柿沢未途 衆議院議員
47期国会発言一覧

柿沢未途[衆]在籍期 : 45期-46期-|47期|-48期
柿沢未途[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは柿沢未途衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

柿沢未途[衆]本会議発言(全期間)
45期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 衆議院本会議 第2号(2015/01/27、47期、維新の党)

○柿沢未途君 維新の党を代表して質問いたします。(拍手)  昨年十二月の衆議院選挙で、維新の党は、小選挙区十一、比例三十の計四十一議席を獲得し、引き続き野党第二党の重責を担うこととなりました。過去最低の五二%の低投票率の中、議席半減との当初の予想を覆して、これだけ多くの御支持を全国でいただいたのですから、今後の国会論戦でその御期待に応えてまいりたいと考えております。徹底論戦と建設的提案で改革の実行を迫ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず、いわゆるイスラム国、ISILと称する過激派勢力による日本人人質に対する凶行についてです。  二人の人質のうち、湯川さんが殺害されたと……

第189回国会 衆議院本会議 第24号(2015/05/15、47期、維新の党)

○柿沢未途君 安倍総理の訪米報告について御質問いたします。(拍手)  日米関係は、世界において最も重要な二国間関係である、そして、それは他に例を見ない。かつてのマンスフィールド大使の言葉を再確認する総理訪米となりました。  オバマ大統領との共同記者会見、そして、連邦議会における安倍総理のスピーチ、いろいろと内外のコメントはあるでしょうが、しかし、戦後七十年、アジアと世界のパワーバランスが大きく変動するこの時代の局面の中、日米両国が互いを不動の同盟国であると再確認できたことの意義は、私たちの立場からも、まずは率直に認めるべきものと思います。  その上で、質問をさせていただきます。  今回、日米防……

柿沢未途[衆]本会議発言(全期間)
45期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

柿沢未途[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 安全保障委員会 第3号(2015/03/26、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  きょうは安保法制を中心に中谷防衛大臣にお伺いをしてまいりたいと思うんですけれども、中谷防衛大臣の胸にも私の胸にも同じバッジが光っておりまして、国会ラグビークラブの会長として、私もその所属選手として、日ごろから大変お世話になっているところであります。その中谷大臣にこうして御質問の機会をいただきましたこと、大変光栄に思っております。  大臣は、与党の合意文書が正式決定をされた二十日の夕方の臨時の会見で、これから安保法制の法案の作成に向けて、与党に示してもらった方向性を踏まえて、作業を加速化して、必要な法案を五月半ばに提出できるよう努めたい、こういう趣……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第3号(2015/05/27、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  安倍総理、きのうは、就任の御挨拶をさせていただきまして、お忙しい中、大変ありがとうございました。  そのときにも申し上げましたが、私たちは、何でも反対の抵抗野党をやるつもりはありません。対案型野党として、私たちの政策、維新からの議員立法を示して成果をかち取っていきたい。昨日の安倍総理の御答弁にありましたとおり、ぜひ建設的な議論をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  安保法制、この集団的自衛権の議論を聞いていて、私、感慨深いものがあるんです。  先ほど松野代表も御自分のお父様の話をされていましたが、私の父親も、柿沢弘治、自……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第13号(2015/06/22、47期、維新の党)

