田中彰治 衆議院議員
28期国会発言一覧

田中彰治[衆]在籍期 : 24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期
田中彰治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは田中彰治衆議院議員の28期(1958/05/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は28期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院28期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
田中彰治[衆]本会議発言(全期間)
24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院28期)

田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期
第29回国会(1958/06/10〜1958/07/08)

第29回国会 決算委員会 第1号(1958/06/20、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  この際一言ごあいさつ申し上げます。  今回、私、決算委員長に選任せられ、今さらながらその責任の重大さを痛感いたしておる次第であります。最近の国会を顧みまするに、当決算委員会の重要性はとみに増大しており、これに伴い、委員会の公正慎重な運営の必要もまた言を待たない次第であります。不肖私微力でございまして、何かと不行き届きの点もあろうかと存じますが、委員各位の御協力と御鞭撻により、この重責を大過なく果し得ることができますれば、幸いであります。何分委員諸君の御協力と御指導を心からお願いいたす次第であります。

第29回国会 決算委員会 第7号(1958/08/22、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  本日は歳入歳出の実況に関する件、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。委員山田長司君より発言を求められております。これを許します。山田長司君。
【次の発言】 山田委員にちょっとお尋ねいたしますが、きょうはそれで質問なさらないで、証人を呼び出されるのですか。
【次の発言】 山田君にちょっとお尋ねしますが、検事総長及び刑事部長あるいは検事を呼ぶのはどういうお考えで……。
【次の発言】 不正があれば偽証罪でやるというわけですね。
【次の発言】 小川君。
【次の発言】 ただいまの山田委員の御発言は、本問題の重要性にかんがみ、証人の出頭を……

第29回国会 決算委員会 第8号(1958/09/02、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  この際、お諮りいたしますが、国防会議事務局長廣岡謙二君は前回の委員会において証人として決定いたしてはおりましたが、その出頭日時につきましては決定いたしておりません。同君は本日説明員として当委員会に出席いたしておりますので、本日同君を証人としてその証言を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なければ、廣岡謙二君は本日証人として証言を求めることに決しました。委員長において所要の手続を進めます。  また、本日出頭していただきました佐薙毅君につきましては、本日は証言を求めないこととし、あらためて別の日に御出頭願うことにいた……

第29回国会 決算委員会 第9号(1958/09/09、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  先般出席を要求しておりました国防会議議長岸信介君は、午前中は経済懇談会と閣議がございますので、午後一時より出席するとのことでございます。あとの河野、川島、左藤証人も午後一時から出席されますからその際証言を求めることにいたしまして、岸議長に対する質疑、証人に対する尋問を午後一時から行うことにいたします。  それまで休憩いたします。     午前十一時二分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  歳入歳出の実況に関する件、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。国防会議議長内閣総理大臣岸信介君が出席されておりますので、同……

第29回国会 決算委員会 第10号(1958/09/16、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。前会に引き続き、歳入歳出の実況に関する件、特に防衛庁の航空機購入問題について、証人に証言を求めることにいたします。御出頭になられた証人は岡幸昌君、松前未曽雄君でありますね。――各証人に一言申し上げます。昭和二十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によりまして、証人に証言を求める場合には、その前に宣言をさせなければならないことと相なっております。証人が宣誓または証言を拒むことのできるのは、証言が、証人または証人の配偶者、四親等内の血族もしくは三親等内の姻族または証人とこれらの親族関係にあった者及び証人の後見人または……

第29回国会 決算委員会 第11号(1958/09/26、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  前会に引き続き歳入歳出の実況に関する件、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。  本日は佐薙証人が出頭されておりますので、その証言を求めたいと存じます。御出頭になられた証人は佐薙毅君でございますか。――証言を求める前に証人に一言申し上げます。昭和三十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によりまして、証人に証言を求める場合には、その前に宣誓をさせなければならないことと相なっております。宣誓または証言を拒むことのできるのは、証言が、証人または証人の配偶者、四親等内の血族もしくは三親等内の姻族または証人……


■ページ上部へ

第30回国会(1958/09/29〜1958/12/07)

第30回国会 決算委員会 第1号(1958/10/16、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  まず国政調査承認要求の件についてお諮りいたします。すなわち、今国会におきましても決算の適正を期するため、国政に関する調査をいたしたいと存じます。調査する事項といたしましては、歳入歳出の実況に関する事項、国有財産の増減及び現状に関する事項、政府関係機関の収支に関する事項とし、その調査の方法は、関係各方面より説明の聴取、資料の要求等をいたしたいと存じます。  以上によって国政調査を行うこととし、衆議院規則第九十四条により議長に承認を求めることに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さように決しました。  なお、本委員会における付……

