玉置一弥 衆議院議員
43期国会発言一覧

玉置一弥[衆]在籍期 : 34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|
玉置一弥[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは玉置一弥衆議院議員の43期(2003/11/09〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は43期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院43期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
玉置一弥[衆]本会議発言(全期間)
34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院43期)

玉置一弥[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|
第159回国会(2004/01/19〜2004/06/16)

第159回国会 国土交通委員会 第2号(2004/02/27、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 石原大臣になりましてから初めての質問でございまして、私は、石原大臣が行革担当大臣として小泉内閣の中でやってこられて、この経験をどういうふうに国土交通大臣として生かしていかれるかということに大変興味を持っております。  というのは、財政の面から考えてみて、日本はもうまさに追い詰められた状態という状況の中で、またしても、民主党が従来から指摘しておりますように、公共事業関係の費用が、漸次低減はしてきておりますけれども、しかし、諸外国に比べてまだ率としては約二倍程度というのが維持されてきている。それから、社会資本関係も、何か事あると社会資本の充実のためという、いわゆる公共の福祉的な、憲法に……

第159回国会 国土交通委員会 第12号(2004/04/09、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 小泉総理は、きょうは大変重要な課題を抱え、また時期的にも大変なときでございますが、大変貴重な時間をとっていただきまして、ありがとうございます。  私ども民主党としても、昨日から、今のイラク問題、特に緊急事態ということで、国会の対応も考えていこうということで論議をしてまいりました。早朝から総理にもいろいろ申し入れをし、もし、急務で閣議を開かれるようなことがあればいつでも御退席をしていただいて結構だということもありますし、委員会も、国土交通大臣もおられますから、そういうときには休憩をする、あるいは延期をするという準備をいたしておりまして、いつでもその心構えで質問をさせていただきたい、こ……

第159回国会 国土交通委員会 第13号(2004/04/13、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 民主党の玉置一弥でございます。  きょうは、参考人の皆さん方には、大変お忙しい中、この国土交通委員会に御参加いただきまして、ありがとうございます。  今回の高速道路民営化法案、これは私たち国民が期待しているものなのかどうか、あるいは道路行政のあり方がこれから変わっていくのかどうか、こういうところが大変大きな問題点だというふうに見ておりまして、私ども、政府の民営化推進委員会の成り行きからずっと注目をしてまいりました。そして、今回政府案が提出をされまして、まず一番びっくりいたしましたのは、民営化推進委員会が出しました意見書、これと政府案が大分違うなという感じを受けたんですが、先日、小泉……

第159回国会 国土交通委員会 第17号(2004/04/23、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 ただいま議題となりました高速道路株式会社法案、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構法案、日本道路公団等の民営化に伴う道路関係法律の整備等に関する法律案及び日本道路公団等民営化関係法施行法案に対する附帯決議案につきまして、自由民主党、民主党・無所属クラブ及び公明党を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文はお手元に配付してありますが、その内容につきましては、既に質疑の過程において委員各位におかれましては十分御承知のところでありますので、この際、案文の朗読をもって趣旨の説明にかえることにいたします。     高速道路株式会社法案、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構……

第159回国会 国土交通委員会 第21号(2004/05/14、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 非常に私たちにとりましては待ちに待った景観法という気持ちでございまして、今まで、特に景観条例等、地方の都市にとりまして法的根拠が欲しいというお話を再三賜ってきたわけでありますが、なかなか強制力を持つような背景がなかったというところから、ちょっと遅きに失するかなというふうな感じもしていたわけです。しかし、これからの豊かな日本の郷土あるいは生活環境というものをつくっていく上におきまして、なくてはならない、そういう法律がようやく、背景にして、また景観が一層いい方向に進められていくということで期待をしております。  ことしは、都市再生法とこの二つが非常にいい法律で、あとは、よくないとは言い……


■ページ上部へ

第161回国会(2004/10/12〜2004/12/03)

第161回国会 国土交通委員会 第2号(2004/10/26、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 災害の続く中での国土交通委員会になりましたけれども、北側大臣には大変幅の広い分野を受け持っていただくということになりまして、ぜひ頑張っていただきたいというふうに思います。  また、午前中からの審議の状況、あるいは本会議の答弁等聞いておりまして、評価はいろいろ分かれますけれども、私自身、今回の地震や風水害、これにつきましては、日ごろの社会資本整備の中で、確実に押さえるところは押さえるというところがある、また、その効果も出ているだろう、こういうふうに思いますが、しかし、それでも、例えば気象条件が変わってきたり、あるいは地震も、たまたま震源地を通り越した新幹線であったりとかいろいろなこと……


