藤田幸久 参議院議員
24期国会発言一覧

藤田幸久[参]在籍期 : 21期-22期-23期-|24期|
藤田幸久[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは藤田幸久参議院議員の24期(2016/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院24期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
藤田幸久[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院24期)

藤田幸久[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|
第191回国会(2016/08/01〜2016/08/03)

第191回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第1号(2016/08/01、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2016/12/12、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 藤田幸久でございます。今日は、沖縄と北方領土について御質問させていただきます。  まず、沖縄関係でございますが、これまで度々委員会で質問してきたわけでございますが、資料一、御覧いただきまして、普天間飛行場の移設に係る総経費、平成二十七年度予算額が契約ベースで、真ん中の下でございますが、約六百三十二億円とされておりますが、その後、現在までに支出済みの額があるはずでございますのでそれをお示しいただきたいことと、契約ベースについてもこれまでに固まった金額、これを防衛副大臣の方から、数字の部分はゆっくりお答えをいただきたいと思います。

第192回国会 外交防衛委員会 第3号(2016/10/25、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  今日は、資料をお配りしていると思いますけれども、実は小坂憲次先生御逝去されまして、大変残念に思っております。いろんな意味で私はお世話になっておりまして、御存命であられれば恐らく関心を持っておられるだろうと思う今日はパリ協定とカンボジアについて質問させていただきたいと思っております。  この一枚目の写真、これはオタワ条約、対人地雷禁止条約に向けて、議連の会長でありました小坂先生と会長代行の中谷先生と事務局長でありました私が小渕外務大臣に要請に行ったときの写真でございます。  三枚目の資料を御覧をいただきたいと思います。ある意味じゃパリ協定との比較に……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第7号(2016/11/21、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 参議院議員の藤田幸久でございます。  今日は、出席の国会議員の中で私がただ一人茨城でございますが、公述人の皆様、茨城の関係者の皆様、お越しいただきまして本当にありがとうございます。  まず、原中公述人にお聞きしたいと思いますけれども、御専門の関係で、国民皆保険、形は残るんだろうと思いますけれども、いわゆる知的財産権保護それから薬剤価格の値上げと、あるいは特許の長期期間保護というような形で、結果的に、韓国で起こったように、例えば日本では薬価を決定するのは中医協、中央医療協議会ですけれども、それに代わって例えば製薬メーカーとか医療機器メーカーが発言力を持つような形で韓国行っていますけ……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2017/06/02、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  私も、石田先生と同じように、ビザなし交流行ってまいりました。  まず、北方領土の関係でございますが、さきの日ロ首脳会談でいわゆる飛行機を使った北方領土への墓参が決定されたということですけれども、一方で、最近墓参に行かれた方の中にも実は墓地までたどり着けなかったという方がいらっしゃったり、いろんな障害があるというふうに聞いております。五十二か所墓地があるようですが、日本人関係、実際車で行けるのは十四か所であり、ほかは実は船で海側から行かなければいけない、しかし、行ってみると、丘陵地ということもあってたどり着けない、あるいは数キロ手前までしか行けなか……

第193回国会 外交防衛委員会 第6号(2017/03/21、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  この連休中、いろいろな外交関係もございました。私、個人的には、大変初当選以来お世話になっておりました岡崎トミ子元大臣が逝去されました。大変残念でございますが、それで、岡崎トミ子元大臣でございますが、稲田防衛大臣に随分いろいろ批判を受けていたという光景を思い出すわけでございますが、今日は、ふだんは仏の藤田と言われておりますけれども、鬼の心で今問題になっている件について質問をさせていただきたいというふうに思っております。  今日は、自衛隊の制服出身の議員の方が委員長を始め二人いらっしゃいます。と同時に、多くの国民の皆さんが、とりわけ、私も最近、毎年で……

第193回国会 外交防衛委員会 第11号(2017/04/06、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  四月は桜の季節でございますが、桜の季節になった途端に、昨日でございますけれども、北朝鮮の弾道ミサイルが発射をされました。元々、質問通告では、この日中次官級協議で中国側に対して日本側の方からいろいろ働きかけをしてきたんでしょうという質問をする予定でございましたが、その前に、今朝、安倍総理がトランプ大統領と電話会談をされたと。で、全ての選択肢をテーブルの上に置いてというふうにトランプ大統領がおっしゃったと。で、安倍総理の方からは、突っ込んだ意見交換をされたということでございますけれども、この弾道ミサイル発射に関してどういう突っ込んだ意見交換をされたの……

