武部文 衆議院議員
37期国会発言一覧

武部文[衆]在籍期 : 31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期
武部文[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは武部文衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

武部文[衆]本会議発言(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 衆議院本会議 第25号(1984/05/15、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部文君 ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員島田安夫先生は、さきの総選挙後、体の不調を訴えられ、入院療養中であり、その後快方に向かわれ、暖かくなれば退院できると聞いておりましたのに、去る四月十一日、御病状にわかに悪化し、東京医科大学病院において逝去されました。病名は急性腎不全、享年六十四歳でありました。まことに痛惜の念にたえません。  島田さんは、昨年十二月、第三十七回総選挙において、見事最高点で再選を果たされました。その日の島田さんの満面さわやかなお喜びの様子は、ついきのうのことのようですし、また、この国会召集日の前日、上京の際一緒になり、「御苦労さんでした、お互いにしっか……

武部文[衆]本会議発言(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

武部文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 逓信委員会 第2号(1984/03/23、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 五十九年度のNHK予算の大綱が発表されますと、マスコミからは水膨れだ、あるいは甘さがあるというようなことでいろいろと書き立てられました。国民から受信料を得て運営されておるNHKだけにそうした批判については謙虚に耳を傾けなければならぬ、このように思います。しかし、人は減らせ、番組の質は落ちてもいいというような、言うならば臨調的な行政改革路線には私は賛成できないのであります。  公共放送の使命は、第一番に言われる報道にしても、あるいは娯楽番組にしても、あるいは教養番組にしても質の高い番組を人々に提供することにあると思います。公共放送は主食で民放は副食だというような例えをする人もあります……

第101回国会 逓信委員会 第4号(1984/04/11、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 午前中にいろいろやりとりがございまして、お伺いをいたしておりました。できるだけ重複する点は避けたいと思いますが、この値下げの問題につきましては、私は賛成であります。しかし、料金全般について、あるいは今後の電電公社の料金体系のあり方についていろいろ意見も持っておりますし、お聞きしたい点がありますから、二、三お伺いをするわけであります。  最初に総裁にお伺いをいたしますが、先ほどマスコミの問題が若干取り上げられておったわけでありますが、ことし初めての総裁の記者会見の模様が業界紙に詳しく載っておりました。それを拝見をいたしましたが、この業界紙の総裁の記者会見の模様は一問一答式になっており……

第101回国会 逓信委員会 第5号(1984/04/12、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 大臣の所信表明に対する質疑を行うわけでありますが、私は時間の関係がございますので、郵政三事業に限って質問をいたしますので、御回答をいただきたいと思うのであります。  今、郵政三事業は、私どもから見ると大変な状態になりつつある、こういう認識であります。郵政事業は、郵便、貯金、保険の三事業が一体となって行われ、それが全国二万数千の郵便局を通じて、国民の経済生活の向上やあるいは福祉の増進、そういう面に非常に大きな役割を果たしてきておる、こういう理解を持っておるわけであります。  今日、郵便が宅配便の急増によって大変な事態になりつつある。しかし、今日郵便というのは、ことしのような大変な豪雪……

第101回国会 逓信委員会 第11号(1984/06/27、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 私は、今回提出されました電電関係の三法案について、基本的な問題についてこれから郵政省及び電電公社の見解をただしたいと思うのであります。  まず、今回提出されたこの三法案は、百年を超す電信電話事業の今日までのあり方から、一転をして民営に移すという文字どおりの大改革であります。この大改革が行われるに至った背景は、一体何であるか。この背景は、言うまでもなく臨調の答申であります。この臨調の答申の中で、今日まで第四部会がいろいろ論議をしてきた内容を見ますと、論議の中心は、親方日の丸はすべて悪である、民営にしなければそういう体質は解決できないという、いわゆる一面しか見ない余りにも狭い視野に立っ……

第101回国会 逓信委員会 第17号(1984/07/13、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 大変お忙しいところをありがとうございました。短い時間でございますので断片的な質問になりますが、お許しをいただきたいと思います。  今、臨調が論議をされた問題点についてお伺いをいたしました。固定費の増加と収入の比率の問題あるいは人員構成の問題、こういうような状況が続くならば将来これは料金の値上げにつながる危険がある、したがって民営にし、分割にし、そしてそこに競争原理を導入していかなければならぬ、こういう発想で臨調が答申をまとめられた、こういうことのようであります。  私は、なぜこんなに臨調が民営化を急がれるのか、しかも競争と民営化が同時に行われたという例は世界にないのじゃないかという……

