丸山穂高 衆議院議員
48期国会発言一覧

丸山穂高[衆]在籍期 : 46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
丸山穂高[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは丸山穂高衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

丸山穂高[衆]本会議発言(全期間)
46期-47期-|48期|
第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 衆議院本会議 第8号(2019/03/01、48期、日本維新の会)

○丸山穂高君 日本維新の会の丸山穂高です。  我が党を代表して、ただいま提出されました根本厚労大臣不信任決議案に対し、反対の立場から討論いたします。(拍手)  まず第一に、厚生労働省で長年行われてきた不適切な統計調査は、そもそも現政権だけの責任ではないはずです。立憲民主党を始めとしたほかの野党がアベノミクス偽装だと騒いでいますが、自分たちの政権では不正を見つけられなかった旧民主党政権の皆さんが現政権への文句を言っている姿勢は、若い世代の一人として、見ていて本当に恥ずかしく、甚だ滑稽ですらあります。  あの悪夢のようなとまで言われる民主党政権下も含めて、平成八年以降ずっと行われてきた不正に対し、……

丸山穂高[衆]本会議発言(全期間)
46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

丸山穂高[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 農林水産委員会 第3号(2017/11/30、48期、日本維新の会)

○丸山委員 丸山穂高でございます。  私からも最後、十五分間、質疑させていただきます。よろしくお願い申し上げます。  まず最初に、いわゆる所有者不明の農地や森林についてお伺いしていきたいと思います。  昨年来、この委員会ではありませんが、予算委初めいろいろな委員会で、安全保障上、重要な土地だとか水源だとか、国境離島といった部分の土地が外資に買われているんじゃないか、そういった部分の規制をぜひお願いしたいというお願いをしてまいりまして、予算委では、総理からも前向きにお話をいただき、先日も自民党の菅原議員が御質問されていて、すばらしい御質問をされておりました。  そして、自民党の方でも、新藤委員長……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 外務委員会 第2号(2018/03/09、48期、日本維新の会)

○丸山委員 維新の会の丸山穂高でございます。  まず最初に、委員会のあり方について強く抗議申し上げたいと思います。  きょうは、ずっとこの三、四時間、大臣始め大臣経験者の皆さんもここに座ったままという状況でした。あらゆる原因が考えられますが、例えば、私もこの最後の質疑時間をいただくということで、できれば、もう与党以外の、野党の通告がないわけですから、その時間を空回しするんだったら、私の時間を先に上げていただいて、ほかの委員会で野党の時間をなしにしている委員会もあります、そうした中で、削るという決断もあるんじゃないかという話も委員会でさせていただきましたが、慣例だというお話で、結局こういう形にな……

第196回国会 外務委員会 第3号(2018/03/14、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  きょうも欠席されている状況で、本当にひどい状況だと思います。しっかりと森友の件、やっていかなきゃいけないというのは間違いありませんし、これは、佐川さんを呼んでしっかりやるべきだというふうに私も思いますが、一方で、外務委員会は外交ですから、この状況で、まさしく国民の皆さんからサボっていると思われないように、しっかりしていかなきゃいけないなと思います。  私、いただいた時間、空回しの時間は二時間ぐらいあるのに、私の時間は九分ですので、早速議題に入らせていただきたいと思います。言いたいことはいっぱいありますが、議題の方に進みます。  今回、在外公館……

第196回国会 外務委員会 第5号(2018/03/28、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも条約をお伺いしたいんですが、その前に、本当は条約の質疑をしっかりやりたいので、残りの部分は今後の一般のところでお聞きしていきたいと思いますが、きのう、ニュースが電撃的に走っていまして、北朝鮮の要人が中国の方へ行ったんじゃないかと。  どうやら、けさのを見ていますと、金与正さんの方じゃなくて、金正恩さんですね、金委員長が北京を訪問された。中国の報道によると、朝鮮半島の非核化についてという部分は出ていますが、恐らくそれだけじゃなくていろいろなことを彼らは議論したんだと思いますが、こうした状況を日本としてどう捉えているのか。大臣、どのように……

