国会議員白書トップ衆議院議員小林進>33期国会活動まとめ

小林進衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

24期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言   5175文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  1回発言   5175文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第13号(1974/02/19、33期)

私は、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党、民社党を代表いたしまして、ただいま議題となりました衆議院予算委員長荒舩清十郎君の解任決議案について、その提案の趣旨説明をいたしたいと存じます。(拍手)まず、本文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

24期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  9回発言 177752文字発言
 第72回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  5)  5回発言  92651文字発言
 第73回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言  28065文字発言
 第75回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  3) 14回発言  97273文字発言
 第76回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  1回発言  33136文字発言
 第77回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0) 13回発言  67102文字発言
 第78回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  3回発言  42465文字発言

  33期通算 133回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 94 委員 39) 46回発言 538444文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
           122回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 94 委員 28) 39回発言 399941文字発言

 法務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  35436文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  17256文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  43732文字発言

 逓信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  26744文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15335文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第72回国会)
 予算委員会理事(第73回国会)
 予算委員会理事(第74回国会)
 予算委員会理事(第75回国会)
 予算委員会理事(第76回国会)
 予算委員会理事(第77回国会)
 予算委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 決算委員会 第27号(1973/10/09、33期)

私に与えられた時間はわずかでございますので、ほんの項目をあげて資料を要求する程度にとどまるかと思いますが、関係大臣のほうもひとつ簡潔、要領よくお答えを願いたいと思います。まずこれは法務大臣、外務大臣…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1973/11/13、33期)

私は、去る十月九日の日に本委員会で、主として韓国に対する経済問題その他、金大中事件等に関連をいたしまして質問を申し上げました。ただ、その質問の中で、いろいろの資料の提出やまた政府側に早急に措置をしてい…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1973/06/25、33期)

関連して。関連質問でございますので、ごくかいつまんで御質問を申し上げたいと思いますが、健康保険法の改正に関する審議もまだ十分尽くされていないようでございますが、いろいろ与野党との折衝の関係でどうも今…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1973/05/30、33期)

私は、年次有給休暇の問題についてお伺いいたしたいと思います。これはまことに古くて新しい問題であり、この国会においても、もうすでに十数年にわたって繰り返し質問をされておるのでありますが、常に政府側並び…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1973/04/18、33期)

まず法務大臣にお伺いいたしますが、これは古くて新しい問題でございます。四十八年の二月二十七日の予算委員会における質問でございますが、例の軍法会議の問題でございます。戦時中における軍法会議の不当性を縷述…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1973/07/18、33期)

ただいま委員長からのお話のありましたとおり、戦時中における軍事裁判、軍法会議の問題を主体にして質問を申し上げたいと存じますが、この問題は、私は衆議院の予算委員会でも取り上げ、なおかつこの法務委員会でも…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1973/02/03、33期)

私は、党の指示に従いまして、主として物価問題、社会福祉の問題中、年金、保険、国鉄運賃等について御質問を申し上げたいと存じます。まず、第一の物価問題でございますが、物価がなぜ上がるのかという物価上昇の…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1973/02/27、33期)

私は物統令が廃止されました以後の消費者米価の状況について、まず関係大臣にお伺いをいたしたいと思うのでございます。物統令廃止のときに、私ども社会党並びに野党はあげて、その廃止後の消費者米価は必ず上がり…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1973/03/13、33期)

限られた時間でございますので、結論だけをお伺いいたしたいと思うのでございますが、政府が食管法のもとで統制をしておいでになります米が、一〇〇%のうちいわゆる政府米と称するものが六九%、自主流通米といって…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1973/12/08、33期)

私に与えられた質問時間は一時間四十分であります。答弁を含めて一時間四十分でございますので、それを私は、物価問題で十分間、社会労働、社会厚生問題で二十分、それから農林、労働、郵政で三十分、あとの四十分は…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1974/02/08、33期)

わが党に割り当てられた総括質問の時間の残余一時間弱を、まあ残飯整理の形で私が御質問を申し上げることになっておりますので、理論の構成はあとにいたしまして、事実の問題だけでひとつ簡単に受け答えをさせていた…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1974/02/23、33期)

委員長、議事進行について発言をお許しいただきたいと思います。今日に至るまで、私どもは、ちゃんと、十時なら十時の開会五分前にこの会場に参りまして、そして真剣な気持ちで、十時ジャストの開会を待っているの…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1974/02/26、33期)

