大野元裕 参議院議員
24期国会発言一覧

大野元裕[参]在籍期 : 22期-23期-|24期|-25期
大野元裕[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは大野元裕参議院議員の24期(2016/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院24期)

大野元裕[参]本会議発言(全期間)
22期-23期-|24期|-25期
第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 参議院本会議 第16号(2017/04/14、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  まずは、熊本地震一年を迎えるに当たり、被災者の皆様に対し、改めてお見舞いを申し上げますとともに、被災地に寄り添い、政治の責任を果たすことを改めて約束をさせていただきます。  我が国自衛隊と米国、豪州及び英国軍との間での後方支援、物品又は役務の提供に関する我が国政府とこれら諸国政府との間で締結をされた協定に対し、民進党を代表し、反対の立場から討論を行います。  冒頭申し上げます。  ACSA協定が新しいものとなろうが、国会承認が得られずに既存の協定に戻ろうが、その運用のほとんどは、防衛大臣の下、自衛隊によって行われることになると理解をして……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 参議院本会議 第5号(2018/11/28、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  私は、会派を代表して、ただいま議題となりました出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案に対して質問いたします。  法案の質問に入る前に、総理に対し、北方領土に関する政府の立場について伺います。  シンガポールで開催された安倍総理とプーチン大統領との会談の結果、一九五六年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることが合意された由です。九三年までの北方領土をめぐる日本外交は、いかに四島を明記して一括解決につなげるかを目指してきました。その結果、九三年の東京宣言で四島明記を勝ち取ったのです。だからこそ、それ以降の北……

第197回国会 参議院本会議 第10号(2018/12/08、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 おはようございます。国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  私は、会派を代表して、出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案に対し、断固反対の立場から討論いたします。  今国会が当初から大混乱した責任は、ひとえに安倍総理にあります。国民民主党は、本院で問責決議案を提出したと同じ理由で、衆議院でも内閣不信任案の提出を呼びかけております。冒頭、他の会派の皆様にも御理解をいただけますよう、心よりお願いを申し上げます。  さて、我が国は少子高齢化と生産年齢人口の減少に直面しており、国民民主党は、我が国が直面するこれらの喫緊の課題に応えていく責任を強く認識しています。 ……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 参議院本会議 第9号(2019/03/15、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕です。  ただいま議題となりました特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限に関する特別措置法の一部を改正する法律案について、会派を代表し、防衛大臣に対し御質問させていただきます。  本法案は、平成二十七年に当時の民進党も賛成をして議決された特措法の年限を五年間延長しようとするものです。国民の血税をもって賄う支出については、憲法八十三条において国会の議決が必要であること、八十六条において予算の単年度主義が定められています。この法案審議に際しての慎重な議論と附帯決議が示してきたとおり、本特措法は例外的措置であることを政府は強く認識しなければ……

大野元裕[参]本会議発言(全期間)
22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院24期)

大野元裕[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-|24期|-25期
第191回国会(2016/08/01〜2016/08/03)

第191回国会 外交防衛委員会 第閉会後1号(2016/09/14、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党の大野元裕です。  内閣改造がありましてから大臣にお越しをいただいて委員会を立てるのは、まだ所信を伺っておりませんけれども、初めてのことであります。  改めて、岸田外務大臣、この極めて厳しい国際環境の中で引き続き外務大臣の任を継続して担っていただくこと、心より敬意を表したいと思います。  また、稲田大臣、新しく防衛大臣になられて、近隣の公的な資金が入っている通信社が、例えば、その国との安全保障協力が進まなくなるのではないかと、こんな表明があり、私は、その懸念分からなくもないんですが、我が国の一国の大臣に対する言葉としては大変失敬だと思っています。その意味では応援させていただ……


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 外交防衛委員会 第2号(2016/10/20、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  両大臣、若干質問について順番が変わること、御了解いただきたいと思っております。  さて、稲田大臣、この臨時国会前で閉会中審査がこの委員会、行われました。大臣、あのとき小生からエールを送らせていただいた言葉、覚えていらっしゃいますでしょうか。私は当時、この域内国の中に稲田大臣の過去の発言を取り上げて批判する向きがあるが、日本の一国の大臣に対する発言としては笑止千万、大変失礼だというふうにまず申し上げました。そして、その上で、ただしこれからは、大臣の行い、あるいは発言、品性が問われるところですという、そういうお話をさせていただいたんです。当……