第196回国会 外務委員会 第6号(2018/03/30、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも質疑させていただきたいというふうに思います。  まず、イギリスにおきますロシアの元諜報部員の暗殺未遂の事件を発端に、欧州各国を中心に、ロシアに対する外交的な、対ロ制裁という形で、外交官を追い出す国外退去命令を出すとか、逆に、きょうは、ロシア側がそれに対抗措置として国外にそれらの国の外交官を追放するというような、ロシアを中心にこうした外交戦が行われている状況だというふうにニュースで報道されております。  こうした中で、日本の立場というのがどういう位置にいるのか、改めて、大臣、日本としてはどういうふうに見ていて、どういう対応をとられるのか……

第196回国会 外務委員会 第7号(2018/04/04、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも一般質疑をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。  まず、報道でもありましたように、来年の六月の二十五日と二十六日に、大阪を中心に、G20、この日本で開催されることが決まりました。本当に、大阪選出の議員の一人としましても喜ばしい限りでございますし、その後の万博の誘致に向けても弾みがつく案件だというふうに思います。  また、大阪だけじゃなくて日本各地で閣僚級会合をやるというのも、またそれはそれですばらしいことだと思います。各地の特色を生かして、おもてなしの心でぜひ各閣僚をもてなしていただきたいですし、何より、その場所で有意義な……

第196回国会 外務委員会 第8号(2018/04/13、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私は条約の質疑をさせていただきたいというふうに思います。今回は四本ということでございますが、時間も短うございますし押していますので、手短に要点を聞いていきたいんですけれども。  今回は二国間条約ということで、BEPSはちょっとあれですけれども、二国間条約もしっかり進めていただきたいし、多国間条約ももちろんやっていただきたいという我々は立場ですが、経済界からもいろいろな要望が来ている中で、改正も新たな締結も、いろいろな国、来ていると思います。改正だとシンガポールだとか、新たにつくるのはミャンマーとか、本当にいろいろな国についての要望が来ていると……

第196回国会 外務委員会 第9号(2018/04/18、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。私で最後の質疑でございます。よろしくお願いします。  三条約の前に、少し大臣にお伺いしたいんですけれども、中国の、先方の大臣級の方々とハイレベル経済対話に臨まれたということで、それについて成果はいかがだったかということと、また、中国が今外交上重要視、特に経済関係で重要視しているのは、一帯一路という方針です。これに関して、大臣、どのように所見をお持ちなのか、お伺いできますでしょうか。
【次の発言】 報道ベースでは、一帯一路についてかなり中国側は熱心に御説明があったというふうなことを聞いておりますけれども、中国の経済戦略というのは、例えば、私もともと……

第196回国会 外務委員会 第10号(2018/05/11、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  午前中、私で最後ですので、よろしくお願い申し上げたいというふうに思います。  さて、国会はちょっとこの間ずっととまっている状況でしたけれども、外交は大きく動いておりまして、拝見していますと、成果も幾ばくかあったかなというふうに思います。  特に、日中韓の大臣の会合をされたり、また総理も会合されたりして、非常に動きが大きくて、報道で見るだけでも、日中とは海空の連絡メカニズムだけじゃなくて共同宣言に拉致問題を盛り込まれたり、非常に成果を出されていると思うんですが、大臣に改めてお伺いしたいんですけれども、今般の日中韓首脳会談、そして日中首脳会談にお……

第196回国会 外務委員会 第11号(2018/05/16、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からもTPPのお話をさせていただきたいと思いますが、中東情勢もなかなか劇的な動きを見せておりますし、お互いが我がのことを言い合っているような国際社会において、いかにその中で自己の主張をして、国益をかち取っていくかという点で非常に日々大変なお仕事をされていらっしゃる大臣にまず敬意を表したいと思いますし、このTPPも、米国が抜けるという話が出たときに、ああ、もうこれは厳しいなと正直多くの方が思った中で、まずこの11から前に進めるんだという強い意思を持って政府全体で取り組まれたんだというふうに考えております。  ただ、当時、このTPPの質疑、あれ……

第196回国会 外務委員会 第13号(2018/05/30、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも、一般質疑、二十分間やらせていただきます。よろしくお願いします。  まず、前回、防衛の関係で、いわゆるサイバー攻撃に関する質疑をさせていただいた中で、もう少し詳しく聞いておきたいことがありますので、そこの部分からお伺いしたいと思います。  いわゆるマルウエアという形で、ウイルスのようなものを使って、防衛のために、反撃等のために第三者サーバー、他国の、敵国ではない第三者サーバーを介して攻撃を行ったりする場合に、これは現行、憲法上どうなのかというお話をこの間聞いて、憲法上は、個別具体的な状況によるけれども、必ずしも阻害されるものじゃないと……

