桜井充 参議院議員
21期国会活動統計

桜井充[参]在籍期 : 18期-19期-20期-|21期|-22期-23期-24期-25期
桜井充[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは桜井充参議院議員の21期(2007/07/29〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は21期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院21期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第168回国会
(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2008/01/18-2008/06/21)
2回
1879文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2009/01/05-2009/07/21)
10回
6170文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第172回国会
(特別:2009/09/16-2009/09/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第173回国会
(臨時:2009/10/26-2009/12/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第174回国会
(通常:2010/01/18-2010/06/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



21期通算
(2007/07/29-2010/07/11)
12回
8049文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


桜井充[参]本会議発言(全期間)
18期-19期-20期-|21期|-22期-23期-24期-25期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院21期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第167回国会
2回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

18回
(3回)
7回
(0回
0回)
70744文字
(0文字
0文字)

34回
(16回)
7回
(0回
0回)
60537文字
(0文字
0文字)

10回
(0回)
2回
(0回
0回)
19370文字
(0文字
0文字)

26回
(24回)
26回
(24回
0回)
39800文字
(25396文字
0文字)

1回
(1回)
1回
(1回
0回)
556文字
(556文字
0文字)

7回
(0回)
2回
(0回
0回)
15451文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
1回
(0回
0回)
15012文字
(0文字
0文字)


21期通算
112回
(45回)
46回
(25回
0回)
221470文字
(25952文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(1回)
1回
(0回
0回)
10211文字
(0文字
0文字)

1回
(1回)
1回
(1回
0回)
504文字
(504文字
0文字)

第174回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


21期通算
5回
(2回)
2回
(1回
0回)
10715文字
(504文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
37回
(25回)
26回
(25回
0回)
経済産業委員会

2位
35回
(0回)
9回
(0回
0回)
厚生労働委員会

3位
34回
(20回)
7回
(0回
0回)
予算委員会

4位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
外交防衛委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
政府開発援助等に関する特別委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
懲罰委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
財政金融委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(1回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
平成二十年度一般会計予算外二件両院協議会参議院協議委員議長及び副議長互選会

2位
1回
(1回)
1回
(1回
0回)
経済産業委員会、環境委員会連合審査会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
平成十九年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会参議院協議委員議長及び副議長互選会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

経済産業委員会(第171回国会)
経済産業委員会(第172回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

予算委員会(第167回国会)
予算委員会(第168回国会)
予算委員会(第169回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

桜井充[参]委員会統計発言一覧(全期間)
18期-19期-20期-|21期|-22期-23期-24期-25期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院21期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)0本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)1本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)4本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本
第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)0本
第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)0本
第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16)0本


21期通算(2007/07/29-2010/07/11)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

後期高齢者医療制度に関する質問主意書

第169回国会 参議院 質問主意書 第120号(39576提出、21期、会派情報無し)
質問内容
七十五歳以上を後期高齢者として、新しい保険制度が始まった。政府の説明によれば、高齢者の病気等を勘案して、この制度を設けたということであった。
以下、この制度に関して質問する。
一 政府の言う「高齢者」の定義は何か。これは制度上の定義か。あるいは医学的根拠に基づくものか。もし医学的根拠があるとすれば、その根拠とした統計や論文等を示されたい。
二 七十五歳から「後期高齢者」としているが、何故七十…
答弁内容
一について
お尋ねの「高齢者」という用語について画一的な定義はないが、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)第一条においては、高齢者の医療について、前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整、後期高齢者に対する適切な医療の給付等を行うために必要な制度を設けることとしており、これらの制度において、六十五歳から七十四歳までの者を前期高齢者、七十五歳以上の者を後期高齢者としているとこ…

■ページ上部へ

第170回国会(2008/09/24〜2008/12/25)

研究開発予算に関する質問主意書

第170回国会 参議院 質問主意書 第100号(39773提出、21期、会派情報無し)
質問内容
本年、ノーベル物理学賞を南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏が、また、ノーベル化学賞を下村脩氏が受賞することが決まった。技術立国を目指す我が国にとって朗報ではあるが、一方、次世代を担う研究者を育てていかなければならない我が国において、大学等で現在研究している研究者の立場が恵まれているとは思えない。また、各省庁により、研究予算が執行されるまでの期日にばらつきがあるだけではなく、年度末近くにならないと予…
答弁内容
一について
「科学技術基本計画」(平成十八年三月二十八日閣議決定)において、「日本の未来を切り拓く途は、独自の優れた科学技術を築くことにかかっている。」としており、技術開発は重要であると認識している。
また、同計画にいう競争的資金(以下同じ。)の目標額については、設定しておらず、国により当該資金の定義が異なるため、お尋ねについて一概にお答えすることは困難である。
二について
競争的資金の配…