私は、きょうお集まりをいただきました石油企業、業界の代表の方々には、きょう初めてお目にかかるのであります。また、この業界の、皆さん方の企業の方々に対しては、今日まで、そう言ってはなんでありまするが、一…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1974/03/11、33期)

私に与えられた残された時間は、もうわずかしかないのでありますから、これはどうも命拾いしている人がいるかもしれませんけれども、そうはいきませんので、ちょっとお尋ねしますが、昭和石油の永山社長にお伺いいた…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1974/12/20、33期)

総理大臣にお尋ねいたしますが、昭和四十九年度の経済見通しについて、政府は十二月十三日の閣議において、この見通しをたいへん大きく改められました。その改められた理由が一体どこにあるのか、その理由が一つであ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1975/01/30、33期)

大体、総理の真意は、私ども理解するにやぶさかではございません。しかし、この一国の総理が、参議院という公の場において、公式に、酒、たばこはその値上げを六カ月延ばすと言われたということは、これはそう簡単に…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1975/02/03、33期)

これは議事進行で発言をいたしますが、いま安宅委員が政府に要求していることは、この海外協力基金または輸出入銀行、そのわが日本の二つの機関が中心になって、韓国に合弁でできている日韓合弁の会社か、あるいは法…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1975/02/04、33期)

議事進行。これは防衛庁長官は大変な間違いを犯しております。これは防衛庁長官が言われる、学生だとか、あるいは幹部学校の幹部だとかというのは、国で抱えられている特殊な公務員です。これは軍人です。それが幹…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1975/02/05、33期)

議事進行について申し上げますが、いまの主計局長がお読みになりました財政法の第五条は、それはあなたのおっしゃるとおりです。憲法の八十五条を受けまして、財政法で言うように「法律に基くもの又は歳出予算の金額…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1975/02/12、33期)

この際、予算委員会理事会一致の申し合わせについて発言をいたします。去る六日及び七日の予算委員会における岡田君、安宅君及び矢野君その他の質疑に対する外務大臣の答弁は、明確を欠くのみならず、立法府の尊厳…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1975/02/15、33期)

議事進行の発言のお許しを得て、ありがとうございました。副総理、総務長官にお伺いいたしますが、独禁法の政府改正法案をいつ一体お出しになるのか、この際お伺いをいたしておきたいと思うのであります。というこ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1975/02/17、33期)

私に与えられた時間はわずかでございますから、簡単に事実関係だけ申し述べますから、それでイエスかノーかだけお答え願いたいと思います。まず第一番目に、金融機関の、大商社、中小企業、個人に対する関係での不…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1975/02/18、33期)

議事進行について。これは大変重大問題だと思います。文部大臣は教育の最高責任者であれば、政務次官はナンバーツー、その次です。教育行政を預かっている者の最高責任者のその次です。そこにいられる仲にかかわら…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1975/02/19、33期)

委員長、議事進行。いまの御答弁は二十一日ですか。二十一日は、これは御承知のとおり、いまのところ、議運は済んだはずでございまして、おそらく本会議が開かれるはずでございます。農林大臣が、本会議の行事をお…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1975/02/21、33期)

ちょっと議事進行でございますが、いま月末までという資料提出のお話がございましたが、やはりこれは予算委員会の仕上げまでには、大変重要な一つの議題でございますので、予算委員会の議事の進捗に支障のない程度に…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1975/02/22、33期)

私は、社会的不公正という集中論議のテーマの中で、特に、最も社会からあるいは行政から冷遇、あるいは残酷と言ってもいい取り扱いを受けている精神障害者の問題について、御質問をいたしたいと思うのでございます。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1975/03/01、33期)

議事進行の発言をお許しいただきたいと思いますが、ただいまもお聞きのとおり、楢崎質問の要点は非常に単純無比であります。その三光汽船の株主の中で香港在住の六つの株主のその名前を教えろ、しかしその名前はかた…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1975/03/04、33期)

私は、総括質問に入る前に、いま国民が一番関心を持ち、なおかつ恐れております間組本社爆発の問題についてお尋ねをいたしたいと存じます。三菱重工の爆撃から始まって大成建設など、この民主的な平和なわが日本に…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1975/06/10、33期)

議事進行について発言のお許しをいただきたいと思います。きのう、すなわち六月九日、本委員会において、わが党楢崎委員の質問に対する坂田防衛庁長官の御答弁について若干の疑義があります。すなわち、わが党楢崎…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1975/10/29、33期)

総理大臣にお伺いいたしますが、戦争に負けて、新しい憲法が生まれて約三十年になんなんといたしておるのであります。この際、この新憲法が旧憲法の残滓を払いのけて、国民の間に正しく定着をしているかどうかという…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1976/01/29、33期)