第196回国会 外務委員会 第15号(2018/06/06、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  穀田議員が時間がなくてできなかったということで、私、このモントリオール議定書の話、続きをしっかりと聞いていきたいというふうに思います。  オゾン層の破壊ということでずっと言われていると思いますし、もうかれこれ三十年以上、オゾンホールの発見からたっております。議論を聞いていると、果たしてどの方向に行くのかというのは、もちろんわかるんです、穴を塞いでいこうというのはもちろんわかるんですけれども、どこまでいけば心配のない程度で、そして、目標値は具体的には立てているんですけれども、どれぐらい改善されたのかというのは結構わかりにくいなというのは、正直、……

第196回国会 厚生労働委員会 第23号(2018/05/25、48期、日本維新の会)

○丸山議員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  いただいている時間が五分と本当に短いので、何より先に、修正協議でお約束している重要な答弁、二つほど、しっかりといただきたいというふうに思います。  今回の修正で入った協議会の設置、これに関しては、地方公共団体への配慮から、どうしても努力規定になっているんですけれども、これは法律が施行した場合には、しっかり国として設置に向けて前に進めていただけるという認識でよろしいでしょうか。大臣、お答えください。
【次の発言】 もう一つ。今回、修正条項に検討条項が入っていますけれども、労働者及び使用者の話合いの促進を掲げる今回の本法案、今後の検討条項になって……

第196回国会 総務委員会 第2号(2018/02/20、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも質問させていただきます。  総務委員会は、過去、質問させていただいたかもしれませんが、余り顔を出させていただく機会がなくて、まずは、所信ということもありますので、総務省所管、もろもろ多うございます。幾分いろいろな、多岐にわたる御質問になりますけれども、まずは最初の所信質疑ということでお許しいただきたいと思います。ぜひ、何もとって食おうというわけでもありませんし、詰めようというふうに思っておりませんので、忌憚のない御意見や、そして見解をお伺いできたらというふうに思います。  まず最初に、最近よく言われております地方議員のなり手不足に関連……

第196回国会 総務委員会 第3号(2018/02/22、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私も、本日は一時間いただきまして、この税法の質疑をさせていただきたいと思います。昼までの残りの時間、私が最後だとは思いますが、おつき合いのほど、よろしくお願い申し上げます。  まず最初に、北陸等の今回の豪雪での災害について大臣に改めてお伺いしたいんですけれども、さきの予算委員会でこの現状のお願いをさせていただいて、大臣から、しっかり御検討いただくというお話をいただきました。その後、これがどうなっているのか、そして、大臣としての思いを含めまして、改めて、この総務委員会でも大臣のお言葉をいただきたいと思います。よろしくお願いします。

第196回国会 総務委員会 第4号(2018/02/28、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私は、我が党を代表して、ただいま議題となりました両法案に賛成の立場から討論いたします。  我が党は、当初より、地方分権を旗印にしてきました。  今回の地方交付税については、地方の実情に沿った行政サービスの提供に必要な一般財源総額十六兆円を確保しつつ、臨時財政対策債を対前年度〇・一兆円減まで抑制したことについて一定の評価ができるものです。  臨財債は五十兆円を超える金額が積み上がっており、導入以前の交付税特別会計借入金も三十二兆円積まれたままの中、国の説明では、後に元利償還金の全額について交付税措置がなされるということですが、地方からは、巨額の……

第196回国会 総務委員会 第5号(2018/03/22、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  NHKの予算関係も聞いていきたいんですが、まず最初に、この間、非常に重要な問題が明らかになってきました。この件につきましても、きょうは厚労省とそして年金機構の皆さんにも来ていただいていますので、聞いていきたいと思います。  何の件かといいますと、年金機構が委託した業者が、五百万人分もの方々の個人情報の入力を中国の企業に対して再委託していたという件でございます。それによって、また年金の入力ミスがあって、受給できる方ができなくなっている、少なくなっているみたいな状況も生じています。  詳しく伺っていきたいんですけれども、政府の把握状況はどうなって……

