佐々木義武 衆議院議員
37期国会発言一覧

佐々木義武[衆]在籍期 : 29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|
佐々木義武[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは佐々木義武衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

佐々木義武[衆]本会議発言(全期間)
29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|
第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

第103回国会 衆議院本会議 第2号(1985/10/16、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○佐々木義武君 ただいま私ども十四名が本院永年在職議員として御丁重な表彰の決議を賜りましたことは、まことに光栄至極であり、感激にたえません。  顧みますと、私どもが初めて選挙に出たときは池田内閣のときで、安保大騒動の後であり、所得倍増計画、高度成長の時代で、日本の地位も世界的に高まっているときでございました。その後、第一次、第二次石油ショックを日本は無事切り抜けましたが、最近では、経済摩擦等国難が引き続いて、苦難の時代に入っております。  日本は現在、電子関連産業を中心にますます伸びていきつつありますし、今後も伸びなければならぬと思いますが、ひとり電子関連産業のみならず、技術面ではいろいろな変……

佐々木義武[衆]本会議発言(全期間)
29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

 期間中、委員会での発言なし。
佐々木義武[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

 期間中、各種会議での発言なし。

佐々木義武[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

佐々木義武[衆]在籍期 : 29期-30期-31期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|
佐々木義武[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