○柿沢委員 五人の参考人の皆さん、ありがとうございました。  まず、委員長にお伺いをしておきたいと思います。  この参考人質疑ですが、もともと、憲法や法律の専門家から、今回の安保法制の憲法適合性について深刻な疑義が投げかけられたことを受けて、その論点を深めるために開会されることになったものと承知しています。通常の重要法案の審議のときに、採決の前提として、手続の一環として、いわば一里塚として開かれる参考人質疑とは全く位置づけの違うものだと思っています。つまり、これをやったからといって採決の前提が満たされるなどとは到底言えないものだと思います。  きのうの共同通信の世論調査でも、安倍政権が安保法制……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第17号(2015/07/03、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  冒頭、自民党の勉強会でのマスコミ圧力発言についてお伺いをいたしたいと思います。  偏向報道する左翼メディアはスポンサーに圧力をかけて広告を引き揚げさせて潰してしまえと言わんばかりの、どこの国かと思うような発言だったと思います。沖縄に関する偏見に基づいた発言も耳を疑いたくなるようなひどいもので、谷垣幹事長も厳重注意したというわけですけれども、その直後には大西英男議員は、偏向報道するマスコミを懲らしめないといけない、勉強会での発言への批判は事実無根で、野党が党利党略で利用しているだけだとうそぶいて、再度の厳重注意を受けています。  こうなると、数にお……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第19号(2015/07/10、47期、維新の党)

○柿沢議員 御質問ありがとうございます。  今お尋ねをいただきましたが、我が党のつくりました武力攻撃危機事態というのは、まず、現行憲法への適合性、このことに意を用いて設定をさせていただいた、そうした概念でございます。  もともと、二〇〇三年五月の秋山法制局長官の答弁として、我が国周辺で我が国の防衛のために活動する例えばアメリカの艦船が武力攻撃を受けた場合、それが我が国に対する武力攻撃の着手と認められ得る場合がある、そのときは我が国を守る自衛権の行使ということは認められる、こういうふうな御答弁があります。  この国会答弁の考え方を基礎といたしまして、条約に基づいて我が国を守るために活動しているア……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第22号(2015/07/15、47期、維新の党)

○柿沢議員 お答えいたします。  我々は、日本を取り巻く安全保障環境の変化の中において今のまま何もしなくていい、こういうふうには考えておりません。その一方で、日米同盟を基軸としながら、憲法適合性を確保しつつ、やれることはやれるようにする、これが大切だというふうに思っております。  したがいまして、二〇〇三年五月の秋山内閣法制局長官答弁、つまりは、日本周辺において日本防衛のために活動しているアメリカの艦船に対する攻撃があった場合、それを日本に対する攻撃の着手、端緒とみなして、第一撃とみなして武力行使を含めた事態対処をアメリカと共同で行うことは自衛権の行使の範囲ということで憲法に適合したものとも認……

第189回国会 原子力問題調査特別委員会 第3号(2015/04/23、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  私は、一つずっと気になっていることがあるので、第一に御質問させていただきたいんですけれども、田中規制委員長が、規制基準の適合判定した原子力に対して、安全とは言わない、こういう御発言をされていることについてなんです。  原子力規制委員会設置法の第四条というのは、規制委員会の任務として、「原子力利用における安全の確保」、こういうことが書かれているわけですよね。私は、田中委員長が、安全とは言わない、こうおっしゃっていることの気持ちはわからなくはないんですよ。わからなくはないんですが、しかし、安全の確保というのが法律上の任務として課せられている人が安全と……

第189回国会 厚生労働委員会 第8号(2015/04/15、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  長く厚労委員会にいらっしゃる方は、私がこの厚生労働委員会で毎日のように質問していたことを思い出す方もいらっしゃるんじゃないかと思うんですが、久しぶりにこの厚生労働委員会で一般質疑の時間をいただきました。御質問させていただきたいと思います。  統一地方選挙の前半戦が終わって、十九日から後半戦ということで、区市町村長と議員の選挙が行われることになります。今週はその合間の一週間なわけですけれども、区市町村の首長、議員にとって大変大きな問題が、やはり子育て支援、待機児童の問題ではないかと思います。  私は東京の江東区ですので、江東区でも区議会議員選挙があ……

第189回国会 厚生労働委員会 第21号(2015/06/05、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  この百二十五万件の年金個人情報データの流出が公になって、六月一日、そして翌日六月二日、一挙に、専用窓口には十五万八千件ですか、問い合わせが来た。国民の不安、私が該当しているんじゃないか、こういう思いはピークに達していると思います。  そこから三日、四日経過をいたしましたが、受付の電話もパンクしたということで、受付の電話の台数も拡大をしたということでありますが、現時点で、私が該当するんじゃないだろうか、こういう不安に思った国民の皆さんの問い合わせがどのぐらい来ているのか、まずお尋ねをしたいと思います。

