国会議員白書トップ参議院議員蓮舫>24期国会発言一覧

蓮舫 参議院議員
24期国会発言一覧

蓮舫[参]在籍期 : 20期-21期-22期-23期-|24期|-25期
蓮舫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは蓮舫参議院議員の24期(2016/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院24期)

蓮舫[参]本会議発言(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 参議院本会議 第2号(2016/09/28、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党・新緑風会の蓮舫です。  私は、民進党・新緑風会を代表して、安倍総理大臣の所信表明演説に対し、質問をさせていただきます。  質問に先立ち、台風を始め各地で記録的な豪雨が相次ぎました。亡くなられた方々、御遺族に衷心より哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた全ての方々に心からのお見舞いを申し上げます。  先週日曜、台風、大雨災害に見舞われた北海道に行ってきました。畑は山から流れ込んだ巨大な流木と岩がそこに並び、まるで河川敷のようになっていました。被害の厳しさ、そこから立ち直ろうとする人々に対し、政府には、甚大な被害に遭われた方々の生活再建、農作物への被害への対策等、地元自治体、地……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 参議院本会議 第2号(2017/01/24、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党・新緑風会の蓮舫です。  私は、会派を代表して、安倍総理の施政方針演説に対し、質問をします。  自由、共生、未来への責任を結党の理念とする民進党として、未来をつくる、未来を開くとされた総理の姿勢そのものには基本的に賛同します。  総理は、施政方針演説で、次なる七十年と言われました。七十年が区切りかどうかはともかくとして、時代が大きな曲がり角を迎えようとしている実感は私にもあります。  昨年、多くの人が豊かさにつながると考えてきたグローバリズム、自由貿易体制に対して、疑問の声が世界各地で上がりました。私たちが子供の頃に夢見ていた自動運転の車や人工知能が今や手の届くところに来るなど……

第193回国会 参議院本会議 第33号(2017/06/15、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  まず冒頭、参議院で自民党、公明党が究極の強行採決、中間報告に踏み切ったことに強く抗議をします。七十年もの参議院の歴史、各議長の下で進められてきた参議院の独自性を発揮するための改革の歩みを踏みにじる暴挙で、到底容認することはできません。  しかも、本会議は、日付が変わり今日は木曜日で委員会の定例日です。なぜ法務委員会の審議ではなく、それを省き、本会議で審議なのでしょうか。法務委員会は要らない、公明党の秋野委員長には期待できない、丁寧な審議よりただ採決だけあればいい。まるで下請機関のように、官邸に言われるがままに議会運営を進める与党のこの暴挙は、立法府に身を置く議員……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 参議院本会議 第9号(2018/12/07、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。  私は、立憲民主党・民友会、国民民主党・新緑風会、日本共産党、希望の会、沖縄の風各会派共同提出の内閣総理大臣安倍晋三君問責決議案について、提案の趣旨を説明します。  まず、決議の案文を朗読します。   本院は、内閣総理大臣安倍晋三君を問責する。  まず、冒頭、この短い臨時国会の安倍総理、安倍政権の姿勢を見て、総理への問責決議を出さない理由が全く見当たりません。  安倍総理、自身への問責が出される理由がお分かりでしょうか。分かるというなら、入管法、水道法、漁業法など国家の根幹に関わる重要法案を次々と短い審議で強行採決の方針を猛省し、一から出直すべきです。……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 参議院本会議 第28号(2019/06/21、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会・希望の会の蓮舫です。  私は、立憲民主党・民友会・希望の会、国民民主党・新緑風会、日本共産党、沖縄の風各会派共同提出の国務大臣麻生太郎君問責決議案について、提案の趣旨を説明します。  まず、決議の案文を朗読します。   本院は、財務大臣・金融担当大臣麻生太郎君を問責する。  第二次安倍内閣が発足してから、既に六年半余りとなりました。麻生氏は安倍内閣の要職である財務大臣と金融担当大臣を担ってこられましたが、その在職日数の長さとは裏腹に、安定感のある職務執行が行われたどころか、何人もの大臣が辞任しても不十分なほどに、財務省や金融庁をめぐる問題が次から次へと発覚しました……

蓮舫[参]本会議発言(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院24期)