第193回国会 外交防衛委員会 第12号(2017/04/13、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  時間が短いものですから、委員長、答弁が長くなり過ぎる、あるいは的確な質問に答えない場合には是非止めていただいて対応をお願いしたいと、それをお願いしたいと思っております。  ところで、法案の前に、まずちょっとシリアに対する攻撃について質問させていただきたいと思います。  総理、私、資料をお配りしておりますけれども、資料の三ページを御覧いただきたいと思っております、三ページですね。これは今年の二月の衆議院の予算委員会におきまして、安倍総理がオバマ大統領とこのシリア攻撃に関して首脳会談をされたことについての引用でございます。  サンクトペテルブルグでオ……

第193回国会 外交防衛委員会 第15号(2017/04/25、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  昨日でしょうか、トランプ大統領と安倍総理が電話で協議をされました。その中で、全ての選択肢がテーブルにあることを言動と行動で示すという大統領の姿勢を安倍総理が高く評価したとございます。ということは、その全ての選択肢、今日、御承知のとおり、非常に北朝鮮にとっては大きな日でございますが、これを言葉と行動で示す、その大統領の姿勢を高くと。  今、佐藤委員からの質問に対して具体的なことはとおっしゃっておりますけれども、全ての選択肢の中に行動、それを高く評価したということはどういう意味でございますでしょうか。

第193回国会 外交防衛委員会 第17号(2017/05/11、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  まず、今日は、憲法改正問題についてお伺いしたいと思っています。  資料をお配りしておりますけれども、岸田外務大臣の方がこの九条に関して幾つかコメントを出しておられます。  まず、平成二十七年の十月、二〇一五年ですが、岸田派の研修会で、当面憲法第九条自体は改正することを考えない、これが私たちの立場ではないかとおっしゃっております。これに関連しまして、翌年二〇一六年の七月の記者会見において、憲法九条の改正は当面必要ないとしたこの岸田派の研修会の発言について、考え方は変わっておりませんというふうにおっしゃっておられます。この考え方は変わっておられません……

第193回国会 外交防衛委員会 第21号(2017/05/25、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  まず、資料をお配りしておりますけれども、一枚目に、先日私が岸田外務大臣に質問した関係の記事が出ております。これは、九条改憲は当面不要だとされた岸田大臣の一年半前の発言について、考え方は変わっていないと明言をされたということでございます。そして、宏池会の会長としての見解だということでこういう発言をしていただきました。その同じ日の宏池会の会合でも、同じ考え、九条改正は考えないと繰り返された後で、首相発言と私の考え方はどこまで違うのか、あるいは同じか、一度よく確認してみたいとおっしゃったということでございます。この東京新聞の記事は、……

第193回国会 外交防衛委員会 第24号(2017/06/06、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  本日、まず抗議を申し上げたいと思いますが、自衛隊の河野幕僚長の出席を求めましたが、残念ながら実現をいたしませんでした。  前回に続くことでございますけれども、是非出席を委員長の方でお取り計らいをいただきたいと思います。  実は……(発言する者あり)
【次の発言】 実はこれ、平成二十七年六月二日の当委員会で私は、平成九年に橋本総理大臣の指示で久間防衛庁長官が制服組の国会答弁を認めるというふうに訓令を廃止したが、その直後に事務次官がそれを否定する事務次官通達を出したことを指摘したのに対し、中谷防衛大臣は、かかる文書のために自衛官の……

第193回国会 外交防衛委員会 第27号(2017/06/15、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  まず冒頭、昨夜から今朝にかけて中間報告という、ある意味では禁じ手のことが起こりました。この外交防衛委員会は、聡明な宇都委員長の下で、これは委員会主義ということ、それから安全保障ということは、単に平和、領土というだけではなくて、人権、民主主義、ルールを守るという意味で、是非、委員会中心主義ということを委員長の下で是非遵守をしていただきたいということをお願いをしておきまして、是非理事会でも確認をいただきたいと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  まず、資料の一ページ目を御覧いただきたいと思います。  前回質問させてい……

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2017/03/21、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。今村大臣、よろしくお願いいたします。  まず、大臣のお部屋に復興地域の地図が貼ってあるんじゃないかと思うんですけれども、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、地図は今四つ貼ってありますでしょうか。
【次の発言】 四つの、四つの県の……
【次の発言】 いや、実は六年前、最初、私ども国交大臣とか復興大臣のところに行きましたらば、岩手県、宮城県、福島県の地図が貼ってありまして、茨城県の地図が貼ってなかったんです。それで実はお願いをいたしまして、それからずっと茨城県の地図も貼っていただいているという経緯がございまして。と申しますのは、最近も、私もこの間、三・一一の……

