後藤田正純 衆議院議員
45期国会発言一覧

後藤田正純[衆]在籍期 : 42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
後藤田正純[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは後藤田正純衆議院議員の45期(2009/08/30〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は45期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院45期)

後藤田正純[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 衆議院本会議 第4号(2011/02/15、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田正純君 自由民主党の後藤田正純であります。  自由民主党・無所属の会を代表して、ただいま議題となりました平成二十三年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案外一案について、総理並びに関係大臣に質問いたします。(拍手)  まず初めに、熟議の国会について伺います。  菅総理、あなたの有言実行という言葉、熟議の国会という言葉がむなしく聞こえてなりません。本来ならば、マニフェスト選挙をうたって政権交代したのであれば、あなたの模範とするイギリス政治に倣い、熟議したはずのマニフェストを淡々と有言実行していけばよいのです。それがなぜできないのでしょうか。マニフェストそのものにみずか……

第177回国会 衆議院本会議 第18号(2011/04/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田正純君 自由民主党の後藤田正純であります。  私は、自由民主党・無所属の会を代表して、ただいま議題となりました東日本大震災に対処するために必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案に賛成の立場で討論を行います。(拍手)  討論に先立ち、一言申し上げます。  東日本巨大地震・津波災害発生から約一カ月半がたちました。本格的な復旧復興は、まさにこれからであります。改めて、とうとい命を亡くされた皆様の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆様に対し衷心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。  そして、こうした被災者の方々を一人でも救おうと、今なお……

後藤田正純[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院45期)

後藤田正純[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
第173回国会(2009/10/26〜2009/12/04)

第173回国会 財務金融委員会 第2号(2009/11/17、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 ありがとうございます。  先ほど来の非常に格調の高い答弁、質問を聞いておりまして、やはり鳩山内閣では大変重みのあるお二人の大臣でございまして、そのお二人にきょうは改めて質問させていただく機会を与えていただきまして、光栄でございます。  まず、先般もちょっと総理にも御質問しましたが、この十、十一、十二、一、二、三という今年度のまだ半期残っているときに、景気対策としての補正予算三兆円をはがして、いまだにまだ鳩山政権は経済対策ができていない。このことについて、私は本当に危機感を覚えております。  そういう中で、連立というのは非常に便利な道具だと思いますが、亀井大臣が花火を上げられており……

第173回国会 財務金融委員会 第3号(2009/11/18、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 まず、亀井大臣にお伺いしたいと思います。  亀井大臣の今回の法案の前の世の中への打ち上げ方は、まさにモラトリアムだということをおっしゃって、相当、中小零細また資金需要困窮者が期待をしたと思うんですよ。そのときの亀井大臣の法案、僕はこの法案は亀井法案じゃないと思っているんです、亀井法案は当時、強制的に、一律に、そして三年とおっしゃっていたんですよね。それがなぜここまで、きのうの野田さんじゃないですけれども、明治の大砲じゃありませんが、まずそこで、いいんですよ、きのうの話でもあったとおり、良識的にマーケットメカニズムもお考えになって大塚副大臣が御指導されたのか、そういうことで、まあま……

第173回国会 財務金融委員会 第5号(2009/11/25、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 このたび、いろいろ国会運営また委員会の運営等で大変な混乱がございましたが、最後にこういう形で質問をする機会をいただきまして、大変光栄でございます。  今回のいわゆるモラトリアム法案でございますが、この法案を見ておりまして、やはり我々自民党の基本政策と民主党さんを中心とする、国民新党さんも含めた、社民党さんも含めた政権との違いが鮮明になってきたなという気がいたしております。  我々自民党は、やはり市場経済というものもしっかり守っていくんだ、ただ一方でセーフティーネットもしっかりやっていこう、このバランスをいかにとっていくかが政治の役割である、そのように考えております。それと同時に、……