蓮舫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第9号(2016/11/24、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  まず、おととい福島県で震度五弱を観測した地震は東日本大震災の余震だったと気象庁が発表しました。被災された方々に心からお見舞いを申し上げると同時に、今朝も地震がありました。気象庁は、今後一週間余震の可能性があると注意を喚起しています。政府におかれましても万全の対策を整えていただきたいと同時に、私たちも全力で協力をさせていただきたいと思います。  さて、総理、アメリカ、ペルー、アルゼンチンの出張、大変お疲れさまでございました。今日はTPPに関して総理の率直なお考え方を伺わせてください。  まず、十一月八日、アメリカの大統領選でドナルド・トランプ氏が当選をされました。……

第192回国会 予算委員会 第1号(2016/10/05、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 おはようございます。民進党の蓮舫です。  総理、今日はまず北方領土についてお伺いいたします。  総理は、先月、ロシア政府主催のフォーラムでの講演で、この異常な事態に終止符を打つと発言をされました。戦後七十年間、平和条約が締結されていない異常な事態を打開したいというその強い姿勢は評価をするし、政府として是非頑張っていただきたいと思いますが、一点確認をさせてください。  四島の帰属問題を解決することは平和条約締結の必須条件であるというこれまでの政府の方針は守られますか。
【次の発言】 岸田外務大臣が衆議院の予算委員会で珍しく言葉が明確ではありませんでした。前原誠司代議士の質問に対して、日……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 予算委員会 第1号(2017/01/30、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 おはようございます。民進党の蓮舫です。  総理、申し訳ございません、通告をしていないのですが、二十八日にアメリカのトランプ大統領と電話会談をされました。そのときの感触、そして二月十日にワシントンで首脳会談に臨まれるということです。その思いについてまず聞かせていただけますか。
【次の発言】 トランプ大統領が中東、アフリカ七か国の市民の入国を一時的に禁止するという大統領令に署名、国内外で反発が広がっているんですが、自由の制限とか、あるいは報復措置、分断を生むかのような対応というのは懸念を私は感じるんですが、総理はどうお考えになりますか。

第193回国会 予算委員会 第閉会後1号(2017/07/25、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  まず、冒頭、九州北部を襲った豪雨、甚大な災害をもたらしました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りすると同時に、被災された方のお見舞いを申し上げたいと思います。  また、東北秋田でも、そして新潟でも豪雨災害、本当に心からお見舞いを申し上げると同時に、政府におかれましては万全の対策を講じていただきたい、私どもも全力に協力をさせていただきたいということを申し上げさせてください。  さて、総理、昨日、衆議院予算委員会の五時間の審議がありました。これによって国民の加計学園に対する総理との疑惑、それが軽くなったと思いますか、深まったと思いますか。

第193回国会 予算委員会 第7号(2017/03/06、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  森友学園について、福山さんの質問を聞いて幾つか確認したいことがありました。  お昼にニュースが一斉に報道されていますけれども、大阪の松井知事が記者団に対して、森友学園四月開設予定の小学校の認可、物理的に難しいと述べられました。  財務省にお伺いします。物理的に難しいということは、森友学園への売却時における買戻し特約における指定期日までに指定用途に供さなければならないという義務に違反をいたしますが、その場合、この土地はどうなるんでしょうか。
【次の発言】 買戻しをするときには原状に回復して返還しなければならない。この原状というのはディスカウントしたごみの処理を入れ……

第193回国会 予算委員会 第18号(2017/05/09、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  まず、昨日の衆議院の予算委員会における総理の読売新聞を熟読しろ発言。立法府軽視であり、到底容認できません。読売新聞の単独インタビューを受けて、そして改憲の意向を表明したけれども、国会では総理だから説明しない、総裁としての考えは読売新聞を熟読しろ。国民の代表機関である国会で説明する責任を放棄をしていますが、撤回をいたしますか。
【次の発言】 総理・総裁は同一人格であり、考えは同じです。読売新聞では一方的に気持ちよく改憲の思いを話して、国会では話さない、なぜ使い分けるんですか。なぜたった一つの読売新聞だけで答えて、国会議員も国民も総裁の僕の考えを聞きたいんだったら読……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 決算委員会 第8号(2018/06/11、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。今日はよろしくお願いいたします。  まず、麻生大臣、森友学園に関する疑惑、この財務省の調査なんですけれども、中立性、客観性、公平性が担保された信頼に値する内容でしょうか。
【次の発言】 改ざんや廃棄や虚偽が疑われる答弁を行った財務省の問題を財務省が調査をして、どうして信頼できるんでしょうか。
【次の発言】 先ほど財務大臣は客観性という言い方をされておりましたが、この報告書には、調査の概要ですか、手段であるとか調査の基本的情報や中身を裏付ける基本的な資料さえも添付されていませんが、なぜですか。
【次の発言】 いや、全く答えていません。  じゃ、誰に、いつ、……

