多賀谷真稔衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   4930文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  2回発言  10321文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   7497文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  4回発言  22748文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第5号(1958/10/07、28期)

最低賃金法案につきまして、その提案理由及び内容の概要について御説明申し上げます。労働基準法はその冒頭において、「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」とうたつております。しかして、労働時間と賃金は、労働条件における二つの柱になつており、天井と床の………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第19号(1959/02/26、28期)

ただいま議題になりました最低賃金法案に対する修正案につきまして、その提案理由及び内容の概要について説明申し上げます。政府は、最低賃金の決定方法として、第一に、業者間協定によるもの、第二に、業者間協定の地域的拘束力によるもの、第三に、労働協約による地域的拘束力によるもの、第四に、審議会の調査審議に基く………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第36号(1959/04/07、28期)

私は、ただいま参議院より修正せられ本院に回付せられました最低賃金法案につき、修正部分について、提案者並びに労働大臣に対し、日本社会党を代表して、以下、数点につき質問せんとするものであります。(拍手)質問の第一点は、まず、本法案の批判の最大なるものは、世界に他に類例を見ない業者間協定についてであります………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第4号(1959/10/29、28期)

私は、日本社会党を代表し、石炭不況対策を中心として質問を試みんとするものであります。石炭産業は、今日、一般に斜陽産業といわれ、日没産業ともいわれるほどの大きな危機に直面し、休廃山は続出し、企業整備による人員整理の問題をめぐって、今や労使は血みどろな闘争を展開しているのであります。一方、炭鉱離職者はち………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言  19158文字発言
 第30回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  41131文字発言
 第31回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 10回発言  89181文字発言
 第32回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  5回発言  58477文字発言
 第33回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   2589文字発言
 第34回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 10回発言  72731文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第36回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  28期通算  97回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 97) 34回発言 283267文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            74回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 74) 21回発言 145614文字発言

 商工委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14) 10回発言 115923文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   8410文字発言

 農林水産委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   7798文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5522文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1958/07/04、28期)

ただいま議題になりました公共企業体等労働関係法及び地方公営企業労働関係法の一部を改正する法律案の提案の理由並びに内容の大綱を御説明申し上げたいと思います。公共企業体等労働関係法いわゆる公労法の改正案…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1958/08/09、28期)

関連して。原則的にはその通りですが、実はこの滝井さんが質問されている問題は、かなり特定の問題をさしている。この特定の問題というのは、やっぱり炭鉱災害に端を発している。名前をいいますと籾井炭鉱という炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1958/09/26、28期)

先ほど斎藤委員の質問で具体的な問題を質問されましたが、労政局長の方は、具体的な問題は労政局長自身が現地に行っていないからわからないけれども、一般論としてということで、具体的の問題を離れて、一般論として…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1958/07/02、28期)

大臣にますお尋ねしたいのは、大臣は、先ほど千五月からの統計をお話しになりましたが、実は、昨年の十一月の二十五日に、福岡県の東中鶴炭鉱において、十八名が同じく坑内出水によって死亡いたしました。その遺体の…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1958/10/17、28期)

先般本委員会において斎藤委員よりチェック・オフに関する質問がありましたので、それについてまず質問いたしたいと思います。この際大臣の見解もぜひ聞かしていただきたいと思います。日本の労働組合が戦後発足い…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1958/10/28、28期)

まず舟橋先生にお聞かせ願いたいのですが、国際労働条約の、ことに商工業における最低賃金制の条約というのは今から三十年ほど前にできたわけであります。そしてその際には西欧の先進諸国では最低賃金制が実施されて…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1958/11/01、28期)

一、二点大臣に質問いたしたいと思います。皆保険といいながら国民健康保険の新法はかなり過渡的な、皆保険にいくまでの法律というにおいが非常に強い。あるいは皆保険ができて後の考え方もありますし、その点が考…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1958/10/23、28期)

先般フランスの鉱山試験協会、いわゆるソフレミンが日本の炭鉱を調査いたしました。これは世界銀行の要請によって政府とさらに石炭協会の方で招聘をしたと思いますが、その調査報告書によりますと、まず日本の炭鉱で…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1958/12/19、28期)

関連。先ほど国民健康保険団体連合会が第三者的な団体だ、こういうことを滝井委員の方から発言があり、またそれを肯定された発言がありましたけれども、これは法律で明記されておる団体ですから、やはり性格を明らか…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1959/02/24、28期)

私は主として法文の技術的な点について質問いたしたいのであります。その前に、今小林委員より指摘がありました最低賃金決定制度の創設に関する条約、さらに最低賃金決定制度の実施に関する勧告、この勧告の中あるい…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1959/02/26、28期)

ただいま議題になりました最低賃金法案に対する修正案につきまして、その提案理由及び内容の概要について説明申し上げます。政府は最低賃金の決定方法として、第一に、業者問協定によるもの、第二に、業者間協定の…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1959/03/04、28期)

まず第一に前田さんにお尋ねしたいことは、この答申と石井報告あるいは条約小委員会の報告というのは、答申の前提であるのかどうか、この点伺いたいと思います。先ほど前田さんのお話によりますと、承認をして可決を…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1959/03/12、28期)

労働省にお尋ねしますが、今の生理に有害な業務の範囲ですが、看護婦さんの場合には女子年少労働基準規則の十一条に列挙しておりますが、一、二、三、四、五、六、まあ一五までですが、これについて一つづつ考えてみ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1959/03/17、28期)