第196回国会 総務委員会 第7号(2018/04/05、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも一般質疑させていただきます。よろしくお願いします。  まず最初に、前回も少しお話しさせていただいた、地方議員のなり手不足の関係についてお伺いしたいというふうに思います。  さきの質疑では、たしか山崎局長ですかね、深刻な事態やと認識されているということはおっしゃっていましたけれども、一方で、今ちょうど年度末、もう年度変わりましたけれども、三月末までに、町村議会のあり方に関する研究会を回していらっしゃって、この報告書が出るのを待ちたいというお話をされておられました。これは三月末にしっかり出てきました。  これを受けてどうしていくのかという……

第196回国会 総務委員会 第9号(2018/04/12、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私も、本法案につきまして質疑させていただきたいと思います。  今回の法案、我が党としては、方向性は賛成ですし、しっかりやらなきゃいけないのはいけないんですけれども、私個人としては、非常に、こんなんじゃ全然防げないなというのが正直思っているところです。そこも含めてお伺いはしていきたいんですが、しかし、それでもやらないよりはやった方がいいし、しっかりやっていかなきゃいけないと思っているんですけれども、まず、それ以外の基本的なところから聞いていきたいんです。  以前もこうしたサイバー攻撃に対しての対応を強化するために幾つか法改正をしています。その中……

第196回国会 総務委員会 第11号(2018/05/17、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  拍手、ありがとうございます。済みません、笑顔で拍手いただきまして、ありがとうございます。  私からも統計法の質疑をさせていただきたいと思います。  統計といえば、我々も、選挙のたびに各新聞が世論調査をとったり、それだけじゃなくて毎月のように調査をとられていると思うんですけれども、一方で、それをどう受けとめるかというのが非常に、その受けとめる側の統計のリテラシーというのがないと、うちなんかがよく言われるのは、本当にまだまだ支持率が少ない政党ですので、例えば、二%の支持率が三%にふえた、やったと言ってくださる方もいるんですけれども、恐らくその数字……

第196回国会 総務委員会 第12号(2018/05/22、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     郵政事業のユニバーサルサービス確保等に関する決議(案)   政府及び日本郵政グループは、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法の一部を改正する法律案が、郵政事業のユニバーサルサービスの安定的な提供を確保するため、郵便局ネットワークの維持を支援するための交付金及び拠出金の制度を創設しようとするものであることに鑑み、次の事項について配慮すべきである。  一 国民生活に必要不可欠な郵政三……

第196回国会 総務委員会 第13号(2018/06/05、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも一般の質疑、二十五分間よろしくお願い申し上げます。  きょうは、通信の関係というか、サイバーセキュリティーの関係というか、昨今、特に公文書の管理について非常に国民の皆さんから厳しい御意見が多くなっている、特に森友の改ざんの件含めまして、非常に、国民の皆さんから、これは何とかしてよと言われている中で、しっかりこの辺の公文書の管理、もちろん、紛失しない、そして偽造、改ざんができないようにしていく。何より、将来の、歴史的に顧みたときに、このときに、この政治家、為政者はどういう判断をしたんだというのは、恐らく五十年後、百年後、二百年後を見てい……

第196回国会 総務委員会 第14号(2018/06/12、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  NHK決算ということで、放送と、報道も含めて、常日ごろ、報道とか放送の皆さんは、政治に対する批判、それだけじゃなくて、いろんなものに対する批判をされていくのがお仕事の一つではありますけれども、では、自分たちはどうなんだというところに関しては、私、はっきり言って、放送の分野を含めて、既得権の塊だというふうに思います。これをしっかりと、若い世代のために未来を考えていくと、これを打破していく、改革していくというのは非常に大事な観点だというふうに思うんですね。  特に、昨今インターネットも急激に普及して、みんな一台ずつスマートフォンを持っている時代に……

第196回国会 予算委員会 第9号(2018/02/09、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  麻生大臣、また各大臣、委員の皆様も朝からお疲れさまでございます。あと三十分、維新の会の質疑の時間がございますので、おつき合いいただければと思います。  麻生大臣には通告申し上げていないんですが、少しきょうは漫画コンテンツの関係の質疑をしたくて、その折に、もしかして御興味がありましたら御答弁をお願いしたいなと思うんですけれども、最後までお聞きいただければと思います。  まず最初に、福井等北陸での雪の質疑、先ほども地域選出の斉木委員より詳しいお話がありました。実は、同様の質疑を用意しているんですけれども、大臣に来ていただきましたので、重なるところ……