第192回国会 外交防衛委員会 第6号(2016/11/24、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 おはようございます。民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  外はまだ雪が降っていますけれども、こんな中でも自衛隊員、自衛官は懸命にその任務をこなされており、制服、あるいはシビル、ユニホーム関係なく正当な評価を受けていくということは極めて重要であり、防衛省給与法につきましては、その趣旨、中身共に賛成をさせていただきたいと思っております。  さて、今国会では、新任となりました稲田防衛大臣、そして岸田大臣の所信的挨拶に対する質疑を時間を掛けて行うべきであったと我々は考えていましたが、しかし、政府の大失態となりました、しかしながら破格の協力をさせていただいたパリ協定の審議、それを優先……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第10号(2016/12/01、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。本特別委員会ではお世話役に徹するつもりでしたが、先輩、同僚の議員の御理解をいただきまして、本日初めて質問に立たせていただきます。よろしくお願いいたします。  質問通告、まず、しておりませんが、外務大臣にお伺いをいたします。  岸田大臣は、今日の夜からロシアに御出発と伺っております。国会の会期を延長してまでTPPの審議を求めたわけですから、外務大臣が外遊をすることについては異論もあろうとは思いますが、しかし日ロの重要な会談を行うということでありますので、野党民進党といたしましても理解をさせていただいた次第でございます。  そこでお伺いしたいん……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第15号(2016/12/09、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  会派を代表して、締め総的な質疑に臨むに当たり、まずは会派の考え方を述べさせていただきたいと思っております。  本協定については問題が多く、国民の理解も得られていない中、次期米国大統領のTPP離脱表明等もあり、本来であれば、協定、法案共に取り下げ、一旦立ち止まってアメリカの説得をする等、政府が責任を果たしてから国会に諮るべきと考えています。しかしながら、政府がかかる責任を放棄したまま、参議院の審議も三十日を迎え、自動成立の日を残念ながら迎えることになりました。  遺憾ではありますが、協定については会派としての意思をしっかりと示させていただ……

第192回国会 予算委員会 第3号(2016/10/11、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 おはようございます。民進党・新緑風会、大野元裕でございます。  本日は補正予算ということで、防衛省関連の補正予算を見ておりましたところ、新たな任務が付されるという報道があるにもかかわらず、どうも補正予算にはそこには何も入っていないということで、こういったことを中心にPKO等についてお伺いをさせていただきたいと思います。  その前に、一点、稲田大臣にお伺いをしたいんですが、質問通告しておりませんが、衆議院予算委員会の審議等を聞いておりましたら、稲田大臣、全国戦没者追悼式に出席されなかった最初の大臣と、防衛大臣ということになられたそうですね。ところが、その一方では、報道等を見ますと、……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 外交防衛委員会 第閉会後1号(2017/08/10、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  冒頭、稲田元防衛大臣の辞任につきましては、黒江事務次官、そして岡部陸幕長という貴重な人材を退官に追い込んでからという点も含めて、余りにも遅く、かつ自らの責任をしっかりと認識しない理由で退任されたということに対しては強い遺憾の意を表明をさせていただきたいと思います。  そして、今日は新任の大臣でございます河野大臣、小野寺大臣、御出席をいただきました。尊敬する両大臣におかれましては、今非常に重要な時期であります、国益と国の安全保障に対し是非御健闘されますよう、重要な職責を担われておられますので、御活躍を祈念を申し上げたいと思っております。 ……

第193回国会 外交防衛委員会 第2号(2017/02/09、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党の大野元裕でございます。  本日は、先生方からすばらしい御意見を頂戴をいたしまして、本当にありがとうございました。  今日は大変豪華な顔ぶれで、皆さんに質問をしたいんですが、私がいただいた時間は十分だけでございますので、全員に御質問ができないことを御容赦をいただきたいと思っています。  専ら木村先生にお伺いしようと思ったんですが、一点だけ先に岡本参考人にお伺いをさせていただきます。  岡本参考人におかれましては、北米一課長時代から私も横で非常に熱心にアメリカとやり合ってきたということを拝見をし、尊敬をさせていただいておりますけれども、おっしゃるとおり、アメリカに対するその予……

第193回国会 外交防衛委員会 第閉会後3号(2017/09/05、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕であります。  三日に北朝鮮が行ったとされる核実験につきましては、我が国のみならず国際社会に対する重大な脅威であると同時に、核不拡散体制に対する挑戦、そして安保理諸決議に対する挑発、決して受け入れられないものであり、民進党といたしましても、前原代表が選出されて初めての仕事の一つになりましたけれども、厳しく北朝鮮に対し批判をし、国際社会の団結を求めているところでございます。  これに関連して御質問をさせていただきますが、先ほど武見委員とのやり取りで一番目の質問は大体カバーされましたので、二番目のところから、また若干質問の順番変わることを御容赦いただきたいと……

第193回国会 外交防衛委員会 第4号(2017/03/09、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  今日は質問の機会を与えていただきまして、両大臣の所信に対する質疑ということの機会を賜りました。  昨年来、外交・安全保障、我が国にとって極めて重要なものになっていると私は考えております。もちろん、ふだんから外交も安全保障も大事ですけれども、しかし、もう皆さん御存じのとおり、アメリカにおいても大統領が替わり、安倍政権、オバマ政権とはぎくしゃくしたようですけれども、新しく予測不可能とも言われるような大統領が就任したと、そういう報道もあります。  そんな中で、この所信について伺ったところ、余り今までと代わり映えしないなということで伺いました。……