第30回国会 決算委員会 第2号(1958/10/24、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  理事会の申し合せにより、本日の委員会は議事に入らず、来たる二十七日、月曜日、午前十時、官房長官及び防衛庁長官の出席を求め、開会することにいたします。  本日はこれにて散会いたします。     午後四時十八分散会

第30回国会 決算委員会 第3号(1958/10/27、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  本日は歳入人歳出の実況に関する件、特に防衛庁の航空機購入問題を議題として調査を進めます。  質疑の通告があります。順次これを許します。山田長司君。
【次の発言】 山田君の証人要求について、休憩をして理事会で相談したいと思いますので、暫時休憩いたします。     午前十一時十六分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  山田君の御要求がありました本問題について、吉村眞一君を証人として本日午後の委員会に出頭を求めるについてお諮りいたします。これに賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立総員。よつて、出村君を証人として本日午後の委員……


■ページ上部へ

第31回国会(1958/12/10〜1959/05/02)

第31回国会 決算委員会 第1号(1958/12/19、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  国政調査承認要求の件についてお諮りいたします。すなわち、今国会におきましても、決算の適正を期するため、前国会と同様、国政に関する調査をいたしたいと存じます。  調査する事項といたしましては、歳入歳出の実況に関する事項、国有財産の増減及び現状に関する事項、政府関係機関の収支に関する事項とし、その調査の方法は、関係各方面より説明聴取、資料の要求等をいたしたいと存じます。  以上によって国政調査を行うこととし、衆議院規則第九十四条により、議長に承認を求めることに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決しました。  本日はこれにて散会……

第31回国会 決算委員会 第2号(1959/02/04、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。当委員会の理事は現在二名欠員となっておりますので、この際、この補欠選任を行いたいと存じます。これは先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、高橋英吉君、小川豊明君を理事に指名いたします。
【次の発言】 次に、参考資料要求の件についてお諮りいたします。例年、決算審査を進めまする参考といたしまして、決算検査報告に掲記された会計検査院の批難事項に対する関係責任者の処分状況調べを関係当局に要求いたしておりましたが、昭和三十二年度決算も昨年十二月に……

第31回国会 決算委員会 第3号(1959/02/13、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  委員諸君に申上げます。ただいま防衛庁長官は、予算算委員会で質疑中でございますが、就任されてまだ委員諸君にあいさつもしてございませんし、またこの審議しておるところのグラマン問題についても、長官が皆さんと何らの交渉がないような状態であります。そこで、長官から一応皆さんにあいさつしていただく。質疑中にどうしても長官に質問の点などございますれば、また来ていただくことにして、あいさつを終えたら、一応帰っていただきます。
【次の発言】 それは向うを終えたら、またこっちへ来ていただくから……。防衛庁長官。

第31回国会 決算委員会 第5号(1959/03/03、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  まず昭和三十二年度一般会計予備費使用総調書(その2)、昭和三十二年度特別会計予備費使用総調書(その2)、昭和三十二年度特別会計予算総則第十三条に基く使用総調書、昭和三十二年度特別会計予算総則第十四条に基く使用総調書、昭和三十三年度一般会計予備費使用総調書(その1)、昭和三十三年度特別会計予備費使用総調書(その1)、以上六件について承諾を求めるの件、及び昭和三十二年度一般会計国庫債務負担行為総調書を一括して議題とし、審査を進めます。  各件について質疑があればこれを許します。
【次の発言】 他に御質疑がなければ直ちに討論に入る順序でありますが、申し出……

第31回国会 決算委員会 第8号(1959/03/10、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより会議を開きます。  昭和三十一年度決算中防衛庁所管を議題として審査を進めます。まず会計検査院当局の説明を求めます。検査第二局長。
【次の発言】 質疑の通告がありますので、順次これを許します。淡谷悠藏君。
【次の発言】 ちょっと、委員諸君に申し上げます。伊能長官に参議院の方から来てもらいたいということですから、もし長官に質問したい方がございましたら、それから先にいたします。
【次の発言】 山田正長司書。
【次の発言】 今、長官が帰られるから、長官への質問がまだあるから。――鈴木正吾君。
【次の発言】 神近市子君。
【次の発言】 経理局長、この小松製作所は、こういうものしか納……