第196回国会 予算委員会 第14号(2018/02/20、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私で最後の質疑ですが、おつき合いのほど、よろしくお願い申し上げます。  きょうは集中審議ということで、働き方改革ということですが、これまで長時間にわたりましてるる協議されてきました。私も見ておりまして、かなり行ったり来たりというか、なかなか見えにくい委員会だなというふうに思ったんですけれども、総理、率直に、これまでの審議を踏まえまして、今どのようにお感じになっているのか、お答えいただけますか。
【次の発言】 議論を聞いていますと、今回、特に裁量労働制の超過労働時間の調査資料について、いろいろな委員から御指摘がありました。  そもそもこの資料に……

第196回国会 予算委員会 第20号(2018/03/27、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  本日の証人喚問、はっきりと、総理や総理夫人、官邸、大臣、省内他局の関与はない、これは明確にはっきり述べられましたけれども、じゃ誰が、なぜ、これに対してという、一番国民の皆さんが知りたい部分に対して、残念ながら、訴追のおそれがあるという御発言ばかりで、全く明らかになっていないというふうに思います。  これは、何で断言できるのかというのは皆さん不思議に思っていると思うんですけれども、今のほかの委員の御答弁だって、通常そうしたことがあれば、局長であった御自身に対しても、こうしたことがあったと、大臣から指示があった、官邸から指示があったという話がある……

第196回国会 予算委員会 第21号(2018/04/11、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  本日の予算委集中審議、公文書管理等の議題ということで、私からも関連の質疑をさせていただきたいと思います。  きょう一日、私も伺っておりましたけれども、非常に見ていて残念だなと思います。  会った会わない、文書はあるないということで、本当に水かけ論になってしまっている状況に、国民の皆さん、ごらんになって、これはどういうことやと思われていると思います。  今回の加計問題の件からお伺いしていきたいんですけれども、もともとこの獣医学部というのは、もう何十年もこの国にできなかったわけですよ。そうした中で、これに対して、石破四条件なり、あった条件を、岩盤……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2018/12/03、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  まず初めに御礼申し上げたいのは、決まりました大阪万博についてでございます。本当に、外務省の皆様始め、ここにいらっしゃる全ての方も含めて、超党派でお話を前に進めてくださいました。特に、外務省の在外公館にいらっしゃる皆さんも、本当にロビーイングという形でもやっていただいたり、大臣も、どこかに行くにしても、その場所で必ずこの話に触れていただいたという話を聞いております。  まずもって、大阪の皆さんも、お会いしたら絶対お礼言うといてやと皆さん言ってはったので、ここをおかりしまして、まず御礼から始めさせていただきたいと思います。  しっかり大阪も準備を……

第197回国会 財務金融委員会 第3号(2018/12/07、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  午前中は、私と川内委員とあと二人でございます。引き続きよろしくお願い申し上げます。  私も、経済をいろいろ質疑する中で、余り共産党さんと方向性が一致することって結構少なくてあれなんですけれども、ちょっときょうは先ほどの宮本委員と少し方向性が近くて、ETFに関して私もかなり懸念をしておりまして、この点を中心に黒田総裁にお伺いしていきたいんですけれども。  先ほどから、ETF買い付け二十九兆という巨額の額について、その意義をリスクプレミアムに対する働きかけという形でずっと同じ御答弁をされてきているんですけれども、それが果たして、本当にリスクプレミ……

第197回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2018/11/15、48期、日本維新の会)

○丸山委員 維新の会の丸山穂高でございます。  私で最後でございます。大臣、よろしくお願いします。  大臣になられての初めてのこの委員会での質疑ということで、ぜひ、大臣の熱い思い、基本的な部分も含めて伺いたいんですが、ずっと拝見していると、少し残念で、やはりお読みになられるところが多くて、きょうはテクニカルな話も多かったので、どうしてもお読みになるんですけれども、最後、紙を持たずに、同じ御答弁だったということもあるかもしれませんが、お話しされたように、この流れで、ぜひ、大臣はどうお考えなのか、まず、最初の質疑ですので、率直にお答えいただければと思うんですけれども。  消費者庁、実は節目の年です……

