田中角栄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 14) 18回発言  67703文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   4514文字発言
 第19回国会 53回出席(長  0 代理理事 3 代理 0 理事 36 委員 14) 19回発言  74909文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  88回出席(長  0 代理理事 3 代理 0 理事 57 委員 28) 38回発言 147126文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            45回出席(長  0 代理理事 3 代理 0 理事 41 委員  1) 26回発言 103659文字発言

 決算委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 20) 11回発言  40892文字発言

 議院運営委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 行政監察特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2575文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第16回国会)
 建設委員会理事(第17回国会)
 懲罰委員会理事(第19回国会)
 決算委員会理事(第19回国会)
 建設委員会理事(第19回国会)
 決算委員会理事(第20回国会)
 建設委員会理事(第20回国会)
 決算委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1953/06/22、26期)

関連して大沢局長に簡単に一つだけお聞きしたいのですが、二十五年度を今やつておるのです。現在は電気通信省は公社になつたわけでありますが、二十五年度と二十六年度、近くでき上る二十七年度を比較して、大体不正…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1953/07/10、26期)

関連してちよつとお聞きしたいのでありますが、ただいままでの質疑応答で、債権が確定しているのでありますから、その支払い先がわかるのがあたりまえであろうということ持して、なかなか支払い先がおわかりにならな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1953/07/17、26期)

ただいま野党委員の諸君から、委員長の発言にかかる総理の出席要求に対するいろいろな議論がありましたが、まさにその通りであります。前回の委員会において総理大臣の出席について議決になつておつたということであ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1953/07/23、26期)

私から二つ三つ質問したいのでありますが、どうも提出された表によつて、いろいろな混線をした質問があり答弁があるようでありますが、普通の国鉄私鉄の連帯勘定等に対しては標準の契約がありまして、これに対しては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第20号(1953/07/28、26期)

委員長、議事進行について……。私は一つただしておきたいのでありますが、先ほど当委員会の理事会において、発言は申込みの順序によつて行こうということになつておりまして、先ほどの理事会においては、第一は天野…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 決算委員会 第31号(1953/09/04、26期)

ちよつと関連質問で一、二点ただしておきたいと思うのでありますが、第一点は十二階案は三十一メートルを越すということは、大体一階の高さを四メートルとして換算しますれば、四十八メートルになりますから、日本の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/05/27、26期)

関連質問――私も質問いたしたいと思つておつたのでありますが、佐藤君が質問をされましたので、関連質問として簡単に建設省当局の所見をただしておきたいと考えるわけであります。本日は特別国会の第一回目の委員会…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1953/05/29、26期)

簡単に大臣に対して二、三の点につきまして所見をただしておきたいと思います。まず第一に申し上げたい問題は、歴代建設大臣が国会の当初、常に建設行政に対して所見をお述べになりますときに申される通り、多年の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1953/06/19、26期)

ちよつと簡単に、質問というよりも意見を申し上げてみたいと思うのであります。この災害の問題に対しては、当委員会も長年にわたつて、建設省と一体になつて、これが復旧の処置に対しても協力して来ておるつもりであ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1953/06/23、26期)

ただいま議題になりました道路整備費の財源等に関する臨時措置法案につきまして、提案理由を簡単に説明申し上げます。わが国の道路の現況を見まするに、国道、都道府県道を合せましてその延長約十三万八千キロに達…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1953/06/25、26期)

お答えいたします。昨日の連合審査会でも、大蔵委員側の発言は、おもにこの問題に主点が置かれての質疑応答であつたのでありますが、当委員会においても私から明確に申し述べております通り、第三条は、第二条の、建…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1953/07/03、26期)

この際動議を提出いたします。本法案並びに修正案に対する討論は省略して、ただちに採決せられんことを望みます。それではこれよりただちに本法案を採決いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第12号(1953/07/16、26期)

建設大臣がおいでになつておりますから、建設業法の改正案につきまして、根本的な問題に対して二・三ただしておきたいと思うのであります。建設業法を制定いたします当時から、問題になつておつたわけでありますが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第13号(1953/07/17、26期)

ただいま議題になつております建設業法の一部を改正する法律案につきまして、各党を代表し、賛成の意見を述べるものであります。昨日の委員会におきましても、建設大臣に種々な問題についてただしたのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1953/07/18、26期)

提案者に伺いたいのでありますが、ただいま議題になつております法律案の第六条、すなわち関係行政機関等の意見の聴取という問題であります。これは当然こうあらなければならないとは考えておるのでありますが「市町…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第15号(1953/07/22、26期)

ただいま議題になりました建築士法の一部を改正する法律案について御説明申上げます。改正の第一点は、一級建築士の受験資格に関するものであります。建築士法第十四条によりますと、一級建築士の受験資格としては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第18号(1953/07/28、26期)

ちよつと次官にお聞きしたいのであります。今まで建設省の予算等を編成する場合の基本的問題としては、結局その年度の治水に対する工業量をどうきめるかというような見方からだけでありましたが、かつて経済安定本部…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第23号(1953/09/08、26期)

いまさら治山治水の議論でもないわけでありますが、今次の、明治より第三回目の非常に大きな災害を契機として、われわれ委員会及び建設省当局等が、多年にわたつて研究をして来ておつた種々な問題に対して、結論が急…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1953/11/09、26期)

