上田耕一郎 参議院議員
16期国会活動統計

上田耕一郎[参]在籍期 : 10期-11期-12期-13期-14期-15期-|16期|-17期
上田耕一郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは上田耕一郎参議院議員の16期(1992/07/26〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は16期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院16期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第124回国会
(臨時:1992/08/07-1992/08/11)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第125回国会
(臨時:1992/10/30-1992/12/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第126回国会
(通常:1993/01/22-1993/06/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(特別:1993/08/05-1993/08/28)
1回
5553文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1993/09/17-1994/01/29)
1回
5513文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第129回国会
(通常:1994/01/31-1994/06/29)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第130回国会
(臨時:1994/07/18-1994/07/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第131回国会
(臨時:1994/09/30-1994/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第132回国会
(通常:1995/01/20-1995/06/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



16期通算
(1992/07/26-1995/07/23)
2回
11066文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


上田耕一郎[参]本会議発言(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-15期-|16期|-17期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院16期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第124回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
4回
(0回
0回)
13978文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
12回
(0回
0回)
71219文字
(0文字
0文字)

第127回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第128回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

20回
(0回)
9回
(0回
0回)
41230文字
(0文字
0文字)

第130回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
1回
(0回
0回)
6457文字
(0文字
0文字)

15回
(0回)
11回
(0回
0回)
43191文字
(0文字
0文字)


16期通算
67回
(0回)
37回
(0回
0回)
176075文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第124回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

2回
(2回)
1回
(0回
0回)
1859文字
(0文字
0文字)

5回
(5回)
2回
(0回
0回)
3999文字
(0文字
0文字)

第127回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

2回
(2回)
2回
(0回
0回)
6514文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
3回
(0回
0回)
11174文字
(0文字
0文字)

第130回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
2回
(0回
0回)
7511文字
(0文字
0文字)

4回
(4回)
2回
(0回
0回)
10676文字
(0文字
0文字)


16期通算
24回
(24回)
12回
(0回
0回)
41733文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
40回
(0回)
25回
(0回
0回)
建設委員会

2位
26回
(0回)
11回
(0回
0回)
予算委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
24回
(24回)
12回
(0回
0回)
国際問題に関する調査会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

国際問題に関する調査会・理事(第124回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第125回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第126回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第127回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第128回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第129回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第130回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第131回国会)
国際問題に関する調査会・理事(第132回国会)

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

上田耕一郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-15期-|16期|-17期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院16期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)0本
第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)0本
第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)0本
第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)0本
第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)0本
第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)0本
第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)0本
第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)1本
第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)2本


16期通算(1992/07/26-1995/07/23)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

首都圏中央連絡道路(一般国道二〇号〜埼玉県境間)建設事業に関する質問

第131回国会 参議院 質問主意書 第12号(34670提出、16期、会派情報無し)
質問内容
首都圏中央連絡道路(一般国道二〇号〜埼玉県境間)建設事業は、平井橋の橋脚・橋台工事や高尾山の水平ボーリングが開始されるなど、あらたな段階にはいっている。高尾山に巨大なトンネルが建設されるならば、東京都民のオアシスである高尾国定公園の自然環境に重大な影響をおよぼすことが強く懸念される。しかも最近、建設省相武国道工事事務所は、住民の意見を無視して工事を強引に押し進めようとする異常な対応をくりかえしてい…
答弁内容
一の1及び2について
八王子市南浅川地内から青梅市今井四丁目地内までの間(秋川市大字下代継字東千代里地内から秋川市大字牛沼字西竜ケ崎地内までの間(以下「秋川市牛沼地区」という。)を含む。)における首都圏中央連絡自動車道の建設事業(以下「圏央道事業」という。)に係る測量は、道路上のさくの設置のための測量等高度の精度を必要としない測量等を除き、測量法(昭和二十四年法律第百八十八号)第五条に規定する公…

■ページ上部へ

第132回国会(1995/01/20〜1995/06/18)

小田急小田原線(世田谷代田駅〜喜多見駅間)連続立体交差事業及び複々線化事業に関する質問

第132回国会 参議院 質問主意書 第29号(34865提出、16期、会派情報無し)
質問内容
都市高速鉄道第九号線小田急小田原線(世田谷代田駅〜喜多見駅間)連続立体交差事業及び複々線化事業(以下「本事業」という。)は、東京都世田谷区内の住宅地に高さ十二メートル、四線幅二十メートルの高架鉄道を建造する計画であり、騒音公害、日照被害、地震災害などの問題で、沿線住民の不安と怒りが高まっている。周辺の住環境や町並みに重大な影響を及ぼす事業については、地元自治体や住民の意向を十分踏まえて実施すべきも…
答弁内容
一の1及び2について
御指摘の調査の結果について、国は、事後に報告を受けているが、調査報告書については現在も受領していない。
一の3について
補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和三十年法律第百七十九号)第十四条の規定に基づき、補助事業等実績報告書及び各省各庁の長の定める書類は、補助事業者等から、各省各庁の長に提出されることとされている。
一の4について
御指摘の調査に係る実…

首都圏中央連絡道路(神奈川県境〜一般国道二〇号間)建設事業及び八王子都市計画道路三・三・二号線建設事業の環境影響評価に関する質問

第132回国会 参議院 質問主意書 第31号(34865提出、16期、会派情報無し)
質問内容
建設省関東地方建設局と東京都は、一九九五年一月、首都圏中央連絡道路(神奈川県境〜一般国道二〇号間)建設事業環境影響評価書案及び八王子都市計画道路三・三・二号線(八王子市北野町〜南浅川町)建設事業環境影響評価書案を発表した。
首都圏中央連絡道路都内部分については、一九九〇年に埼玉県境から国道二〇号までの区間について都市計画決定が行われている。ところが、今回の計画は、この既決定の計画を一部大幅に変更…
答弁内容
一について
首都圏中央連絡道路の神奈川県境から一般国道二十号までの区間(以下「圏央道南区間」という。)の建設事業の環境影響評価書案に係る説明会については、東京都環境影響評価条例(昭和五十五年東京都条例第九十六号)第十七条第一項の規定に基づき、平成七年三月二十二日、八王子市陵南中学校において、適正に開催されたものと承知している。なお、本説明会においては、首都圏中央連絡道路に接続する八王子都市計画道…

上田耕一郎[参]質問主意書(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-15期-|16期|-17期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院16期 ※参考情報)

日本共産党 (第125回国会、初出日付:1992/12/07、会議録より)
日本共産党 (第126回国会、初出日付:1993/02/23、会議録より)
日本共産党 (第127回国会、初出日付:1993/08/27、会議録より)
日本共産党 (第128回国会、初出日付:1993/11/10、会議録より)
日本共産党 (第129回国会、初出日付:1994/02/09、会議録より)
日本共産党 (第131回国会、初出日付:1994/11/02、会議録より)
日本共産党 (第132回国会、初出日付:1995/02/02、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院16期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

上田耕一郎[参]在籍期 : 10期-11期-12期-13期-14期-15期-|16期|-17期
上田耕一郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 16期在籍の他の議員はこちら→16期参議院議員(五十音順) 16期参議院議員(選挙区順) 16期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。