割当の運動が一応成功したのだけれども、周の思うようにいかなかったというようなことで、二人の間がもめておった、というような……

第28回国会 決算委員会 第16号(1958/03/17、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連。ちょっと証人にお尋ねしますが、あなたの方の社長の立川さんをこの前呼んだときに、あなたを顧問だと言っておった。今あなたに聞くと企画部長だとおっしゃる。月給もらっておらぬとおっしゃる。そこで今のあなたのおっしゃるのには、親類が旅館しておるとかなんとか言われますけれども、われわれも相当資産を持っておるけれども、自分の子供でも一カ月、半月は金をあれするけれども、あなたほどの生活をされる人を、そう親類が毎月金を送ってあなたの生活を助けるわけもないし、またあなたもそういうことをしておられるわけもないでしょう。からだが病気でもないのだから……。それを給料もらわないであなたが立川のとこ……

第28回国会 決算委員会 第18号(1958/03/19、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと元の為替局長にお尋ねします。あなたの方で特許を非常に重視されますが、この特許は、たとい特許が受かっても、二年以内にほかから異議が出ると、この特許に対する非常な裁判問題が起きたり、あるいはそれを訂正しなくちゃならなかったりして、いろいろな問題があると思う。もちろん特許を許す前に告示がありますけれども、特許を受かってからも、二年以内に異議が出るといろいろな問題が出るのですね。それでその特許が許可になったのは、いつごろかということをお調べになりましたか。
【次の発言】 それは少しおかしいと思うのです。あなたの方でもってこの砂糖の輸入を許した、契約を許したということは、特許を……

第28回国会 大蔵委員会 第33号(1958/04/15、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 証人にお尋ねいたしますが、先ほどあなたが、中州の喜可久で会合したという人の名前をおっしゃっておりますが、どなたとどなたですが、もう一度……。
【次の発言】 先ほどここに唐澤法務大臣を呼びまして、参考人として発言を求めたのですが、唐澤法務大臣は、絶対にこの会合に行っておらない、古荘さんとも十年くらい前に一度会ったので、今会っても顔もわからぬくらいの状態だ、自分の立場上、そういうようなところへ行くようなことは絶対ない、もしあれば、いかなる責任でもとるというりっぱな証言をなされたのですが、何か唐澤さんとだれかとのお間違いでないのですか、それとも、あなたその目でごらんになったのですか……

第28回国会 大蔵委員会 第34号(1958/04/16、27期、自由民主党)

○田中(彰)委員 横錢参考人にお尋ねいたしますが、あなたは、先ほど佐々木委員の質問に対して、いろいろな会合の席を言われましたが、席は別として、古荘、唐澤、川島、一萬田、岸と、こういう工合に一ところに寄ったところを知っておいでになるのですか、それをお尋ねいたします。
【次の発言】 先ほどじゃありませんよ。あなたがいろいろな会合のことを読み上げられたときに、一ところ、一つの料理屋に唐澤法相、古荘、岸、川島、一萬田、それから山村新治郎、それから中山、その他の代議士が一名と言われたんだが、それは何軒もでそれだけの人ですか、一ところでそれだけの人ですか、これを一つはっきりしていただきたい。


田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院27期)

田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期
第24回国会(1955/12/20〜1956/06/03)

第24回国会 運輸委員会請願審査小委員会 第1号(1956/05/31、27期、自由民主党)

○田中彰治君 上越西線の開設の促進についてでございますが、私の方はこれについては昭和二十五年の四月以降国会のあるたびに請願をいたしているのであります。この上越西線の重要性は運輸省の方でも、また国会の運輸委員会の方でも認めておられるのでありますが、ただ非常にこれがおくれておりますのは、直江津、六日町、十日町をつなぐ線、それから直江津と湯沢をつなぐ線とどちらがいいかというような非常な争いがここにあったのであります。そこで地元の人たちがみな寄りまして、そして直江津――湯沢線でいいじゃないか、調査をしてみろということで運輸省の方で調査されて、一応この辺は勾配も少いし、それから鉄道の距離が非常に短縮され……

第24回国会 決算委員会国有財産に関する小委員会 第6号(1956/09/22、27期、自由民主党)

○田中(彰)小委員 塩沢さんは現職はをしておるのですか。

第24回国会 決算委員会日本国有鉄道の経理に関する小委員会 第1号(1956/05/23、27期、自由民主党)【議会役職】

○田中小委員長 これより決算委員会国有鉄道の経理に関する小委員会を開会いたします。  不肖私が皆さんの御推薦によりまして小委員長を務めることになりましたが、御承知のごとくこういうくだらない者でありますから、皆さんの特別な御援助、御鞭撻と御協力によって私が小委員長の職が果せるものと、これはお世辞でなく心から自覚しております。どうか今後ともよろしく皆さんの御支援と御鞭撻、御指導を賜わりたいと思います。よろしくお願いいたします。  本小委員会は国鉄の外郭団体、鉄道会館、民衆駅及び物品購入等、日本国有鉄道の経理調査のために設置されたのでありますが、本日は、小委員会におきまする調査方針なりあるいは皆さん……

第24回国会 決算委員会日本国有鉄道の経理に関する小委員会 第2号(1956/05/25、27期、自由民主党)【議会役職】

○田中小委員長 ただいまより決算委員会日本国有鉄道の経理に関する小委員会を開会いたします。  前回の小委員会におきまして決定いたしました通り、本日はまず国鉄当局より経営状況等につきまして説明を聴取することにいたします。  本日出席されました国鉄の方は小倉副総裁、久保経理局長、今井管財部長の三名でございます。そこで委員諸君にお諮りいたしますが、向うから聞きますか、それともあなた方の方から質疑されますか。
【次の発言】 それではちょっと副総裁にお尋ねいたしますが、総裁はきょうは出席されませんがどうかなされたのですか。
【次の発言】 それでは総裁は今小倉副総裁も述べられましたような事情でございますか……


■ページ上部へ

第26回国会(1956/12/20〜1957/05/19)

第26回国会 法務委員会閉会中審査小委員会 第2号(1957/07/03、27期、自由民主党)

○田中彰治君 本日私がこの委員会において一身上の件について発言を許可されたことを心から感謝いたします。私たちは、国会議員として、社会の人気、信用によって自分の政治生命を保っておる者でございます。その者がでたらめなでっち上げ記事によって新聞に報道され、あるいは名誉を傷つけられたのでは、国会議員として一夜でも安心して眠ることができないような状態でございます。同時に、国会議員として日本の政治を預かっておる者でございますから、われわれに対して少しの疑惑でも、あるいはまた法を犯すようなことがあるならば、徹底的にこれを処断していただくことに私は心から賛成しておる者でございます。本日も、事件の概略を申し上げ……



田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

田中彰治[衆]在籍期 : 24期-25期-26期-|27期|-28期-29期-30期
田中彰治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院議員(五十音順) 27期衆議院議員(選挙区順) 27期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。