第193回国会 外交防衛委員会 第5号(2017/03/16、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 委員派遣について御報告を申し上げます。  本委員会の宇都隆史委員長、堀井巌理事、阿達雅志理事、山田宏理事、浜田昌良理事、井上哲士委員、浅田均委員、伊波洋一委員及び私、大野元裕の九名は、去る二月二十二日及び二十三日の二日間、我が国の外交、防衛等に関する実情調査のため、福岡県及び長崎県に派遣され、JICA九州、北九州市、航空自衛隊、五島市、海上保安庁等からの説明聴取、関連施設及び装備品の視察、意見交換等を行いました。  以下に概要を御報告いたします。  第一日目は、まず、JICA九州より、海外から年間千人強の研修員を受け入れ、地元北九州の公害対策や環境保全の経験を最大限生かした水質・……

第193回国会 外交防衛委員会 第7号(2017/03/22、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  予算の審査に入る前に、稲田大臣にお伺いをさせていただきたいことがございます。  前回、私が質問したのは二週間半前でした。その間、大臣の発言、対応ぶり、拝見をさせていただきましたが、疑問を抱かざるを得ないところが多々あります。大臣というお立場にあるにもかかわらず、調査、確認が不十分なままに行われた発言が二転三転をする、あるいは第三者の発言が御自分の主張と異なると虚偽とおっしゃる、そういった様子がうかがわれました。我々は野党ですけれども、一国の閣僚ですから、大臣の国会における発言の重みに対しては敬意を払いながら、大臣としてその言葉を信頼して……

第193回国会 外交防衛委員会 第8号(2017/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  昨日に引き続き質問の機会をいただきましたことを感謝を申し上げたいと思います。  まず、稲田大臣に、今日はPKOに関して主として伺いたいと思っておりますけれども、南スーダンでつい先般、五名の自衛官が拘束された、こういった事案があったというふうに防衛省の方から報告を受けております。当該自衛官は、武装した上で公務による買い出しを行っていたと。その際、いわゆる武器狩りを行っている二名の南スーダン兵士に買い出し先の店舗において尋問をされ、武器を取り上げられた上、自衛隊車両の運転を命ぜられて、広場まで連行された。そして、約一時間後に、駐ジュバの日本……

第193回国会 外交防衛委員会 第9号(2017/03/30、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕です。  今日は、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案の審議をさせていただきたいと思っております。  まず、この法案の中で、アフリカ連合の代表部がエチオピアに新設をされるということが提案をされています。エチオピア大の同じ建物の中にこれが入ると聞いておりますけれども、アフリカ連合代表部を官房面でエチオピア大使館は支援すること、つまり兼任等で、そういった形になるのかどうか、まずは外務省に確認をさせていただきます。
【次の発言】 外務大臣に伺います。  大臣、アフリカ連合の所管はアフリカ一課になります……

第193回国会 外交防衛委員会 第11号(2017/04/06、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。今日は短い時間でございますので、是非簡潔な御答弁でよろしくお願いをいたします。  冒頭、通告をしておりませんが、稲田大臣にお伺いいたします。  昨日の北朝鮮による弾道ミサイルに関する報道が割ともう出てきました。中でも、今回のアメリカの発表の仕方はこれまでと質が随分違っているように見えます。これが仮にKNの15ミサイルだとすると、米国に直接影響を及ぼすものではないにもかかわらず、ミサイルの種類や高度、飛翔時間、PACOMの追跡状況など、数十キロ程度の飛翔距離にもかかわらず、今回ほど迅速かつ詳細に発表したことはないんではないかと私は理解していま……

第193回国会 外交防衛委員会 第12号(2017/04/13、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕です。  我が国自衛隊と米国、豪州及び英国軍の間での後方支援、物品又は役務の提供に関する我が国政府とこれら諸国政府との間で締結された協定に関し、会派を代表し、反対の立場から討論を行います。  ACSA協定は、特定の国の軍と自衛隊との間で物品及び役務の提供を事前に一括して定める枠組みで、それは主としてPKOや緊急災害派遣の際に活用されてきました。民主党政権時代にも日米ACSAは活用され、また日豪ACSAの締結に向けて具体的な準備も進め、その基本的な柱立ても議論をしてきました。この意味で、民進党は、アメリカやオーストラリア等、一定の国との間でACSA協定の締……

第193回国会 外交防衛委員会 第18号(2017/05/16、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 おはようございます。民進党・新緑風会、大野元裕でございます。  早速質問に入らせていただきますが、北朝鮮から、防衛大臣にまずお伺いをさせていただきたいと思っています。  累次の安保理決議に違反をし、十四日に北朝鮮が弾道ミサイルと見られる飛翔体を発射させました。これは受け入れられない暴挙であって、民進党としても強く抗議したところであります。特に、本ミサイルがロフテッド軌道で二千キロ高度に達したとすれば、現在のブロックTAはおろかブロックUA、開発中のブロックUAでも迎撃が困難になるのではないかとも言われています。  一方、米軍はこのミサイルはICBMではないというふうに言っているよ……

第193回国会 外交防衛委員会 第22号(2017/05/30、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 おはようございます。民進党の大野元裕でございます。  今日は、各参考人の皆様、本当に示唆の富んだ御意見を賜りまして、多様な面から議論を広げることができました。本当にありがとうございました。  その上でお伺いをさせていただきますが、済みません、時間が限られているので、できれば簡潔にお答えをいただければと思っています。  まず、インドとの関係につきましては、安全保障上を始めとして、実は当時の民主党政権時代から、オーストラリアとともに、中国を意識しながら、人材交流やさらには装備品の協力まで拡大をしていきました。そのような中で、当時のやはりその政権時代から、インドとどのような形で原子力協……

