川内博史 衆議院議員
48期国会活動統計

川内博史[衆]在籍期 : 41期-42期-43期-44期-45期-|48期|
川内博史[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは川内博史衆議院議員の48期(2017/10/22〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は48期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院48期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第195回国会
(特別:2017/11/01-2017/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第196回国会
(通常:2018/01/22-2018/07/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第197回国会
(臨時:2018/10/24-2018/12/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2019/01/28-2019/06/26)
2回
23299文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第199回国会
(臨時:2019/08/01-2019/08/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第200回国会
(臨時:2019/10/04-2019/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2020/01/20-2020/06/17)
1回
3060文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第202回国会
(臨時:2020/09/16-2020/09/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第203回国会
(臨時:2021/01/18-2021/06/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第204回国会
(通常:2020/10/26-2020/12/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



48期通算
(2017/10/22-2021/10/31)
3回
26359文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


川内博史[衆]本会議発言(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-|48期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院48期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


9回
(6回)
1回
(0回
0回)
7807文字
(0文字
0文字)

49回
(20回)
25回
(0回
0回)
150465文字
(0文字
0文字)

16回
(5回)
7回
(0回
0回)
47368文字
(0文字
0文字)

53回
(17回)
24回
(0回
0回)
130966文字
(0文字
0文字)

第199回国会
3回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

20回
(11回)
10回
(0回
0回)
55249文字
(0文字
0文字)

54回
(11回)
22回
(0回
0回)
137248文字
(0文字
0文字)

5回
(1回)
1回
(0回
0回)
7643文字
(0文字
0文字)

17回
(0回)
6回
(0回
0回)
40359文字
(0文字
0文字)

第204回国会
61回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


48期通算
287回
(72回)
96回
(0回
0回)
577105文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
4361文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5282文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
3回
(0回
0回)
15571文字
(0文字
0文字)

第204回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


48期通算
10回
(0回)
5回
(0回
0回)
25214文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
88回
(0回)
26回
(0回
0回)
予算委員会

2位
70回
(45回)
21回
(0回
0回)
文部科学委員会

3位
43回
(22回)
22回
(0回
0回)
財務金融委員会

4位
41回
(0回)
5回
(0回
0回)
厚生労働委員会

5位
11回
(0回)
2回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

6位
5回
(0回)
4回
(0回
0回)
経済産業委員会

6位
5回
(5回)
0回
(0回
0回)
原子力問題調査特別委員会

6位
5回
(0回)
5回
(0回
0回)
国土交通委員会

9位
4回
(0回)
2回
(0回
0回)
内閣委員会

10位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
安全保障委員会

10位
3回
(0回)
1回
(0回
0回)
消費者問題に関する特別委員会

12位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
法務委員会

13位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
科学技術・イノベーション推進特別委員会

13位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
農林水産委員会

13位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

13位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
外務委員会

13位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

13位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会

13位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
環境委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
4回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

2位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第二分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第四分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

原子力問題調査特別委員会(第195回国会)
文部科学委員会(第195回国会)
原子力問題調査特別委員会(第196回国会)
文部科学委員会(第196回国会)
文部科学委員会(第197回国会)
財務金融委員会(第197回国会)
財務金融委員会(第198回国会)
財務金融委員会(第199回国会)
文部科学委員会(第200回国会)
文部科学委員会(第201回国会)
文部科学委員会(第202回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

川内博史[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-|48期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院48期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第195回国会(特別:2017/11/01-2017/12/09)0本
第196回国会(通常:2018/01/22-2018/07/22)1本
第197回国会(臨時:2018/10/24-2018/12/10)0本
第198回国会(通常:2019/01/28-2019/06/26)2本
第199回国会(臨時:2019/08/01-2019/08/05)1本
第200回国会(臨時:2019/10/04-2019/12/09)0本
第201回国会(通常:2020/01/20-2020/06/17)1本
第202回国会(臨時:2020/09/16-2020/09/18)1本
第203回国会(臨時:2021/01/18-2021/06/16)0本
第204回国会(通常:2020/10/26-2020/12/05)0本


48期通算(2017/10/22-2021/10/31)6本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