後期高齢者医療制度に関する質問主意書

第170回国会 参議院 質問主意書 第106号(39779提出、21期、会派情報無し)
質問内容
後期高齢者医療制度が実施されて、各方面から批判が上がっている。これは、高齢者を差別するような制度設計になっているためであり、当然のことと思われる。この制度の根本的な問題は、財政的な側面ではなく、医療の質に差をつけたところであると、私個人は認識している。この制度の改正に関して、舛添厚生労働大臣も言及しているが、今後どの様に制度を変更し、運用していくつもりなのか、その点を中心に以下質問する。
一 後…
答弁内容
一及び二について
後期高齢者医療制度については、従来の老人保健制度において、いわゆる現役世代と高齢者世代との費用負担の在り方が不明確であり、今後増加が見込まれる費用の負担について理解を得ることが困難となるおそれがあること、高齢者に対する医療の給付は市町村が行う一方、保険料の徴収は各保険者が行うこととなっており、運営責任が不明確であること、加入者の属する保険制度によって保険料額に格差があることなど…

介護保険に関する質問主意書

第170回国会 参議院 質問主意書 第107号(39779提出、21期、会派情報無し)
質問内容
介護保険制度が始まり、すでに八年半が経過した。その中で、介護保険制度そのものに問題があることも分かってきた。問題を抱えたままでこの制度を運営していくことには限界があることは、政府・与野党とも同様の認識であると理解している。介護保険制度に関して、政府はその問題点をどのように認識し、改正しようとしているのかについて以下質問する。
一 介護保険制度は、定額制となっている。出来高払いではなく、定額制を導…
答弁内容
一について
現行の介護報酬については、介護保険法(平成九年法律第百二十三号)第二条第三項の趣旨を踏まえ、個々人の心身の状況等に応じた標準的に必要な介護サービスの水準を適切に評価したものであること、介護サービスを提供する事業者が行う介護報酬の請求事務の負担軽減が図られるものであること、介護サービスを提供する事業者において効率的な事業運営を行うことが促進されるものであること等を基本的な考え方として、…

介護労働者に関する質問主意書

第170回国会 参議院 質問主意書 第108号(39779提出、21期、会派情報無し)
質問内容
介護労働者の労働条件の劣悪さは、様々な方が指摘している。しかし、指摘されても、厚生労働省は十分な対応をとってこなかったために、介護の現場は悲惨な状況になってきている。介護は、介護報酬を国が定めているのだから、介護労働者の報酬が増えるのも、減額されるのも、ほとんど国の政策によって決められると言っても過言ではない。このような状況の中で、政府は介護労働者の労働条件をどのように改善していこうとしているのか…
答弁内容
一について
平成十九年賃金構造基本統計調査(以下「平成十九年調査」という。)によると、一月当たりの「きまって支給する現金給与額」は、介護支援専門員(ケアマネージャー)が二十六万七千百円、ホームヘルパーが二十一万三千百円、福祉施設介護員が二十一万七百円となっている。
また、平成十九年調査によると、常用労働者である短時間労働者の職種別一時間当たり所定内給与額は、介護支援専門員(ケアマネージャー)が…

桜井充[参]質問主意書(全期間)
18期-19期-20期-|21期|-22期-23期-24期-25期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院21期 ※参考情報)

民主党・新緑風会・日本 (第168回国会、初出日付:2007/10/15、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第169回国会、初出日付:2008/02/04、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第170回国会、初出日付:2008/11/13、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第171回国会、初出日付:2009/03/12、会議録より)
民主党・新緑風会 (第171回国会、初出日付:2009/06/12、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第171回国会、初出日付:2009/06/16、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第172回国会、初出日付:2009/09/18、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第173回国会、初出日付:2009/11/09、会議録より)
民主党・新緑風会・国民新・日本 (第174回国会、初出日付:2010/03/04、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院21期 ※参考情報)

第171回国会
経済産業委員長議会

第172回国会
経済産業委員長議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

桜井充[参]在籍期 : 18期-19期-20期-|21期|-22期-23期-24期-25期
桜井充[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 21期在籍の他の議員はこちら→21期参議院議員(五十音順) 21期参議院議員(選挙区順) 21期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。