第193回国会 外交防衛委員会 第24号(2017/06/06、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 私は、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党及び無所属クラブの各派共同提案による原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とインド共和国政府との間の協定に関する決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とインド共和国政府との間の協定に関する決議(案)   原子力の平和的利用に関する我が国とインド共和国との間の協力のための法的枠組みを提供する「原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とインド共和国政府との間の協定」の締結に当たり、国際的な核不拡散体制を確固たるものとし、我が国として「核兵器のない世……

第193回国会 外交防衛委員会 第25号(2017/06/08、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会、大野元裕でございます。  まず冒頭、通告しておりませんが、稲田大臣、シャングリラ会合、お疲れさまでございました。実は、今日の朝のニュースを見ておりましたら、北朝鮮が再び飛翔体を発射したというニュースがございます。この概要について教えていただけませんでしょうか。
【次の発言】 極めて挑発的な動きであり、これがIRBMでないにせよ、我々としてはしっかりと対応していかなければいけないということで、大臣にはお願いをさせていただきたいと思っています。  さて、外務大臣にお伺いをいたします。  サウジ、バハレーン、イエメン、モーリタニア、リビアなどの国々がカタールとの間で外……

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2017/06/09、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。北朝鮮をめぐる情勢が緊迫する大事な時期に質問の機会を与えていただいたことをまずは感謝を申し上げます。  また、両大臣、先ほど中山委員からストックホルム合意について取り上げられましたので、若干質問の順番が変わりますことを御容赦をいただきたいと思っております。  さて、今年に入ってからこの参議院で北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会が対政府質疑を行うのはこれが初めてです。これだけ情勢が緊迫しているというにもかかわらず、ただの一度も、会期が終わりに近づくこの時点まで対政府質疑が行われないことには正直驚いてきました。民進党の理事は幾度となく開催……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 経済産業委員会 第1号(2018/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕です。  本委員会で質問をさせていただくのは私初めてでございますので、この委員会の諸先輩のお教えをいただきながら謙虚に質問をさせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。  さて、世耕大臣、今回の予算を拝見をいたしました。昨年、政府はAI関連予算倍増を打ち上げましたですね。経済産業省が作成したこの予算案のポイントを見ると、その最初がコネクテッドインダストリーズ、そして社会課題の解決、競争力の強化で、さらにその一番最初に来ているのは自動走行なんです。しかし、このイの一番に挙げている割には、自動走行システムの社会実装に向けた研究開発、実……

第196回国会 経済産業委員会 第3号(2018/04/05、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会、大野元裕でございます。  今日は、関根商工中金社長にもお越しをいただきまして、是非実り多い議論をさせていただきたいと思っております。  さて、商工中金に関しましては、危機対応業務不正事案に端を発した問題で、商工中金のほぼ全ての店舗、支店で不正事案が確認されたにとどまらず、危機対応業務だけではなくて、設備資金を資金使途とする際の確認資料の改ざん、中小企業の月次景況観測調査票の自作等、様々な不正が発生をしたということであります。ただ、その一方で、これらの不正は幾つかのパターンに集約もされています。  そこで、新社長としての御見解をお伺いしたいんですけれども、当時、経……

第196回国会 経済産業委員会 第4号(2018/04/19、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。  冒頭、通告しておりませんが、大臣にお伺いをいたします。  今朝入ってきた日米首脳会談に関する報道ですけれども、総理はアメリカにおける会見で、自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議を開始していくと述べる一方で、TPPが日本にとって最善と考え、その立場で議論に臨むと述べられた由です。  大臣、所信でもおっしゃられておられました、あるいは五日の本委員会での小生の質問に対しても、高いレベルの貿易・投資ルールを日米でしっかり作ってそれを世界に広めていくというふうに述べておられました。  そこでお伺いしますが、アメリカとの間では、総理がおっしゃ……

第196回国会 経済産業委員会 第5号(2018/05/10、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  国民民主党として本委員会で最初の質問をさせていただくに当たり、改革中道政党、そして解決提案型の政党としてしっかりと現実的な議論をさせていただくことをまず冒頭述べさせていただきたいと思っております。  その上で、前回に引き続きまして、生産性向上特措法及び産業競争力強化法改正案について引き続き質問させていただきたいんですが、その前に、冒頭、大臣に、前回のときにも少し議論になりましたけれども、日米の経済関係についてお伺いをさせていただきたいと思います。  総理の訪米という件もございました。新たな日米の経済対話の枠組みが設定されたという、そ……

第196回国会 経済産業委員会 第6号(2018/05/15、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 私は、ただいま可決されました生産性向上特別措置法案に対し、自由民主党・こころ、公明党、国民民主党・新緑風会、立憲民主党・民友会及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     生産性向上特別措置法案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 激変する技術環境、成長分野への事業展開が必ずしもうまくいっていない日本産業の現状に鑑み、本法の積極的な運用に加えて、国を挙げての最先端のデータ利活用ビジネスをリードする人材の育成、発掘、より柔軟で自由度の高い事業環境構築に努めること……