都道府県民歌と市区町村民歌に関する質問主意書

第196回国会 衆議院 質問主意書 第451号(2018/07/13提出、48期、立憲民主党・市民クラブ)
質問内容
一 今国会で成立した改正スポーツ基本法により、西暦二〇二三年一月一日から国民体育大会(以下「国体」という。)は「国民スポーツ大会」と名称を改めるが、これまでの国体の開会式においては、開催都道府県の旗(以下「県旗」という。)掲揚時に都道府県が制定した自治体歌(以下「県民歌」という。)を演奏することが慣行とされている。この慣行は第何回大会から始まったのか。また、県民歌の制定並びに、国体開催時に県民歌を…
答弁内容
一について
御指摘の「慣行とされている」の意味するところが必ずしも明らかではないが、お尋ねについては、記録が残っておらず、お答えすることは困難である。
二について
文部科学省で確認できる範囲においてお答えすると、第六十一回以降の国民体育大会の開会式において開催地の都道府県の旗の掲揚時に演奏された楽曲の@題名、A作詞者の氏名等及びB作曲者の氏名は次のとおりである。
第六十一回大会 @ふるさと…

■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

ネオニコチノイド系農薬等に関する質問主意書

第198回国会 衆議院 質問主意書 第21号(2019/02/06提出、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)
質問内容
昨年六月八日、農薬取締法の一部を改正する法律が成立し、同法による改正後の農薬取締法の目的として、「農薬の安全性その他の品質及びその安全かつ適正な使用の確保」が明記された。また、国際的動向等を踏まえ、定期的に安全性等の再評価を行う制度も導入されることとなった。
農薬の安全性に関する国際的動向は、農薬の使用削減も入れてさらに踏み込んだものとなっている。国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(S…
答弁内容
一及び六のAについて
食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)第十一条第一項の規定に基づく食品、添加物等の規格基準(昭和三十四年厚生省告示第三百七十号)において定められている食品中の農薬の残留基準については、食品安全委員会の食品健康影響評価、国際連合食糧農業機関・世界保健機関合同食品規格計画の実施機関であるコーデックス委員会における食品に関する国際基準等を踏まえ、食品の摂取に伴う農薬の一日摂…

鹿児島県大島郡瀬戸内町嘉徳海岸侵食対策事業に関する質問主意書

第198回国会 衆議院 質問主意書 第276号(2019/06/21提出、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)
質問内容
奄美大島南部に位置する瀬戸内町嘉徳は山と川と里と海が自然のままの繋がりで残る、大変貴重な集落と海岸である。嘉徳海岸は、奄美大島・琉球列島でも珍しい、人工物のない自然のままの砂浜海岸であり、環境省によれば奄美大島で唯一の非サンゴ礁性砂浜である。入江になっており、ポケットビーチと呼ばれる形状の嘉徳海岸は、常緑照葉樹林に囲まれており、ほぼ手付かずの海辺が川から海までひとまとまりに残されているところ、これ…
答弁内容
一について
御指摘の「国立公園の中で、コンクリート護岸のない自然な砂浜」については、調査に膨大な作業を要するため、その名称に係るお尋ねにお答えすることは困難であるが、お尋ねの「嘉徳海岸」は、この「国立公園の中で、コンクリート護岸のない自然な砂浜」に該当すると承知している。
二について
お尋ねの「砂浜は順調に回復している」の意味するところが必ずしも明らかではないが、海岸法(昭和三十一年法律第百…

■ページ上部へ

第199回国会(2019/08/01〜2019/08/05)

