国会議員白書トップ衆議院議員岡良一>30期国会活動まとめ

岡良一衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言    940文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言    940文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第38号(1965/04/22、30期)

ただいま議題となりました核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、科学技術振興対策特別委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。本案は、最近における原子力船開発の進展状況にかんがみ、本邦における外国原子力船の規制をはかり、この機会にあわ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  1回発言  10097文字発言
 第46回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 20) 15回発言 114682文字発言
 第47回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 29回出席(長 21 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   7567文字発言
 第49回国会  7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言   3920文字発言
 第51回国会 44回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 24 委員 19) 20回発言 137034文字発言
 第52回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  3回発言  14298文字発言

  30期通算 136回出席(長 28 代理理事 1 代理 0 理事 49 委員 58) 41回発言 287598文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術振興対策特別委員会
            79回出席(長 28 代理理事 1 代理 0 理事 49 委員  1) 34回発言 221024文字発言

 大蔵委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  1回発言   8873文字発言

 外務委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  57701文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 科学技術振興対策特別委員会委員長(第48回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第49回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第45回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第46回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第51回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1963/12/17、30期)

ただいま承りました大臣の御所信、また科学技術庁の重要事項、いずれもまことにけっこうなことでございますが、私は、特に予算がいよいよ最終的な段階になろうとしておりますので、この科学技術予算の運営を中心とい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1964/02/06、30期)

ただいまの御所信あるいは要求予算の御説明は、いずれまたあらためて後日皆さんでなされることと思いますが、資料を若干この際御提出を求めておきたいと思います。最初の二つは、前々国会で御提出を求めておったの…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1964/02/13、30期)

いまの久保さんの御質問に対して、佐藤長官の御答弁の中で、原研における管理体制を強化するということは、原研における研究の内容あるいは成果が外国に漏れるということと何か関連性があるような御発言がありました…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1964/02/20、30期)

行政管理庁の勧告、いまいただきましたので、いずれ十分検討さしていただきたいと思います。短時間に読んでみまして、元来この委員会においても科学技術行政の今後のあり方として問題になっておった点が多く含まれて…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1964/02/26、30期)

私は、宇宙開発推進本部の設置に関連をいたしまして、宇宙開発の基本的な方針をどうお立てになるかという点を、佐藤長官をはじめ関係の方々にお尋ねをいたしたいと思います。ただ、皆さん非常にお多用でございましょ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1964/03/12、30期)

ほかにも質問の方がおられますので、私は特に労使紛争というふうな形でこの問題の経過をあまり取り上げたくはありません。ちょうど兼重さんも来ておられますが、原子力委員会は、原子力研究所の紛争というものに対す…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1964/03/25、30期)

私は少し聞き漏らしましたので、前文をいま一度お読みいただきたいと思います。「アメリカ合衆国、グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国及びソヴィエト社会主義共和国連邦(以下「原締約国」という。)…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第12号(1964/04/15、30期)

佐藤原子力委員長の御答弁に関して、若干お尋ねをいたしたいと思います。まず、この小委員長報告第一項の問題であります。中曽恨小委員長は、御存じのとおり原子力委員長もかつてしておられた。この中曽根小委員長…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1964/04/22、30期)

せっかくお見えになった探鉱担任の佐藤さんなり、冶金関係の今井さんの御意見を聞いた上で、また私どもわからないところをお教えをいただければと思っておりましたが、時間の関係上、一括佐藤さん、今井さんに御所見…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1964/05/06、30期)

先般大臣の所信表明の中で、宇宙開発問題が大きな重点目標である、こういうお話がございましたときに、私は特に国内における開発体制がこれでいいのか、また国の予算がこれでいいのかということをいろいろ御指摘を申…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1964/06/03、30期)

原子燃料の問題は、たびたびお尋ねもいたし、御意見も伺っておるのでございますが、私としまして、特に最近部分的核停協定が成立いたしましたというような国際情勢の動きの中から、アメリカ、英国等、日本と特に原子…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第18号(1964/07/31、30期)

