根本匠 衆議院議員
47期国会発言一覧

根本匠[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期
根本匠[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは根本匠衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
根本匠[衆]本会議発言(全期間)
40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

根本匠[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 予算委員会 第15号(2015/03/06、47期、自由民主党)

○根本(匠)委員 おはようございます。自由民主党の根本匠です。  冒頭、川崎市内の中学生である上村遼太君の痛ましい事件についてお尋ねをいたします。  上村遼太君に心からの哀悼の誠をささげます。これを何とか防げなかったのか、命を守れなかったのか。この件は文科省だけでなく、警察、法務、厚労など関係省庁横断で取り組むべきだと思います。これまで、そしてこれからの取り組みについて、総理の決意をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 政府も極めてスピーディーに対応しておられます。子供は国の宝です。再発防止に政府一丸となって、そしてオール・ジャパンで取り組まなければならないと思います。  次に、復興加速と政……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 東日本大震災復興特別委員会 第1号(2016/01/04、47期、自由民主党)

○根本(匠)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの落合貴之君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、今村雅弘君が委員長に御当選になりました。  今村雅弘君に本席を譲ります。


■ページ上部へ

第191回国会(2016/08/01〜2016/08/03)

第191回国会 東日本大震災復興特別委員会 第1号(2016/08/01、47期、自由民主党)

○根本(匠)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの金子恵美君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、今村雅弘君が委員長に御当選になりました。  今村雅弘君に本席を譲ります。


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第5号(2017/04/06、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 自由民主党の根本匠です。  質問に入る前に、一言申し上げたいと思います。  先ほど大臣から謝罪がありました。あの東日本大震災から六年が過ぎました。この間、復興が大きく加速しましたが、福島の再生は息の長い取り組みが必要です。東日本大震災からの復興は待ったなし。とりわけ、今般の避難指示の解除も受け、福島の原発事故からの復興再生はより一層本格化いたします。  政府は、これまでも責任を持って東日本大震災の復興に取り組んできました。私も、復興大臣として、また、自民党復興加速化本部長代理として、魂を込めて全力を尽くしてまいりました。特に被災地出身の議員として、被災者の心に寄り添うことが何……


根本匠[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

根本匠[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/06/11、47期、自由民主党)

○根本(匠)委員 私も、簡潔に私の考え方を述べさせていただきたいと思いました。  今回の審査会はさまざまな議論があった。特に、平和安全法制についての中心的な議論がなされました。私は、冷静に聞いていて、長年この議論に参画してこられた高村委員あるいは北側委員の御意見が極めて本質をついていて、論理的、合理的、説得的だったと思います。  簡単に私も申し上げたいと思いますが、今回の平和安全法制については、歴代政権が維持してきた憲法解釈を一内閣の判断により変更するものであり、立憲主義にもとるのではないかという批判が一部にあるようであります。  しかしながら、今回の平和安全法制は、平成二十六年七月一日の閣議……


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 憲法審査会 第2号(2016/11/17、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 今から七十年前の昭和二十一年、日本国憲法が公布されました。  この憲法は、まず、昭和二十七年のサンフランシスコ講和条約発効よりも前、すなわち我が国に主権が存しない時期に制定されたものであること、内容も、マッカーサー三原則とGHQ草案が示され、それを翻訳したものがほぼもとになっていることは事実であります。これらの史実をもとに、押しつけ憲法だから改正すべきだとする意見があります。  他方、現憲法は、GHQ草案をもとにしつつも、我が国で起草し、議会の審議、承認を経て制定されたこと、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重の三原則は国民に深く根つき定着していることもまた事実です。  重要……

第192回国会 憲法審査会 第3号(2016/11/24、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 今いろいろな議論が出ていましたが、私は、きょうの議論を聞いておりまして、個別の具体的なテーマになるほど議論は深まっていくなと。その意味では、個別のテーマになるほど議論が深まって闊達な議論ができますから、これから個別の議論をぜひやっていただきたいと思います。  そして、きょうは立憲主義と改正限界ということですから、私も、これについてどう考えるかということを、多少理屈っぽい話になるかもしれませんが、改めて意見を述べたいと思います。  立憲主義という言葉、ただいまもいろいろな方からいろいろな意味合いでの立憲主義の開陳がありました。さまざまな意味で用いられております。一つの考え方とし……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 憲法審査会 第1号(2017/03/16、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 自民党の根本匠です。  まず、一票の格差と参議院の合区について申し上げます。  一票の格差をめぐっては、重要な判例が幾つかあります。  昭和五十一年には、憲法十四条一項が投票価値の平等を要求しているものの、それが選挙制度の唯一絶対の基準ではないと示されました。昭和五十八年には、参議院選挙に都道府県代表的な要素を加味しても、全国民の代表であるという性格と矛盾抵触しないと判断されました。  しかし、平成二十四年には、昭和五十八年の考え方を否定しないものの、都道府県を選挙区の単位にすべき憲法上の要請はないと指摘し、人口の都市部への集中による都道府県間の人口格差の拡大が続き、総定数を……

第193回国会 憲法審査会 第5号(2017/05/18、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 自由民主党の根本匠です。  本日のテーマは国と地方のあり方であります。自由討議とはいえ、議論が拡散しないように、私も、国と地方のあり方に絞って意見を申し上げたいと思います。  現行憲法は規律密度が低く、国民が共有できる理念を書き加えるべきとの意見があります。特に地方自治の章は四条しかなく、自民党の憲法改正草案でも、地方自治の本旨の中身を記述しています。これまでの憲法調査会でも、国と地方公共団体の基本的なあり方や、国と地方政府が対等の立場にあること、地方公共団体の課税自主権などを憲法に追加すべきといった意見が出されています。  他方、日本では、憲法と地方自治法や地方財政法などの……

第193回国会 憲法審査会 第6号(2017/05/25、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 自由民主党の根本匠です。  憲法九条をめぐっての安倍総裁の真意については既に中谷、古屋幹事から明快に話がありましたので、私は、きょうのテーマである新しい人権について意見を申し上げたいと思います。  憲法制定時には想定していなかった諸問題に対応するため、プライバシー権や環境権などの新しい人権が主張されるようになりました。これらが憲法上保障されるべき権利であるという考えは、当審査会でも共有できるのではないかと思います。  憲法に新しい人権の規定を置くことについて意見を申し上げますと、明記すべきという意見の論拠は、あらゆる新しい人権の根拠を十三条に求めることは適当でないこと、憲法に……

第193回国会 憲法審査会 第8号(2017/06/08、47期、自由民主党・無所属の会)

○根本(匠)委員 自由民主党の根本匠です。  憲法第一章をテーマに、党を代表して発言をいたします。  日本国憲法は、国民主権という人類普遍の原理を採用しながら、同時に、第一章において象徴天皇制を規定しています。象徴天皇制は、普遍的な原理というよりも、日本固有の歴史、伝統を考慮し、尊重する立場から、これを憲法上規定したものと考えられます。  明治憲法における天皇が、神勅に基づいて、国家統治の淵源であるとともにその中心たる地位にあって、強大な権能を持っていたのに対し、日本国憲法における天皇は、国民の総意に基づいて、国家及び国民統合の象徴的地位に立っています。  このような象徴天皇制について、国民は……



根本匠[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

根本匠[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-44期-46期-|47期|-48期
根本匠[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