枝野幸男 衆議院議員
44期国会活動統計

枝野幸男[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-|44期|-45期-46期-47期-48期-49期
枝野幸男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは枝野幸男衆議院議員の44期(2005/09/11〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は44期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院44期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第163回国会
(特別:2005/09/21-2005/11/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2006/01/20-2006/06/18)
2回
18427文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第165回国会
(臨時:2006/09/26-2006/12/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2007/01/25-2007/07/05)
3回
30944文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
1回
2937文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2008/01/18-2008/06/21)
2回
3817文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2009/01/05-2009/07/21)
1回
7029文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



44期通算
(2005/09/11-2009/08/29)
9回
63154文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


枝野幸男[衆]本会議発言(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院44期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


16回
(6回)
6回
(0回
0回)
45617文字
(0文字
0文字)

43回
(13回)
18回
(1回
0回)
158080文字
(18文字
0文字)

15回
(14回)
9回
(0回
0回)
84256文字
(0文字
0文字)

25回
(21回)
12回
(0回
0回)
113323文字
(0文字
0文字)

第167回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

9回
(4回)
5回
(4回
0回)
19826文字
(7838文字
0文字)

22回
(7回)
7回
(7回
0回)
11964文字
(11964文字
0文字)

7回
(4回)
4回
(4回
0回)
3536文字
(3536文字
0文字)

43回
(26回)
20回
(0回
0回)
141198文字
(0文字
0文字)


44期通算
181回
(96回)
81回
(16回
0回)
577800文字
(23356文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


5回
(0回)
5回
(0回
0回)
22029文字
(0文字
0文字)

6回
(4回)
1回
(0回
0回)
3773文字
(0文字
0文字)

第169回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第171回国会
2回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


44期通算
15回
(5回)
6回
(0回
0回)
25802文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
61回
(0回)
13回
(0回
0回)
法務委員会

2位
49回
(49回)
9回
(0回
0回)
予算委員会

3位
32回
(32回)
17回
(1回
0回)
日本国憲法に関する調査特別委員会

4位
18回
(15回)
18回
(15回
0回)
決算行政監視委員会

5位
14回
(0回)
10回
(0回
0回)
消費者問題に関する特別委員会

6位
4回
(0回)
4回
(0回
0回)
内閣委員会

7位
2回
(0回)
7回
(0回
0回)
厚生労働委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

9位
0回
(0回)
1回
(0回
0回)
議院運営委員会

9位
0回
(0回)
2回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
5回
(0回)
5回
(0回
0回)
日本国憲法に関する調査特別委員会日本国憲法の改正手続に関する法律案等審査小委員会

2位
3回
(3回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

3位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第一分科会

3位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

3位
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
日本国憲法に関する調査特別委員会公聴会

6位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

決算行政監視委員会(第168回国会)
決算行政監視委員会(第169回国会)
決算行政監視委員会(第170回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

日本国憲法に関する調査特別委員会(第163回国会)
日本国憲法に関する調査特別委員会(第164回国会)
予算委員会(第165回国会)
日本国憲法に関する調査特別委員会(第165回国会)
日本国憲法に関する調査特別委員会(第166回国会)
予算委員会(第166回国会)
予算委員会(第167回国会)
予算委員会(第171回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

枝野幸男[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院44期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)0本
第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)0本
第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)0本
第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)0本
第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)1本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)2本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)0本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本


44期通算(2005/09/11-2009/08/29)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第168回国会(2007/09/10〜2008/01/15)

薬害肝炎症例リスト隠蔽問題に関する質問主意書

第168回国会 衆議院 質問主意書 第262号(2007/11/22提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
民主党は、「B型・C型肝炎総合対策推進本部」内に、「薬害肝炎隠蔽問題調査チーム」(座長・枝野幸男、事務局長・本多平直前衆議院議員)を設置し、薬害肝炎問題に関する厚生労働省の情報隠蔽体質について調査、追及を進めている。この調査に資するため、田辺三菱製薬のフィブリノゲン四一八症例のリストについて以下質問する。
一 個人情報を特定可能なマスキングのない資料を厚生労働省地下倉庫から発見した者を、山井議員…
答弁内容
一、三及び四について
厚生労働省としては、今月末を目途にフィブリノゲン資料問題及びその背景に関する調査プロジェクトチーム(以下「調査チーム」という。)の最終報告書(以下「最終報告書」という。)を取りまとめることとしており、お尋ねの点についても、氏名等の個人情報の保護に留意しつつ、最終報告書において、その調査結果等を公表することとしている。
二について
お尋ねの担当者の氏名等については、現在、…

■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

国民生活センター法改正案に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第277号(2008/04/09提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
消費者紛争の迅速な解決を図る目的で、紛争解決委員会を設置するという内容の国民生活センター法の改正案が提出された。しかし、その趣旨に不明確な点がある。
従って、次の事項について質問する。
一 消費者利益の擁護・増進を図るべき国民生活センターに設置される紛争解決委員会の仲介委員・仲裁委員は、消費者の立場で職務を行うのが当然である。この基本と改正案による第二十条第四項及び第三十条第五項とは矛盾しない…
答弁内容
独立行政法人国民生活センター(以下「センター」という。)は、独立行政法人国民生活センター法(平成十四年法律第百二十三号)第三条の規定により、「国民生活の安定及び向上に寄与する」ことを目的とし、情報力や交渉力において事業者と格差のある消費者の利益の擁護及び増進を図る機関として位置付けられている。お尋ねの独立行政法人国民生活センター法の一部を改正する法律案による改正後の独立行政法人国民生活センター法(…

民法第七六六条及び第八一九条、ならびに、非親権者と子の面接交流に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第357号(2008/05/08提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
多くの先進国では、離婚後の共同親権は、子にとって最善の福祉と考えられており、虐待などの特別な理由がない限り、子と親の引き離しは児童虐待と見なされている。また、日本が一九九四年に批准している、いわゆる『国連子どもの権利条約』第九条第三項では、父母の一方もしくは双方から分離されている児童が、定期的に父母のいずれとも直接の接触をする権利について規定している。
ところが、日本では、民法第七六六条及び第八…
答弁内容
1について
民法(明治二十九年法律第八十九号)第八百十九条は、父母が離婚した場合について、父母のいずれかをその子の親権者とするいわゆる単独親権制度を採用している。御指摘のような問題については、離婚後に父母の双方が子の親権者になるいわゆる共同親権制度を採用した場合であっても、例えば、離婚時における子の現実の監護者の選定や離婚後の面接交渉をめぐる父母間の争いなどが生じ得ると考えられる。したがって、法…

枝野幸男[衆]質問主意書(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|-45期-46期-47期-48期-49期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院44期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第163回国会、初出日付:2005/10/06、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第164回国会、初出日付:2006/02/23、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第165回国会、初出日付:2006/10/06、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第166回国会、初出日付:2007/02/07、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第168回国会、初出日付:2007/10/09、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第169回国会、初出日付:2008/03/18、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第170回国会、初出日付:2008/11/14、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第171回国会、初出日付:2009/01/07、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院44期 ※参考情報)

第168回国会
決算行政監視委員長議会

第169回国会
決算行政監視委員長議会

第170回国会
決算行政監視委員長議会

第164回国会
日本国憲法に関する調査特別委員長代理議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

枝野幸男[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-|44期|-45期-46期-47期-48期-49期
枝野幸男[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。