■ページ上部へ

第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 国土交通委員会 第4号(2005/03/18、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 昨年来、公共事業の品質確保についての法案をつくる上に当たりまして、いろいろな方々の御協力をいただいて、ようやくまとまってまいりました。そういう中で、今までの問題点、たくさん我々は危惧するところがあるわけですが、その一部を確認したいというふうに思います。  公共事業そのものは、全体として、だんだん額的にも減ってまいっております。片方では、社会資本整備、そして地域経済対策あるいはある意味での景気対策ということで、まだまだ必要な部分があるかと思いますが、そういう取り合いになってきている業者間の状況を見ておりましても、この法案に盛り込まれておりますように、果たして価格だけの競争が行き過ぎて……

第162回国会 国土交通委員会 第7号(2005/04/06、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 きょうは、梅田局長に集中して質問をしたいと思います。  大変いい法律をつくっていただいて、今までの都市の、特に通勤通学者の利便性という面から大変大きなバックアップになるだろうというふうに思いますし、駅が、私たちバリアフリーを推進している者からいたしますと、JRと民鉄とのつながりが非常に悪い。これを一日も早く解消していただかないと、鉄道の乗りおりだけではなくて、つなぎですね、この面でやはり電車に乗れなくなってしまうということが多々あるわけでございますし、障害者の方々からも、乗るところまではいいんですけれども、行った先が大体だめになっているという話をよく聞いて、結局利用できるところは非……

第162回国会 国土交通委員会 第10号(2005/04/15、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 けさから聞いておりますと、大体同じ分野で同じような質問になるかと思いますが、若干見方を変えて質問していきたいというふうに思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。  基本的には、経済の伸びにかかわらず、港湾の取扱数量は横ばいということでございますし、コンテナがふえたにもかかわらず、まだその分が上乗せされていないということで、先ほどからのお話の中でありますように、東南アジアの主要な港湾にかなり取り扱いの荷物がとられている、こういう感じを受けるわけでございます。  制度そのものが、港湾管理者が公共企業体といいますか、いわゆる役所でございまして、そういうところが、港湾づくりには熱心でご……

第162回国会 国土交通委員会 第24号(2005/06/29、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 おはようございます。異例に早い委員会の開会でございまして、国会職員及び役所の皆さん方の早朝からの準備、大変だったと思いますが、よろしくお願い申し上げます。  きょうは、航空法の一部を改正する法律案並びに最近の航空行政についていろいろとお伺いをしていきたいと思います。  最近の航空のいろいろな不祥事といいますか事故等がございまして、国民の皆さん方は航空行政がちょっと手ぬるいのではないかというふうな印象をお持ちの方がたくさんおられまして、私どもの方にもっといろいろ追及をしてくれという話があるんです。  この流れを追っていきますと、やはり、この二十年間に飛行機の発着あるいは機種の数、こう……

第162回国会 内閣委員会 第3号(2005/03/16、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 地域再生法という、何か非常にいい名前の法律でございますが、きのう本会議で宇佐美君が質問しまして、どうも名前につられて賛成しそうだというふうな話もしておりましたけれども、私たち、田舎を抱えた市町村を選挙区にした議員からしますと、昔のいろいろな懸案のいわゆる縦割り行政、これに対して一歩踏み込んだ法律というふうな感じを受けるわけです。  縦割り行政の弊害についてはまた後ほどお話しするかと思いますが、私どもからすると、同じような類似の補助金が各省庁から個別に出ているということ、それから、省庁間の調整が行われないままに何年計画というふうな長期的な事業計画を打ち出されて、そのときにうまく乗らな……

第162回国会 内閣委員会 第6号(2005/04/01、43期、民主党・無所属クラブ)

○玉置委員 私ども、この国会の中では非常に長い時間審議をされ、また廃案になりという経過のこの法律案でございますが、国民のいろいろな人々の声を聞きますと、やはり歴史的ないろいろな大きな意義のある昭和という名前、これをぜひ残してほしいという話がございました。  特に、私どもからいきますと、昭和から平成に変わった直後に、私どもの同僚でございました柳沢錬造参議院議員が初めて議会に提唱したということもございます。その当時は、その議員連盟が四百人を超える議員さんが賛同して、圧倒的多数で決議はしたものの日の目を見なかったということで、非常に異例のことだというふうに思うんですが、いろいろな面で見ると、それぞれ……


玉置一弥[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院43期)

 期間中、各種会議での発言なし。

玉置一弥[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

玉置一弥[衆]在籍期 : 34期-35期-36期-37期-38期-41期-42期-|43期|
玉置一弥[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 43期在籍の他の議員はこちら→43期衆議院議員(五十音順) 43期衆議院議員(選挙区順) 43期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