岡田利春衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  29期(1960/11/20〜)  186回出席(うち幹部出席 61回)   53回発言  510991文字発言
  31期(1967/01/29〜)  143回出席(うち幹部出席 73回)   60回発言  513408文字発言
  32期(1969/12/27〜)  102回出席(うち幹部出席 28回)   38回発言  403359文字発言
  34期(1976/12/05〜)  118回出席(うち幹部出席 32回)   31回発言  317930文字発言
  35期(1979/10/07〜)   28回出席(うち幹部出席 12回)    3回発言   24644文字発言
  36期(1980/06/22〜)  132回出席(うち幹部出席 52回)   44回発言  402019文字発言
  37期(1983/12/18〜)   89回出席(うち幹部出席 67回)   23回発言  246003文字発言
  38期(1986/07/06〜)   44回出席(うち幹部出席  1回)    8回発言   65954文字発言
  39期(1990/02/18〜)  114回出席(うち幹部出席 39回)   24回発言  179035文字発言

    衆議院在籍時通算    956回出席(うち幹部出席365回)  284回発言 2663343文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  336回出席 180回発言 石炭対策特別委員会
 2位  271回出席  42回発言 商工委員会
 3位  194回出席  28回発言 予算委員会
 4位   72回出席  18回発言 外務委員会
 5位   33回出席   7回発言 農林水産委員会
 6位   16回出席   0回発言 労働委員会
 7位   13回出席   1回発言 国際平和協力等に関する特別委員会
 8位   10回出席   1回発言 国際連合平和協力に関する特別委員会
 9位    4回出席   4回発言 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
 9位    4回出席   3回発言 内閣委員会
11位    3回出席   0回発言 災害対策特別委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

石炭対策特別委員会委員長(第89回国会)
労働委員会委員長(第126回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

石炭対策特別委員会理事(第39回国会)
予算委員会理事(第101回国会)
国際平和協力等に関する特別委員会理事(第122回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第37回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1960/12/22、29期)

今産炭地火力発電の問題が出たのでありますが、現在申請されておるのは北九州火力、それから常磐共同火力の七万五千キロ、加えて北海道釧路の低品位炭利用の七万五千キロ、それぞれ申請が出されておると思うのですが…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1961/02/10、29期)

ただいまの問題に関連いたして一、二点お伺いしたいと思います。先般の十二月二十二日の委員会でお伺いしたのですが、九州の協同火力の問題で、これはきわめて順調に電力会社と石炭会社側との話し合いが進んでおる…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1961/02/22、29期)

私はエネルギーの総合政策の若干の問題点について、いろいろお尋ねいたしたいと思うわけです。エネルギーの問題を取り上げる場合には、だれしもがエネルギー政策は産業の基盤をなすものである、このように言うので…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1961/03/03、29期)

前会に引き続きまして、エネルギー関係について御質問いたしたいと思います。国民所得倍増計画に基づくエネルギーの供給計画の中では、輸入原油の将来にわたっての増大ということが特に痛感されるわけです。この計…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1961/03/15、29期)

今、田中委員から質問された問題について、若干関連してお伺いしたいと思うわけです。たまたま今度の災害をめぐって監督官庁から今の問題について、席上明らかにされたわけであります。こういうケースが福岡だけに…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第30号(1961/04/25、29期)

ただいま上提されました石炭及び鉱産物の輸送費に関する決議案につきまして、自由民主党、日本社会党、民主社会党の三党を代表して趣旨の説明を行ないます。まず決議の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1961/05/11、29期)

聞くところによりますと、政府は十三日ごろに昭和三十六年度の補正予算を国会に提出する、こういうお話を聞いておるわけですが、この補正予算の中で、特に過般来当委員会並びに本会議で決議されました炭鉱保安に関す…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第37号(1961/05/18、29期)

質問に入る前に委員長にお願い申し上げておきますが、時間もありませんので、大臣に対して特に重点の問題を取り上げて質問してみたいと思うのであります。従って、後日またあらためて総合的に質問させていただけるよ…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1961/05/19、29期)

佐久参考人に一、二の問題についてお伺いしたいと思います。まず第一点は、先ほどから流通構造の合理化の問題が、参考人からも述べられておりますが、私は特に日本の産炭構造から考えてみて、流通構造の合理化とい…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第39号(1961/05/23、29期)

前会に引き続いて、石炭関係の法案についての質問を行ないます。特に時間が制約されておりますので、私は端的にお聞きしたいのですが、千二百円のコスト・ダウンを目標にいたしまして、今日合理化が進められており…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第49号(1961/06/05、29期)

