柚木道義 衆議院議員
44期国会活動統計

柚木道義[衆]在籍期 : |44期|-45期-46期-47期-48期-49期
柚木道義[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは柚木道義衆議院議員の44期(2005/09/11〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は44期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院44期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第163回国会
(特別:2005/09/21-2005/11/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2006/01/20-2006/06/18)
1回
1580文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第165回国会
(臨時:2006/09/26-2006/12/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2007/01/25-2007/07/05)
2回
7314文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第168回国会
(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第169回国会
(通常:2008/01/18-2008/06/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2009/01/05-2009/07/21)
1回
1607文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



44期通算
(2005/09/11-2009/08/29)
4回
10501文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


柚木道義[衆]本会議発言(全期間)
|44期|-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院44期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


13回
(0回)
3回
(0回
0回)
29096文字
(0文字
0文字)

38回
(0回)
7回
(0回
0回)
44033文字
(0文字
0文字)

19回
(0回)
4回
(0回
0回)
33822文字
(0文字
0文字)

49回
(0回)
10回
(0回
0回)
62628文字
(0文字
0文字)

第167回国会
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

13回
(0回)
2回
(0回
0回)
14081文字
(0文字
0文字)

23回
(0回)
2回
(0回
0回)
17284文字
(0文字
0文字)

10回
(0回)
2回
(0回
0回)
12386文字
(0文字
0文字)

22回
(0回)
6回
(0回
0回)
41153文字
(0文字
0文字)


44期通算
191回
(0回)
36回
(0回
0回)
254483文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(0回)
3回
(0回
0回)
18292文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
14340文字
(0文字
0文字)


44期通算
5回
(0回)
5回
(0回
0回)
32632文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
131回
(0回)
30回
(0回
0回)
厚生労働委員会

2位
29回
(0回)
5回
(0回
0回)
経済産業委員会

3位
7回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

4位
5回
(0回)
0回
(0回
0回)
日本国憲法に関する調査特別委員会

5位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会

6位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

6位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会

6位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
外務委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
教育基本法に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
財務金融委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
教育再生に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
環境委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第三分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第四分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

柚木道義[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|44期|-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院44期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)0本
第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)1本
第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)0本
第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)3本
第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)0本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)1本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)0本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本


44期通算(2005/09/11-2009/08/29)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

少年法改正案に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第359号(2006/06/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
今国会提出の少年法改正案(以下「本法案」という。)に関して、次の事項について厚生労働省に質問する。
一 児童相談所及び児童自立支援施設での子どもたちの状況からみて、ここ二〇年間で子どもたちが凶悪化したと考えるか。
二 社会環境などの変化にともない、児童相談所や児童自立支援施設では非行少年や触法少年に対応しきれなくなっていると考えるか。
三 児童福祉の観点にたって少年犯罪につき過ちをおかした子…
答弁内容
一について
児童相談所における非行相談の受付件数は、昭和五十九年度において二万九千五百八十九件であったものが、平成十六年度には一万八千三百六十二件と減少している。一方、児童自立支援施設の入所児童について、少年法(昭和二十三年法律第百六十八号)に基づく家庭裁判所の保護処分により入所してきた児童の数は、昭和五十八年度においては三百五十七人であったものが、平成十五年度には三百八十四人と若干増加している…

■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

安倍晋三首相の賞与返納に関する質問主意書

第166回国会 衆議院 質問主意書 第430号(2007/06/28提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
安倍晋三首相は、今回の公的年金記録不備問題(消えた年金記録)の責任をとり、けじめをつけるということで、夏の賞与の返納を決断された。柳澤厚生労働大臣をはじめ、他の関係閣僚も返納を決められた。
従って、次の事項について質問する。
一 今回の安倍晋三首相の返納額は七十三万円である。また、柳澤厚生労働大臣五十一万円、塩崎官房長官五十四万円、厚生労働省辻事務次官三百十万円、社会保険庁の村瀬長官が二百七十…
答弁内容
一について
安倍内閣総理大臣による期末手当の返納は、年金記録をめぐる諸問題に対するけじめとして、率直なお詫びの気持ちと徹底した社会保険庁改革への意思を表明し、その姿勢を明らかにするために行うこととしたものであり、塩崎内閣官房長官、柳澤厚生労働大臣、辻厚生労働事務次官、村瀬社会保険庁長官等もこれに倣い、それぞれの立場から、期末手当等を返納することとしたものである。
また、お尋ねの安倍内閣総理大臣…