第七十七回通常国会の予算審議に当たり、与野党理事の一致した意見として、総理大臣に要望いたします。本委員会は、ここ数回の会期を通じ、国会の本務とする国政に関する調査権、監督権についても政府の協力を強く…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1976/01/31、33期)

私は事前に政府に質問の要旨を申し上げておきました。その予定の質問を申し上げる前に、重大な問題について、突如ではありますが、まず前もって御質問申し上げたいと思います。その第一は、けさの新聞の報道により…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1976/02/03、33期)

議事進行ですが、先ほどからもう議論をお聞きのとおり、何を根拠にして一体――第一次、第二次、第三次というお話がございましたけれども、そういう要求を人事院にされるについては、その要望する根拠がなければいけ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1976/02/05、33期)

いまの阿部委員の質問に対しまして、運輸省は、国費を使ってそして調査を依頼されたそのコンサルタントの資料をみずからの結論が出るまでは国会に出せないということは、これは憲法第六十二条に言う国会の調査権に対…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1976/02/06、33期)

たまたま楢崎委員から――予算委員会理事会の、日本に対する核の持ち込み、保有の問題についてアメリカの議会と会談し調査をするということが十二月一日から十日まで実行をされたわけでありますが、この出発に際しま…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1976/02/13、33期)

おいでいただきました参考人の方々に申し上げますが、きょうは集中審議の二日目でございます。集中審議というのは、公聴会と違いまして、公聴会というのは公述人の皆さん方に貴重な御意見を拝聴するというのが公聴会…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1976/02/17、33期)

時間もありませんから、ほんの駆け足で重点だけ申し上げておきます。質問にもなりませんけれども。ただ、児玉、小佐野、コーチャンについてあなたは全然お知りにならぬでしょう。これは言っておきますけれども、コ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1976/03/01、33期)

ちょっと議事進行について一言委員長に要望をいたしたいと思います。若狭証人について一言委員長に要望いたしますが、若狭証人は控え室に待機中、食堂へ行ったり、食事をしたりしております。証人として待機中は控…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1976/03/04、33期)

これは、出した法案自体がインチキだということになれば、これは理事会で協議していただかなければならない。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1976/03/29、33期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま提案された昭和五十一年度一般会計暫定予算、同特別会計暫定予算及び同政府関係機関暫定予算三案に対し、反対の立場から討論を行います。暫定予算について申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1976/06/25、33期)

私は、捜査当局が大久保を逮捕されたことに対して賛意こそ表すれ、決して異議を申し上げるものではありません。非常に結構だと思っております。思っておりますが、この国会で証人に出られた方々はまだ大久保に準じて…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1976/07/06、33期)

最初に、法務省が、前、大久保逮捕に関するわれわれ予算委員会の理事会で要望をいたしましたこの通知書の文書の形式等も正常な形に改めていただきましたし、なおまた、われわれ国会における予算委員会のこの証言をも…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1976/07/16、33期)

ほんの一問だけ御質問をいたします。この予算委員会における二月十六日の小佐野賢治証言についてでありますが、そのときの証言はアメリカの上院多国籍企業委員会におけるコーチャン証言とは異なっておることが明ら…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1976/10/29、33期)

法眼さんそこに座っているから、あなたにひとつ質問しましょう。例の済州島の開発の問題で、第七閣僚会議か第六閣僚会議で日韓協力で済州島の開発をやるということを決定をして、それであなたのところと運輸省ある…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1976/09/30、33期)

三木総理大臣にお伺いいたしますが、九月二十七日の本会議場におけるわが党の石橋政嗣氏の質問に答え、総理は、野党が国民の納得するようないわゆる政権担当の用意を示しておったならば、日本の政党政治の事態はもう…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1976/11/02、33期)

証人小佐野賢治君偽証告発に関する件、右の件について次の動議を提出いたします。五党代表日本社会党小林進、同日本社会党楢崎弥之助、日本共産党・革新共同寺前巖、公明党山田太郎、民社党小平忠、新自由クラブ田…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 33期(1972/12/10〜)  4本提出

質問主意書一覧

主権の侵害に関する質問主意書
第72回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1973/12/20提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

主権の侵害に関する再質問主意書
第72回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1974/01/14提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

金中大事件及び文世光事件に関する質問主意書
第75回国会 衆議院 質問主意書 第29号(1975/07/04提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

金大中氏の自由、その他に関する質問主意書
第76回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1975/12/24提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22