井上義久 衆議院議員
43期国会発言一覧

井上義久[衆]在籍期 : 39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期
井上義久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは井上義久衆議院議員の43期(2003/11/09〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は43期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院43期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
井上義久[衆]本会議発言(全期間)
39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院43期)

井上義久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期
第159回国会(2004/01/19〜2004/06/16)

第159回国会 経済産業委員会 第2号(2004/02/27、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  本日は、中小企業政策に絞って何点か質問をさせていただきたいと思います。  今も御指摘ありましたけれども、景気は回復への着実な軌道を歩み始めている、そのとおりだと思いますけれども、中小企業とか地域経済にとっては、まだその影響というのは十分に波及していないわけでございまして、これからの内需主導の本格的な景気の回復軌道を目指すためには、我が国経済の中核を占める中小企業の活性化がやはり経済再生のかぎだ、また地域経済にとりましても全くそのとおりだ、こう思うわけでございます。  中小企業対策として、私は、一つは、中小企業セーフティーネットの構築、発動、そ……

第159回国会 経済産業委員会 第12号(2004/04/23、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  参考人の皆様には、御多忙の中、本委員会に出席を賜り、また貴重な意見を賜りましたことを、まず冒頭に心から御礼申し上げる次第でございます。  では、順次御質問させていただきますけれども、まず後藤先生に質問をさせていただきます。  先生御指摘のように、労働、資本が右肩下がりの中で日本が長期的な、継続的な発展を遂げていくためには、やはり技術進歩が最も重要なメルクマールであると、私も全くそのとおりでございますし、そのためには研究開発を活発化しなきゃいかぬ、またそれにふさわしい特許制度のあり方が重要である、全くそのとおりでございます。私は、プレーヤーは二……

第159回国会 経済産業委員会 第13号(2004/04/28、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  まず初めに、中川大臣に、特許審査の迅速化について基本的なお考えをお伺いしたいと思います。  現在、審査待ち案件はおよそ五十万件、審査の順番待ち期間も、アメリカの十四カ月あるいは欧州の二十一カ月に比べて、二十六カ月と長期化しております。さらに、審査請求制度、請求期間が七年以内から三年以内に短縮をするということに伴って三十万件程度急増される、このように予測をされておりまして、審査待ち期間もさらに延びることが懸念されているわけです。加えて、国立大学の独立行政法人化によって大学からの特許申請も今後相当にふえる、このように考えられます。  そこで、科学……

第159回国会 経済産業委員会 第17号(2004/05/28、43期、公明党)

○井上(義)委員 初めに、JIS法についてお伺いしたいと思います。  我が国のJISマーク表示制度、これまでは政府により指定された機関によって認証され、また試験事業についても、認定事業者によって行われてきたわけです。今回の改正で、標準化事業は、認証機関、試験事業者とも登録を受けた民間の第三者機関に開放されるということになります。  JISマーク制度は、これまで政府が強く関与することで我が国の工業製品の質を向上、維持してきたということは間違いのない事実だ、こう思います。今回の規制緩和、民間開放、これはこれで結構なことなんですけれども、それによって、我が国のJISマーク制度そのものの信頼性が損なわ……

第159回国会 経済産業委員会 第18号(2004/06/11、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  参考人の皆様には、当委員会にお出ましをいただきまして、貴重な意見を賜りまして、ありがとうございました。  私から、まず武石参考人にお伺いをいたしますけれども、石油の需給の関係で、イラクの問題ですけれども、主権移譲され、安定化するにはかなりのハードルを乗り越えなければいけないと思いますけれども、いずれにしても、イラクの経済再建にとってこの石油というのは非常に大きな役割を果たすわけでございます。そういう意味では、長期的に見ますと、供給圧力が相当高くなるだろうというふうに思っているわけですけれども、このイラクの石油供給というものが本格化した場合の、……

第159回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2004/05/12、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  大臣、所用もおありのようでございますから、初めに、永住外国人の地方参政権付与の問題についてお伺いしたいと思います。  この国会でも、私ども公明党、永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権付与に関する法律案、これを提出しております。できるだけ速やかに、各会派の御協力を得て審議し、採決をしていただきたいとまずお願いする次第でございます。  この件に関し、まず総務省に、この定住外国人に対する地方参政権付与につきまして、それぞれ都道府県、市町村で決議や、あるいは地方自治法に定める意見書を採択していると思いますけれども、総務省として受理……


■ページ上部へ

第160回国会(2004/07/30〜2004/08/06)

第160回国会 経済産業委員会 第1号(2004/08/04、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  まず、質問の前に、七月の新潟、福島、福井の集中豪雨、そして先日の台風十号に伴う豪雨によって亡くなられた方々、そして被災された皆様方に心からお見舞いを申し上げたいと思います。あわせて、災害復旧に努めておられます関係者、また多くのボランティアの皆さんの御労苦に対しても心から敬意を表したいと思います。  今回の集中豪雨による被害、人的な被害、住宅の被害、さらに農業、それから道路、鉄道等の社会基盤、それに加えて今回は特に、いわゆる地場産業が集中している地域に非常に大きな災害をもたらしたということが一つの大きな特徴じゃないかというふうに思うわけでござい……


■ページ上部へ

第161回国会(2004/10/12〜2004/12/03)

第161回国会 予算委員会 第2号(2004/10/18、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  まず私は、きょう、総理に災害対策についてお伺いをしたいと思います。  ことしは台風六号に始まりまして、七月の新潟、福島の集中豪雨、そして福井の集中豪雨、さらには台風十六号、十八号、二十一号、二十二号と、近年まれに見る災害の年となりました。甚大な被害を日本列島にもたらしたわけでございます。  冒頭、今回の一連の災害でお亡くなりになりました方々に改めて心から哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げる次第でございます。  災害から国民の生命財産を守るのは政治の最大の責務でございます。被災者の生活再建に対する支援、そして復興復……


■ページ上部へ

第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 予算委員会 第4号(2005/02/02、43期、公明党)

○井上(義)委員 公明党の井上義久でございます。  初めに、イラクの問題につきまして質問をしたいと思います。  イラクの国民議会選挙、世界が注視する中で、多くの困難にもかかわらず、投票が実施できました。私は、イラクの民主化に向けた重要な第一歩であった、このように思っております。今後とも、我が国はイラクの新しい国づくりのために全力で支援をしていかなければいけないというふうに思いますけれども、今回の選挙について、総理の評価をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 今後の民生の安定を考えますと、やはり地元のイラク人の雇用確保が重要なかぎになるのではないか、このように認識しております。  我が党は、か……


井上義久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院43期)

井上義久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期
第162回国会(2005/01/21〜2005/08/08)

第162回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第2号(2005/04/26、43期、公明党)

○井上(義)分科員 公明党の井上義久でございます。  私からは、きょうは、先天性の胆道閉鎖症に苦しんでおられる患者の方々に対する支援についてまずお伺いしたいと思います。  まず、先天性の胆道閉鎖症患者の実態について、厚生労働省としてどのように把握をされているのかということについてお伺いしたいと思います。一九八三年に小児慢性特定疾患に指定されたわけでございますけれども、それ以降発症した患者の数、またその中で生存されている方の数、割合ですね、そのことについてお伺いしたいと思います。  それから二点目は、現在、患者の中で、十八歳まで、これは今回、児童福祉法の改正によって二十まで支援されることになった……



井上義久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

井上義久[衆]在籍期 : 39期-41期-42期-|43期|-44期-45期-46期-47期-48期
井上義久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 43期在籍の他の議員はこちら→43期衆議院議員(五十音順) 43期衆議院議員(選挙区順) 43期衆議院統計