厚生年金基金の請求漏れに関する質問主意書

第166回国会 衆議院 質問主意書 第431号(2007/06/28提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
政府与党は、年金の未払いが判明した場合、時効によって過去五年分しか支給されなかった現行法を改正し、全額受給できるようにする「時効特例法」を議員立法で提出した。六月十三日、衆議院厚生労働委員会の内山晃委員による質問の中で、「厚生年金基金の請求漏れの人たちに対して注意を喚起していただきたい」とする提案に対して、厚生労働省渡邉芳樹年金局長は、「早急に喚起したい」と答弁し、「その年金記録、厚生年金基金との…
答弁内容
一について
御指摘の答弁は、社会保険庁において厚生年金保険の被保険者期間を有する者の厚生年金基金への加入の有無について把握している旨を答弁したものであり、厚生年金基金の加入員等の厚生年金基金に対する裁定請求の有無について把握している旨を答弁したものではない。社会保険庁は当該裁定請求に対する裁定の権限を有しておらず、当該裁定請求の状況について、社会保険庁が把握する仕組みとはなっていない。

老齢基礎年金・老齢厚生年金にかかる五年超遡及および新規裁定に関する質問主意書

第166回国会 衆議院 質問主意書 第432号(2007/06/28提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
去る六月十三日、衆議院厚生労働委員会において、我が党の内山晃君が質問をした「老齢基礎年金・老齢厚生年金にかかる五年超遡及および新規裁定」について、同委員会の審議の中で、厚生労働省が平成十六年二月に作成した資料において、今回議員立法で提出され、審議している「厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律案」でも、救済されない事例が発覚した。この資料は、平成十一年度から平成十五…
答弁内容
一について
厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律(平成十九年法律第百十一号)は年金記録の訂正という事実に着目した特別な立法措置であり、同法においては、同法の施行日において厚生年金保険及び国民年金の受給権者等であった者について、年金記録の訂正がなされた上で当該受給権に係る裁定(裁定の訂正を含む。)が行われた場合には、当該受給権について五年の消滅時効が完成している場…

■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

後期高齢者医療制度導入の影響に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第453号(2008/05/29提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 後期高齢者医療制度の影響、すなわち、老人保健制度を続けていた場合との比較について伺う。診療報酬の変化や自己負担の引き上げなどの影響ではなく、後期高齢者医療制度を導入するか否かのみの影響について回答願いたい。
@ 後期高齢者医療制度を導入したことにより、導入せずに老人保健制度を維持していた場合と比べて、老人医療についての、公的負担は国と地方自治体それぞれいくらになるのか。
A 後期高齢者医療…
答弁内容
一の@からKまでについて
お尋ねの後期高齢者医療制度を導入するか否かのみの影響についての推計は行っていないため、いずれに対してもお答えすることは困難である。また、お尋ねの推計の時期等については、その是非も含め慎重に検討したい。
二について
お尋ねの年度の推計を行っていないことから、お答えすることは困難である。
三について
お尋ねに関しては、平成十八年の健康保険法等の一部を改正する法律案を…

柚木道義[衆]質問主意書(全期間)
|44期|-45期-46期-47期-48期-49期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院44期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第163回国会、初出日付:2005/10/12、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第164回国会、初出日付:2006/02/28、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第165回国会、初出日付:2006/10/27、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第166回国会、初出日付:2007/03/01、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第168回国会、初出日付:2007/11/02、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第169回国会、初出日付:2008/04/18、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第170回国会、初出日付:2008/11/14、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第171回国会、初出日付:2009/03/11、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院44期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

柚木道義[衆]在籍期 : |44期|-45期-46期-47期-48期-49期
柚木道義[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。