第173回国会 予算委員会 第2号(2009/11/02、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 後藤田でございます。  鳩山総理には、夏の総選挙には我が徳島県に二回ほどお越しいただきまして、また菅さんにもお越しをいただきました。前原さんにもお越しをいただきました。赤松さんにもお越しをいただきました。岡田大臣におかれましてはヘリコプターでお越しをいただきました。原口さんも来ていただきましたか。(発言する者あり)そうですか。地元の仙谷大臣は、数日前、我が市町村長にお回りになって、交代だぞと言って回られたそうでございます。選挙には友愛はございません。戦いでございます。ですから、それはいいとしても、全国でまれに見る、本当にありがたい戦いをさせていただいたと思っております。  ゆえに……


■ページ上部へ

第174回国会(2010/01/18〜2010/06/16)

第174回国会 財務金融委員会 第5号(2010/03/01、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 まず冒頭、チリ大地震で被害に遭われましたチリ国民並びにチリ政府の皆様方に、心から哀悼の意を表したいと思います。  政府として、また財務大臣として、チリ大地震に対しての支援、これについて積極的に行われるという御意思をまずお伺いさせていただきたいと思いますが、菅大臣、いかがですか。
【次の発言】 よろしくお願いをいたします。  まず冒頭、菅大臣、山田方谷の「理財論」というのをお読みになったことはございますか。山田方谷の「理財論」。読んだかどうか。
【次の発言】 野田副大臣はよく御存じのようでございます。  これは、財務大臣、財政当局としてはやはり必ず読んでいただきたいと思います。備中……

第174回国会 財務金融委員会 第9号(2010/03/17、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、案文を朗読し、趣旨の説明といたします。     株式会社日本政策金融公庫法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、次の事項について、十分配慮すべきである。  一 我が国の優れた技術・ノウハウ・製品が統合されるパッケージとしての輸出、又は、これらが活用される海外におけるインフラ等の事業については、先進国、途上国を問わず、国際協力銀行がこれを積極的に支援し、我が国経済の成長に更なる貢献をするよう国際協力銀行の機能を整備すること。  一 地球環境保全に加え、国際協力銀行が果たしてきた資源・エネル……

第174回国会 財務金融委員会 第14号(2010/04/16、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 皆さんちょっと大勢お呼びしましたが、随時お帰りいただいて結構でございますので、ありがとうございます。  まず、早速参りますが、馬淵国交副大臣、今回、大臣の発表ということではありましたが、高速道路の料金設定についてお伺いしたいと思います。  我々四国の者としては、本四架橋の料金設定について、知事初め皆さん、なぜ本四だけああいう値段なんだ、高いんだということ、これはもう副大臣当然聞かれていると思います。  もっと言えば、新高速料金について、国交大臣の発表に対して、内閣の一員であります国家戦略大臣が地元で、わざわざ駅前で街頭演説をなさって、前原さんとは親しいけれども私は反対だとおっしゃ……

第174回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2010/03/25、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 ありがとうございます。  福島大臣、御就任されて七カ月たつわけでございますが、私は、前大臣の野田聖子大臣から引き継ぐに当たり、非常にいい方が大臣になったと思っております。ただ、消費者庁ができたという背景、そして、その後の七カ月の大臣のお働きについて、最初の期待からするといささか期待外れなところがあるんですね。  もともとこの消費者庁というのは、やはり、今まで各省庁が、各企業とか生産者の方々の産業育成という面と、同時に彼らは消費者の方も見られるという、非常に慢心というか、そういう思いで役所が来たゆえに、さまざまな問題が起こってきたんだと思います。  政治の役割というのは、私はいつも……

第174回国会 総務委員会 第21号(2010/05/28、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 まず冒頭、本法案について、私は、今の堕落した民主党政権の象徴的な法案である、それと同時に、権力におぼれた国会運営の象徴的な総務委員会審議であると思います。  亀井先生、どう思いますか。どうぞ。
【次の発言】 権力におぼれた国会運営というのは、今、亀井大臣は自民党の話をいたしましたが、我々の自民党のとき、例えば国民の皆様が不審に思っている小沢さんの問題、ああいう問題はもちろんのこと、まさに大臣の辞職勧告決議案も含めて、我が党は、政治と金の問題があったときも、しっかりと証人喚問に応じました。そして、政倫審でももちろんやりましたし、数々の場面で我々はしっかりと説明責任を果たしてまいりま……