第189回国会 総務委員会 第9号(2015/03/24、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  籾井会長がNHK会長としてふさわしいのかどうか、これが率直に言って問われていると思います。きょうの質疑は努めて冷静にいきたいと思いますけれども、しかし、幾つかその観点から御質問を投げかけさせていただきたいと思います。  まず、一般的なトップリーダーの心構えについてお伺いしたいと思います。  三井物産の米国法人の社長を務められ、また、日本ユニシスの社長という、東証一部上場企業のトップを経験された籾井会長には、出した結果で問われる、民間企業経営者の厳しいそうしたあり方というのはもうよくよく身をもって御承知のことだろうと思います。  政治家においても、……

第189回国会 予算委員会 第3号(2015/01/30、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  ISILが人質にとっている後藤さんの解放に向けた交渉の現状についてお伺いをしようと思ったんですけれども、状況が時々刻々と動いており、また重大な局面のようにも思われます。予定した外務大臣への質問はやめることといたしたいと思います。ヨルダン人パイロットのカサスベ氏を含め、一刻も早い救出が実現するよう願ってやまないところであります。  ただ、一点だけちょっと総理にお伺いをしたいと思うんですが、このISILという呼称についてなんですけれども、欧米諸国の首脳を見ても、ISIL、またはISIL自身が嫌っているとされる呼称であるダーイシュ、こういう呼び名を使っ……

第189回国会 予算委員会 第15号(2015/03/06、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  まず、何度か出しているアレシナの黄金律のおさらいをしたいと思います。  ハーバード大学のアルベルト・アレシナ教授が、過去のOECD二十カ国の財政データを用いて、財政再建に成功した国と失敗した国の要因を検証した。それによると、増税先行の財政再建は失敗に終わり、財政再建を成功させた国は歳出削減に力を入れていたということであります。その比率が、歳出削減七、そして増税三。この七対三が、財政再建と経済成長を両立するアレシナの黄金律ということであるわけです。そして、財政再建に成功した国が歳出削減で何を削っていたかというと、公務員人件費と社会保障費、これが対象……

第189回国会 予算委員会 第19号(2015/06/18、47期、維新の党)

○柿沢委員 維新の党の柿沢未途でございます。  冒頭、安保法制について一言申し上げたいと思います。  私たちは、近年の安保環境の変化に応じて、日本が我が国近隣のアジアや世界において新たに担わなければいけない、そういう役割はあると思っています。そのための法制度も一定程度整備が必要だと思っています。ただし、政府提出の法案の安保法制の憲法適合性には、権威ある憲法学者から疑義が投げかけられているのも、これまた事実です。それについて説明責任を全うしないまま押し切るようなやり方では、私は、国民の理解は得られないと思います。  先日、六月九日、取ってつけたように、合憲性に関する政府見解のペーパーが示されまし……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第3号(2016/04/07、47期、民進党・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  甘利、フロマン両トップの会談、二十四回、三十五時間にわたるトップ交渉の会談記録がない、全て甘利大臣から口頭で担当官に共有された。関税率の引き下げのような微妙な事柄をさしで詰めていくのに会談の記録をとっていないなんて、こんな話があるか、では、総理にはどうやってそれを説明したんだ、紙なしでブリーフィングしたはずないだろう、こういうふうに我が党のヒアリングで問い詰めたら、今度は、会談記録はないが交渉の前後につくった論点整理のペーパーならある、こういうふうに政府は言い始めたわけであります。しかし、それは出せない。出してきたら黒塗り。どこまで政府は秘密主義なんでしょ……

