長谷川四郎衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言    747文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言    747文字発言

本会議発言一覧

第51回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/12/25、30期)

ただいま議題となりました両案について、農林水産委員会における審査の経過並びに結果について御報告いたします。この両案は、繭糸価格の安定をはかり、蚕糸業の振興に資するために、内閣から提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第46回国会118回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員 59)  3回発言   5179文字発言
 第47回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員 22)  1回発言    169文字発言
 第49回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  3)  1回発言   3249文字発言
 第50回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員 30)  1回発言    455文字発言
 第52回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第53回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  30期通算 296回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事172 委員124)  6回発言   9052文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
           146回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事112 委員 34)  5回発言   8597文字発言

 商工委員会
            84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 84)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員  0)  1回発言    455文字発言

 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 農林水産委員会理事(第45回国会)
 農林水産委員会理事(第46回国会)
 農林水産委員会理事(第47回国会)
 農林水産委員会理事(第48回国会)
 農林水産委員会理事(第49回国会)
 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会理事(第50回国会)
 内閣委員会理事(第51回国会)
 農林水産委員会理事(第51回国会)
 内閣委員会理事(第52回国会)
 内閣委員会理事(第53回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1964/02/21、30期)

園芸局長に伺いますが、園芸局を農林省に新たに設けなければならなくなってきた、したがって、輿望にこたえて設けた。さてその園芸局の最も大きな使命は何だろう。こういうことをまず一つお伺いしてみたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1964/02/28、30期)

ただいま議題となりました自由民主党、日本社会党、民主社会党三党提案にかかる附帯決議を申し上げます。いままでの審議の過程によりまして、経緯は十分皆さんが御了承のことと存じますので、文案だけを読み上げま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第52号(1964/05/26、30期)

ただいま議題となりました両案につきまして、漁業災害補償法案審査小委員会における審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。両案につきましては、両案提出までの経緯、本委員会における参考人の意見及…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1965/02/18、30期)

議事進行について。補足説明ですが、これは提案理由の説明のときに読んでもらわなかったならば、出さないでもらいたいと思うのだが、これははっきりしておいてもらいたい。貴重な応用をこれだけでひまをとったらた…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1965/08/10、30期)

蚕糸事業団法案につきまして一言御質問申し上げたいと思うのでございますが、この法案提出ということに決定をいたしますと、国内の業界はもとよりでありますが、国外の業界までが非常に大きな期待を持っておりまして…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 内閣委員会 第48号(1966/06/22、30期)

ちょっと一言。これは前もって答弁は不必要です、要りませんから、ひとつお話だけ申し上げておきます。十有余年陳情をし続けてきております私の選挙地区である太田大泉の件でございますが、当時は幾分か利用したよ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22