島村一郎 衆議院議員
32期国会発言一覧

島村一郎[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期
島村一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは島村一郎衆議院議員の32期(1969/12/27〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は32期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院32期)

島村一郎[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期
第65回国会(1970/12/26〜1971/05/24)

第65回国会 衆議院本会議 第23号(1971/04/22、32期、自由民主党)

○島村一郎君 ただいま、私が本院在職二十五年になりましたことに対し、院議をもって御丁重な表彰の御決議を賜わりましたことは、身に余る光栄であり、まことに感謝にたえません。(拍手)  しかも、私が地方政界における議会活動に身を挺して以来、議員生活は通算満五十年になります。(拍手)顧みて全く感慨無量であります。  私が初めて選ばれて本院に議席を得ましたのは、戦後の廃墟と混乱のさなかであり、あらゆる分野にわたって百八十度の変革を余儀なくされ、すべての国民が新たな自立への開拓を模索する時代でありました。  昭和二十一年、第九十回帝国議会におきまして新憲法が制定され、ここに国会を国権の最高機関と定め、唯一……

島村一郎[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院32期)

島村一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期
第63回国会(1970/01/14〜1970/05/13)

第63回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1970/01/20、32期、自由民主党)

○島村委員 これより会議を開きます。  私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。  これより委員長の互選を行ないます。
【次の発言】 ただいまの奥野君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、吉田重延君が委員長に御当選になりました。(拍手)  委員長吉田重延君に本席を譲ることにいたします。


■ページ上部へ

第64回国会(1970/11/24〜1970/12/18)

第64回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1970/11/24、32期、自由民主党)

○島村委員 これより会議を開きます。  私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。  これより委員長の互選を行ないます。
【次の発言】 ただいまの大西正男君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、吉田重延君が委員長に御当選になりました。(拍手)  委員長吉田重延君に本席を譲ることといたします。


■ページ上部へ

第65回国会(1970/12/26〜1971/05/24)

第65回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1970/12/26、32期、自由民主党)

○島村委員 これより会議を開きます。  私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。  これより委員長の互選を行ないます。
【次の発言】 ただいまの大西正男君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、吉田重延君が委員長に御当選になりました。(拍手)  委員長吉田重延君に本席を譲ることといたします。


■ページ上部へ

第66回国会(1971/07/14〜1971/07/24)

第66回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1971/07/14、32期、自由民主党)

○島村委員 これより会議を開きます。  私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。  これより委員長の互選を行ないます。
【次の発言】 ただいまの小島徹三君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、岡崎英城君が委員長に御当選になりました。(拍手)  委員長岡崎英城君に本席を譲ることといたします。


■ページ上部へ

第70回国会(1972/10/27〜1972/11/13)

第70回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1972/10/27、32期、自由民主党)

○島村委員 これより会議を開きます。  私が年長者でございますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。  これより委員長の互選を行ないます。
【次の発言】 ただいまの鈴切康雄君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、永田亮一君が委員長に御当選になりました。  永田委員長に本席を譲ります。(拍手)


島村一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院32期)

 期間中、各種会議での発言なし。

島村一郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

島村一郎[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-26期-27期-28期-29期-30期-31期-|32期|-33期
島村一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院議員(五十音順) 32期衆議院議員(選挙区順) 32期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。