第190回国会 原子力問題調査特別委員会 第5号(2016/05/26、47期、民進党・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  まず、「もんじゅ」についてお伺いをいたしたいと思います。  三・一一の後、一万件の機器の点検漏れが明らかになって、規制委員会が、事実上、運転凍結、運転禁止、こういうだめ出しをしたこの高速増殖炉「もんじゅ」でありますが、結果として一兆円の国費を投入して、二十年間以上ほとんど運転実績がない、こういう状況にあります。  しかも、今回、あのナトリウム漏れ事故を起こしておきながら、そのナトリウム漏れの監視カメラの故障を放置していた、こんなことをやっているわけですから、安全意識の欠如も甚だしい、原子力研究開発機構にこれはもう任せられない、もう期待するのは無理だ、こうい……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2016/03/09、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  石破大臣は、自民党政権における次の総理の呼び声も高い、そういう方だというふうに思います。御自身もその意思を公にしておられるわけであります。そして、憲法や安全保障といった国家の根幹にかかわる事項について、国政に携わる政治家が見識を持つことの重要性について深く認識されている方とお見受けしております。  そこで、大臣所信質疑の時間を使って、石破大臣の御見識をお伺いしたいというふうに思います。  まず、憲法についてであります。  憲法についての考え方の一つとして、国家権力を縛るものだという考え方がありますが、しかし、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流……

第190回国会 内閣委員会 第1号(2016/01/13、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  二年連続の国家公務員給与引き上げとなるわけです。今回の給与法改正案、私として決して納得しているわけではありません。党内では、反対したいという声もあります。しかし、このように民間の感覚とかけ離れたような国家公務員給与の水準になってしまっているのは、むしろ、構造的な要因が大きいというふうに考えております。つまりは、人事院勧告制度そのものに内在している問題、要因が大きいのではないかと考えます。  単に給与法改正案に反対し続けるのは野党ならできますけれども、きのう予算委員会で我が党の井坂信彦議員が指摘をさせていただいたように、政府・与党がこの人勧無視を連続して続け……

第190回国会 内閣委員会 第4号(2016/03/09、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  二月二十九日の衆議院予算委員会で我が党の江田憲司議員より、普天間基地の移設問題について、総理秘書官を経験した、そのときの経験についても語りながら、総理、官房長官に御質問をさせていただきました。  そのときに、今まさに訴訟になっている、その提示された和解案の受け入れについても言及をしていたと思います。そのときには御答弁でおくびにも出さなかったわけでありますけれども、そのわずか四日後、三月四日に、沖縄県との急転直下の和解に踏み切られたわけであります。  この和解合意に、本当に急転直下だったと思いますけれども、私自身も報道を見てほうと非常に驚きましたけれども、こ……

第190回国会 内閣委員会 第7号(2016/03/18、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  冒頭、ちょっと通告外の御質問をさせていただきたいと思います。  「保育園落ちたの私だ」ということで、国会を取り巻いて、二万七千の署名がたちどころに集まりました。それを塩崎厚生労働大臣にお渡しされた、「保育園落ちたの私だ」のママさんたちときのう会う機会がありました。  実は私も、東京の江東区ですから、豊洲なんかに高層マンションがあって待機児童が激増している、こういう地域におりますので、保育園の待機児童の問題は、いわば議員として地域活動をやっている上での直面をする日常的な課題の一つであります。  もう何年も前ですけれども、ある方から待機児童の相談を受けました。……

第190回国会 予算委員会 第2号(2016/01/08、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。どうぞよろしくお願いします。  総理、アベノミクスは成功していると総理は胸を張るんですけれども、私自身が町場の皆さんとお会いしてお話をする景気実感というのは、現実には冷え冷えとしていると思うんですね。景気回復というんですけれども、どこの話か。実際、私の地元、下町ですけれども、商店街の寄り合いなどに行きますと、株価は上がったけれども、俺たちには何もいいことはないよ、上向きの感じもないと。そして、消費税は上がる、年金は下がる、財布のひもはむしろかたくなっている、こういうのが町場の商店街の景気実感じゃないかと思うんです。  実際、世論調査を見ると、八割の人が、景気回……