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第5号(2017/04/21、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  まず、前回三月二十一日の委員会でも質問させていただきましたが、二年前の東日本豪雨の際の茨城県常総市の水害におけるきぬ医師会病院の対応について質問させていただきました。  いわゆる公的病院と民間病院の中間にあるような存在だろうと思いますので、このいわゆる医師会病院における有事あるいは平時における支援の体制について検討をお願いしたわけですが、その後の進捗状況について厚労省からお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 その義務とかいろんな制約についてのお話ございましたが、他方、この医師会病院って調べましたら、全国にありますけれども、例えば栃木県で……


■ページ上部へ

第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 外交防衛委員会 第2号(2017/12/05、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  河野大臣、小野寺大臣の就任以来の活躍に敬意を表します。  まず冒頭で、昨日の参議院本会議で北朝鮮に抗議する決議が採択されました。しかし、九月十五日に我が国上空を通過する形での弾道ミサイル発射が行われた際、国会閉会中であったため、本委員会における決議を我々野党側が提案をいたしましたが、与党側の反対で実現しなかったことは極めて遺憾でございます。  国会閉会中は本会議が開かれず、外交防衛に関する重要案件に対して国民の負託を受けた国会としての意思表示ができるのは本委員会でしかございません。  あってはならないことを想定することははばかるわけでございますが……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2018/06/01、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  通告しております質問に先立ちまして、外務大臣にお聞きしたいと思いますが、河野大臣は独立国の外務大臣でしょうか、お答えいただきたいと思います。
【次の発言】 そこで、順番を変えて、資料をお配りしておりますのでこれに沿って、先に、沖縄県が二月に行いました他国地位協定調査について質問いたします。  ここに現物ございますけれども、二月に沖縄県の方々がドイツとイタリアに調査に行かれたという報告書がございます。その概要を何枚かお配りしております。一ページ目の資料ですが、一九六〇年の締結以来、一度も改正されていないと。次に、沖縄県で相次ぐ事故や事件と書いて……

第196回国会 外交防衛委員会 第2号(2018/03/06、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 委員派遣について御報告を申し上げます。  本委員会の三宅伸吾委員長、塚田一郎理事、猪口邦子理事、中西哲理事、杉久武理事、井上哲士委員、福山哲郎委員、伊波洋一委員及び私、藤田幸久の九名は、去る二月十九日及び二十日の二日間、我が国の外交、防衛等に関する実情調査のため、沖縄県に派遣されました。  以下に概要を御報告いたします。  第一日目は、まず、キャンプ・シュワブ辺野古崎地区を対岸から一望することができるカヌチャリゾートより、普天間飛行場代替施設建設事業の現状を展望し、防衛省沖縄防衛局から移設計画の概要、飛行場施設の配置計画、埋立工事の概要、護岸工事の進捗状況等について説明を聴取いた……

第196回国会 外交防衛委員会 第4号(2018/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  短い時間でございますので、両大臣、手短に質問に対する回答をお願いしたいと思います。  まず、予算に先立つ前に、財務省の公文書改ざん問題に関連して、外務省の公文書の取扱いについて質問いたします。  資料の二枚目を御覧いただきたいと思います。  これは、鳩山総理が普天間の県外移設を断念した根拠として、政府の説明文書に、アメリカ軍のヘリコプター部隊と訓練場との距離の基準が六十五海里以内であるということを明示した政府の説明文書でございます。これは、私も本委員会において公文書の管理について質問した経緯がございますが、内閣府から、文書が不存在であるということ……

第196回国会 外交防衛委員会 第6号(2018/03/29、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。今日は河野大臣と一対一で、よろしくお願いいたします。  在外公館名称位置給与法の改正案でございますが、NATOの日本政府代表部設置が提案されておりますが、その必要性と、あわせて、なぜNATO加盟国でない日本が政府代表部を設置し、大使を任命するのかについてお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 私も、十年ほど前ですか、野党の議員としてNATOを訪問しましたら、国会議員がNATOに来たというのは珍しいということで、大変その意味ではいいディスカッションをしていただきましたが、今おっしゃった中で、法の支配、リベラルな価値、それから……