第174回国会 予算委員会 第10号(2010/02/12、45期、自由民主党・改革クラブ)

○後藤田委員 ありがとうございます。  まず、総理、政治倫理と権力の扱い方、この二つについて総理のお考えをお伺いしたいと思います。  今までの政治と金の問題、そして、きょう集中審議をせざるを得なかった問題も含めて、我々政治家は政治倫理というものを忘れかけているんじゃないか、そして同時に、権力の扱い方、権力との対峙の仕方という問題についても、改めて、我々政治家は、特に与党はもう一度考え方を正すべきではないか、そういう思いから、この質問を最初に申し上げたいと思います。  まず、政治倫理について、総理、どう思いますか。
【次の発言】 そのさまざまな法律というのは、政治活動ですとか選挙に関する法律でご……


■ページ上部へ

第175回国会(2010/07/30〜2010/08/06)

第175回国会 財務金融委員会 第1号(2010/08/03、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 ありがとうございます。後藤田でございます。  野田大臣、改めまして大臣御就任おめでとうございます。やはり、ネクストジェネレーションという立場で、財務大臣という主要閣僚に野田さんがなられたということは、これは日本にとっても私はすばらしいことだと思っております。若いからどうこうというんじゃなくて、将来の責任を余儀なくされる世代が財務大臣になるということは本当に喜ばしいことだと思いますので、貴重なお時間をいただきましたので、またきょうはよろしくお願いします。  その前に、冒頭、国交省さんをお呼びしておりますので、御質問にお答えいただいたらもう御退席ください。つい最近の選挙戦でちょっと気……


■ページ上部へ

第176回国会(2010/10/01〜2010/12/03)

第176回国会 財務金融委員会 第2号(2010/10/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 きょうは、財務金融委員会、この臨時国会初委員会ということで、全般的には財政健全化、財政規律の問題、そして同時に、国家戦略、成長戦略についての各大臣の所見をお伺いしたいと思います。  今の日本の置かれた状況は、いかに将来に借金を残さないか、今ある我々が責任を持って何をすべきか、このことが、国、つまり立法府、行政府を含めて、一番問われていることだと思っております。そのためにも、今皆様方が仕分け等々でやられている作業も、いいところもある。我々も小泉内閣のときに、プライマリーバランスの黒字化に向けて、赤字幅約四兆円まで相当ごりごりやりました。これは歳入歳出一体改革の中で、無駄撲滅という以……


■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第177回国会 財務金融委員会 第6号(2011/03/08、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 どうもありがとうございます。  まず冒頭に、この委員会は、理事会協議の中で、また古い伝統の中で、原則があって、定例日以外はしない、また夜なべもしない、大臣出席、そういうことで今までやってきたわけでございますが、きょうこうして、夕なべといいますか、五時十分から七時十分まで。  当初、与党の方からは朝の数十分、昼の数十分ということでありましたが、各委員にもおわかりいただきたいのは、我々はしっかりとしたまとまった時間で充実審議をしたいということで、では我々も、六時ではなくて七時まで、これから場合によっては八時、九時もあってもよかろうと私は個人的には思っておりますが、そういうことで皆様方……

第177回国会 財務金融委員会 第8号(2011/03/22、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 まず、このたびの東北関東大震災におきまして被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、今なお避難されている方、また救援活動に命を賭して活躍されている方に心から敬意と感謝、そして御無事をお祈り申し上げたいと思います。  きょうは短い時間ですので、端的に御回答いただければと思っております。  今まさに我々がしなくてはいけないのは、被災地の方々の命を、人命を最優先にしなくてはならないというふうに思っておりますが、加えまして、我が財務金融委員会では、今まさに被災されている方、お亡くなりになった方、また損壊されたさまざまな不動産、こういったものに対して、金融分野がしっかりと対応する……