第31回国会 決算委員会 第9号(1959/03/12、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  本日は、歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題を議題として、調査を進めます。  参考人森脇将光君が出席されておりますので、質疑応答の形で調査を進めたいと存じます。質疑の通告がありますので、順次にこれを許します。  中田長司君。
【次の発言】 いいでしょう
【次の発言】 由本委員に申し上げますが、いやしくも国会のこういう重大事件の参考人として森脇参考人を呼んだんですから、森脇参考人の言われることは相当どころではなく、りっぱな、信憑性のあるものとして私の方は聞きたいと思っておりますし、また参考人もそういう考えで来ております。もしそれでもなお皆さんの……

第31回国会 決算委員会 第10号(1959/03/13、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより会議を開きます。  本日は歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。証人として吉村君が出席されております。  まず証言を求める前に証人に一言申し上げます。昭和二十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によりまして、証人に証言を求める場合には、その前に宣誓をさせなければならないことと相なっております。宣誓または証言を拒むことのできるのは、証言が、証人または証人の配偶者、四親等内の血族もしくは三親等内の姻族または証人とこれらの親族関係にあった者及び証人の後見人または証人の後見を受ける者の刑事上の訴追または処罰を招くおそれの……

第31回国会 決算委員会 第11号(1959/03/17、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 開会いたします。高橋英吉君より発言を求めておられます。高橋君、発言を許します。
【次の発言】 高橋君の発言通り動議は撤回されました。
【次の発言】 証人出頭要求についてお諮りいたします。本日大蔵省主計官吉村真一君を証人として証言を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、そのように決しました。  委員長においてその手続を進めます。手続が完了いたしますまで若干の時間を要しますので、その間休憩いたします。     午前十一時二十七分休憩

第31回国会 決算委員会 第12号(1959/03/20、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 会議を開きます。  この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。現在当委員会の理事は一名欠員となっておりますので、この補欠選任を行いたいと存じます。これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、神近市子君を理事に指名いたします。
【次の発言】 本日は歳入歳出の実況に関する件について調査を進めます。  発言の通告がありますから、順次これを許します。  鈴木正吾君。
【次の発言】 事務総長、こういうことはできるでしょう。いろいろなものに対する補助金がいっていますね、そういうものがそういうときに使われていないかという……

第31回国会 決算委員会 第13号(1959/03/24、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより会議を開きます。  証人出頭要求の件についてお諮りいたします。歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題調査のため、来たる二十六日午前十時三十分、国防会議事務局長廣岡謙二君、防衛庁防衛局第一課長高橋幹夫君及び森脇将光君の三名を証人として当委員会に出頭を求めたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、そのように決しました。委員長においてその手続を進めます。  本日はこれにて散会いたします。     午前零時一分散会

第31回国会 決算委員会 第14号(1959/03/26、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開きます。  歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。  本日は証人として廣岡謙二君、高橋幹夫君、森脇将光君が出席されております。  まず、証言を求める前に証人に一言申し上げます。昭和二十二年法律第二百二十五号、議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律によりまして、証人に証言を求める場合には、その前に宣誓をさせなければならないことと相なっております。宣誓または証言を拒むことのできるのは、証言が、証人または、証人の配偶者、四親等内の血族もしくは三親等内の姻族または証人とこれらの親族関係にあった者及び証人の後見人または証人の後見を受け……

第31回国会 決算委員会 第15号(1959/03/27、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開きます。  まず参考人出頭要求の件についてお諮りいたします。歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題の調査のため、参考人として森脇将光君を本日委員会出頭を求めたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議ないものと認め、その通りに決しました。
【次の発言】 それでは歳入歳出の実況、特に防衛庁の航空機購入問題について調査を進めます。  発言の通告がありますから、これを順次に許します。  小川豊明君。
【次の発言】 ちょっと関連……。これは、官房長官も防衛庁長官もここにおられますから私は申し上げますか、あなた方の考え方が非常に軽率であるのか……

第31回国会 決算委員会 第16号(1959/05/02、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 会議を開きます。  閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。  第三十一回国会は本日をもって終了いたすことに相なっておりますが、当委員会に付託になっております昭和三十一年度、昭和三十二年度決算等の諸案件の審査は終了いたしておりませんので、これらの案件、すなわち昭和三十一年度及び昭和三十二年度決算、昭和三十一年度及び昭和三十二年度国有財産増減及び現在額総計算書、及び国有財産無償貸付状況総計算書、並びに昭和三十二年度物品増減及び現在額総計算書、また歳入歳出の実況に関する件、国有財産の増減及び現況に関する件、政府関係機関の収支に関する件につきましても、同様調査を続けたいと存じます……