第196回国会 外交防衛委員会 第9号(2018/04/10、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  まず、今日、辰己審議官、お越しいただきましてありがとうございます。  まず、昨年の三月でございますけれども、南スーダンのPKOのこのいわゆる破棄されたとする電子データが保管されていたという報告があった後、この報告を受けた辰己審議官、当時は総括官でしょうか、この保管を非公表とするよう指示していたというふうに当時言われておりますが、その事実関係についてお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 それはここに書いてあるわけですけれども、その非公表とするよう指示をしていたということはなかったんでしょうか。

第196回国会 外交防衛委員会 第10号(2018/04/12、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 私は、ただいま可決されました防衛省設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会及び立憲民主党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     防衛省設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずるべきである。  一、サイバー攻撃の手法が高度化・複雑化している現状を踏まえ、防衛省・自衛隊においては、十分なサイバー・セキュリティを常時確保できるよう、更なる人員面の対応も含め、サイバー攻撃対処等に係る体制のより……

第196回国会 外交防衛委員会 第12号(2018/04/19、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  まず、条約に関しまして、マラケシュ条約、この資料を見てびっくりしたんですが、盲人という言葉が使われております。  厚労省にお伺いしたいと思いますが、今、いわゆる医療の世界等において盲人という表現は使っていないはずでございますが、あえて盲人という言葉を使っている理由についてお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 ものというふうに承知しているものと思われますとは、何か傍観者のような話でございますので、やっぱりその理由についてはしっかり後で文書で出していただきたいと思います。  時間の関係で次の問題に移ります。いわゆる小西議……

第196回国会 外交防衛委員会 第14号(2018/05/15、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党という政党の藤田でございます。よろしくお願いいたします。  まず、条約についてお伺いしますが、我が国の投資協定では対外直接投資残高の約六九%がカバーされていると。これ、租税条約のカバー率九九%に比べ低いカバー率となっておりますが、どのようにカバー率を引き上げようとされるのかについてお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 次の質問に移りたいと思います。  オバマ政権の時代に、核態勢の見直し、NPR策定に伴ってアメリカ議会に設置された米国の戦略態勢に関する議会委員会というものがございましたが、その委員会にアメリカの日本大使館の秋葉公使ほかが出席をしてアメリカの拡大抑……

第196回国会 外交防衛委員会 第15号(2018/05/17、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。国民民主党の藤田幸久でございます。  条約に入ります前に、ちょっと順番変えさせていただきまして、小野寺防衛大臣に。  河野統幕長の任期が延長されるというニュースが出ておりますけれども、この統幕長、かなり長い間やっていらっしゃいますが、様々な日報問題の責任は統幕にあったと思います。それから、小西議員に対する暴言を行ったと言われる幹部自衛官も、これは統幕の所属でございます。その統幕長が更に延長をするということは非常に合点がいかない話でございますが、なぜ延長するのか、理由をお聞かせいただきたいと思います。
【次の発言】 では、その日報問題及び小西議員に関する暴言問題……

第196回国会 外交防衛委員会 第16号(2018/05/24、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  十五分しかございませんので、余分な答弁、是非、大臣ほか、厳禁でお願いしたいと思います。  イラクの日報報告について質問したいと思いますが、実はこの報告以外に、今週、ほかに二つ報告が出ております。一つは、昨日の財務省の報告であります。もう一つは、愛媛県の実は資料が、報告が出ております。  これ、共通するのは、内閣全体に対するいろんな国民の不安が高まっているという状況だろうと思っています。加計学園に関しては、この愛媛県の資料に対して総理ほかの答弁というのは決して十分でない。それから、昨日の財務省のあの膨大な文書、明らかなことは、これは安倍夫人の関……

第196回国会 外交防衛委員会 第17号(2018/05/29、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。国民民主党の藤田幸久でございます。武見先生の格調ある質問に続きまして、誤りなき道の外交のために質問させていただきたいと思います。  まず、米朝首脳会談に関してでございますけれども、この一か月間の間に、若干質問通告と違った表現の質問もあるかと思います。この一か月間見ておりますと、五月の中旬に、トランプ大統領が六月十二日にシンガポールで米朝会談を行うと、それに対して安倍総理は大歓迎と。五月の二十四日だろうと思いますが、今度は、トランプ大統領がキャンセルだという書簡を出しました。それに対して安倍総理は、残念だが、トランプ大統領の判断を尊重し、支持する。その翌日でしょ……

