手塚仁雄 衆議院議員
45期国会発言一覧

手塚仁雄[衆]在籍期 : 42期-43期-|45期|-48期
手塚仁雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは手塚仁雄衆議院議員の45期(2009/08/30〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は45期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院45期)

手塚仁雄[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-|45期|-48期
第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 衆議院本会議 第6号(2011/02/28、45期、民主党・無所属クラブ)

○手塚仁雄君 私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました予算委員長中井洽君解任決議案について、反対の立場で討論をいたします。(拍手)  中井委員長は、ねじれ国会という難局にあって、与野党が激しい論戦を展開する中、就任以来、一党一派に偏らず、委員会運営に対して強い責任感を持って挑み、常に中立公正な立場で委員会を運営され、誠心誠意職務を全うされてこられました。また、中井委員長は、国民にわかりやすい予算審議を実現するため、閣僚の答弁が不十分だと思えば、容赦なく厳しい指導もされてこられました。  申し上げるまでもなく、中井委員長の委員会運営は、与党だ野党だという立場を超越し、あくま……

手塚仁雄[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-|45期|-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院45期)

手塚仁雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-|45期|-48期
第176回国会(2010/10/01〜2010/12/03)

第176回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第4号(2010/11/26、45期、民主党・無所属クラブ)

○手塚委員 冒頭、この政治資金規正法及び政党助成法の一部を改正する法律案提出者におかれましては、前国会の経緯もございまして、趣旨説明をしていただいて、各党、質疑の御準備をいただいた中、急に総理がおやめになるという状況の中で、こうして審議のタイミングをお待たせしてしまったこと、おわびを申し上げたいというふうに思います。  質問に入らせていただきます。  今回のこの法案の趣旨、これまで選任及び監督双方において注意を怠ったという場合の条文で書かれていたわけでありますけれども、アンドをオアに変える、そういう趣旨だというふうに承知をしております。  まず、この改正案がどういった趣旨で御提案だったのか、お……


■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2011/03/17、45期、民主党・無所属クラブ)

○手塚委員 民主党の手塚仁雄であります。  改めて、被災に遭われた方、お悔やみとお見舞いを申し上げながら、短時間でありますけれども、質問に入らせていただきたいと思います。  まず、今回のこの特例法でありますけれども、すべて指定県という言い方をしておりまして、なぜ都道府県と書いていないのかなと。一般的に、今回、被災状況のひどい福島県であったり宮城県であったり岩手県であったり、そういったことを想定されていると認識いたしておりますけれども、その上で、今、我々は、これまで経験したことのないような事態に、まさに日がわりで、日々遭遇しているわけでございまして、今後の事態と推移ということによっては、この県も……

第177回国会 予算委員会 第18号(2011/02/28、45期、民主党・無所属クラブ)

○手塚委員 第一分科会について御報告申し上げます。  その詳細につきましては会議録に譲ることとし、ここでは主な質疑事項について申し上げます。  まず、国会所管については、国会等における受動喫煙対策など、  次に、内閣所管については、マニフェスト修正の方向性など、  次に、内閣府所管については、政府における検討会議のあり方、工場等の世界遺産への登録申請、自殺対策の充実強化の必要性、ニュージーランド地震における捜索状況、待機児童問題など、  次に、防衛省所管については、在日米軍施設等の返還の見通し、武器輸出三原則問題などでありました。  以上、御報告申し上げます。


手塚仁雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-|45期|-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院45期)

手塚仁雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-|45期|-48期
第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2011/02/25、45期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○手塚主査 これより予算委員会第一分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりましたので、よろしくお願いいたします。  本分科会は、皇室費、国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府及び防衛省所管並びに他の分科会の所管以外の事項についての審査を行うことになっております。  平成二十三年度一般会計予算、平成二十三年度特別会計予算及び平成二十三年度政府関係機関予算中皇室費について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。風岡宮内庁次長。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  それでは、御退席くださって結構であります。



手塚仁雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-|45期|-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

手塚仁雄[衆]在籍期 : 42期-43期-|45期|-48期
手塚仁雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