第177回国会 財務金融委員会 第9号(2011/03/23、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 ありがとうございます。  柳田さんの熱心な御質問、もう一問ぐらい、いいと思ったんですけれども、委員長のお裁きでございます。  きのうに引き続いて質問をさせていただきたいと思います。  きょうの委員会は、法案審議はもちろん大臣出席ということでございますが、この委員会の定例日、そして震災に関する、我が財金として何ができるかということを議論する委員会でございます。ただ、大臣がこういう時期で大変忙しいということで、原則は大臣でございますが、副大臣でも結構だと。また日銀においても、私は副総裁以下で結構だと申し上げましたが、きょうはわざわざ総裁が、おれがやると。その姿勢が大事なんですね、いや……

第177回国会 財務金融委員会 第11号(2011/03/29、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田議員 ただいま大串委員からは、いわゆるつなぎ法案と、一方で、国税本体法案につきましての趣旨並びに見解をというお話でございました。  前段のつなぎ法案につきまして、まず御説明いたします。  委員も御承知のとおり、税の安定性というものは国民生活並びに経済活動の大前提であるということは言うまでもございません。本法案は、委員御承知のとおり、まさに混乱回避のための異事異例の措置であるということでありまして、年度末期限の到来いたします租税特別措置法等を一律に延長するものでございます。  あくまで本体が成立するまでの暫定的な措置であるということと、あわせまして、政策的な判断としての税のあり方につきま……

第177回国会 財務金融委員会 第12号(2011/04/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 自民党の後藤田でございます。  きょうは、参考人の皆様、大変お忙しいところ御足労いただきまして、ありがとうございます。  きょうは地銀協も、尊敬する小川会長、そして瀬谷会長の会社である東邦銀行さん。地銀協さんは、やはり、自他ともに認める銀行、またはその人となりで会長、代表をやられている。これは、私は、ある意味で非常にまとまった組織だなというふうにつくづく思っております。  そういう中で、まず、地銀協の皆様に具体的な御質問または御提案をし、そして、金融庁からもそれに対する御開陳をいただければと思います。  早速でございますが、このたびの震災被害に対して、いわゆる信用保証協会の役割と……

第177回国会 財務金融委員会 第15号(2011/04/20、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 きょうは預金保険の関係でございますので金融大臣ということだったんですが、野田大臣にもお越しいただきました。御質問が終われば、どうぞ御退室いただきたいと思います。  でも、そういう意味では、金融という問題も関係しますので。といいますのは、この前のG20、これは委員会でもその報告と御説明をということでございますので、本来ならばしっかりとした時間をいただいてということでございますが、今、震災対応等、委員会も窮屈な状態でやっておりますので、この場をかりてお聞きしたいと思います。  大臣は国際会議の場で、震災前と震災後の御発言で、私はいささか、国際社会に対してもう少し踏み込むべき要素があっ……

第177回国会 財務金融委員会 第17号(2011/04/30、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 まず、大臣に、質問に入る前に二つほどお伺いしたいんですが、一つは、このたびの三党合意、これは政党間での合意でございまして、政府は直接的に、政府・与党ということですから、関係は非常にあるという考えもあるし、党のことですからという御答弁をされるかもしれません。  このたびの法案を通す前提となった三党合意について、政府内の財務大臣としての御感想をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 もう一つは、これは政治的な話になりますが、今回の震災対応についての菅政権に対して、民主党の内部からいろいろな声が出ております。一つには、さきの民主党の御出身である西岡参議院議長の御発言、または昨日の渡部恒……

第177回国会 財務金融委員会 第18号(2011/05/11、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 ありがとうございます。  まず冒頭、質疑に入る前に、総理大臣が、昨日ですか、政府の責任ということで、総理としての給与部分ですか、国会議員に加えた、これを返上するとおっしゃって、僕はあれっと思ったんですけれども。  我々国会議員として、本当になかなか可処分所得の低い我々、大変な拠出をしたわけで、総理としてお出しになる、これは結構なことなんですが、国民が求めているのはそういうことじゃなくて、やはり総理の決断力とかそして判断力とか、そういったものだと思います。  しかし、総理がああいうことをおっしゃってしまった限りは、政府として責任があるとおっしゃった。ということになると、政府全体、閣……