第196回国会 外交防衛委員会 第18号(2018/06/05、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  通告をしております質問の前に、昨日、米軍のオスプレイ二機が奄美大島に緊急着陸をいたしました。昨年六月と本年四月に続く三度目のこの奄美大島におけるオスプレイの緊急着陸でございます。  これ、大事に至る前に、小野寺大臣、これまでの米軍に対するその対応ではない、全く違った対応をしてもらわないと、これは大変なことが起こり得るんではないかと思いますけれども、対策について、これまでとは違った対策を求めるべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。
【次の発言】 米軍の広報官ではございませんので、今のお話聞いていますと、先般申し入れたにもかかわらず三度目……

第196回国会 外交防衛委員会 第19号(2018/06/12、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  今日のこの委員会に合わせるように、ただいまトランプ大統領と金正恩委員長が今握手を交わした場面ではないかと、しておりますので、合わせてリアルタイムで、条約の前にこの米朝会談について質問させていただきたいと思っております。  トランプ大統領が今日はエキサイティングな一日にしたいとおっしゃっておられますが、今日もエキサイティングなちょっと骨太の議論を両大臣とさせていただきたいというふうに思っております。  いろいろ、非核化の問題とか制裁の問題とか握手の仕方とか、細かい話が出ておりますけれども、私は、一番重要なことは、今日は朝鮮戦争終結の可能性が高ま……

第196回国会 外交防衛委員会 第20号(2018/06/19、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  まず、大阪北部地震におきます被害者及び被災者の方々にお悔やみとお見舞いをまず申し上げます。  さて、先ほどニュースが入りまして、北朝鮮の金正恩委員長が訪中をされたということでございますけれども、日本政府としてこの情報をいつから把握をしておられたか。また、今回のこの訪中の意味について答弁をいただきたいと思います。
【次の発言】 恐らくこの間の米朝会談の報告だろうと思いますが、河野大臣、一時はトランプ大統領がシンガポールから日本にいらっしゃって安倍総理に報告という話もありましたが、残念ながら、国務長官、しかも河野大臣が韓国に行かれるということがご……

第196回国会 外交防衛委員会 第21号(2018/06/28、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。国民民主党の藤田幸久でございます。  時間の関係で、質問通告をした後ろの方から質問させていただきます。  まず、防衛大臣、二十六日に富山で元自衛官が起こした殺人事件、これをどういうふうに受け止められるか、お答えいただきたいと思います。
【次の発言】 ドライブレコーダーでたまたまこの人が狙撃をしている映像が出てきました。あれ見ていると、プロが道路の反対側から撃っているというのは非常に明らかです。ということは、実力組織であった自衛隊の人がそういう技術を擁している、そういう人がそういう何か意思を持った場合には、これはプロとして、つまり狙撃をしている部分が実は映像出て……

第196回国会 決算委員会 第1号(2018/04/09、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  十五分、お昼を挟んでなりますので、総理、質問だけお答えいただきたいと思います。  まず、この安倍政権における公文書管理をめぐる不祥事、ここに並べました。(資料提示)もっとたくさんあります。  まず、最初の質問ですけれども、安倍総理、自衛隊の統幕長というのは安倍総理の部下でしょうか。
【次の発言】 前川前事務次官、去年は現職でありましたが、これは内閣人事局で任命されたわけですが、ということは、前川前事務次官も当時は安倍総理の部下であったということでよろしいでしょうか。
【次の発言】 内閣が任命した前川前事務次官であります。  ところで、最近、部下の……

第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2018/04/04、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。茨城県選出でございまして、大臣とはいつも常磐線でお世話になっております。  まず、復興特区における単独型の訪問リハビリ事業でございますけれども、これはお医者さんや看護師の確保が困難な被災地においては、療法士のみで訪問リハビリが行えると、非常に意義は大きいと思われております。復興庁として、この事業が被災地において果たしてきた役割、効果についてどのように認識しているか、お答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 二〇二〇年に、復興庁解体によりまして、訪問リハビリステーションを訪問看護ステーションに移行される方針だと伺っております。しかしながら、通常の……

第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第6号(2018/07/11、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  私は、福島の隣の日立の出身でございまして、親戚が福島におりますので、今日、四名の皆さんのお話、本当に心に痛んで聞かせていただきました。議員になる前は元々人道援助の仕事をしておりましたので、そういう観点からも質問させていただきたいと思います。  まず、森松参考人にお伺いしたいと思いますが、昨年の十一月のUPR勧告というのが四つ、資料としていただいております、ドイツ、オーストリア、メキシコ、ポルトガル。二つお聞きしたいと思いますが、メキシコに関しては、このメキシコ政府の勧告の意図を日本政府はフォローアップをすると言いながら恣意的に解釈していると、……