第31回国会 決算委員会 第17号(1959/06/12、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 これより決算委員会を開会いたします。  政府関係機関の収支に関する件、特に日本国有鉄道の志免鉱業所の経理の問題について調査を進めます。  発言の通告がありますので、順次これを許します。  高橋君。
【次の発言】 高橋委員に申し上げます。私は上田満次郎君の依頼を受けて運動した覚えはございません。ここに、ちようど幸いに吾孫子理事、小倉副総裁がおいでになりますが、上田清次郎氏は大映の永田さんと非常に懇意らしいのです。そこで、僕も志免炭鉱の払い下げをしたいから何とか相談ならぬだろうかという話を永田氏にしたところが、永田氏は、おれじゃだめだから、河野君のところに紹介してやるからというので、……


■ページ上部へ

第32回国会(1959/06/22〜1959/07/03)

第32回国会 決算委員会 第1号(1959/06/23、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中委員長 決算委員会を開会いたします。  国政調査承認要求の件についてお諮りいたします。すなわち、今国会におきましても、決算の適正を期するため、国政に関する調査をいたしたいと存じます。調査をする事項といたしましては、歳入歳出の実況に関する事項、国有財産の増減及び現状に関する事項、政府関係機関の経理に関する事項とし、その調査の方法は関係各方面より説明聴取、資料の要求等をいたしたいと存じます。  以上によって国政調査を行うこととし、衆議院規則第九十四条により議長に承認を求めることに御異議ありませんか。    「異議なし」と呼ぶ者あり〕


■ページ上部へ

第33回国会(1959/10/26〜1959/12/27)

第33回国会 決算委員会 第2号(1959/11/06、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連。今、大蔵政務次官の誠意ある話を聞きましたが、しかし、いやしくも権力を持った者が権力のない者の財産を権力において競売してしまって、そしてこれが裁判となった。まずこれが普通ならば、裁判に持ち込む力のない者、弁護士を頼む力のない者ならば、これで泣き寝入りをした。しかし、彼は幸いにして弁護士を頼んだり、大蔵省を相手にして戦うだけの力があったから、戦ってきた。そうして、最高裁判所までいって、国家が敗訴になっておりながら、それを二年間も放置しておって、値段が安いとか高いとか、賠償額が高いとか安いとか――昭和二十五年当時の土地を今日の相場にしたら、一体どのくらいになっていると政務次官……

第33回国会 決算委員会 第3号(1959/11/11、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと、大蔵省の方に証券の関係でお尋ねします。今あまり資料を持っておりませんし、何ですから、今後これをちょっと研究してみたい。こんなふうに私も考えておったやさきに、ちょうど小川委員の質問がございましたからお聞きします。  私たちしろうとから考えますと、伊藤斗福等のやった保全経済会でありますとか、あるいは西村とか、その他いろいろのことをやったことがございますが、それと四大証券のやっている仕事と、あなた方の役所からごらんになった場合にどういう工合に違うものか。私は同じように考えているが、どういう工合に違うのか。それを一つ説明していただきたい。

第33回国会 決算委員会 第4号(1959/11/13、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 防衛長官にお尋ねいたします。今、会計検査院から指摘されましたこの総額をちょっと見ましても、やはり相当大きな総額になっております。防衛庁の批難事項というものは、毎年この決算委員会でも相当取り上げまして、非常に厳重にいろいろと質疑をするのでございますが、これが減る傾向がなく、かえってふえていく。しかも、一つがみな何千万円とかいうような大きなものになっている点を見ましたときに、なんと長官がおっしゃっても、考えられても、防衛庁のやることが非常にずさんである。こういう点だけは、もうここにおられる委員の諸君も認めておられるでしょうが、国民もひとしく防衛庁に対して非難の声をあげておる。この……

第33回国会 決算委員会 第5号(1959/11/18、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 今、塚本装備局長がいろいろ詳しいことをおっしゃいましたが、あなたはきのう、参議院の内閣委員会で、矢嶋三義委員から質問を受けられたときに、全く何にも知らぬというようなことが、きょうの新聞には載っており、これで国民が非常に疑惑を持っておるのであります。しかるに、今あなたから聞いてみますと、新三菱がアメリカへ行って、八百万使ったことも知っていれば、いろいろなことをたくさん知っておられる。それが、きのうあなたはあの質問に、まるでしろうとが答えるようなことをお答えになっておるのですが、それはどういう意味なんでしょうか。
【次の発言】 しかし、今の工賃のこと、機械設備のこと、これはちょっ……