原子力船の調査の御報告を承りましたが、特に武田さんはその間の経緯をまだ御存じないかもしれませんが、一言簡単に申し上げておきます。ちょうど原子力船開発事業団が法案としてこの委員会に提出されておりました…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第21号(1964/10/01、30期)

関連して。いま愛知原子力委員長は、この原子力基本法第二条の日本における原子力の研究、開発は平和の目的に限るという条章の解釈について、何かふに落ちないような御発言があったようであります。私どもは、日本…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第22号(1964/10/26、30期)

参考人の方に少し教えていただきたい、また御意見を承りたいと思います点が三点ほどありますので、時間もだいぶおくれておりますが、簡潔にお尋ねをいたすので、率直にお答えを願いたいと思うのでございます。まず…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1964/05/08、30期)

私は、ただいま御提案のいわゆる部分的核停条約について、当面する政府の施策並びに将来に対する政府の基本的な態度をこの機会に明らかにしていただきたいと思います。特に私は原子力基本法の立場からお尋ねを申し上…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1964/03/11、30期)

以前当委員会で、たしか水田大蔵大臣に、外資法の運営について、わが国における科学技術振興という立場からいろいろお尋ねをいたしました。きょうは御提案の租税の特別措置法並びにその改正案を含めまして、このあり…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第17号(1965/04/28、30期)

大臣お急ぎだから、簡単に一言二言お尋ねしておきますが、いま産業計画会議の堀さんから原子力委員会の強化という点について具体的な御提案がされておりましたが、これについて大臣はどうお考えでございますか。し…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1965/08/04、30期)

ただいま茅科学技術会議議員から経過等についての御報告を承りました。また資料等も関係の方面からいただきました。私はこの際機構、予算、運営等の技術的な具体的な問題は、これは小委員会に移すことといたしまして…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1966/02/23、30期)

いまいただいた各資料について、この資料は、先般の委員会で西村英一委員から御要求の資料と存じますが、一応御説明を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1966/03/02、30期)

いま大臣の提案理由の御説明の中で、ウラン鉱の入手は現在そう困難ではないというふうなお話がございましたが、事実、ウラン鉱は、今日もはや売り手市場から買い手市場へ大きく転換しようとしておる。いわばその分岐…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1966/03/09、30期)

私も農業県の選出でありますから、特に米地帯でもあり、いもちには百姓が非常に困っておられる実情はよく知っているわけです。それだけに最近いもちのための妙薬ができたということでお百姓が非常に喜んでいることも…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1966/03/10、30期)

時間もありませんから簡単に、ちょうど大臣も理事長もおられるから、一言二言お尋ねをしたい。前々から委員会で私は、日本における核燃料サイクルの確立のためには、原料物質もまた燃料物質も民有化すべき段階では…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第8号(1966/03/16、30期)

きょうは、この法案と直接関係がございませんが、先般、前回の委員会において触れまして未解決の問題がありますので、外務省からも御出席を願って、若干補足的にお尋ねをしておきたいと思います。特に、外務省の国…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1966/03/17、30期)

コールドチェーンの問題は、前々から資源局のほうで非常に御熱心に研究をしておられて、そのつど御報告を承っておったのですが、最近の新聞を見ると、岩手県で大体この方式に準じてリンゴを取り扱い、消費者に流して…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1966/03/24、30期)

質問は大体尽きたようでありますので、当委員会としても、こうして熱心にこの問題を取り上げて討議を尽くしましたので、当然委員会としての意思の表示が必要かと思いますので、その関係上、若干の資料の御提出を願い…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第12号(1966/03/30、30期)

最後に簡単に伺いたいですが、理化学研究所、これがどうあるべきか、どんな機能を持つべきかということは、われわれの委員会としても大きな焦点であったわけです。私どもとすれば、願わくばかっての理研、大河内理…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1966/03/31、30期)