第196回国会 予算委員会 第12号(2018/03/20、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 おはようございます。民進党の藤田幸久でございます。  まず、今日は、いわゆる文書改ざん問題についてお聞きしたいと思います。  せっかく官房長官お越しいただきましたんで、官房長官からお願いしたいと思いますが、まず、資料二を御覧いただきたいと思います。  今回の問題の経緯ということでございますけれども、言わば参議院といわゆる行政との関係の出発点は、昨年の三月三日、御覧いただきたいと思いますが、普通財産売払決議書、情報公開請求を参議院から内閣にいたしました。  この根拠法となるものが、恐縮ですが、官房長官、一ページ目を御覧いただきまして、日本国憲法第六十二条と国会法百四条でございます。……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 農林水産委員会 第3号(2018/11/27、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  私も衆議院と参議院、それなりに長くおるんですが、初めて農林水産委員会に参加をさせていただきました。もっと早く入っておくべきだとつくづく感じる次第でございます。それは、この委員会においては牛乳が出てくるということでございます。私は、実は晩年加藤シヅエ先生という方、大変親しく御指導をいただきましたが、百歳まで生きる秘訣三つおっしゃっておりまして、その一つが一日に牛乳三本を飲む。それは足腰、骨のためにいいということでございました。これは三杯目の牛乳でございます。  そこで、牛乳についてまず質問をさせていただきたいと思いますが、吉川大臣、初顔合わせで……

第197回国会 農林水産委員会 第6号(2018/12/06、24期、国民民主党・新緑風会)

○藤田幸久君 国民民主党の藤田幸久でございます。  漁業法を見ておりまして、二つ大きな流れを感じます。一つは、安倍政権の特徴でございますけれども、農協改革あるいは卸売市場改革、要するに、既存の組織を弱体化させ、特定企業の新規参入を促進する、あるいは一部企業の活動を行いやすくする、そんな法改正を続けてきたというふうに思っております。  今回の改正案は、漁業権の優先順位を廃止するということによって企業が漁協に代わって漁業権を得られる、いわゆる漁獲割当て、IQを企業に集約させると。これは、漁協の弱体化を狙う、こういう流れの一環と考えてよろしいんでしょうか。


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/03/19、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 立憲民主党の藤田幸久でございます。  まず冒頭で、質問通告していないんですが、今朝のニュースで絶滅危惧のジュゴンが一頭死んだ状態で見付かったとございます。これは絶滅危惧種でございまして、私も辺野古の新基地建設現場、海も何回か行っておりますけれども、藻場が荒らされたことによってこのジュゴンの死につながったという可能性はないか、あるいはそういった可能性はまるでないという見解をお持ちなのか。  これは沖縄防衛局もジュゴンの調査をしたことがあるというふうに聞いておりますので、藻場が荒らされたというのは、私も何回かそういう状況を見ておりますので、そのことについて、質問通告しておりませんけれ……

第198回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2019/05/15、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 立憲民主党・民友会・希望の会の藤田幸久でございます。  まず、質問通告していないんですけれども、沖縄北方担当大臣ということで、宮腰大臣、先頃の丸山衆議院議員の発言についてどう認識されておられるか、お答えをいただければ幸いでございます。
【次の発言】 私も、筆頭理事をしておりましたとき国後、択捉へ行ってまいりまして、大変いい経験をさせていただきましたがゆえに残念でございます。  ところで、宮腰大臣の省庁は、出張が大臣が多いということで、政務三役の在京勤務というのがかなり重要であると思っておりますけれども、これ、通告しておりませんので分かる範囲で結構ですけれども、これ、二〇〇三年の閣……

第198回国会 財政金融委員会 第11号(2019/05/23、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 立憲民主党の藤田幸久でございます。  久しぶりで財政金融委員会で質問させていただく、理事、皆さんの御配慮に感謝申し上げます。  私は、農林水産委員会で農林中金の問題を取り上げてまいりました。と申しますのは、最近、アメリカの経済新聞なんかで、この農林中金に関する記事が多数出ております。例えば、二月十九日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、日本の農家の預金がアメリカ企業の財務の健全性と連動していると書いてございます。同じ二十六日付けのこの新聞では、CLO、ローン担保証券の格付と一つの銀行への依存が双子の脅威であるとも書いております。  一方で、資料の一枚目を御覧いただきたいと思い……