第101回国会 逓信委員会 第18号(1984/07/19、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 この法案が提出されましてから、当委員会できょうまでいろいろ論議をしてきたわけですが、私は、第一に、なぜこのような重要な民営あるいは競争導入というものをこのように内閣は急ぐのか、この法案の提出は、提出期限をはるかにおくれて国会に提出をされてきました。特に中曽根総理はこの法案の提出に異常なほど熱心だと言われておるわけでありますが、私は大変疑問に思うのであります。  俗な言葉で言えば、この株のもうけで国の借金を穴埋めしよう、あるいはまさに将来洋々たる通信事業に対して、電電公社の独占に任せる手はない、民間の企業ももうけは自分らも当然手にすべきである、そういう圧力がかかったのではないか。さら……

第101回国会 物価問題等に関する特別委員会 第1号(1983/12/28、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの岸田文武君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、金子みつ君が委員長に御当選になりました。  委員長金子みつ君に本席をお譲りいたします。

第101回国会 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1984/04/03、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 河本長官がおくれておいでになるようでございまして、景気の問題に関連をして、最初にこれから申し上げます数字について、私の方の認識に誤りがあれば訂正をいただきたいし、我々の主張、数字が正しければそのようにお答えをいただいておきたいと思うのです。  去年の三月、OPECが画期的な原油の値下げをやりました。ちょうどあれから一年たったわけであります。まさしく十年目のボーナスだとか、あるいは恵みの雨だとかいうような言葉が新聞に出まして、世界の消費国はこのバレル五ドルという値下げを経済政策の転換、景気回復に結びつけようと非常に努力をしておることが私どもの目からもうかがえるわけであります。特に西ド……

第101回国会 物価問題等に関する特別委員会 第7号(1984/06/21、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部委員 最初に公取委員長にお伺いいたしたいと思います。  ことしの二月二十四日に、注目の石油やみカルテル事件の最高裁の判決が出されたわけであります。その後、できるだけ早い機会に公正取引委員会の見解をお伺いいたしたいと思っておりましたが、その機会を失しまして、ちょっと時期外れでございますが、この石油やみカルテル事件の最高裁判決というのはこれからの我が国に与える影響は非常に大きいものがあるというふうに私は理解をいたしておりますので、この機会に公正取引委員会の見解を改めてお伺いをいたしたいのであります。  我が国の産業界の中には、カルテルというのはやり得だ、後でいろいろなことを言われてもやった方……


武部文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

武部文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 予算委員会第一分科会 第2号(1984/03/12、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部分科員 私は、航空自衛隊美保基地の問題について数点お伺いをいたします。  航空自衛隊の美保基地は、現在航空輸送団が設置をされておる基地でありますが、C46からC1輸送機にかわりまして、現在C1輸送機がそこに駐屯をしておるわけであります。この基地は、昭和十八年に第一期工事が完了して、戦後自衛隊の基地になり今日に至っておりますが、昭和三十一年、三十六年当時、防衛庁から滑走路の延長問題が提起をされまして、大変な問題に発展をし、いずれも撤回をされて今日に至っておるわけであります。防衛庁としては、この航空自衛隊美保基地の滑走路の延長は現在する意思はない、このように理解をしてよろしいかどうか、最初に……

第101回国会 予算委員会第七分科会 第2号(1984/03/12、37期、日本社会党・護憲共同)

○武部分科員 私は、民航で言えば米子空港、所属、所管は自衛隊でありますからこれは航空自衛隊美保基地、この問題について若干質問をいたします。  現在、千五百メートルの滑走路でありまして、過去、この自衛隊の基地の滑走路延長問題をめぐって、昭和三十一年、三十六年、二回にわたって延長の計画が発表されまして、地元は大変な混乱に陥り、強い地元の反対によって、二回にわたる延長は撤回をされたわけであります。今日、千五百メートルの滑走路にC1ジェット輸送機が発着をいたしておりまして、それを民航が併用しておる、こういう実態であります。  こういうときに、運輸省が今回、自衛隊の飛行場である美保基地の滑走路の突端に、……



武部文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

武部文[衆]在籍期 : 31期-32期-34期-35期-36期-|37期|-39期
武部文[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