第196回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2018/02/16、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  今回、私も、江島委員が団長をお務めになられる第三班、ナイジェリア、コートジボワール、ベナン、フランスにODA調査で行かせていただきました。改めて感謝を申し上げます。  そして、各班の皆様方の非常にきめ細やかな御報告をいただけたことを心から感謝を申し上げます。  また、北岡理事長、お越しになられておりますけれども、JICAの現地で本当に頑張っておられる方たちの、ある意味筆舌に尽くし難い御努力に心から感謝を申し上げたいと思います。  西アフリカを視察をして思ったところ、改めて江島委員にその御所感をお伺いをさせていただきたいんですが、もちろん、私たち日本国としての……

第196回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号(2018/03/22、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  お手元に資料をお配りをさせていただきました。ロイター電、ザ・ガーディアン紙、エコノミスト、AP通信、表紙だけ、タイトルだけなんですけれども、安倍総理夫人絡みの学校スキャンダル再び、公文書改ざん問題に焦点を当てたもの、そのことによって支持率急落に関しても日々英語で世界に発信をされています。  河野外務大臣、このことは御存じですか。
【次の発言】 今初めて。是非もっと敏感になっていただきたいと思うんですね。  一番最初のページに付けているロイター電ですけれども、タイトルに「sontaku」、つまりもう和製英語が新たに生まれているんです。ソンタクとは暗黙に指示に従……

第196回国会 文教科学委員会 第3号(2018/03/23、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  各学校が自ら目標と内容を自由に定める、創造することのできる総合学習で、過去、前川さんより以前にお招きした講師について、微に入り細に入り文科省が質問した前例はありますか。
【次の発言】 大臣は会見で、一般論として、指導要領に違反、あるいは特定の児童生徒に不利益になるおそれがある場合に調査することもあると、これは正しいと思います。ただ、前例がなくて、前川さんには、講師に呼んだ理由から謝金から、出会い系バーの情報提供から、録音データの提供を求めた。これ、なぜでしょうか。
【次の発言】 一言で言うと、事務次官だった方が、監督責任もあり、違法行為を行った、だから、その……

第196回国会 文教科学委員会 第4号(2018/03/29、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  文科省の教育現場への不当な介入問題ですが、高橋局長の答弁は、心身の発達が途上段階にあり、必ずしも公正な判断を行う能力が十分に備わっていない中学生に対し適切な配慮が求められるから地教行法第五十三条の調査をした、その結果、助言は、四十八条に基づいて、本人の違法行為で停職相当と伝え、もう少し慎重な検討が必要ではなかったかと伝えた。要するに、本人の違法状態で停職相当を知らなかったことが問題なんですか。
【次の発言】 じゃ、知って呼んでいたら問題なかったんですね。
【次の発言】 では、これから前川氏が様々な中学校で講演を行うときには、必ずこれを前例に、市の教育委員会に……

第196回国会 文教科学委員会 第5号(2018/04/10、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  加計学園をめぐる新たな動きがありましたので、今日予定していた質問を全部差し替えて、大臣と直接やり取りをさせていただきたいと思います。  まず、今朝の朝日新聞、「面会記録に「首相案件」」という報道ですが、これ、大臣、御覧になりましたか。
【次の発言】 愛媛県の面会記録に首相案件と明記をされていた。二〇〇七年から二〇一四年まで実に十五回、愛媛県今治市は獣医学部の新設を申請するも全て却下していたのが、二〇一五年の四月、申請前に内閣府の幹部が県と市、自治体に首相案件として申請を持ちかけたのではという疑惑なんですが、このことについて、大臣、どのようにお考えになります。