第198回国会 農林水産委員会 第2号(2019/03/12、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 おはようございます。立憲民主党・民友会・希望の会の藤田幸久でございます。  政党会派は変わりましたが、今日も牛乳から質問させていただきたいと思います。  昨年末にTPP11が発効し、この二月には日EU・EPAが発効いたしました。そこで、資料の一枚目、新聞記事御覧いただきたいと思いますけれども、今年一月の牛乳の輸入が、前年……(発言する者あり)牛肉の輸入が増えています。その後も輸入は増え続けていると。  それで、結局、政府は、影響試算において、国内対策が講じられているので国内生産量への影響はないと説明してきたわけですが、牛肉輸入が急増したことに対してどのような責任を負うのかについて……

第198回国会 農林水産委員会 第7号(2019/04/18、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 私は進藤先生と違ってため池の素人でございますが、まず法案から質問させていただきたいと思います。  本法案で、市町村は、所有者不明の特定農業用のため池について施設管理権を取得することができると、特定農業用ため池に関し必要な防災工事等の実施が期待されているとありますけれども、つまり、市町村は実施主体として農業用ため池に関わる情報を正確にあるいは迅速に把握することが求められているということですが、では、その情報把握を促進する対策をどういうふうに考えているのか、農水大臣にお伺いしたいと思います。
【次の発言】 茨城県では、平成二十七年九月の関東・東北豪雨により鬼怒川の堤防が決壊したわけで……

第198回国会 農林水産委員会 第9号(2019/05/14、24期、立憲民主党・民友会・希望の会)

○藤田幸久君 おはようございます。  今、平野委員が質問されたこと、本当に同感でございまして、私もいろいろ準備したことが幾つかございますが、少しはしょってその部分は行きたいと思っております。  まず、農地中間管理機構というのは受け手の見込まれない農地を引き受けないというふうにされておりますが、その理由及び実態からまずお答えをいただきたいと思います。
【次の発言】 次、移ります。  今年三月に、全国農業会議所が政府に意見書を提出をいたしました。相続により農地の存在する市町村以外に居住する人が農地の権利を取得する場合に、農地の相続を放棄したい、あるいは農地を市町村に寄附したいといった申出や相談が増……


藤田幸久[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院24期)

