佐野憲治 衆議院議員
33期国会発言一覧

佐野憲治[衆]在籍期 : 28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期
佐野憲治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは佐野憲治衆議院議員の33期(1972/12/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は33期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院33期)

佐野憲治[衆]本会議発言(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 衆議院本会議 第48号(1973/06/29、33期、日本社会党)

○佐野憲治君 ただいま議題となりました自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案につきまして、公害対策並びに環境保全特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本案は、ゴルフ場の建設等各種開発行為による自然環境の破壊が進行している現状にかんがみ、国立公園等の普通地域または自然環境保全地域の普通地区における行為の規制を強化しようとするもので、その要旨を申し上げますと、  まず第一に、国立公園または国定公園の普通地域において、土地の形状の変更、海面以外の水面の埋立て等の行為を、届け出を要する行為として追加すること。  第二に、国立公園もしくは国定公園の普通地域または自然……

佐野憲治[衆]本会議発言(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院33期)

佐野憲治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第1号(1972/12/26、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責をになうことになりました。  申し上げるまでもなく、公害対策と環境保全の問題は、人類の生存をささえる基本的な問題として、さきに行なわれました国連人間環境会議におきましても「人間環境宣言」が採択されましたとおり、全世界の重要な課題となっているのであります。  特にわが国におきましては、経済の発展や科学技術の急速な進歩により、本問題が重大な政治社会問題となって以来、多数の公害対策並びに環境保全関係法が制定され、その諸施策が実施されてまいりました。しかしながら、いまだ各種多様の公害が身辺に及……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第2号(1973/02/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  まず、環境庁長官から所信を伺うことといたします。三木環境庁長官。
【次の発言】 以上で三木環境庁長官の所信表明は終わりました。
【次の発言】 この際、坂本環境政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。坂本環境政務次官。
【次の発言】 引き続き、昭和四十八年度環境庁関係予算の説明を求めます。城戸官房長。
【次の発言】 次に、昭和四十八年度環境保全関係各省庁予算について、便宜環境庁から説明を求めます。船後企画調整局長。
【次の発言】 以上で予算の説明は終わりました。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第3号(1973/02/23、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  まず、理事補欠選任の件についておはかりいたします。  理事米原艇君が去る二十一日委員を辞任され、理事が一名欠員となっております。  この際、その補欠選任を行ないたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ございませんか。
【次の発言】 異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。  それでは中島武敏君を理事に指名いたします。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。林義郎君。
【次の発言】 次に、島本虎三君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1973/02/27、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。阿部未喜男君。
【次の発言】 坂口力君。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 この際、暫時休憩いたします。  本会議散会後直ちに再開いたします。    午後零時五十四分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。島本虎三君。
【次の発言】 ちょっと速記をとめて。
【次の発言】 速記を始めて。
【次の発言】 中島武敏君。
【次の発言】 次回は、来たる三月二日金曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会する……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第5号(1973/03/02、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。橋本龍太郎君。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 小宮武喜君。
【次の発言】 次回は、来たる三月六日火曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後零時四十二分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1973/03/06、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件について、本日、参考人として日本道路公団理事三野定君に出席を求め、意見を聴取したいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 この際、午後一時三十分まで休憩いたします。    午後零時四十五分休憩