第33回国会 決算委員会 第10号(1959/12/11、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 防衛長官にちょっとお尋ねいたします。最終的にロッキードの一機の値段は幾らに決定したのですか、あるいはまたする予定なのですか、お伺いいたします。
【次の発言】 ロッキード社がこの決算委員会に最終的に出しました当時の価格は八十六万ドル。それに今度はレーダーがついております。それから機関砲というようなものもついておる。レーダーの方では五万ドル、機関砲の方でも五万ドルくらいでございますから、九十六万ドル、これが普通の予備品をつけない価格でなければならぬのです。今、長官から聞きますと、百十五万ドルということになりますと、非常にこれが高い。  そこで、私たちがロッキード社から調べたものに……

第33回国会 決算委員会 第11号(1959/12/16、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 竹内刑事局長がここにおいでになっておりますからお尋ねするのですが、「本件については、本年六月頃、上田社長が社員の須田氏を千葉地方検察庁に出頭させ口頭で告発させたが、千葉地検よりは、当社に対し、現在まで調査は行われていない。警察署に対しては報告していない。署長は既に本件について承知していた模様であるが、当社に対する調査はない。昭和三十四年十二月十一日、上田社長は船橋警察署に呼ばれて事情を聴取された。千葉食糧事務所からの報告によれば、日時は明瞭でないが、『本件の経過については、千葉県警察本部捜査第二課長に連絡し、事情を説明済である。』と述べている。」こういう工合にここに書いてある……

第33回国会 決算委員会 第12号(1959/12/22、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して。わが党の押谷委員のおっしゃることだけれども、そんなことをしたら、倉庫の米をみな持ち出して売って、賠償すればいいじゃないですか。それは農協などと契約しているのを見ますと、あそこはやはりかぎが二つかかっているんですね。そのかぎをかけるのを忘れて、とられた場合でも、それよりも非常によけいなものをあれしている。だからやはり、そういうように故意に流したということは、利益を目的としてそういうものを盗んでいるのだから、罰することはもちろんだが、賠償の場合も相当取らなければならぬ。米は普通のものと違いますから……。それを取ってきて、それを売って、見つかったら賠償すればそれでいい、こ……

第33回国会 決算委員会 第13号(1959/12/23、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 証人にお尋ねいたしますが、その前にちょっと私見を申し上げます。証人の会社では、やはり通産省とか防衛庁とかと仕事の深い関係を持っておられますので、ここでいろいろなことを言ったがためにそういう人たちから脅迫を受けたり、あるいは仕事に影響するような点があるのじゃないかという御心配があると私は思います。私はここで証人及びここにおられる方に宣言しておきますが、もしそういうようなことがあったとするならば、私はいつ何どきでも、この国会議員の職を投げ、この生命を投げて戦って、そういうものを是正しなければならぬ、こういう工合に決意して、きょう証人にお尋ねするんですから、何事もお隠しにならないで……


■ページ上部へ

第34回国会(1959/12/29〜1960/07/15)

第34回国会 決算委員会 第2号(1960/02/05、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して。これは食糧庁長官、ちょっと言いにくいけれども、こんなものは三円一俵からとらなくてもいいものを、農林省のボスややめた食糧庁長官なんかがみんな理事なんかに加わっているから、そういうことでとって、年になんだかんだで二億数千万円になるだろうが、別に法律的に権能もなければ、そうしなくてもいいものにそういうものを作って、外郭団体みたいなものにして作って、そうしてその金を使わしていろいろ政治運動やそういうことをやっているのでしょう。それをあなたは言いにくいから、そういうふうに遠回しに言っているが、白状したらいいじゃないか、わかっているのだから。そんなもの、検査する必要はない。政府……

第34回国会 決算委員会 第4号(1960/02/12、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 公益局長はまだお見えになっておりませんね。――それでは開銀の方に、九州電力の件について資料要求をしたいと思います。そこで、私の方の今調べておる数字につきましてちょっとお尋ねしたいのですが、九州電力には、開発銀行の資金と世界銀行から借り入れた国家の保証した資金が、現在どのくらいいっておりますか、それをお尋ねしてから申し上げたいと思います。
【次の発言】 合計幾らになりますか。
【次の発言】 そこでもちろん、九州電力は公益事業ではございますが、国民の税金及び国民の保証した大切な政府資金が、四百二十二億もいっておる。であるから、こういう金を借りて事業をしておる九州電力というものは、……