第196回国会 文教科学委員会 第10号(2018/05/22、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。  アメリカンフットボールの危険なタックル問題について今日新しい動きがありましたので、大臣、通告はしていないんですけれども、スポーツを所管する大臣として、率直な思いをやり取りをさせていただければと思います。  長いこと、大学スポーツの運営というのは自主性が重んじられてきました。あるいは、併せて競技団体の指導が徹底されて安全が守られてきたものなんですが、今回の一件はまさにラフプレー、ボールを手放した選手に背後から強力なタックルをする、これは明確に禁止をされているものが堂々と行われた。そして、昨日、被害選手のお父さんが会見をして、傷害容疑で被害届を提出したと……

第196回国会 文教科学委員会 第12号(2018/05/29、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。  まず、今日は、教育をつかさどる林文科大臣に加計学園についてお伺いいたします。  資料を付けておりますけれども、五月二十六日、突然、加計学園から報道各社に対して一枚のファクスが送付されました。  愛媛県が国会の求めに応じて公開した文書から、二〇一五年二月二十五日、安倍総理と加計理事長が十五分面談をした、それが明らかになりましたが、安倍総理は会ったことは確認できなかったと記録もない上で否定をしています。記録がないんですけれども、記憶もない。そして、加計学園がそこに唐突にファクスを流した。そこには、獣医学部設置に関し何らかの打開策を探していた、当時の担当者……

第196回国会 予算委員会 第3号(2018/02/01、24期、立憲民主党)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  総理は施政方針で、少子高齢化を国難と言いました。どういう国難でしょうか。
【次の発言】 少子化を国難といつ認識しましたか。
【次の発言】 少子化担当大臣に伺います。  政府が少子化を白書で問題提起したのはいつですか。
【次の発言】 一九九二年です。十数年前ではありません。国民生活白書で少子社会の到来という副題が付けられて、社会経済への影響、深刻になるからやらなければいけない施策、両立支援、物すごく具体的に書いてある。あれから二十六年たちました。政治がこの問題に向き合ってこなかった。少子化担当大臣が二十六年前のこの白書も知らなかった。だから、私は、総理が少子化……

第196回国会 予算委員会 第17号(2018/05/10、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。  柳瀬さん、まず確認をしますが、あなたの記憶は自在になくしたり思い出したりするものなんですか。
【次の発言】 いや、違います。一貫してあなたは加計学園の関係者とお会いしたとは言っていません。言ったんですか、国会で。
【次の発言】 つまり、聞かれてないから言っていないというだけで、それは不誠実じゃないですか。
【次の発言】 加計学園との四月二日の面会、出席していた加計関係者の獣医学の専門家は吉川泰弘さんですか。
【次の発言】 その人は吉川さんですか。
【次の発言】 午前中の答弁と違うことになっているんですが、これ、記憶違いではないですね。  私の持ってい……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 文教科学委員会 第3号(2018/11/27、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に係る予算について大臣と質疑をさせていただこうと思っております。  まず、資料一枚目を御覧いただきたいのですが、東京オリパラ大会に係る予算、現段階で分かっている額を整理をいたしました。昨年末の組織委員会の発表額では一兆三千五百億円。ここに既に東京都は八千百億円を追加をしました。今年の秋、会計検査院から指摘をされた国の関連予算は既に六千五百億円はみ出ている。オリパラ総額予算は二兆八千百億円。ここに更にまた国の関連予算、あるいは国立競技場の整備、あるいは開催都市に決定をした地方自治体への国からの補助、こういうものが……

第197回国会 予算委員会 第1号(2018/11/05、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  総理、まず確認をさせてください。  子供をつくらない、持たない人は生産性がないんでしょうか。
【次の発言】 自民党の杉田議員が、月刊誌新潮45が廃刊となるきっかけとなった寄稿、LGBTのカップルは子供をつくらない、生産性がない、税金をそこに使うことがいいのかと、これ書かれました。どうお考えですか。
【次の発言】 安倍総理は、総裁選の間にこの件について問われると、まだ若いですから、これから注意しながら仕事をしていってもらいたい。これ、同じ認識ですか、今も。
【次の発言】 答えていません。若ければ許されるんですか。