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第7号(1973/03/09、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 阿部未喜男君。
【次の発言】 この際、暫時休憩いたします。  本会議散会後直ちに再開いたします。    午後零時四十六分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。坂口力君。
【次の発言】 次回は、来たる十三日火曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。   午後二時四十五分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第8号(1973/03/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岩垂寿喜男君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 次回は、来たる三月十六日金曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後一時三十分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第9号(1973/03/27、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、連合審査会開会申し入れの件についておはかりいたします。  商工委員会において審査中の金属鉱物探鉱促進事業団法の一部を改正する法律案及び金属鉱業等鉱害対策特別措置法案の両案について、商工委員会に連合審査会の開会申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さように決定します。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 岩垂寿喜男君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第10号(1973/03/30、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、連合審査会開会申し入れの件についておはかりいたします。  運輸委員会において審査中の港湾法等の一部を改正する法律案について、運輸委員会に連合審査会の開会申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  次回は、来たる四月三日火曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午前十一時十一分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1973/04/03、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  この際、自然保護に関する行政監察結果に基づく勧告について、福田行政管理庁長官から説明を聴取いたします。福田行政管理庁長官。
【次の発言】 次に、自然公園審議会に諮問中の事項について、三木環境庁長官から経過報告の説明を聴取いたします。三木環境庁長官。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について、質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小林信一君。
【次の発言】 この際、関連質問の申し出がありますので、これを許します。岡本富夫君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第12号(1973/04/06、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小宮武喜君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に水俣病問題調査のため、参考人の出頭を求め、意見を聴取したいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、参考人の人選及び出頭日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第13号(1973/04/11、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に水俣病問題について調査を進めます。  本日は、参考人としてチッソ株式会社長島田賢一君、水俣市長浮池正基君、水俣市民会議事務局長松本勉君、水俣病患者坂本フジエ君、芦北漁業協同組合代表竹崎正巳君、以上の方々が御出席になっております。また、飛行機のおくれにより、熊本県知事沢田一精君が後ほど出席になります。  この際、委員会を代表いたしまして、参考人各位に委員長から一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、参考人の皆さん方には御多用中のところ、また遠路にかわらず、本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございま……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第14号(1973/04/12、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に水俣病問題について調査を進めます。  本日は、参考人として東京大学教授白木博次君、熊本大学教授江川博明君、東京大学助手宇井純君、以上の方々が御出席になっております。また後ほど熊本大学助教授原田正純君が御出席になります。  この際、委員会を代表いたしまして、参考人各位に委員長から一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、参考人の皆さん方には、御多用中のところ、また遠路にかかわらず本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございました。  本委員におきましては、ただいま水俣病問題の調査をいたしておりますが、申……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第15号(1973/04/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 岡田春夫君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第16号(1973/04/17、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。木原実君。
【次の発言】 関連質問の申し出がありますので、これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 いま見えましたから……。
【次の発言】 中島武敏君。
【次の発言】 来ていません。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 小宮武喜君。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に水俣病問題調査のため、参考人として、チッソ株式会社会長江頭豊君、チッソ株式会社社長島田賢一君……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第17号(1973/04/20、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。林義郎君。
【次の発言】 関連質問がありますので、これを許します。登坂重次郎君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 ちょっと待ってください。  ただいまの島本虎三委員の質疑の中で、千葉県の交付税上の積算の基礎の要求がありまして、資料がいま手元にない、こういうことでありましたので、後刻ぜひ提出していただきたいと思います。どうですか、自治省のほうは。ただいまの質疑の中にありました交付税の積算の基礎、そして年何回検査するか、一回の手数料は幾らか……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第18号(1973/04/24、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 次回は、明二十五日水曜日、午前九時四十五分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午前十一時二分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第19号(1973/04/25、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。林義郎君。
【次の発言】 村山富市君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 ちょっと速記をとめて。
【次の発言】 速記を始めて。
【次の発言】 木下元二君。
【次の発言】 坂口力君。
【次の発言】 土井たか子君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第20号(1973/05/08、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に大気汚染対策問題調査のため、本日、参考人として中央公害対策審議会委員伊東彊自君及び中央公害対策審議会委員鈴木武夫君に出席を求め、意見を聴取したいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  この際、参考人から中央公害対策審議会による大気汚染対策の環境基準について意見を聴取いたします。伊東参考人。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第21号(1973/05/11、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、連合審査会開会申し入れの件についておはかりいたします。  運輸委員会において審査中の国有鉄道運賃法及び日本国有鉄道財政再建促進特別措置法の一部を改正する法律案について、運輸委員会に連合審査会の開会申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
【次の発言】 内閣提出の富士地域環境保全整備特別措置法案並びに自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、それぞれ提案理由の説明を聴取いたします。三木環境庁長官。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第22号(1973/06/01、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。林義郎君。
【次の発言】 ただいまの林委員の申し出の件、後刻理事会において検討したいと思います。
【次の発言】 小林信一君。
【次の発言】 関連質問の申し出がありますので、これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 中島武敏君。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 次回は、来たる六月五日火曜日、午前十時理事会、十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後三時二十四分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第23号(1973/06/05、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に第三水俣病問題調査のため、明六日、参考人の出頭を求め、意見を聴取したいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。  なお、参考人の人選につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。
【次の発言】 内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。  質……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第24号(1973/06/06、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に第三水俣病問題について調査を進めます。  本日お招きいたしました参考人は、熊本大学教授武内忠男君、東京歯科大学教授上田喜一君、横浜国立大学教授松野武雄君、東京大学教授白木博次君、新潟大学教授椿忠雄君、東京工業大学助手加藤邦興君、久留米大学教授山口誠哉君、以上七名の方々であります。  この際、参考人各位に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ、また遠路にかかわらず本委員会に御出席いただきまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。  本委員会といたしましては、水俣病問題につきま……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第25号(1973/06/12、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  委員派遣承認申請に関する件についておはかりいたします。  水俣病問題の実情調査のため、議長に対し委員派遣の承認を申請いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、派遣委員の人選、日時、派遣地等につきましては、委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
【次の発言】 内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、これを……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第26号(1973/06/15、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  理事補欠選任の件についておはかりいたします。  理事稻村左近四郎君が去る十三日委員を辞任され、理事が一名欠員となっております。この際、その補欠選任を行ないたいと存じますが、先例によりまして委員長において指名するに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さように決定いたしました。  それでは渡部恒三君を理事に指名いたします。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますの、で、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 呼んでいますから。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第27号(1973/06/19、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  この際、六月十六日より三日間、水俣病問題の実情調査のため委員を派遣いたしましたので、派遣委員の報告を聴取いたします。小林信一君。
【次の発言】 おはかりいたします。  ただいまの小林信一君の御提案のとおり、調査報告は、本日の会議録に参照掲載することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よってさように決定いたしました。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案審査のため、明二……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第28号(1973/06/20、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。  本日は、参考人として日本自然保護協会常務理事石神甲子郎君 横浜国立大学教授宮脇昭君及び鳥取県知事石破二朗君、以上の方々が御出席になっております。  この際、参考人各位に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は、御多用中のところ、また遠路にかかわらず、本委員会に御出席いただきまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。  本委員会といたしましては、現在自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案について慎重な審議を続行いたしておりますが、……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第29号(1973/06/21、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に水俣病問題について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中島武敏君。
【次の発言】 担当局長がまだ来ていないそうですが、もうすぐ来るそうですから……。
【次の発言】 関連質問の申し出がありますので、これを許します。小澤太郎君。
【次の発言】 小林信一君。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 小宮武喜君。
【次の発言】 次回は、明二十二日金曜日、午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後二時四十一分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第30号(1973/06/22、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 ちょっと速記をとめて。
【次の発言】 速記を始めて。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 この際、暫時休憩いたします。    午後一時五十六分休憩

