小坂善太郎衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27) 13回発言  28834文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04) 13回発言  28834文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第3号(1973/01/27、33期)

第七十一回国会にあたりまして、私は、わが国経済の当面する課題とこれに対処する所信を申し述べ、国民の皆さまの御理解と御協力を得たいと存じます。わが国の経済は、景気後退下の大幅な円切り上げという試練を乗り越えまして、昨年以来景気は上昇の過程をたどっております。個人の消費、住宅投資、財政支出などの需要の増………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第4号(1973/01/29、33期)

私の場合も、ほとんどすべて総理の御答弁で尽きております。若干補足させていただきますが、まず、どのようにして生産、輸出第一の経済構造を福祉優先の社会経済構造に変えていくかということでございますが、御承知のように、先ごろ、経済運営の基本方針というのを出したわけでございますが、その中で個人消費、政府消費、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第6号(1973/02/14、33期)

政府の経済見通しを改定する必要があるのではないかということでございますので、お答えをいたします。政府の経済見通しは単なる経済の予測ではありませんで、経済の実勢を考慮に入れながら政府がとる政策の効果を織り込んだ経済の見通しであり、政策的な目標ともいうべきものでございます。四十八年度の経済見通しも、四十………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第9号(1973/02/22、33期)

経済社会基本計画の中で税の負担率を三%上げるという問題につきましては、総理からすでに十分御答弁があったところでありまするが、一言だけ申し上げますると、租税負担率の引き上げというものは、それ自身が目的ではありませんで、国民の納得の得られた財政支出とうらはらの問題として考えるべきであると思います。今後国………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第12号(1973/03/01、33期)

私を名ざして特に御質問がなかったものでありますから、すでに総理のお答えになったことで、大体私がお答え申し上げることは尽きておるように思いますけれども、せっかくでございますから一言申し上げたいと思います。最近、世界的な農産物の不作がございますし、そこへ投機的な需要が出まして、大豆、木材、羊毛、綿糸ある………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第14号(1973/03/08、33期)

私に対しまして残っておる問題は、経済社会基本計画との関連でございますが、国鉄の十カ年計画の前半に当たりますこの計画との関係で申し上げますと、経済の成長率を年平均九・四%、一人当たりの雇用者所得の伸び率を一二・三%と見込んでおるわけでございまして、国鉄財政再建計画の前半期における人件費の上昇も、ほぼこ………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第15号(1973/03/09、33期)

すでにお答えのあった問題ばかりでありますけれども、坂本さんに対してお答えをいたします。まず、「日本列島改造論」でありますが、これは、田中総理の私見としてまとめられたものでありまして、工業の分散、全国通信交通ネットワークの形成あるいは小都市の整備等によりまして、均衡のとれた地域構造を実現し、過密過疎、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第18号(1973/03/27、33期)

愛知大蔵大臣不在中代理をつとめておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。私に対する御質問は、家族の高額療養費の支給を、国保加入者全部に対して実施すべきであると思うがどうかということでありますが、結論から申し上げますと、ぜひそうしたい、ただし、全面実施については、三年程度の準備期間を置いて、着実に………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第19号(1973/03/29、33期)

筑波研究学園都市は、新しい構想のもとに、研究者と教育者などに魅力のある学問の府をつくらんとするものでありまして、政府としましては、すでに筑波研究学園都市建設計画の大綱を決定いたしまして、首都圏整備委員会に、筑波研究学園都市のマスタープランを作成するための経費といたしまして一億五千万円を計上して、基本………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第21号(1973/04/03、33期)

生活関連物資の買占め及び売惜しみに対する緊急措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。最近、世界的な原材料の一時的供給不足、過剰流動性等を背景として、わが国内においても、投機的な需要が発生し、これが一部の生活関連物資にも及んでおりまして、これらの物資の価格の高騰は、国民生活の安定に………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第23号(1973/04/06、33期)

大橋議員にお答えを申し上げます。まず第一点は、四十六年度における振替所得の比率が六%で、これは欧州の諸国に対して少ないが、何ゆえであるかということでございました。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第28号(1973/04/19、33期)

国土総合開発法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。昭和二十五年に制定され、昭和二十七年にその一部を改正された現行の国土総合開発法は、狭隘な国土と乏しい資源という制約条件の中で、年々増加する人口を擁しながら、国民生活の維持向上をはかるため、戦後の荒廃した国土の保全をはかり、国土及び資源の積極………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

竹内君にお答えいたします。森林資源に関する長期の見通しを改定したことは、高度経済成長下の森林林業政策に問題があったからではないかということ、及び今後大幅な外材輸入を期待しているが、その確保はきわめて困難と考えられるがどうか、ということであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第72回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  1回発言   3994文字発言
 第73回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第75回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言   6044文字発言
 第76回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第77回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言

  33期通算  48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  2回発言  10038文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40)  1回発言   3994文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6044文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第72回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1974/02/14、33期)

私は、ことしの一月十五日から政府の特使といたしまして、田中総理の親書を持ちまして、アラブ八カ国を歴訪してまいりました。ただいま三木特使が言われました八カ国以外のアラブ諸国、すなわちマグレブといわれてお…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 農林水産委員会 第20号(1975/05/22、33期)

去る二月二十六日に、予算の分科会におきまして、カドミウムの問題について私は質問をいたしました。その当時、時間がなかった関係もありまして農林省関係の分が非常に簡単になっておりますので、改めてこの際時間を…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22