中垣国男 衆議院議員
28期国会発言一覧

中垣国男[衆]在籍期 : 23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期
中垣国男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは中垣国男衆議院議員の28期(1958/05/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は28期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院28期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
中垣国男[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院28期)

中垣国男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期
第29回国会(1958/06/10〜1958/07/08)

第29回国会 商工委員会 第7号(1958/07/02、28期、自由民主党)【議会役職】

○中垣委員長代理 次に日中買易再開推進委員会委員長白水実事より御意見を承わることといたします。白水実君。

第29回国会 商工委員会 第8号(1958/07/03、28期、自由民主党)【議会役職】

○中垣委員長代理 本日はこれにて散会いたします。     午後一時四分散会


■ページ上部へ

第32回国会(1959/06/22〜1959/07/03)

第32回国会 商工委員会 第7号(1959/10/10、28期、自由民主党)

○中垣委員 今回の伊勢湾台風によって生じました大災害に関しまして、私から、通商産業大正臣及び政府委員に対しまして御質問を申し上げたいと存じます。  先日の伊勢湾台風がもたらしました惨禍は、文字通り史上空前のものでありまして、私は九月の二十八日から十日間にわたって悲惨な災害現地をずっとめぐってきたものでありますが、被害の状況は調査が進むにつれまして、非常に拡大の一途をたどっておるようであります。われわれが特に注目いたしたいのは、この未曽有の災害が商工業の集中した地帯を中心に襲ったということでありまして、すなわち名古屋、岐阜、四日市等の市部や伊勢湾工業地帯が、台風の中心に巻み込まれておる。高潮によ……


■ページ上部へ

第33回国会(1959/10/26〜1959/12/27)

第33回国会 商工委員会 第2号(1959/11/10、28期、自由民主党)

○中垣委員 関連質問。ただいま大臣に承りますと、大体羊毛、綿花につきましての自由化へのあれはわかったわけでありますが、ただ私この際一言大臣に申し上げておきたいことがあります。また大臣の御意見も承りたいのでありますが、この羊毛にいたしましても、綿花にいたしましても、それを原料とする業というものは、大中小にかかわらずすべて、たとえば綿糸、綿布、羊毛、毛織物等を通じまして六カ月間先を売ったり買ったりしているわけであります。従ってそういうことを御考慮に入れてやっていただきませんと非常に混乱が起きまして、特にそれがために中小紡績や機屋等が倒産する可能性も私は出てくると思う。従ってこれを御実施なさるときに……


中垣国男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院28期)

中垣国男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期
第33回国会(1959/10/26〜1959/12/27)

第33回国会 災害地対策特別委員会農林水産等小委員会 第3号(1959/11/18、28期、自由民主党)【議会役職】

○中垣小委員長代理 本日は、これにて散会いたします。     午後五時九分散会



中垣国男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

中垣国男[衆]在籍期 : 23期-24期-27期-|28期|-29期-30期-31期-32期-33期
中垣国男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院議員(五十音順) 28期衆議院議員(選挙区順) 28期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。