藤田幸久[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 国際経済・外交に関する調査会 第1号(2016/09/29、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 会長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第1号(2017/02/08、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  参考人の皆さん、ありがとうございます。  時間の関係で、主に榊原先生と丹羽大使に質問をさせていただきたいと思っております。時間の関係がありますので、幾つか質問させていただきますので手短に御回答いただければ有り難いと思っております。  まず、榊原先生ですが、チャンドラ・ボースの話が出ました。私の理解では、戦争中に渋沢敬三さんのお宅に滞在しておられて、それが今、財務省の三田公館になっていると、そういう縁もあるかと思っておりますが、いい話を伺いました。  それで、今日はインドと中国の話伺いましたが、一昨年、中国に行ったときに、習近平さんから、アジアイン……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第2号(2017/02/15、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 三人の先生方、ありがとうございました。  まず、藤崎大使にお伺いしたいと思います。今日お話しになったこととまるで違う話です。  欧米は、国の予算で、アメリカでしたらナショナル・エンダウメント・フォー・デモクラシーというのがあって、これは議会が決めて、その予算で民主党、共和党ともシンクタンクがいろんな和平工作行ったり選挙支援活動とかします。ドイツ、フランスは政党別に財団があります、エーベルト財団とかシューマン財団とか。これやっぱり国の予算です。イギリスもウエストミンスター財団というのがありまして、やっぱりそれぞれ、保守党、労働党がいたします。  したがって、外交の今プレーヤーが国家……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2017/02/22、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 今日は、三人の方々、ありがとうございました。  大西さんは何か今日、余り本当のことを、一番言いたいことをおっしゃらなかったのかなという気がしているんで、ちょっと済みません、取りあえずほかの二人に質問させていただきたいと思います。  長さんがおっしゃった、やっぱり多様な外交上、NPO、NGOの関わりというのは国益を担保するために重要だと、その観点から、主に長さんと大橋先生にお聞きしたいと思います。それは、一つは予算と、それから外務省の体制の問題、それから議会、政党の関わりという観点からです。  まず予算からいいまして、例えば草の根援助がそうなんですが、基本的にハードの援助の体系にな……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第4号(2017/04/12、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 今日は三名の方々には、ありがとうございます。  川口先生が「異国の丘」の話をしていただきました。吉田正さんという作曲家は私が生まれた日立市の出身でございまして、吉田正さんは、シベリア等々で御自身の目の前で仲間が亡くなっていくたびに作曲をされて、貢献をしてきたという、吉田正記念館、日立市にございまして、私も参りますと、そういう形で吉田正さんが作曲をされたんだと、平和のための作曲だということを感じたことがありますけれども、そのことをおっしゃっていただきましてありがとうございます。  まず、菅原さんから質問させていただきます。  先ほど宮本委員がおっしゃったこの障害なんですが、実は、先……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第5号(2017/04/19、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 三人の先生方、ありがとうございます。  高原先生に、まず。私は外国で二百軒ぐらいの家にホームステイしたことありまして、なんですが、中国ではございませんので、是非次回は中国でホームステイをアレンジしていただきたいということをお願いでございます。  その上で、基本的に、近年の安倍政権の政策というのは、安全保障環境が悪くなってきた、したがって軍備を含めた能力を向上するというのが基本的な流れだろうと思うんですけれども、いわゆる、自衛隊を含めた、あるいは安保法制を含めたものを拡大しなくても済むように安全保障環境を改善するための日中関係の構築というものがこの平和外交の基本ではないかと思うんで……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第6号(2017/04/26、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 今日は、三人の先生方、ありがとうございます。  三人の先生方の非常に重要な今日は御発言ということと、鴻池会長の人徳でこの調査会だけが開催をされているという、台風の目のようで、嵐の中で大変勉強させていただきましてありがとうございます。  まず、北朝鮮の関係で李英和先生にお伺いしたいんですが、この亡命政権構想。いろんな見方はありますが、北朝鮮は、核を持っているがゆえにイラクとかリビアのように攻撃されることはないというふうに実は自信を深めているという説もあります。一方で、イラクあるいは旧ユーゴのように、独裁政権が倒れた後というのは大変国が混乱してしまう。したがって、非常に強気にいる北。……

第193回国会 国際経済・外交に関する調査会 第7号(2017/05/10、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  まず、今日の外交におきまして、先進国を中心としたグローバルスタンダードに日本の外交を引き上げることが重要だろうと思っております。その際に、国民の代表である立法府、議員の参画というものが先進国においてはもう不可欠なものになっておりますので、それを日本も賄う必要があろうというふうに思っております。  また、最近の複雑な国際情勢の中では、政府以外の様々なステークホルダーとの交流が不可欠であり、これも、議員外交というものがむしろ政府よりも優位性を持っているというふうに思っております。  そして、先進国におきましては、議会、政党がしっかり国家予算を取ること……


■ページ上部へ

第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 憲法審査会 第1号(2017/12/06、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 民進党の藤田幸久でございます。  憲法第六十六条二項においては、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。」と規定されておりまして、その趣旨は、武人、武士の武ですが、武人による武断政治を排除するものとされております。  一方で、自衛隊に関しましては、服務の宣誓ということがございます。二十六年の七月の予算委員会におきまして、安倍総理大臣は、自衛隊の最高指揮官である私が自衛隊の安全について責任を持つと言った上で、事に臨んでは危険を顧みず、身をもって任務を遂行するように努め、もって国民の負託に応えていく、これが宣誓を行う自衛官の、公務員でありますというふうに答えておりま……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第2号(2018/02/14、24期、民進党・新緑風会)

○藤田幸久君 この度、鴻池会長始めの御配慮によりまして参加をさせていただきまして、ありがとうございます。  酒井団長に続きまして、米国での調査のうち、ワシントンを中心に御報告いたします。  ワシントンでは、トランプ政権の政府高官人事が進んでいないことなども踏まえ、連邦議会議員や国務省、シンクタンク関係者などとアジア外交を中心に意見交換を行いました。  調査の概要ですが、まず、北朝鮮問題や中国の海洋進出など、アジアにおける緊張が高まっていることを踏まえ、米国のアジア外交について聞いたところ、大統領の日々の発言だけにとらわれず、実際に取られている政策など取組全体を見るべきであること、アジア政策は前……



藤田幸久[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/06/18

藤田幸久[参]在籍期 : 21期-22期-23期-|24期|
藤田幸久[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期参議院議員(五十音順) 24期参議院議員(選挙区順) 24期参議院統計