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 決算委員会 第10号(2019/06/10、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  総理、日本は、一生懸命働いて給料をもらって、勤め上げて退職金をもらって、年金をいただいて、それでも六十五歳から三十年生きると二千万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか。
【次の発言】 不正確でも誤解もしていません。  こちら御覧ください。(資料提示)これは報告書です。  年金だけでは老後の資金を賄えない。金融庁の審議会ワーキング・グループから出されたもので、夫六十五歳、妻六十歳以上の無職世帯収入は九割以上を社会保障給付に頼っていますけれども、今、毎月五・五万円の赤字、そこを自分の金融資産で補填するには、二十年で千三百万、三十年で二千万必要。  麻生さ……

第198回国会 財政金融委員会 第13号(2019/06/18、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  麻生大臣、この日曜日の十六日に、都内で年金への不安を訴えた二千人規模のデモがありました。ニュースでも報道されましたが、御存じですか。
【次の発言】 世の中、年金に大変敏感になっている、だからこそ、国会でこうやって議論をすることがとても大事になっていると思うんですが。  麻生大臣は、この報告書が発表された翌日、四日、最初は、人生設計を考えるなら手伝ってやる、今のうちからいろいろ考えていかなければいかぬと肯定する発言。その三日後の六月七日、表現が不適切と言いながらも、撤回はしていません。その後の十日の決算委員会で、私の質問に対しても撤回はされていません。ところが……

第198回国会 予算委員会 第4号(2019/03/05、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○蓮舫君 立憲民主党の蓮舫です。  国会でこうして話をするのは極めて緊張する。私自身も、こうして予算委員会に立たせていただくことは物すごい緊張する。その部分では、民間の方がここでお話しになるというのは大変重いというのは、それはよく分かるんですが、根本大臣、この特別監察委員会の二回目の報告書、今委員長が責任を持って答弁をした内容を伺っていて、客観的に信頼できる報告書だと断言できますか。
【次の発言】 責任の所在、明らかになったんですか。
【次の発言】 では、整理されていない部分でお伺いします。うそはついたけど隠蔽ではないとはどういう意味ですか。


蓮舫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院24期)

蓮舫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期
第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 文教科学委員会、内閣委員会連合審査会 第閉会後1号(2017/07/10、24期、民進党・新緑風会)

○蓮舫君 民進党の蓮舫です。  まず冒頭、九州を襲い、甚大な被害をもたらした大雨の災害、亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。  民進党は、復旧に向けて、政府にでき得る限りの最大限の協力をさせていただきたいと思います。政府にとっても最大限の措置を講じていただきたいとお願いをします。  そこで、一つ、菅官房長官、政府としての御認識を確認したいんですが、行方不明者の捜索や孤立した集落から救助を求める方々の避難を必死に行う自衛隊の皆様方、その行動に心から敬意を表します。その自衛隊の状況に応じて適切な指示を出す稲田大臣、およそ七十分間防衛……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 内閣委員会、文教科学委員会連合審査会 第1号(2018/05/22、24期、立憲民主党・民友会)

○蓮舫君 立憲民主党・民友会の蓮舫です。  国家戦略特区担当の梶山大臣にお伺いします。  昨日提出された愛媛文書、今日の委員会までに読んでいただきたいとお願いをしましたが、読まれましたか。
【次の発言】 まず大前提として、国家戦略特区、その選定過程は公正中立が求められる、透明性が求められる、この認識は共有していただけますね。
【次の発言】 では、その認識の上でこの愛媛文書を読んで、率直にどう思われましたか。
【次の発言】 いや、この愛媛文書を読まれた大臣の率直な感想を伺っています。
【次の発言】 資料も付けさせていただきました、十七ページの部分。一番肝だと思っています。衝撃的な内容なんですよね……



蓮舫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
20期-21期-22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

蓮舫[参]在籍期 : 20期-21期-22期-23期-|24期|-25期
蓮舫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期参議院議員(五十音順) 24期参議院議員(選挙区順) 24期参議院統計