第190回国会 予算委員会 第13号(2016/02/16、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。よろしくお願いいたします。  まず、麻生財務大臣にお伺いをいたしたいと思います。  きのうの予算委員会の集中審議で、麻生大臣の答弁で、ちょっと私、驚かされる場面が二度ほどあったんです。  つまりは、古川元久議員が、いわゆる軽減税率の導入によっていろいろな混乱が起こるんじゃないかということを、パネルを出して実際に示しました。例えば、ファストフードのテークアウトで、持って帰れば家で食べるから八%で、店の中で食べればイートインで一〇%だ。テークアウトと言って買った人が仮に店内で食べ始めちゃった場合、お店の人がそれだと一〇%になりますよと言って追加的な二%を後から取る……

第190回国会 予算委員会 第15号(2016/02/19、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  二月の十五日に発表された二〇一五年十月―十二月期の四半期GDPはマイナス成長となりました。実質GDPが年率換算一・四%減。二〇一五年の政府見通しの一・二%成長を達成するには、この一―三月期で前期比年率八・九%もの高い伸びを記録する必要があります。これは到底不可能な数字だと言わざるを得ません。現実の経済は政府の想定よりはるかに悪化をしている、こう言わざるを得ないと思います。  その原因は何か。個人消費が伸びないことにあると思います。二〇一五年十月―十二月期の個人消費は前期比〇・八%減、これが足を引っ張っている。実質民間最終消費は三百四・五兆円、これは安倍政権……

第190回国会 予算委員会 第18号(2016/03/01、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢委員 柿沢未途でございます。  締めくくり総括質疑でありますが、振り返ってみると、麻生財務大臣、軽減税率について、私に言わせれば、おもしろ半分のふざけた答弁を連発してきたと思います。  ごらんください。  間違いなく混乱は起きる。そして、中小零細商店で潰れるところが一つや二つ、百や千出てくる。  本当にふざけた答弁だと思いますよ、失礼ですけれども。かつて池田通産大臣が、中小企業の倒産、自殺はやむを得ない、こう言って辞任に追い込まれたのと同じような答弁ではないか、暴言ではないか、こういうふうに指摘をさせていただきましたけれども、麻生財務大臣は最初はこれを極めて現実的な答弁だと開き直ったんで……


柿沢未途[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

柿沢未途[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-46期-|47期|-48期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会公聴会 第1号(2015/07/13、47期、維新の党)

○柿沢委員 五人の公述人の先生方、ありがとうございました。  あらかじめ申し上げますが、時間の余裕も十分ありませんので、もしかしたら小澤公述人また山口公述人には御質問をしない可能性がありますけれども、あらかじめ御了承をいただければと思います。  皆さん報道等でも御承知かと思いますが、私たち維新の党は、今回の安保法制の政府案に対して、憲法適合性を確保し、かつ国民の自国防衛に対する不安に応える内容の独自案を策定いたしまして、今月八日に衆議院に提出、そして十日には政府案との並行審議がスタートしたところでございます。  政府案の存立危機事態に基づく集団的自衛権の行使というのは、当初は、限定容認、こうい……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2016/02/25、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○柿沢分科員 柿沢未途でございます。  きょう、この前に菅元総理がどうやら御質問に立たれたようでありますので、私も、ちょっと通告をした内容がもしかしたら重なってしまうのかなという印象も持っているんですけれども、通告に従って質問させていただきたいと思います。  きのう、御存じのとおり、驚くべきニュースがあったわけです。福島第一原発事故の発生当初、原子炉から放射性物質が外部に拡散している、このことはもう線量で確認できる状態であったわけです。しかも、複数のプラントが原形をとどめないほど、建屋が爆発をしてしまった。また、ERSSで事故進展予測をやっていたんですけれども、三月十一日の夜の時点では、このE……



柿沢未途[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
45期-46期-|47期|-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

柿沢未途[衆]在籍期 : 45期-46期-|47期|-48期
柿沢未途[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