きょう御多用の参考人にわざわざ御出席を願いましたこの委員会の意図は、相次ぐ今回の大きな墜落事故について、ぜひ皆さま方から、最も科学的な、そして公正な事故調査の結論を出していただくことは、単に今後におけ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1966/04/13、30期)

私は、きょう皆さんがお見えになって、この問題で委員会がいろいろ審議をするということは、実はけさ初めて知るようなことでありましたので、むしろ教えていただきたいという気持ちでお尋ねをいたします。この直接…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第19号(1966/04/27、30期)

原子力委員会が、動力炉懇談会あるいはワーキンググループまたは海外調査団等いろいろな御活動で、一応今後におけるわが国の原子力開発計画を軌道に乗せようとしての御努力には、私は心から敬意を表するものでありま…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第21号(1966/05/12、30期)

まだ時期が少し早いかと思いますが、昨日夕刊を拝見しますと、日本海沿岸の都市を中心にかなり放射能の高い粒子が降下しているということでありますが、これはいろいろな意味で私どもとしても重大な関心を払わねばな…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第23号(1966/06/02、30期)

小幡防衛施設庁長官にお尋ねをいたしますが、水戸射爆場の返還問題は、その後どういう経過をたどっておりますか。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第24号(1966/06/09、30期)

岸田さんにまずお伺いいたしたいのですが、お説のように中共の核爆発が、漸次実戦配備に向けられて進められている。そのテンポもかなり早い。いわば一九七五、六年には数基のMRBMの実戦配置があり得るし、ICB…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第25号(1966/06/22、30期)

科学技術行政に関する小委員会の経過について御報告申し上げます。科学技術行政に関する小委員長報告要旨会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第26号(1966/06/23、30期)

質問の最初に、有沢原子力委員会委員長代理が先般高き栄誉を受けられました。原子力政策がわが国に始まってより、終始委員長として、また委員長代理として困難な草創の道を切り開いていただいた先生にとっては、当然…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1966/02/18、30期)

資料を要求するにあたりまして、まず最初に、外務大臣に一言だけお伺いしておきたいと思います。先ほど冒頭の穂積委員の御質問に対して、今朝各新聞が取り上げている核拡散防止協定に関する見解は下田事務次官の非…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1966/03/18、30期)

この間私は下田次官の御発言に関連をいたしまして、核軍縮あるいはまた核拡散防止条約等、現在世論の注目の的になっておる問題についての政府の統一見解の御提出を要求いたしました。ところが、私どもがいただいたも…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1966/05/06、30期)

私は、外務大臣とあまり時間のかかるイデオロギー論争は全然いたしたくない。ただ当面する問題について、若干所信を明らかにしていただきたいと思います。まず第一の問題は、やがて京城でアジア諸国の外務大臣会議…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1966/06/22、30期)

私は、エンタープライズと称する原子力航空母艦等の原子力艦艇の日本寄港の問題、それから人口稠密な東京湾、横須賀への原子力潜水艦の入港の安全性に関する問題、並びに核探知クラブ、この核探知をどのような形で政…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1966/07/20、30期)

大気中の亜硫酸ガス、それよりも除硫装置あるいは大気内における亜硫酸ガスのいわば人体に対する限度、こういうことについての研究は、石油化学なんかの進んだ国ではかなり高い水準を持っているのじゃないかと私は見…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1966/07/27、30期)

朝永先生、ノーベル賞を受賞されましてほんとうにおめでとうございます。湯川先生に次いで朝永先生がはえあるノーベル賞を受けられたということ、それに対しては国民は手を打って喜んだでございましょう。国会もまた…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1966/10/12、30期)

通産省の方に長くお待たせしてありますので、まずちょっとこちらへお寄りを願いたいと思います。私はこの機会に、最近とみに増大しておるベトナム特需に関連して、若干お尋ねをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22