第196回国会 経済産業委員会 第8号(2018/05/22、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 私は、ただいま可決されました不正競争防止法等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、公明党、国民民主党・新緑風会、立憲民主党・民友会及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     不正競争防止法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 本法施行後三年を目途として、データの適正な流通及び利活用を促進する観点から、データに関連するビジネスの展開、技術革新の動向等を踏まえ、改正後の不正競争防止法の規定の実施状況について検討を加え、所要の措……

第196回国会 経済産業委員会 第9号(2018/05/29、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕でございます。  今日は一般質疑ということでございまして、今国会初めてであります。与党からは、これまでほぼ前例がないというふうにおっしゃられておられましたけれども、実は、遡ること今の与党が野党であった民主党政権時代には、例えば平成二十四年は三回もやらせていただいておりまして、与党と野党、立場が変わると言うことも変わるものだなというふうに思っておりますが、これからは、政府がやりたいことだけではなくて国民が聞きたいこと、一般質疑においてもやらせていただけるよう積極的に要求をさせていただきたいと思っておりますので、与党の皆様にもよろしくお願いを申し上げます……

第196回国会 経済産業委員会 第11号(2018/06/05、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  まずは大臣、総理とともに訪ロされて、各種の会談、会議こなされたと聞いております。お疲れさまでございました。  この報道によれば成果ゼロとも言われます訪ロについてお伺いをしたいと思ったんですけれども、その前に、一点、苦言を呈したいと思っています。  実は、この質問させていただこうと思いましたところ、経産省の方から、所管が違うので聞かないでくれと何度も言われました。本委員会では、失われつつある官僚に対する信頼を回復させるためにも、柳瀬、藤原両審議官をお呼びして議論をさせていただいたらどうかというその機会まで私どもオファーをさせていただいたつもり……

第196回国会 経済産業委員会 第13号(2018/06/19、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 私は、ただいま可決されました特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、公明党、国民民主党・新緑風会、立憲民主党・民友会、日本共産党及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 モントリオール議定書キガリ改正の下で定められたハイドロフルオロカーボン(HFC)(以下「代替フロン」という。)の削減計画に即……

第196回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第6号(2018/07/09、24期、国民民主党・新緑風会)

○委員以外の議員(大野元裕君) 足立先生にお答えを申し上げます。  平成二十七年の改正公選法が、附則におきまして、必ず結論を得るという附則がございます。これに伴いまして、抜本的な見直しに向けた努力を行うべく、参議院の改革協議会選挙制度に関する専門委員会が平成二十九年四月に立ち上げられ、可能な限り多くの会派、政党が合意できるよう抜本的な見直しに向けた努力が行われてきました。しかしながら、この努力は、専門委員会が積み上げた議論を踏まえることなく突如として自民党が案を提出し、議長が調整努力を放棄したことによって終了させられてしまいました。  国民民主党は、現在でも、抜本改革に向けた各党の協議を継続す……

第196回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第8号(2018/07/11、24期、国民民主党・新緑風会)

○委員以外の議員(大野元裕君) 御質問、感謝をいたします。  御指摘のとおり、一昨日の質疑者の方から、希望の党と立憲民主党の案の方が一票の較差が小さくなるので国民民主党案よりも優れているという御発言がありましたけれども、これに対する説明をする機会はいただけませんでした。この理解は誤解に基づくものであり、指摘には当たりませんが、私ども発議者として説明が不足していたならば、その点についてはおわびをしたいと思います。  さて、平成二十九年の最高裁判決は三・〇八倍の較差を合憲としていますけれども、二十九年四月に設置された参議院改革協議会選挙制度に関する専門委員会では、一票の較差が何倍までならば妥当だと……

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2018/01/22、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第196回国会 予算委員会 第11号(2018/03/19、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会の大野元裕でございます。本日は、理事、同僚の皆様の御理解をいただき、質問に立たせていただきたいと思います。  総理、そして大臣、若干質問の順番が変わりますが、御容赦をいただきたいと思っております。  まず、冒頭、麻生大臣、今日の朝の報道なので通告をしておりませんでしたけれども、毎日新聞の方で、これまで財務省が廃棄したあるいは存在しないと言ってきた森友側の交渉の経緯に関わる文書が存在したという報道が出てきました。大臣、是非、これまず御確認の上、あるのであれば是非この委員会にお出しいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 外交防衛委員会 第2号(2018/11/20、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  久しぶりにこの委員会に戻させていただきまして、改めて皆様の御指導をいただきながら精進をさせていただきたいと思います。  さて、所信に対する質疑ということでございます。新任の岩屋防衛大臣、新たに御就任をされまして、おめでとうございます。  おこがましいのを承知の上で、最初でございますのでお話をさせていただきますが、私は、自衛隊を預かる大臣として、自衛隊と政府、そして国民、この関係をしっかりと築く役割というものを防衛大臣は担うべきだと強く感じております。政治は自衛隊に対して、国民を守るために一身を賭せと言う可能性があります。そうだとすれ……