第197回国会 消費者問題に関する特別委員会 第6号(2018/12/06、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。私で、十五分、最後でございますので、おつき合いのほど、よろしくお願いします。  先ほどの質疑を聞いていまして、非常に興味深い、トランス脂肪酸の話、ああ、なるほどと思って聞いていたんですけれども、ちょっと前ぐらいまでは、全然何でも食べるぞという感じで、それこそ食品ロスがないように、いただくものは何でもいただきますという方針で食べていたんですけれども、最近やはり徐々に体のことを考え始めて、健康のこととか気になり始めて、やはり年齢を重ねるとそういうふうになっていくのかなというふうに思いまして、今興味深く伺っていたんです。  とはいえ、一方で、今国会でも……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/04/24、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からもいろいろと質問させていただきたいのですが、外交は結局のところ結果責任の部分だと思います。今、いろいろな国との交渉を、常に最前線で外務大臣として交渉されておりますし、国会でも、以前、外務委員会に所属しておりまして、大臣ともいろいろやりとりさせていただいておりますけれども、言えないことはもちろん言えないという範囲で、言える範囲での質疑をしていくというのは当然なんですけれども、それが一番国益になるというのが、当然我々も、議員としても見据えながらやらなきゃいけません。  同時に、結果が出たもの、出つつあるものに対しては、しっかりこれは確認して……

第198回国会 厚生労働委員会 第3号(2019/03/13、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも大臣に、若しくは役所の方にもろもろお伺いしていきたいと思いますが、まず最初にお伺いしたいのは、ギャンブル依存症の対策でございます。  先般の国会でいわゆるIR法案が成立しまして、今、もろもろの細かいところを詰めて、役所の方でやっていただいているところだと思います。それに当たって非常に大事なことが、やはりこのギャンブル依存症対策だと思います。  我々維新の会としても、IRの前にお願いしたいという形でもろもろ交渉させていただきましたし、御努力いただいたことに感謝申し上げます。  同時に、このIRを通すことで、もう一つの狙いは、これまで放置……

第198回国会 厚生労働委員会 第7号(2019/04/10、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも、健康保険法等の改正案、質疑させていただきたいというふうに思います。  るる皆様からいろいろな論点で議論がありましたので、私からは、不正の受給というか、不正にこの保険のサービスを受けられている状況について、やはりしっかりとそうした部分は確認していかなきゃいけないということで、今回、その部分に触れていきたいんです。  今回の改正で、生活の拠点が日本にない親族の方までが健康保険の給付を受けられている状況、一言で言うと、在外被扶養者の方をはじく、国内の居住に限るという改正を行っておりますが、これまで、こういった方々はどれぐらいの人数がこの保……

第198回国会 厚生労働委員会 第9号(2019/04/16、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  参考人の皆様、お忙しい中お時間賜りまして、本当にありがとうございます。私からも重ねて感謝申し上げます。  十五分でございますが、私からももろもろお伺いしていきたいんですけれども。今のお話を聞いていますと、例えばパワハラでも、これは人間の、人が人と関係している限りどこでも起こり得る問題だな、環境によらないんだなというのを非常に痛感して伺っておりました。  例えば、私なんかが所属しておりました役所だとか、今は政治家ですから、政治の世界でも十分あり得ると思いますし、お話を聞いていて思い出したのは、去年来、森友、加計学園とかで野党の合同ヒアリングとい……

第198回国会 厚生労働委員会 第12号(2019/04/24、48期、日本維新の会)

○丸山委員 維新の会の丸山穂高でございます。  私からも質疑をしたいんですが、大臣、どうぞ退席いただいて構いません。また戻ってきてくださいね。よろしくお願いします。  やはり大臣はずっと拘束されるので、いろいろ抜けなきゃいけないところがあると思います。そういうときも、大臣だけじゃなくてほかの政務官の皆さんとかも含めまして、適宜抜けていただいていていいと思います。  きょうは、厚生労働委員会の一般質疑ということで、特に社会保障費が膨らんでいく中で、これから、この四月に施行されたいわゆる移民法の関係で多くの外国人の方が来る中で、日本の財政を考えると、余り外国の方にまで、本当にここまで社会保障費をか……

第198回国会 財務金融委員会 第2号(2019/02/19、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私は、税の関連、ふるさと納税について、三十分、伺っていきたいというふうに思います。  今回、いわゆるふるさと納税、特例控除対象寄附金ですかね、新しい制度という形で変えます。特に、総務省の方が指定した自治体でなければこの控除を受けられないということですが、法文を見ていますと、非常にこの指定の部分が曖昧にしか書かれていない、提出されているこの閣法の部分がわかりにくいので、しっかり、採決に持っていくに当たって、審議するに当たって細かいところを確認していきたいと思います。  まず最初に、今回の改正で、ふるさと納税の返礼品の割合を三割に限定されています……

