森下元晴 衆議院議員
37期国会発言一覧

森下元晴[衆]在籍期 : 30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期
森下元晴[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは森下元晴衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
森下元晴[衆]本会議発言(全期間)
30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

森下元晴[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期
第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 安全保障特別委員会 第1号(1984/12/01、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、本特別委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感いたす次第でございます。  何分にも微力な私でございますが、誠心誠意、公正円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞ、練達堪能なる委員各位の御協力を切にお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの椎名君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  ……

第102回国会 安全保障特別委員会 第2号(1985/03/25、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  外務大臣から、我が国の安全保障問題について、また防衛庁長官から、最近の国際軍事情勢及び我が国の防衛政策について、それぞれ説明を求めます。安倍外務大臣。
【次の発言】 次に、加藤防衛庁長官。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  この際、外務政務次官及び防衛政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。森山外務政務次官。
【次の発言】 次に、村上防衛政務次官。
【次の発言】 次に、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件、特に核軍縮問題について調査のた……

第102回国会 安全保障特別委員会 第3号(1985/03/27、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  本日は、参考人といたしまして軍事評論家の青木日出雄君及び外交評論家の田久保忠衛君に御出席を願っております。  この際、委員会を代表いたしまして、参考人の方々に一言ごあいさつを申し上げます。  両参考人には、御多用中のところ御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。当委員会におきましては、国の安全保障に関する件について調査を行っておりますが、本日は、特に核軍縮問題について、それぞれの立場から忌憚のない御意見をお述べいただきたいと存じます。  なお、御意見は初めにそれぞれ三十分程度お述べいただき……

第102回国会 安全保障特別委員会 第4号(1985/04/08、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中川昭一君。
【次の発言】 天野寺君。
【次の発言】 奥野一雄君。
【次の発言】 午後一時から再開することとし、この際、休憩いたします。     午後零時二十六分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  質疑を続行いたします。上田哲君。
【次の発言】 山田英介君。
【次の発言】 神崎武法君。
【次の発言】 渡部一郎君。
【次の発言】 東中光雄君。

第102回国会 安全保障特別委員会 第5号(1985/04/17、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。森清君。
【次の発言】 上田哲君。
【次の発言】 左近正男君。
【次の発言】 渡部一郎君。
【次の発言】 東中光雄君。
【次の発言】 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後五時四十八分散会

第102回国会 安全保障特別委員会 第6号(1985/05/22、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  この際、委員長から一言申し上げます。  夏目防衛事務次官の出席について理事会において協議いたしましたが、この件につきましては引き続き協議することになりました。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。月原茂皓君。
【次の発言】 前川旦君。
【次の発言】 神崎武法君。
【次の発言】 安倍基雄君。
【次の発言】 東中光雄君。
【次の発言】 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後六時三分散会

第102回国会 安全保障特別委員会 第7号(1985/06/19、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  この際、加藤防衛庁長官より発言を求められておりますので、これを許します。加藤防衛庁長官。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中川昭一君。
【次の発言】 上田哲君。
【次の発言】 加藤万吉君。
【次の発言】 吉田之久君。
【次の発言】 東中光雄君。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  国の安全保障に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第102回国会 安全保障特別委員会 第8号(1985/10/08、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○森下委員長 これより会議を開きます。  国の安全保障に関する件について調査を進めます。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中川昭一君。
【次の発言】 上田哲君。
【次の発言】 この件につきまして先般官房長官談で、臨時国会が始まった場合には正式に国会に報告いたしますというような趣旨の報告は新聞等で見ております、また聞いております。当委員会においては、これに絞って委員会は開いておりません。たまたま中川委員から質問の形で防衛庁長官にただした、防衛庁長官の方からその経緯をお答えしたということでございまして、メーンテーマではないことは事実でございます。ただ、先月の十八日に新聞等でも大き……


森下元晴[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

 期間中、各種会議での発言なし。

森下元晴[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

森下元晴[衆]在籍期 : 30期-32期-33期-34期-35期-36期-|37期|-38期
森下元晴[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。