竹本孫一衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  1回発言   3793文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  1回発言  10154文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  2回発言  13947文字発言

本会議発言一覧

第94回国会 衆議院 本会議 第22号(1981/04/24、36期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま議題となりました銀行法案等に対しまして、総理並びに関係大臣に質問をいたします。油のない日本には、昔から油断大敵という言葉があります。確かに、一バレルについて一ドル値上がりをいたしますと、日本の油代金支払いは年間十八億ドルふえるのであります。したがいまして、か………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第5号(1983/09/13、36期)

私は、民社党・国民連合を代表して、現下のわが国が直面する重要な問題について質問をいたします。私ども民社党は、今回のソ連の非武装かつ無抵抗の大韓航空機撃墜の暴挙に対しまして、限りなき憤りを感じております。その野蛮な行為によって犠牲となられました皆様、その御家族に対し、心から哀悼の意を表したいと思います………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第93回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   6213文字発言
 第94回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  0)  7回発言  44960文字発言
 第95回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第96回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  1回発言  11759文字発言
 第97回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第98回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  1回発言  13563文字発言

  36期通算  75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 36 委員 39) 10回発言  76495文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39)  2回発言  25322文字発言

 大蔵委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 36 委員  0)  8回発言  51173文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第92回国会)
 大蔵委員会理事(第93回国会)
 大蔵委員会理事(第94回国会)
 大蔵委員会理事(第95回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1980/10/14、36期)

渡辺大蔵大臣には、戦後、財政再建の最も厳しいときに大臣に御就任され、大変御苦労さまで、就任以来の御努力のことも新聞その他を通じて見ておりまして、大いにがんばっていただきたいと思う。口を悪くして言えば、…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1981/03/03、36期)

財政再建のために渡辺大蔵大臣大変御健闘で敬意を表します。それに関連してひとつ本論に入る前に、要望というか質問等あるわけですが、それは行政改革の問題です。行政改革を思い切ってやれ、またやれば増税しないで…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1981/03/20、36期)

私は、きょうは特に主権免税の問題についてお尋ねをしたいと思いますが、少し振り返ることになりますけれども、昨年外為法の改正が行われましたけれども、その主たる目的は何であったか、また改正の結果、その後にお…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1981/03/25、36期)

私は、二つの点について総理のお考えを伺いたいと思います。まず第一は、先般の議長裁定に係る所得税の特別減税の問題であります。この点につきましては、総理からしばしば誠意のある御答弁をいただいております。…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1981/04/10、36期)

きょうは珍しく割り当ての時間が非常に多くて、久しぶりに本格的に議論をしようと思っておったわけですが、たまたま大蔵大臣が外国へ行かれるという話が入りまして、腰を折られた形でございますけれども、二つ三つ簡…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1981/04/24、36期)

私は民社党・国民連合を代表いたしまして、ただいま議題となっております法案に対し、またその修正案に対し、反対の討論をいたします。そもそも今回の脱税罰則の強化に関しまして具体的な契機というのは、言うまでも…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1981/05/08、36期)

銀行法がいよいよ衆議院における最後の審議の過程に入ったと思うのでございますが、この法案がまとまって今日ここに至るまでにはずいぶん長い道のりがあったと思います。その間大蔵省は、銀行局も証券局もあるいはそ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1981/05/12、36期)

参考人の皆様、きょうは御苦労さまでございます。銀行法はずいぶん長い間もめましてようやく最後の段階に臨んできたわけでございますが、きょうは時間もありませんので、このできた銀行法に対していかなる点をどう…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1982/03/09、36期)

まず最初に、私は、この間この国会の大きな課題でございました減税問題をめぐりまして各党の幹部の皆様が非常な御努力をいただいて議長見解にこぎつけていただいた、このことに対しまして、議長並びに御苦労願った各…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1983/03/08、36期)

きょうは予算の総括締めくくりでございますので、私は各大臣に政治家としての信念に立っての御答弁を要請したい。私の方もメモなんかで細かい質問はいたしません。フリーハンドで政治家としての信念を伺いたい。ま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22