第197回国会 外交防衛委員会 第3号(2018/11/22、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕でございます。  今日は、給与法の審議に当たりまして、幾つか御質問をさせていただきたいと思っております。  まず、防衛大臣にお伺いをいたしますけれども、今日は資料の方の一番後ろの方に付けさせていただきましたが、今回の改正でも若年層を中心に昇給分の傾斜配分がされているように思えます。ほかの、ただ他方で、先進国と比較して、日本の自衛隊員の平均年齢は非常に高い、言わば精強性がないと言われています。もちろん年齢が若ければいいというわけではありません。しかしながら、我が方自衛隊の平均年齢が際立って高いという状況の中で、大臣は、自衛隊の精強性の確保に向けて抜本的……

第197回国会 外交防衛委員会 第4号(2018/11/27、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  今日は、お時間をいただきまして、両大臣と北方領土に関わる問題について議論をさせていただきたいと思っております。  まず、河野大臣にお伺いいたします。  報道によれば、シンガポールで開催された安倍総理とプーチン大統領とのテタテートの会談の結果、一九五六年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることが合意されたということです。この日ソ共同宣言とは、平和条約締結後に歯舞、色丹が引き渡される、こういうものだと理解をしております。  その一方で、一九九三年以降、これまでの北方領土の帰属、返還及び主権に関する主たる合意は、全て四島の帰……

第197回国会 外交防衛委員会 第5号(2018/11/29、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  本日は、日中社保協定について大臣にお伺いをさせていただこうと思いましたが、高瀬委員そして福山委員の方からも大分お話も出ましたので、私の方は、こういった社保協定を行うということ、特にこれまで我が国が社保協定を締結した国の多くは先進国でした。そういった中で、中国との間で社保協定を結ぼうというのは、今後も恐らく大きな影響が現時点だけではなくてあるだろうと、日中の関係に鑑みた、そういった措置であろうという立場から、中国側との若干の交流についてもお伺いをさせていただきたいと思っています。  さて、大臣、日中社保協定については、中国側の中での制度の在り……

第197回国会 外交防衛委員会 第6号(2018/12/04、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。本日は、日EUのEPA、SPAについてお伺いをさせていただきます。  早速ですけれども、河野大臣にお伺いをいたします。  日EUのSPA第三条第一項では、国際及び地域の平和及び安全を促進するために協力する、第二項では、紛争(それぞれの地域におけるもの等)の平和的解決を促進するとしています。いずれの文章もほかの協定には見られない文です。  ところで、集団的自衛権の行使に関わる存立危機事態では密接な関係にある国が対象ですけれども、当時の岸田大臣は、我が国と密接な関係にある国、他国に関して、一般に、外部からの武力攻撃に対し、共通の危険として対処しよう……

第197回国会 外交防衛委員会 第7号(2018/12/06、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  今日は、質問の機会をいただきまして日EUのEPAについて質問させていただきますが、その前に一言だけ外務大臣に申し上げます。  これは、私も野党側の筆頭理事としてこの委員会をお預かりをさせていただいております。大臣が機微な交渉をされていることについては敬意を表します。理解もいたします。しかしながら、大臣の方からこの場で政府の法的立場ということに言及をされたことにその質問をして、それを答えないというのはやはり非常に不誠実だと思いますので、まず一言、先ほどの委員長の御発言に加えて私からも申し上げさせていただきますので、誠実な御答弁をお願い……

第197回国会 法務委員会 第6号(2018/12/04、24期、国民民主党・新緑風会)

○委員以外の議員(大野元裕君) 糸数委員におかれましては、国民民主党の法案に対する御質問をありがとうございます。  本法案における検討は、政府が施行後六か月以内に加えることとしております。  お尋ねの御趣旨には、法案審議の重要事項について政府で検討するとしている政府法案とどこが違うのか、こういうこともあろうかと思いますが、この法案では、六か月間の期間を設けて、その中で、地域における外国人労働者の受入れやその上限、あるいは低賃金等の待遇改善、こういった多くの問題を検討する中で新たな受入れ制度を政府が検討し、国会に関連法案を提出するというものです。  このように議員立法案を受けて政府が提出してくる……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 外交防衛委員会 第3号(2019/03/12、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  今日は、両大臣、所信に対する質問をさせていただきますが、まず、外務大臣にお伺いをさせていただきます。  報道によりますと、北朝鮮が西海のミサイル発射施設の発射台及びミサイルテスト施設の復旧に乗り出し、同施設では通常の業務が行えるようになっているという報道があります。  日本政府としての見解、対応について教えてください。
【次の発言】 いやいや、外務大臣、これ、米朝会談の前に、たしかこれ三十八度ノースで出た話です。要するに、この施設について復旧したというふうに話があるけれども、日本政府としての対応はいかんと聞いているんです。

第198回国会 外交防衛委員会 第4号(2019/03/19、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党、大野元裕でございます。  今日は特措法に関する質問をさせていただきたいと思っていますが、岩屋大臣、先ほど白先生からお話があったので、随分ダブるところがあるので一番から三番は飛ばさせていただいて、その一方で、先ほどの議論の中で私ちょっと疑問が出ましたので、これは大臣答えられなければ事務方でも結構なので教えていただきたいんですが、先ほど、国庫債務負担行為で、その翌年仮に支出できないような場合、支出できない場合ですね、それについての問題について議論がありました、白先生との間で。私ちょっと疑問だったんですが、継続費の場合は支出権限が与えられていますけれども、国庫債務負担行為の……