第198回国会 財務金融委員会 第3号(2019/02/26、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも各種伺っていきたいんですが、最後の話、たしか以前、麻生大臣と、私じゃなかったと思うんですけれども、ほかの方がやりとりしているときに、大臣、大体ツケでしょう、そんな、現金や、まあカードももちろんお使いになるとは思いますけれども、大体ツケでお支払いになると思いますしという話をたしかされて、おお、さすが麻生さんだなというのを、去年かおととしか、そんな話をした覚えが、今思い出したんですけれども。逆に、我々若い世代からしたら、麻生大臣ほどの方が、小銭入れを取り出して小銭入れでじゃりじゃりされていたら、それはそれでびっくりしますので、当然の話だと……

第198回国会 財務金融委員会 第4号(2019/02/27、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  昨日の質疑の続きをさせていただきたいと思います。  きょうは朝から、財金とは別に、予算委も分科会が回っていまして、予算委の分科会の方でも、朝一でアイヌ関連の予算の質疑をしてきたんですが、これできょうは私としては最後の質疑なので、若干間があくと自分の中で少し頭の整理がしやすいので、税、大事な議論ですので、しっかり聞いていきたいというふうに思います。  でも、お話を聞いていると、今回の税制、より複雑に、あとは、大臣がお聞きになったら、いや、それは違うとはおっしゃるかもしれませんが、無駄な動きが多いかなというふうに思います。  国会自体がいろいろ旧……

第198回国会 財務金融委員会 第5号(2019/03/01、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  総理、短うございますので、早速質問させていただきたいんですけれども、総理は、リーマン・ショック級のことがない限り、この秋に消費税を一〇%にされるというお話をされてきました。現にもう法律もありまして、何事もなければそういうことだと思うんですけれども、総理の認識として、現時点、きょうはもう三月一日ですが、現時点でリーマン・ショック級の事態が起こっているとお考えでしょうか。いかがでしょうか。
【次の発言】 現時点ではそのような状況にない、そして上げられる環境にあるということですが、そうすると国民の皆さんが気になるのは、最終判断のタイミングはいつなの……

第198回国会 財務金融委員会 第7号(2019/03/12、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも質問させていただきたいと思いますが、大臣、関税はずっと暫定税率という形で何年も続いていると思うんですけれども、さすがにこんなに続いて暫定というのは違和感もありますし、ちょっと問題じゃないかなと思うんです。長く続いているものは、毎回言っていますけれども、基本税率化していくというのが普通の考えだと思うんですけれども、この点、どうして暫定税率が長く続いているものを基本税率化しないのか、このあたり、どのように解釈されているんですか。
【次の発言】 去年もたしか同じような答えをいただいたと、私、去年はあれでしたけれども、おととし質疑したときにそ……

第198回国会 財務金融委員会 第9号(2019/03/15、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私もるる質疑していきたいんですが、まず最初に、前回、少し最後に申し上げました堺市長の件なんですけれども、動きがありまして、大阪は今、ダブル選挙という形でいろいろ取り沙汰されていますけれども、堺市長が非常に政治資金の関係で不透明な動きを、不記載で出てきます。  政治資金は複雑な数なので、しっかりチェックして問題のないようにやらなきゃいけないんですけれども、一方で、何かしら、人間ですからミスがあったり、その場合には金額を修正する、るるある話ですし、多くの議員の皆さんの中にもそういう御経験はあると思うんですけれども。  堺市長の場合、非常にひどくて……

第198回国会 財務金融委員会 第10号(2019/04/10、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも、財務金融委員会、一般質疑させていただきたいと思いますが、本日は、きのう発表されました紙幣、硬貨の刷新、この件について、るるお伺いをしていきたいというふうに思います。  いろいろな御意見、いろいろなお話、ごらんになったときにお話が出ています。そもそも、記者会見でもお話しされていましたけれども、改めてこの委員会でもお伺いしたいんですけれども、今回の紙幣、硬貨、これらを刷新された意図について改めて大臣よりお伺いしたいですし、ちょっとデザインを見て、あれ、このデザインはといういろいろな御意見があると思うんですけれども、思うところがあって、大……

