春日一幸衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  2回発言   9956文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  2回発言   9956文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第40号(1953/03/13、25期)

私は、日本社会党両派を代表いたしまして、ここに国会法第三十条の二の規定に基き、労働委員長田中伊三次君をその委員長の職より解任せしむるの動議を提出いたします。(拍手)まずその決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第15号(1952/12/17、25期)

ただいま議題に供せられました公共企業体等仲裁委員会の裁定に関する田中労働委員長の報告に対しまして、私は、改進党、労農党、日本社会党両派の四党を代表いたしまして、次の修正動議を提出するものであります。(拍手)まずその案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 17回発言  57936文字発言

  25期通算  32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 17回発言  57936文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 11回発言  51449文字発言

 議院運営委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  4回発言   1986文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   4501文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第33号(1953/02/24、25期)

関連してちよつと伺つておきたいと思います。国会法第百二十一条は、懲罰事犯があるときは、委員長はこれを議長に報告する義務をここに規定しております。しかるところ、議長に対する昨日の委員長の報告は、この条文…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1953/03/02、25期)

この百二十条は、第一に被害者の被害をいやす、こうむつた無礼を挽回せしめるための、いわゆる個人の被害をいやすことのために設けられておる規定である。懲罰動議は、やはり国会の秩序を乱して、それが懲罰に値する…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第41号(1953/03/12、25期)

ただいま有田委員から、この問題は労働委員会でというお話でございましたが、この綱紀粛正問題は、労働委員会の所管事項でもありませんし、のみならず、この質問者は、ただいま土井さんが述べられたように、大所高所…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第42号(1953/03/13、25期)

ただいま御説のありました通り、私どもは、この趣旨弁明は本会議でいたしますので、私のこの提案が非でありますれば、当然本会議においてそれに対する反対論をやつていただいて、私のこの提案を否決していただけばい…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1953/02/19、25期)

議事進行について。一昨日お示しになりました警察制度改正要綱の中には、期日が示されていなかつたのであります。従いまして、これの期日を十月一日とあらかじめ想定しつつ、これに対する財源措置を講ずる、こういう…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1953/02/21、25期)

今回の警察法の改正は、警察行政の責任の所在を明確にするという必要の上に立つての改正が行われたと説明されておるのであります。そこでお伺いをいたしたいことは、府県の自治体における警察長、これは国の機関であ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1952/11/28、25期)

ただいま労働大臣から、労働行政に対する一般的な見解が述べられたのでございますが、それはただ単に労働行政に対する常識的なものをつづり方式に述べられたものであつて、今まさに労働行政に対せんとする抱負とか経…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1952/12/02、25期)

私はこの十一月に示されました中労委のあつせん案についてお聞きしたいのであります。会長はただいま公益事業に対する第三者批判の合理性を、このあつせん案の中に非常に強調されておるのでありますが、私はその合理…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1952/12/05、25期)

関連して……。そうすると明らかにされたことは、この第十六条の第二項は「前項の協定をしたとき」――協定をしたときに初めて議会にその承認を求めることができるわけであります。ところが、現在この仲裁の裁定は下…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1952/12/09、25期)

今井委員長にお伺いいたしますが、国鉄裁定に関連する問題でありますから、国会の本労働委員会の意思は、ここ数日中に決定しなければならぬはめに差迫つておると思うのでございます。そこで第十六条の二項は、協定に…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1952/12/10、25期)

昨日の委員会におきましては、本日、大蔵大臣が出席をされまして、継続審議が行われることが予定されておりました。十時半という予定が一時に変更され、一時からすでに四時を過ぎておるのであります。われわれに付託…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1952/12/18、25期)

ちよつと労災課長にお伺いをいたしますが、明年度予算において北海道、中国、中京地区と、この三箇所を同時に設置するというお考え方のもとに研究が行われておるのか。もう一つは、現在の御研究の過程においては、…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1952/12/23、25期)

福田政務次官にお伺いをいたしたいのでありますが、実は失対労務者に対する越年給付の問題でございます。これはずつと以前の労働委員会でこの問題が議せられましたとき、これは自由党並びに福田政務次官の、大体の御…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1953/02/27、25期)

議事進行について。ただいま労働大臣から、本法案の提案理由の説明が行われたのでありますが、少くとも政府が法律案の提案理由の説明を行う場合、それはその立法を必要とする理由について、政府の責任において行われ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第18号(1953/03/03、25期)

本法案の提案理由の説明書によりますと、国民経済と国民生活に甚大な被害を与えた、損失を与えたから云々ということがうたわれておるわけであります。ところが昨年十二月十三日付の労働省労政局資料「電産ストによる…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1953/03/09、25期)

関連いたしまして私は法律はそのもの自体が完全無欠でなければならぬと思います。それで、ただいま山花さんも指摘されておりましたが、現行関係法律に疑義があるから、その疑義を他の法律でこれを補填して行くという…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1953/03/10、25期)

関連して。ただいま山口君の質問に対しまして、憲法第十八条の関連事項といたしまして、これは決して奴隷的拘束をしいるものではない。具体的にいえば、やめたければやめる自由が保障されている、こういうことでござ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 25期(1952/10/01〜)  2本提出

質問主意書一覧

失業対策事業に従事せる自由労働者に対する本年年末給付に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1952/11/21提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

中小企業者の滞納税金徴収に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1952/11/24提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22