第198回国会 外交防衛委員会 第6号(2019/03/27、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 ただいま議題となっております特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限に関する特別措置法の一部を改正する法律案に対し、国民民主党・新緑風会を代表いたしまして、修正の動議を提出いたします。その内容は、お手元に配付されております案文のとおりでございます。  以下、その趣旨について御説明申し上げます。  本修正案は、特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限を当該会計年度以降十か年度以内とすることを規定している現行の特別措置法第二条について、特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限を当該会計年度以降七か年度以内に改めるものであります。  政府は、特……

第198回国会 外交防衛委員会 第7号(2019/03/28、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  まず冒頭、財務省に最初にお伺いしたいと思いますけれども、前回、この委員会において特定調達に係る特措法審査を行ったときに、私の方から、国庫債務負担行為に関して、議事録を精査した上でしかるべき対処を行うように委員長に求めさせていただきました。  その件について伺いたいんですけれども、財務省の方、継続費ではなく国庫債務負担行為が四年間で認められる場合、四年間の予算が付くということになるのでしょうか。複数年度にわたり予算が付くことになる国庫債務負担行為があるのか、あるいは、議題となった法案について新たに掛かる予算支出が求められることになるの……

第198回国会 外交防衛委員会 第8号(2019/04/16、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  今日は、まずは、イスラエルによるゴラン高原の併合について外務大臣にお伺いをいたします。  イスラエルによる占領地、ゴラン高原併合に関する我が国の立場について教えてください。
【次の発言】 それでは、アメリカのトランプ大統領がゴラン高原の国際的な地位の変更を認めるような発言をされておられますけれども、この姿勢について我が国はどのように対応、評価されているんでしょうか。
【次の発言】 私も同様に考えております。  他方で、ロシア、中国等の安保理諸国のみならず、EU、NATO諸国も含めて、こういったアメリカの立場については、併合の撤回等について言……

第198回国会 外交防衛委員会 第9号(2019/04/18、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党、大野元裕でございます。  まずは、いまだに墜落したF35Aのパイロットの御無事が確認されていないことについて、御家族の御心労いかばかりかとお見舞いを申し上げたいと思っております。  その上で、前回、十六日の本委員会において、私の方から、墜落したF35A、機体の所有権及び占有権、日米相互防衛援助協定の定める装備若しくは資材に当たるかどうか、そしてこの協定等に伴う秘密保護法の適用対象となり特別防衛秘密が適用されるか、さらには九十五条との、自衛隊法九十五条との関係は整理されるべきだというふうに申し上げました。その結果としてどのように整理されたかについて、まずはお伺いをしたい……

第198回国会 外交防衛委員会 第11号(2019/04/25、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕でございます。  日仏、日加のACSAにつきまして、国民民主党はかねてより、ACSA締結国との間でPKOにおいても相互に物品等を供与する必要性を強調してきた経緯もあり、友好国とのACSA締結には、現政権との間に考え方の相違はあるとはいえ、原則としては賛成なんです。しかしながら、安保法制を前提とした部分が含まれており、ここについては反対せざるを得ない。  その一方で、国民民主党は、先ほどのような考え方の整理を示すためにも、また国民の命と平和を守る政治の責任を果たすためにも、今国会で安保法制の改正となる法案を再度提出いたしました。かかる改正を前提とする限……

第198回国会 外交防衛委員会 第13号(2019/05/14、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕でございます。  今日議題になっている二条約のうち、二千七年の難破物除去に関するナイロビ条約について外務大臣にお伺いをさせていただきたいと思っています。  我が国は大変広い排他的経済水域を有しており、本条約の締結によって様々な影響を受けると私は理解をしております。  その一方で、本条約の締結国を見ると、その中には北朝鮮が含まれています。昨年だけでも北朝鮮からと見られる漂着船が百六十隻以上数えたと言われています。これらの漂着船が難破船、つまり航行上の危険をもたらす若しくは障害をもたらす、あるいは海洋環境や沿岸国の関係、利害に対して損害をもたらすものだと……

第198回国会 外交防衛委員会 第16号(2019/05/28、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  まず、質問させていただく前に、ちょっと気になったので中前局長にお伺いをしたいんですけど、先ほどの白先生との質疑のやり取りの中で、ヨルダンとUAEの協定について、中前中南米局長が現在の状況についてお答えになりました。どういうキャパシティーでお答えになったのでしょうか。また、今後、UAE、ヨルダンの協定出てきたときに、中前局長が責任を持ってこれからやられるということでよろしいですね。これ、御確約ください。
【次の発言】 済みません、私の質問に答えていません。  今後、UAEやヨルダンについても責任を持って中南米局長がおやりになるんですね……