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第31号(1973/06/26、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  この際、魚介類の水銀暫定許容基準の設定について説明を聴取いたします。浦田厚生省環境衛生局長。
【次の発言】 この際、三木環境庁長官から発言を求められておりますので、これを許します。三木環境庁長官。
【次の発言】 次に、内閣提出の自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 阿部未喜男君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 午後の本会議後の質問ということだから、連絡が十分にいっ……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第32号(1973/06/27、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、連合審査会の開会申し入れの件についておはかりいたします。  社会労働委員会において審査中の健康保険法等の一部を改正する法律案について、社会労働委員会に連合審査会の開会申し入れをいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  水俣病問題に関する各省庁に対する要望事項について各省庁から順次説明を求めます。まず環境庁から説明を求めます。環境庁船後企画調整局長。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第33号(1973/06/28、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  水俣病問題に関する各省庁に対する要望事項について、昨日各省庁から説明を聴取いたしましたが、これに対する質疑の申し出がありますので、順次これを許します。林義郎君。
【次の発言】 関連質問の申し出がありますので、これを許します。土井たか子君。
【次の発言】 土井たか子君から発言の申し出がありますのでこれを許します。土井たか子君。
【次の発言】 警察庁のほうは、資料要求に対しましていいですか。
【次の発言】 この際暫時休憩いたします。  本会議散会後直ちに再開いたします。    午後零時五十九分休憩……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第34号(1973/06/29、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  水俣問題に関する各省庁に対する要望事項について質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 小宮武喜君。
【次の発言】 この際、暫時休憩いたします。    午後一時十二分休憩