まず中小企業退職金共済法案を質疑いたしまする前に、倉石労働行政としての中小企業労働者の労働政策全般について承わりたいと思うのであります。第一に、現在の中小企業労働者の組合の組織率を眺めてみますと、こ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1959/03/18、28期)

本国民年金は、今から四十年後の拠出により、さらに五年の待期ですから、四十五年後に完成するわけです。すなわち、昭和八十年に完成するわけでありますが、経済企画庁長官は、今後の経済成長率をどういうふうに考え…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1959/03/19、28期)

吾妻先生に一、二点お尋ねをいたしたいと思います。現在の政府の政策の中にも児られるのですが、最低賃金におきましても業者だけの業者間協定という型を法定されて、賃金の中に入れてくる、また今度は労働者の意思の…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1959/03/12、28期)

まず、エネルギー政策全般についてお尋ねいたしたいのですが、政府のエネルギーの見通しについて、今までいろいろデータが発表されたわけですが、現在政府として最も権威あるといいますか、十分な見通しを持っておら…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第29号(1959/03/13、28期)

通産省に対して、主として合理化法案に伴う離職者の対策についてお聞かせ願いたいと思いますが、この離職者は塩業でありますと、今度の法律で、すなわち塩業整備法によりまして、十ヵ年間勤務した者は一年間の給与に…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1959/07/06、28期)

まず私は事務的なことから聞いていきたいと思います。主として大島政府代表にお聞きいたしたいと思いますが、九十八号条約違反の問題がILO条約勧告適用委員会の専門家会議において指摘をされております。われわ…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1959/09/21、28期)

現在、炭鉱の危機が非常に叫ばれ、毎日の新聞にその炭鉱離職者についての救済対策の欠如が言われ、そうして民間においては黒い羽根運動が展開されて、これが愛情ある多数の協力によって展開をされておるような状態で…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1959/07/09、28期)

まず石松石炭協会会長にお尋ねいたしたいと思いますが、石炭協会では、今日の日本の石炭の状態を、景気変動の中の一つの影響と考えられておるか、あるいはまた豊渇水による一時的なものである、この二つの要素と考え…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1959/08/10、28期)

私は今日の石炭の非を招来した原因を、ここに再検討いたして方策に資したいと思います。まず第一には、昭和二十九年、三十年の大不況を経てエネルギーの消費構造が変化をして、固型エネルギーより流体エネルギーに…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1959/08/11、28期)

政務次官は、簡牛委員の質問に答えて、伊豆の災害と同じように扱っておる、こういうようなお話をなさいました。しかし、伊豆の災害の場合には、これは伊豆の災害だけではありませんが、昭和三十三年の六月から七月に…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1959/12/12、28期)

そうしますと、あなたがおっしゃっておる単位組合というのは、私は全逓であると思うのですが、それは別にして、郵便局の、いわば全逓の支部の単位において一百五十円の団体交渉をやれば、全部結べますね。そこでた…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1960/03/09、28期)

失業保険法の一部改正の本文に入る前に、今問題になっております点を緊急に質問いたしたいと思います。その第一点は、炭鉱離職者の訓練手当は失業保険と併給されるかどうか、この点をお伺いいたしたい。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1960/03/29、28期)

昨二十八日三池炭鉱に起こった両労組の激突事件並びに争議の収拾について政府に所信をお伺いいたしたいと思います。会社の生産再開に伴いまして、三池新労組の強行就労となり、これが大混乱になり、労働者同士の血…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1960/04/27、28期)

関連して長官にお尋ねしますが、今赤松委員の質問の個所は十八日の三川鉱で起こった事件とさらにその後の宮浦の事件ですが、三川の場合は第一組合が門のところに二カ所ピケを組んでいる。そのピケを警察官が封鎖をし…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1960/05/18、28期)

全林野労働組合から出ておりますこの中で、当局の主張点として、「旅費問題については管理運営事項なのでこの件の団体交渉に応ずることは出来ない。従来旅費問題について団体交渉で取り決めて来たことは一切間違であ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1960/03/09、28期)

ちょっと石炭協会にお尋ねいたしたいのですが、この重油ボイラー設置の制限に関する臨時措置法案がなくなる昭和三十八年後、その後においては、新たに設置をする分だけでなくて、今まで石炭をたいておったものが重油…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1960/03/28、28期)

植村参考人にお尋ねいたしたいと思います。千二百円引き下げというのが他の産業界の絶対的要請である、こういうようにおっしゃったわけであり、また答申にも千二百円引き下げるべきである、こう書かれてあるわけです…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1960/04/04、28期)

政府にお尋ねいたしますが、この改正案は「昭和三十八年度の石炭販売価格を昭和三十三年度に比較して千二百円程度引き下げることにより、競合エネルギーに対し経済性を回復させることを目標とし、」と、こうあります…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1960/04/05、28期)

石炭局長より昭和三十八年度石炭需要及び供給量調査についてという資料をいただいたわけです更けれども、なるほど地域別の需要、そういう面については詳細に載っておるわけですが、そのことが千二百円引き下げなけれ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第2号(1960/02/19、28期)

まず、私は、総理に、憲法の解釈をお聞きいたしたいと思います。七十三条の第三号に、条約を締結する内閣の権限が書いてありますが、そのただし書に、事前に、あるいは事後に国会の承認を経ることを必要とすると書…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1960/02/23、28期)

私は二点だけ質問をいたしたいと思います。第一点は、ILO条約八十七号批准と国家公務員法並びに地方公務員法との関連について。第二点は、公務員の給与の問題についてお尋ねいたしたいと思います。そこで、IL…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22