鹿児島県大島郡瀬戸内町嘉徳海岸侵食対策事業に関する質問主意書

第199回国会 衆議院 質問主意書 第12号(2019/08/01提出、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)
質問内容
奄美大島南部に位置する瀬戸内町嘉徳は海、川、浜が有機的に繋がっており、山と川と里と海が自然のまま残る、大変貴重な集落と海岸であることは前回質問主意書で述べた通りである。アオウミガメ・アカウミガメが産卵のために毎年上陸しており、過去にはオサガメ(絶滅危惧TA類)も上陸している。ウミガメの産卵のための上陸は、産卵時期であるちょうど現在も嘉徳海岸で複数確認でき、実際に工事予定区域でのウミガメの産卵が確認…
答弁内容
一について
御指摘の「推薦地域はもとよりバッファーゾーンからも外し、さらに開発を推し進めていく」、「開発を理由に自然遺産の保護範囲を縮小する」及び「自然遺産登録の要件である完全性を損なうものとして、世界自然遺産登録に深刻な悪影響を及ぼし得る問題がある」の意味するところが必ずしも明らかではないが、嘉徳海岸については、海岸法(昭和三十一年法律第百一号)等の関係法令の規定に基づき、海岸管理者である鹿児…

■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

黒川検事長の勤務延長に関する質問主意書

第201回国会 衆議院 質問主意書 第134号(2020/03/24提出、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
質問内容
本年一月三十一日、東京高等検察庁の黒川検事長の勤務延長が閣議決定された。政府は、国家公務員法の定年制度が検察官については検察庁法により適用除外されているという従来の政府解釈を変更し、一般職の国家公務員である検察官の勤務延長については一般法である国家公務員法の規定が適用されることとした。黒川検事長の勤務延長という人事は、従来の政府解釈に従えば成しえなかったものである。
政府解釈の変更過程について、…
答弁内容
一について
憲法を始めとする法令の解釈は、当該法令の規定の文言、趣旨等に即しつつ、立案者の意図や立案の背景となる社会情勢等を考慮し、また、議論の積み重ねのあるものについては全体の整合性を保つことにも留意して論理的に確定されるべきものであり、政府による法令の解釈は、このような考え方に基づき、それぞれ論理的な追求の結果として示されてきたものであって、諸情勢の変化とそれから生ずる新たな要請を考慮すべき…

■ページ上部へ

第202回国会(2020/09/16〜2020/09/18)

嘉徳海岸侵食対策事業に関する質問主意書

第202回国会 衆議院 質問主意書 第10号(2020/09/16提出、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
質問内容
平成二十六年十月の台風第十八・十九号の波浪により奄美大島南東部に位置する嘉徳海岸が大きく侵食されたことに端を発して、鹿児島県は、平成二十八年度から嘉徳海岸侵食対策事業(以下「本件事業」という。)に着手した。
そして、同年、国土交通大臣によって、同事業について「社会資本整備総合交付金」の交付決定がなされているが、「社会資本整備総合交付金交付要綱」によると、交付金を受給して「基幹事業」である「海岸事…
答弁内容
一及び二について
お尋ねの「嘉徳海岸侵食対策事業」(以下「本事業」という。)は、社会資本整備総合交付金交付要綱(平成二十二年三月二十六日付け国官会第二千三百十七号国土交通事務次官通知)に基づき、平成二十八年四月一日に社会資本整備総合交付金の交付決定がされた事業であるところ、交付決定当時の同要綱においては、事業の費用便益比を社会資本総合整備計画に記載することを要しないこととしており、本事業について…

川内博史[衆]質問主意書(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-|48期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院48期 ※参考情報)

立憲民主党・市民クラブ (第195回国会、初出日付:2017/11/28、会議録より)
立憲民主党・市民クラブ (第196回国会、初出日付:2018/01/29、会議録より)
立憲民主党・市民クラブ (第197回国会、初出日付:2018/11/01、会議録より)
立憲民主党・無所属フォーラム (第198回国会、初出日付:2019/02/05、会議録より)
立憲民主党・無所属フォーラム (第199回国会、初出日付:2019/08/01、質問主意書より)
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム (第200回国会、初出日付:2019/10/10、会議録より)
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム (第201回国会、初出日付:2020/01/28、会議録より)
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム (第202回国会、初出日付:2020/09/16、質問主意書より)
立憲民主・国民・社民・無所属 (第202回国会、初出日付:2020/10/07、会議録より)
立憲民主党・社民・無所属 (第203回国会、初出日付:2020/11/02、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院48期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

川内博史[衆]在籍期 : 41期-42期-43期-44期-45期-|48期|
川内博史[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