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第35号(1973/07/06、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、提案理由の説明を聴取いたします。三木環境庁長官。
【次の発言】 以上で提案理由の説明は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 この際、おはかりいたします。  内閣提出の公害健康被害補償法案について公聴会を開きたいと存じます。  つきましては、公聴会開会について議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。  なお、公聴会の開会日時、公述人の選定その他の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第36号(1973/07/10、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。菅波茂君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 木下元二君。
【次の発言】 了承しました。  この際、午後三時まで休憩いたします。     午後一時五十三分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。岡本宮夫君。
【次の発言】 わかりました。その件について後刻また理事会において具体的に協議して政府に要求したいと思います。
【次の発言】 次回は、来たる十二日木曜日、午前九時四十五分理事会、午前十時委員会を開……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第37号(1973/07/12、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  委員派遣承認申請に関する件についておはかりいたします。  内閣提出の富士地域環境保全整備特別措置法について委員を派遣し、審査の参考にいたしたいと存じます。つきましては、議長に対し委員派遣承認の申請をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、派遣地、派遣の日時、派遣委員等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第38号(1973/07/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、暫時休憩いたします。    午前十時四十四分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小宮武喜君。
【次の発言】 呼んでないですね。
【次の発言】 田中覚君。
【次の発言】 次回は、来たる十六日月曜日、午前十時公聴会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後五時二十分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第39号(1973/07/17、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、去る七月十四日、富士地域環境保全整備特別措置法案の審査のため委員を派遣いたしましたので、派遣委員の報告を聴取いたします。菅波茂君。
【次の発言】 おはかりいたします。  ただいまの菅波茂君の御提案のとおり、調査報告は本日の会議録に参照掲載することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、よって、さよう決定いたしました。
【次の発言】 次に、内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。阿部未喜男君。
【次の発言】 この際、午後二時まで休憩いたします。    午後零時五……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第40号(1973/07/18、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。坂口力君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 この際、午後二時十分まで休憩いたします。    午後一時十二分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。中島武敏君。
【次の発言】 岡本富夫君。
【次の発言】 次回は、明十九日木曜日、午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後四時四十八分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第41号(1973/07/19、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中島武敏君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 この際、暫時休憩いたします。本会議散会後、直ちに再開いたします。    午後一時二十五分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。坂口力君。
【次の発言】 土井たか子君。
【次の発言】 次回は、明二十日金曜日、午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後六時四十五分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第42号(1973/07/20、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 木下元二君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第43号(1973/08/28、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 ただいまの島本委員の要請につきましては、後ほど理事会において検討したいと思います。
【次の発言】 荒木宏君。
【次の発言】 了承いたしました。
【次の発言】 次回は、来たる八月三十日木曜日、午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後一時四十七分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第44号(1973/08/30、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。岡本富夫君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 いま長官が見えましたが……。
【次の発言】 中島武敏君。
【次の発言】 次回は、明三十一日金曜日、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後二時四十分散会

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第45号(1973/08/31、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、委員派遣承認申請に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に、瀬戸内海環境保全問題の実情調査のため、議長に対し委員派遣の承認を申請いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決しました。  なお、派遣委員の人選、日時、派遣地等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決しました。
【次の発言】 次に、参考人出頭要求に関する件についておはかりいたします。  公害対策並びに環境保全に関する件、特に、瀬戸内……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第46号(1973/09/07、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  この際、暫時休憩いたします。    午前十時四十四分休憩