第34回国会 決算委員会 第5号(1960/02/17、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 関連して。今ちょっと官房長から、そういう話がありましたから気がついたのですが、今後こういう問題について、われわれも質問していきますから、研究しておいていただきたい。それは水力電気です。それがダムを作って、そして水を全部とってしまうから、ふだんはたんぼへかける水もなければ、飲み水もない。それで、雨でも降って余ると、勝手に水門をあけるので、それがために非常な被害をこうむる。あれがあるために、下流が非常に大きな迷惑をする。迷惑すれば、なるほどそれは国家からも補助してもらえるでしょうが、やはり地元負担、県の負担で、国家負担にしても税金ですが、そういう地元や県が、負担するのに困って、そ……

第34回国会 決算委員会 第6号(1960/02/19、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 この間、委員長のお取り計らいで、九州電力の不正入札の疑いがあるとして、資料提出を開発銀行と通産省の公益事業局長にお願いしたのですが、資料が決算委員会へ出されました。委員長もごらんになったと思いますが、これは全くほんの一片のあれであって、とてもこういうことじゃ満足できないのです。そこでちょうど本日会計検査院の事務総長もおいでになっておりますから、私は概要を申し上げ、そしてこの資料のもう少し詳しい資料を要求したいと思います。  そこで話は前に戻りますが、開発銀行の融資した金、世界銀行から金を借りるために国民の保証した、国民に深い関係のある金、国民に責任のある金が四百二十億以上九州……

第34回国会 決算委員会 第8号(1960/02/26、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 この問題を聞いていると、社会党の質問もけっこうですが、しかし、どこから品物を幾ら買ったとか、どこから買い方が多いとかいうことは――決算委員会では、いろいろな不正があったときに見つけるけれども、品物をどこから少なく買った、多く買ったというような質問で時間を要することは、ちょっと考えなければいかぬ。これは委員長から御忠告なさった方がいいと思う。それから不正があったならば、不正については幾らお突きになってもいいと思うが、品物をどこから買ったとか、それが多過ぎるとか少ないとかいうことは、決算委員会が品物を買うことに関与しているようで、誤解を招くと思いますから、そういう点委員長から注意……


■ページ上部へ

第35回国会(1960/07/18〜1960/07/22)

第35回国会 決算委員会 第3号(1960/09/01、28期、自由民主党)

○田中(彰)委員 ちょっと北村参考人にお聞きしたいのですが、新潟県の田海川は普通河川の適用を受け、これが知事の管理に属しておると思われるのですが、このごろ、この河川の流域を埋め立てて、整地をして、工場建設の整備をしておる者があると聞いておりますが、県は、この河川の公用廃止をやって、工事を許可しておるのか、あるいはどうなのか、この点一つお伺いしたいと思います。
【次の発言】 あなたの方で許可された内容は、工事は田海川の流域の水害を予防する、かつ該工事による河川のつけかえ個所を石灰石の採掘により発生するこまかい石の置場とする目的として、つけかえ個所をそれ以外には使用しない、こういうことである。そこ……


田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院28期)

田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期
第34回国会(1959/12/29〜1960/07/15)

第34回国会 決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会 第1号(1960/02/03、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中小委員長 これより決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会を開会いたします。  先刻小委員の打合会における話し合いの結果、小委員会の定例日は、毎週木曜日とすることにいたしました。  この際、山田小委員より発言を求められております。これを許します。山田君。
【次の発言】 ただいまの山田君の発言を了承するに御異議ございませんか。
【次の発言】 異議なきものと認めまして、委員長が適宜取り計らうことにいたします。  本日は、これにて散会いたします。     午前十一時三十五分散会

第34回国会 決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会 第2号(1960/02/18、28期、自由民主党)【議会役職】

○田中小委員長 これより決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会を開会いたします。  質疑に入ります。質疑の通告がありますので、順次これを許します。山田長司君。
【次の発言】 けっこうです。日をあらためてきめて、そうして現地調査、けっこうです。
【次の発言】 山田委員にお尋ねしますが、ここだけやってから、資料要求をしたらどうですか。資料ばかりたくさん要求しても、複雑で、数字的なものだし、今の資料の分だけを調べて、それからにしたらどうですか。
【次の発言】 全国的というと大へんだな。
【次の発言】 あとで考えて御相談します。



田中彰治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

田中彰治[衆]在籍期 : 24期-25期-26期-27期-|28期|-29期-30期
田中彰治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院議員(五十音順) 28期衆議院議員(選挙区順) 28期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。