砂田重民 衆議院議員
36期国会発言一覧

砂田重民[衆]在籍期 : 30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期
砂田重民[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは砂田重民衆議院議員の36期(1980/06/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は36期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院36期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
砂田重民[衆]本会議発言(全期間)
30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院36期)

砂田重民[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期
第96回国会(1981/12/21〜1982/08/21)

第96回国会 予算委員会 第19号(1982/03/09、36期、自由民主党)

○砂田委員 第二分科会における審査の経過について御報告いたします。  本分科会においても同様に四日間審査を行い、昨日終了いたしました。  質疑の主なものは、まず、外務省関係では、日米貿易摩擦への対応、対ソ外交の姿勢と経済制裁、在外公館の情報収集能力の向上と館員の健康管理、海外の子女教育及び海外勤務者に対する医療の充実、竹島の返還と安全操業、韓国に収監されている在日韓国人政治犯の救済、タイ国軍用機の日本国内での修理実績と武器輸出三原則、韓国、トルコ、オーマン、インドネシア等に対する経済協力、技術協力のあり方等であり、  次に、大蔵省関係では、所得税減税の実施、内職収入への課税のあり方、中小企業の……


■ページ上部へ

第98回国会(1982/12/28〜1983/05/26)

第98回国会 予算委員会 第17号(1983/03/07、36期、自由民主党)

○砂田委員 第二分科会における審査の経過について御報告いたします。  本分科会においても同様に三日間審査を行い、本日終了いたしました。  質疑の主なるものは、まず、法務省関係では、少年非行対策と更生保護行政、保護司に対する実費弁償金等の改善、ロッキード事件で受領した金銭の使途並びに榎本被告の法廷外発言問題、潜在不法入国者と入国管理のあり方、外国人登録法の指紋押捺義務等に対する見解、国籍法改正に伴う法制審議会国籍法部会の中間試案をめぐる諸問題、協定永住者を中心とした在日韓国人の法的地位の整備、同和対策と人権問題等であり、  次に、外務省関係では、米・ソ核軍縮交渉と諸外国の動向、ヤルタ会談の国際法……


砂田重民[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院36期)

砂田重民[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期
第96回国会(1981/12/21〜1982/08/21)

第96回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1982/02/26、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。何とぞよろしくお願い申し上げます。  本分科会は、外務省、大蔵省及び文部省所管について審査を行うことになっております。  なお、各省所管事項の説明は、各省審査の冒頭に聴取いたします。  昭和五十七年度一般会計予算、昭和五十七年度特別会計予算及び昭和五十七年度政府関係機関予算中文部省所管について、政府から説明を聴取いたします。小川文部大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま小川文部大臣から申し出がありましたとおり、文部省所管関係予算の概要につきましては、その詳細な説明を省……

第96回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1982/02/27、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和五十七年度一般会計予算、昭和五十七年度特別会計予算及び昭和五十七年度政府関係機関予算中大蔵省所管について政府から説明を聴取いたします。渡辺大蔵大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま渡辺大蔵大臣から申し出がありましたとおり、大蔵省所管関係予算の概要につきましては、その詳細な説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  なお、日本専売公社の事業のうち、たばこ事業につきましては、昭和五十七年度の製造たばこ国内販売数量……

第96回国会 予算委員会第二分科会 第3号(1982/03/01、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和五十七年度一般会計予算、昭和五十七年度特別会計予算及び昭和五十七年度政府関係機関予算中、外務省所管について質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小川国彦君。
【次の発言】 これにて小川国彦君の質疑は終わりました。  次に、土井たか子君。
【次の発言】 これにて土井たか子君の質疑は終わりました。  次に、竹本孫一君。
【次の発言】 これにて竹本孫一君の質疑は終わりました。  次に、佐藤誼君。
【次の発言】 これにて佐藤誼君の質疑は終わりました。  次に、楢崎弥之助君。

第96回国会 予算委員会第二分科会 第4号(1982/03/08、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和五十七年度一般会計予算、昭和五十七年度特別会計予算及び昭和五十七年度政府関係機関予算中文部省所管について、前回に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。清水勇君。
【次の発言】 これにて清水勇君の質疑は終わりました。  次に、辻第一君。
【次の発言】 これにて辻第一君の質疑は終わりました。  次に、草川昭三君。
【次の発言】 これにて寺前巖君の質疑は終わりました。  次に、武田一夫君。
【次の発言】 これにて武田一夫君の質疑は終わりました。  午後一時三十分に再開することとし、この際、休憩いた……


■ページ上部へ

第98回国会(1982/12/28〜1983/05/26)

第98回国会 予算委員会第二分科会 第1号(1983/03/04、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  私が本分料会の主査を務めることになりました。何とぞよろしくお願い申し上げます。  本分料会は、法務省、外務省及び大蔵省所管について審査を行うことになっております。  なお、各省所管事項の説明は、各省審査の冒頭に聴取いたします。  昭和五十八年度一般会計予算、昭和五十八年度特別会計予算及び昭和五十八年度政府関係機関予算中外務省所管について、政府から説明を聴取いたします。安倍外務大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま安倍外務大臣から申し出がありましたとおり、外務省所管関係予算の概要につきましては、その詳細な説明は省……

第98回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1983/03/05、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和五十八年度一般会計予算、昭和五十八年度特別会計予算及び昭和五十八年度政府関係機関予算中法務省所管について、政府から説明を聴取いたします。秦野法務大臣。
【次の発言】 以上をもちまして法務省所管についての説明は終わりました。
【次の発言】 この際、分科員各位に申し上げます。  質疑の持ち時間はこれを厳守され、議事進行に協力を賜りますようお願い申し上げます。  なお、政府当局におかれましても、質疑時間は限られておりますので、答弁は簡潔、明瞭にお願いいたします。  これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許し……

第98回国会 予算委員会第二分科会 第3号(1983/03/07、36期、自由民主党)【議会役職】

○砂田主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  昭和五十八年度一般会計予算、昭和五十八年度特別会計予算及び昭和五十八年度政府関係機関予算中大蔵省所管について、政府から説明を聴取いたします。竹下大蔵大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま竹下大蔵大臣から申し出がありましたとおり、大蔵省所管関係予算の概要につきましては、その詳細な説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
【次の発言】 以上をもちまして大蔵省所管についての説明は終わりました。



砂田重民[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

砂田重民[衆]在籍期 : 30期-31期-32期-34期-|36期|-37期-38期-39期
砂田重民[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院議員(五十音順) 36期衆議院議員(選挙区順) 36期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