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第47号(1973/09/11、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、去る九月八日より三日間瀬戸内海環境保全問題の実情調査のため委員を派遣いたしましたので、派遣委員の報告を聴取いたします。登坂重次郎君。
【次の発言】 以上で派遣委員からの報告聴取は終わりました。
【次の発言】 おはかりいたします。  ただいまの登坂重次郎君の御提案のとおり、調査報告書は本日の会議録に参照掲載することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、よって、さよう決しました。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件、特に瀬戸内海環境保全問題について調査を進めます。  本日お招きいたしました参考人は、水産庁南西海区水産研……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第48号(1973/09/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  内閣提出の公害健康被害補償法案を議題とし、審査を進めます。  本案に対する質疑は終了いたしました。
【次の発言】 本案に対し、登坂重次郎君提出の修正案並びに中島武敏君提出の修正案とがそれぞれ提出されております。
【次の発言】 まず両修正案について、提出者から順次趣旨の説明を求めます。登坂重次郎君。
【次の発言】 次に、中島武敏君。
【次の発言】 これにて両修正案の趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 これより本案並びに修正案を一括して討論に入ります。  討論の申し出がありますので、順次これを許します。森喜朗君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第49号(1973/09/14、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  この際、瀬戸内海環境保全臨時措置法案起草の件について議事を進めます。  本件につきましては理事会等において協議が行なわれておりましたが、その結果に基づき、林義郎君、土井たか子君、木下元二君、岡本富夫君、玉置一徳君より、お手元に配付いたしておりますとおり、瀬戸内海環境保全臨時措置法案の草案を成案とし、本委員会提出の法律案として決定すべしとの提案がなされております。
【次の発言】 この際、その趣旨の説明を求めます。林義郎君。
【次の発言】 この際発言の申し出がありますので、これを許します。島本虎三……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第50号(1973/09/18、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。
【次の発言】 坂口力君。
【次の発言】 休憩前に引き続き、会議を開きます。  質疑を続行いたします。岡本富夫君。
【次の発言】 島本虎三君。
【次の発言】 ただいまの島本委員の所見に対しまして、特に委員会として理事会において協議を続けておりますし、さらにその意をくんで協議してまいりたいと思っております。
【次の発言】 次回は、来たる九月二十一日金曜日、午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたし……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第51号(1973/09/25、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  これより請願の審査に入ります。  本委員会に付託されました請願は二百件であります。  本日の請願日程全部を議題とし、審査を進めます。  まず、審査の方法についておはかりいたします。  本請願の内容につきましては、先刻の理事会において御検討いただきましたので、紹介議員よりの説明等は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、よって、さよう決しました。  採決いたします。  本日の請願日程中、第一ないし第三、第五ないし第六〇、第六二ないし第一〇〇、第一〇二ないし第一一九、第一二一ないし第二西、第一二八ない……

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第52号(1973/10/09、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。増本一彦君。

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第53号(1973/11/13、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  この際、去る十月十八日より五日間、公害対策並びに環境保全問題の実情調査のため委員を派遣いたしましたので、派遣委員の報告を聴取いたします。小林信一君。
【次の発言】 以上で派遣委員からの報告聴取は終わりました。
【次の発言】 おはかりいたします。  ただいまの小林信一君の御提案のとおり、調査報告書は、本日の会議録に参照掲載することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よってさように決しました。
【次の発言】 公害対策並びに環境保全に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。島本虎三君。


■ページ上部へ

第72回国会(1973/12/01〜1974/06/03)

第72回国会 建設委員会 第5号(1974/02/27、33期、日本社会党)

○佐野(憲)委員 関連質問ですけれども、ただいまの質疑の中で私は資料要求いたしたいと思います。  一つは、予算総括表の中で市町村道路の事業費、国費が明示されておりますけれども、この中身ですね。特別法なりその他の措置による国としてなさねばならない事業と、そうではなくて町村道を整備するために予算措置されておる、この区分を明確にしていただきたいと思います。これは全部二つ含まれておりますから、法によるものとそうでないもの。  それから地方財源に対する資料が出ておりますが、この地方財源に対しまして、特にこれは県並びに市町村道と一括して計上されておるわけですが、収入面におきまして特定財源が町村に幾ら与えら……

第72回国会 建設委員会 第6号(1974/03/06、33期、日本社会党)