■ページ上部へ

第179回国会(2011/10/20〜2011/12/09)

第179回国会 外務委員会 第5号(2011/12/07、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 玄葉大臣、ごぶさたしております。  財務金融委員会では、委員長、そして理事の立場で私も、海江田さん、石田さん、委員長さんをお支えしてきた立場でございまして、改めて、お会いできて光栄でございます。  まず最初にちょっとお伺いしたいのは、最近、民主党さん、政府内、また与党内でいろいろな事件を引き起こしてくださるので、それを一つ一つお伺いしなきゃいけない、申しわけございませんが。  まず、この外務委員会でも議論をし、そしてきのう、原子力の協定の問題でございますが、我々野党としても、もちろん、被災地の検証の問題、大臣も選挙区でございますが、そういうことも含めた上でやらなきゃいけない、輸出……


■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

第180回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2012/04/12、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 松原大臣、御無沙汰しております。  内閣委員会等で野党理事としての御活躍当時は、委員会運営に大変苦労いたしました。大臣の先ほど来の丁寧な御答弁に敬意を表します。  私は、余り変化球や低目の球を投げるつもりはありません。直球高目もしくは内角に投げますので、大臣らしい御答弁をいただきたいというふうに思います。  まず、消費者庁が発足して数年たちますが、我が党では、福田総理の時代に消費者調査会というものを立ち上げまして、私、事務局長でやってまいりました。当時の設立の経緯は、簡単に言えば、私ども政治や行政は国民の皆さんの生命と財産をお守りするという中で、しかしながら、その当時、今もそうで……

第180回国会 消費者問題に関する特別委員会 第5号(2012/07/26、45期、自由民主党・無所属の会)

○後藤田委員 まず、今回の東電の値上げ問題につきまして国民が大変憤りを感じていますのは、まさに人災と言われた、調査会でも明確な発信がございました、人災と言われた経済産業省と東電さんが、まさに国民の議論のないままに今回の値上げを決めたということに対して、国民全体と東電管内の利用者の皆さんと、そして何よりも被災者の皆様が大変疑問に思い、また憤りを感じていると思います。  この点について、まず松原大臣、どのようにお考えですか。
【次の発言】 重要だと思うということですが、今回はしっかりなされたとお思いですか。
【次の発言】 きのうの会見で、東電の社長は、値上げのことと同時に、二〇一四年三月期で黒字化……


■ページ上部へ

第181回国会(2012/10/29〜2012/11/16)

第181回国会 決算行政監視委員会 第1号(2012/11/07、45期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○後藤田委員長 これより会議を開きます。  この際、一言御挨拶申し上げます。  このたび決算行政監視委員長に選任されました後藤田正純でございます。  本委員会は、決算全般について審査し、その結果を将来の予算の編成と執行に反映させるとともに、国会が担う行政監視について本院における中核的な機能を果たすことを役割としております。  東日本大震災からの復興や国の財政状況の悪化など諸問題に直面する中、国の予算の使われ方、行財政のあり方に対する国民の関心は高く、本委員会がこうした役割を果たすことが期待されていると思います。  委員各位の御指導、御協力を賜り、公正かつ円滑な委員会運営に努めてまいりたいと存じ……

第181回国会 決算行政監視委員会 第2号(2012/11/15、45期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○後藤田委員長 これより会議を開きます。  行政監視に関する件について調査を進めます。  この際、東日本大震災復興予算の使途に関する決議を行いたいと存じます。  第百八十回国会閉会中、去る十月二十三日の行政監視に関する小委員会において、東日本大震災復興予算の使途について、政府に対する質疑及び小委員間における自由討議を行いました。  本件につきましては、小委員会における質疑及び自由討議を踏まえ、理事会等におきまして、各会派間で御協議いただきましたところ、お手元に配付いたしておりますとおりの案文がまとまりました。  便宜、委員長から案文を朗読し、その趣旨の説明にかえたいと存じます。     東日本……


後藤田正純[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院45期)

 期間中、各種会議での発言なし。

後藤田正純[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

後藤田正純[衆]在籍期 : 42期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期
後藤田正純[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計