ちよつと関連質問を一、二したいと思います。少しダブるかもわかりませんが、恐縮ですが御答弁を願います。この道路の許可にあたつては、建設大臣は関係をせられなかつたのですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1954/02/24、26期)

私は森脇メモというような問題で申し上げるのではなく、いわゆる国会法に基く決算委員会の審議の件について申し上げたい。今動議か提出せられたというのでありますか、この動議は明らかに違法であります、なぜかと申…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1954/03/01、26期)

関連して。藤田君から大体私の質問の要旨の質問がありましたから、あらためて申すまでもありませんが、非常に重大な問題でありますので、重複するかもしれませんが、ちよつと時間を借りて質問をし、開発銀行側及び海…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第44号(1954/09/06、26期)

ただいま鍛冶理事から理事会の開会を要求されており、かつ野党委員諸君から、時間のために理事会を開く必要なしと言われるのでありますが、私はここで一言委員長に申し上げておきたいのは、この委員会は委員長が開会…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第53号(1954/10/11、26期)

参考人の方々おいでいただきまして、非常にりつぱな御意見を拝聴し、将来の国政運営のために喜ばしいことだと考えておるわけであります。私はこの委員会で行いましたいろいろな問題に対しまして、将来の国会のあり方…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第56号(1954/11/16、26期)

証人お疲れでありましようから、簡単に三点ばかり御質問を申し上げたいと思います。これはこの委員会においてのこの種の国政調査に対する将来の問題を考えまして、法務大臣、検事総長、検事正に伺いたい問題でありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1954/01/27、26期)

ただいま建設大臣及び建設政務次官より、昭和二十九年度予算編成につきまして御説明を聴取したわけでありますが、それに関上二、三簡単に質疑を試みてみたい、こう感ずるわけであります。まず第一番に申し上げたい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1954/01/29、26期)

関連して一言簡単に伺います。私ちよつとおそく来まして、ダブるかもわかりませんが、まず自治庁当局に伺いたいと思います。法案は提出されたのですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1954/02/01、26期)

私からひとつ簡単に……。私はもう前にも申し上げておりますし、これからも当分予算が通過するまで申し上げなければならぬと思いますから、きようはひとつ簡単に申し上げます。原さんにまず承つておきたいのは、昭…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1954/02/05、26期)

建設政務次官に、前段の道路整備費の財源等に関する臨時措置法に関係する部面について、建設委員の一員として注文を申し上げておきます。政府当局が二十九年度予算は道路整備費の財源等に関する臨時措置法という現行…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1954/02/26、26期)

関連してちよつとお聞きしておきたいのです。塚田長官が非常に明快に答弁をしておられることを、もう一ぺん私が確かめておきたいのは、いわゆる地方財政計画として四十八億を何とかしなければならぬが、何とかできな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1954/03/11、26期)

建設省に関連質問をしておきたいのですが、道路法を改正したときに、今までの都市と都市を結ぶ線であるというような道路の基本観念を改めて、新しく産業開発を行う、いわゆる人口の再分布を行うという基本観念にかえ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第12号(1954/03/13、26期)

本日は大臣がおいでになつておりませんから、南政務次官に意見を申し上げて、この次ぐらいの委員会において結論を得たら、省議にかけて研究していただきたい。というのは、今度住宅金融公庫法の一部を改正する法律…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第15号(1954/03/29、26期)

最後でありますから、二、三点伺つておきたいのですが、これはこの法律の実施上に起きて来る大きな問題でありますから、見解をただしておかなければ、将来また問題になるし、またこの法律を上げる事務的な面において…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第18号(1954/04/08、26期)

時間が非常に過ぎましたから、簡単に一言だけ重要な問題に対して質問をし、これに対して建設当局から、次の機会にでも答弁をいただきたいと思います。それは瀬戸山君がただいま御質問申し上げたところの帝都高速度…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1954/04/13、26期)

議事進行について、委員長に一言要望しておきたいのであります。建設機械抵当法案は本日提案になる予定であり、また法律関係でありますので、特に法務委員会付託を法務委員会理事会等において希望しておられるようで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1954/04/15、26期)

私は自由党を代表いたしまして、本法案に賛成の意見を申し述べます。本法律は、道路整備の必要性のために、長い間の懸案であつたものが、ようやく去る国会において衆参両院を通過し、その実施年度であります本年度…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第23号(1954/04/21、26期)

二、三政府の意見をただしておきたい。公共工事の前払金保証事業に関する法律の一部を改正する法律案も、同時にあわせ提案せられておるのでありますが、この法律を改正することによつて、なお建設機械低当法と同時に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第25号(1954/04/24、26期)

ただいま議題になりました建設省関係法令の整理に関する法律案につきまして動議を提出いたします。本法律の趣旨は、すでに整理をせらるべき法令がまだ整理せられなかつたのでありますから、当然のことであり、質疑討…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第7号(1954/03/09、26期)

簡単に四点ばかりお尋ねいたします。まず第一番目に、証人が解雇せられたのは何年何月でありますか。それから、第二の点は休業後の問題だこ思いますが、再建策は、立法化されることか、第二会社であるか、こういう…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22