○佐野(憲)委員 関連。  ただいまの局長の答弁を聞きながら私は非常に遺憾に思いますことは、少なくとも多摩ニュータウンの問題、新住法開発事業に対する根本的な問題を検討しなければならない。本建設委員会においても、重大な課題として、特に委員会の決議をもって小委員会を設置いたしまして、この小委員会が一カ月半にわたりまして、多摩ニュータウンの東京都の事務所の現場並びに関係市長さん、並びにいま渡辺さんが提示されました公団の財政部、都市センターの関係資料、これを中心といたしまして、自治、建設、大蔵、厚生、文部、各省の担当官に出席していただきまして、慎重審議、あるいはいろいろな問題点をえぐり出しまして、それ……


■ページ上部へ

第75回国会(1974/12/27〜1975/07/04)

第75回国会 建設委員会 第3号(1975/02/19、33期、日本社会党)

○佐野(憲)委員 まず最初に、国土庁長官にお伺いしたいと思うのですけれども、国土利用計画法が施行されましてから二カ月有余を経過いたしておるわけであります。この問題につきまして、私たちはいま法の施行を見守っておるという段階でありますけれども、一、二点ただしておきたいと思います。  一つは、市町村利用計画はどういう作成状況になっておるか、まず最初にお聞きいたしておきたいと思います。
【次の発言】 私たちは法案作成の段階でも論議いたしましたけれども、町村土地利用計画というのはやはり住民の意思が十分に反映される国土利用計画でなくてはならない。この意味におきまして、府県計画もそうでありますけれども、もっ……

第75回国会 建設委員会 第9号(1975/03/26、33期、日本社会党)

○佐野(憲)委員 大臣にお尋ねしたいと思いますけれども、大臣もこの宅地開発公団が果たして必要かどうか、現在の日本住宅公団の機能を充実させる、あるいはまた地方自治団体の協力によって住宅問題に取り組みたいと非常に長い間深刻に悩まれた、しかしながら、結論としてはやはりこの公団が必要だということで提案したんだという御趣旨の心境を表明しておられたのでありますけれども、先ほど来の各委員からの質疑を通じましても、私は大臣がやはり必要だと決断されたその意味がどうものみ込めないので、そういう意味から少しお尋ねしてみたいと思うのです。  一つには、日本住宅公団が三十八年ごろから団地の建設地の地元自治団体に対して建……

第75回国会 建設委員会 第17号(1975/06/04、33期、日本社会党)

○佐野(憲)委員 まず最初にお尋ねいたしたいのは、憲法の第九十五条に「一の地方公共團體のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共團體の住民の投票においてその過年数の同意を得なければ、國會は、これを制定することができない。」こう規定されておるのでございますが、今回提案になっておる法律は、大都市を定義いたしまして、首都圏、近畿圏及び中部圏の既成市街地並びに近郊地域、この地域の地方団体のみに適用される法律となっております。しかも、促進地域並びに二年後におきまして地方自治団体にこれをやらなければならない義務を背負わせている、こういう一の地方団体へ適用される特別法に該当するのじゃな……


佐野憲治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院33期)

佐野憲治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期
第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

第71回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会公聴会 第1号(1973/07/16、33期、日本社会党)【議会役職】

○佐野委員長 これより会議を開きます。  公害健康被害補償法案について公聴会に入ります。  本日御出席をお願いいたしました公述人の方々は、日本弁護士連合会公害対策委員長伊東正雄君、全国漁業協同組合連合会専務理事池尻文二君、富山市長改井秀雄君、四日市市助役加藤寛嗣君、著述業後藤清忠君、医師河野和夫君、三重県楠町助役阪野昇君、食糧品販売業島田実君、菓子小売業能松義次君、以上の九名でございます。  この際、公述人の方々に当委員会を代表いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。  本日は多用中のところ、また遠路にかかわらず御出席いだだきまして、まことにありがとうございました。  御承知のとおり、本案……



佐野憲治[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

佐野憲治[衆]在籍期 : 28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期
佐野憲治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院議員(五十音順) 33期衆議院議員(選挙区順) 33期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。