第198回国会 財務金融委員会 第11号(2019/04/16、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも三十分間、るるお伺いしていきたいんですが、最近、財務金融関係の記事、いろいろなものを見ていて気になったのがあったので、また、昨今パブリックコメントが終わりましたギャンブル依存症基本計画、これも、パブコメが終わりましたので、四月中に閣議決定だというふうに聞いております。この辺も含めてお伺いしていきたいんですが、何の記事だったかというと、銀行に対する役所からの指導で、多重債務の方、特にギャンブル依存症の多重債務の方に対する対応を指導云々ということだったんですけれども、現行、こうした部分、役所として、金融庁なのか、担当部局としてどのように銀……

第198回国会 財務金融委員会 第12号(2019/04/17、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも引き続き健全化法の話を伺っていきたいんですが、ちょっと、きのう積み残した部分があるのでお話を聞きたいんですけれども、史上初の十連休ということで、経済効果もいろいろあるんじゃないかという民間のエコノミストの試算もありますけれども、懸念点としては、十日間本当に休みということで、例えば、口座から公共料金等々引き出されるときの口座残高の心配、特に金融関係であれば、FX等取引されている方が、日本は休みでも海外は動いていますので、そうした中で急に相場が動いて証拠金が基本的に不足してしまってえらいことになるとか、そういった事態も十分にあり得ると思う……

第198回国会 予算委員会 第3号(2019/02/05、48期、日本維新の会)

○丸山委員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  私からも、もろもろ御質問させていただきたいというふうに思いますが、まず、今回の統計不正の問題について、金融政策にどういう影響があるのかということで、日銀総裁に来ていただいております。  この間、きのうの質疑で一部お話ありました、基本的に予算委員会は全大臣張りつきということで、いかに質問者が、帰ってください、どうぞいいですよと言っても、お帰りいただけないルールになっておりますが、日銀総裁は帰っていただける、大丈夫だということなので、お忙しい身だと思いますので、最初に御質問させていただいて、聞き終わり次第、退席いただいて構いませんので、よろしくお……


丸山穂高[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

丸山穂高[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2018/02/23、48期、日本維新の会)

○丸山分科員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  早速質疑に入りたいと思いますが、まず最初に法務省にお伺いしたいと思います。  いわゆるGPS捜査に関しては、昨年、最高裁判例が出まして、これに対して立法措置が必要だと、異例とも言える判例が出ておりまして、立法府に対して、また行政府に対して、きちんとこれを精査して、そして、そうした立法措置をとるようにという判例が出ています。  そしてさらに、ちょうど昨年、テロ等準備罪法案の関係で審議する中で、我が党も与党と修正協議しまして、その修正協議の内容として、法文の附則の、法文の中にこのGPS捜査に関する立法措置、きちんとやるようにすることと。具体的に……

第196回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2018/02/23、48期、日本維新の会)

○丸山分科員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  大臣も、また各議員の皆様も、役所の皆さんも、本当に朝からお疲れさまでございます。  分科会は一つの山場で、あれだと思います、何というんですかね、私もそうなんですけれども、質疑に立つ方も大変で、実はこの時間の組合せのために、役所の方も苦労されて、衆議院の役人の方々も苦労されているんですけれども、質疑者も何時になるかわからなくて、きのうの夜の段階でもまだ、私の時間は何時ですか、ちょっとまだなんですということで、結局夜じゅうにはわかりましたけれども、そうしたら朝だという話で、やはり、結構この辺の効率化を図っていく、業務の生産性を上げていくためには……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2019/02/27、48期、日本維新の会)

○丸山分科員 日本維新の会の丸山穂高でございます。  きょうは朝からお疲れさまでございます。大臣、長丁場でございますが、よろしくお願い申し上げます。  今回の予算委員会、いろいろな、我が党も質疑させていただいたんですけれども、私の方から一つ、アイヌの関連で予算が出ている、そして今回、今国会に、国交委員会の方に付託されるということですが、新法が出ている、この関連で、予算委の分科会ですので、細かいところを聞いていきたいというふうに思います。  大臣は、弁護士でもいらっしゃるんですね。これは非常に私、気になるんです。何のことかというと、このアイヌの新法も、今、文科省の関連の予算でも、アイヌの方々に対……



丸山穂高[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

丸山穂高[衆]在籍期 : 46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
丸山穂高[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計