第198回国会 外交防衛委員会 第18号(2019/06/18、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕です。  まず最初に、外務大臣にお伺いをさせていただきたいと思っております。  今回のイラン訪問等、お疲れさまでございました。今回のイラン訪問で、イラン側の要人にお会いになられたこと、またアメリカを含む国際社会のメッセージ等を伝達したこと以外に、総理、外務大臣のイラン訪問の具体的な成果というのは何だったんでしょうか、教えてください。
【次の発言】 最後のコミュニケーションの維持、これは同意です。それから、その緊張緩和については、様々な報道ではそのときにタンカーがやられたとかあるいは時間稼ぎされたとか、そういった非常にアイロニーに富んだ報道がありますが……

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2019/05/29、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕です。  まず冒頭、昨日、川崎で起こりました痛ましい事件について、拉致と同様、無辜の市民を対象にした卑劣な犯罪であります。かかる犯罪の犠牲になった皆様に対しお見舞いを申し上げるとともに、今日は外務大臣もお越しでございますけれども、お亡くなりになった皆様に対し哀悼の意を表したいと思っています。  その上で、お伺いをさせていただきます。  まず、菅官房長官にお伺いをさせていただきますけれども、アメリカ御出張お疲れさまでございました。  その際に、ニューヨークの国連本部における拉致問題シンポジウムで菅長官は、相互不信の殻を破り新たなスタートを切る、あるいは……

第198回国会 予算委員会 第2号(2019/02/07、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党、大野元裕でございます。  障害者雇用水増し不正問題に関連し、法務省、最大の水増しとされた国税庁及び多様な勤務形態が予想される防衛省、本年度及び本年中に雇用を予定する障害者数と関連する予算額について、それぞれ教えてください。
【次の発言】 法務省は、確かに予算で、実は補正ではゼロなんです。法務省、障害者のバリアフリー施設等の対応を、補正ではなく、なぜ三十一年予算で行おうとしているんですか。
【次の発言】 実は、私に対するレクのときには、どのような障害の人が雇うことになるかが補正の段階では分からないのでという答弁がありました。それは違うんですか。

第198回国会 予算委員会 第11号(2019/03/18、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会の大野元裕でございます。  今日は、同僚議員の皆様の御理解を得て、予算委員会での質問の機会をいただきました。  最初に、防衛大臣にお伺いをいたします。  先週、小生の方から、30FFM、SH60K、あるいはP1などに搭載をされておりますサブシステムを構成するコンピューターについて、他社製と同等若しくは劣るのに倍額程度すると、こういった調達があるけれども、30FFM一隻分だけで、そこで恐らく二億円程度の無駄があるという御指摘をさせていただきました。そのときに、防衛大臣の方からはしっかりと調達の在り方について検討をするというお話がございましたが、そこでお伺いします……

第198回国会 予算委員会 第12号(2019/03/22、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党・新緑風会、大野元裕です。  先週の本委員会におきまして、政府の障害者雇用水増し問題では、障害者雇用を口実として定員増で省庁が水膨れし、その税負担を国民に押し付けるやり方はおかしいという議論をさせていただきました。他方、行政を監視する国会こそ、自ら襟を正す必要があります。  そこでお伺いしますけれども、参議院の定数、定員と実員、そして予定しているフルタイムの障害者数を御報告ください。
【次の発言】 そうなんです。お配りした資料、見ていただくと分かるとおり、参議院では定員と実員の差、つまりこの空きのところが十八名あるのに対し、雇用するのは十名。つまり、十八と十どっちが大き……


大野元裕[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院24期)

大野元裕[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-|24期|-25期
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 情報監視審査会 第1号(2016/09/26、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 私は、会長に中曽根弘文委員を推薦することの動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 憲法審査会 第1号(2017/12/06、24期、民進党・新緑風会)

○大野元裕君 民進党・新緑風会、大野元裕でございます。  民進党は、安全保障法制に関わり、これまで集団的自衛権そのものを違憲であると断じたことはありません。しかしながら、その一方で、恣意的な、便宜的な憲法の解釈についてはこれを受け入れられないとする、その一方で、さらには、安全保障環境の変化については今後もしっかりと対応していくということを申し上げました。  他方、一部の政党の中には、憲法の議論について、特に九条議論については、去る二十九日の北朝鮮によるミサイル発射等を取り上げて、これを典型的な例だと言っています。それならば、九月十五日に我が国の領土を通過したあのミサイル事案について、その決議を……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会公聴会 第1号(2019/03/12、24期、国民民主党・新緑風会)

○大野元裕君 国民民主党の大野元裕でございます。  両先生、今日は本当にいろんな多様な見方から御示唆を賜りまして、本当にありがとうございます。まず冒頭、感謝を申し上げたいと思っております。  まず、前泊先生にお伺いをさせていただきたいと思うんですけれども、県民投票の意思、これは政治家としてしっかりと受け止めろという、そういうメッセージが今日は示されたものと思っておりまして、そこは我々政治家としてしっかりとやらせていただきたいと思っておりますし、国民民主党は地位協定についても提言をさせていただいております。  その上でお伺いをさせていただきたいんですが、先生の方から最近余り出なくなった普天間の話……



大野元裕[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

大野元裕[参]在籍期 : 22期-23期-|24期|-25期
大野元裕[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期参議院議員(五十音順) 24期参議院議員(選挙区順) 24期参議院統計