私は、ただいま提案をされました自由民主党並びに日本社会党、民主社会党三党共同提案になる可燃性天然ガス及び石油の開発促進に関する決議に、賛成の討論を行なわんとするものであります。ただいま提案理由の中で詳…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 内閣委員会 第39号(1961/05/25、29期)

ただいま審議をされております北方地域旧漁業権者等に対する特別措置に関する法律案が提案をされておるわけでありますが、私は特にこの法律案の提案理由の説明で若干気にかかる点があるわけであります。それはこの提…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1961/10/07、29期)

ただいま提案になりました石炭関係五法案の中で、特に臨時石炭鉱害復旧法の一部を改正する法律案、さらに石炭鉱山保安臨時措置法案については、前国会でも十分質疑が行なわれたわけです。わが党としてもこの二法案に…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1961/10/12、29期)

前会の石炭対策特別委員会で通産大臣から、これからのわが国のエネルギーの政策に関する所信の表町が行なわれたわけです。この中で大臣は、これからのエネルギーに対する考え方として、当然エネルギーの流体化の傾向…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1961/10/17、29期)

前会に引き続きまして、若干エネルギーの基本問題について質問しまして、それから保安関係の質問をしたいと思います。そこで、まずお尋ねをしたいのは、これは企業局あるいは公益事業局それぞれの担当でけっこうな…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1961/10/25、29期)

ただいま伊藤委員から質問された燃料コストの問題について、一点だけお伺いしたい。これは質問というよりもある程度要請という面が非常に強くなると思うわけです。今のわが国のエネルギー価格の問題なんですが、こ…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1961/10/10、29期)

ただいま議題になりました北方地域旧漁業権者等に対する特別措置に関する法律案について、質問いたしたいと思います。私は前国会でも、この法案について御質問申し上げたのでありますが、その冒頭に政府は提案の理…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1962/04/10、29期)

関連ですが、今板川委員の質問は、先般の連合審査で私も質問した個所なんですが、問題は、製品の輸入については、当面自由化の計画に入っていないということで、あまり問題ないではないか、こういう意見なわけです。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第29号(1962/04/13、29期)

まず私は本法の本題に入る前に、いわゆる公正取引上の問題として一つの問題を御質問したいと思うわけです。それは現在、石災産業が、非常な技術革新あるいはまたエネルギー構造の革命の中で、非常に困難な状態にあ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1962/04/20、29期)

佐野参考人にお伺いしたいと思うのですが、ただいま述べられた意見は、いわゆる業者として特に要請をする、陳情をするという内容であったと思うわけです。そこで私は、若干の問題について御質問いたしたいと思うので…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1961/12/23、29期)

ただいま同僚の神田委員から御報告になりました福住炭鉱の災害に関して、特にこの災害の調査の結果きわめて重要な問題点について、端的に質問を申し上げたいと思うわけです。実は私も一緒にこの福住炭鉱の災害の視…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1962/01/31、29期)

きょうは大臣が出席できませんので、本法案に対する質問の予備的な質問、こういう軽い意味で若干質問いたしたいと思うわけです。今、多賀谷委員から資料の提出の要求がありました通り、炭鉱離職者の実態、あるいは…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1962/02/07、29期)

前回の委員会で事務当局に、今回出されております炭鉱離職者臨時措置法等の一部を改正する法律案の若干の質問をいたしておりますので、きょうは主として大臣に、これから炭鉱の合理化政策が進められていくにあたって…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1962/02/20、29期)

あすからの審議に必要な資料を要求したいと思います。できなければできないではっきりしてもらいたいと思います。まず第一点は、コストの関係なんですが、合理化法が施行されて今日までの合理化進行過程の中で、公…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1962/02/27、29期)

ただいま両案が当委員会に付託をされておりますが、私は主として産炭地域振興事業団法案について質問をいたしたいと思います。産炭地振興法に基づいて今回産炭地域振興事業団法案が提案をされておるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1962/03/07、29期)

大滝さんに二、三点お聞きしますが、先ほど説明を受けた中で、若干資料的な点を承りたいと思います。それは、現在の大峰の売り上げ手取りの平均は大体どの程度になっているんだろうかという問題が第一点です。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1962/03/13、29期)

関連して一、二点資金問題で御質問したいと思うのですが、前に政府から出してもらった資料と、今始関委員の配付した資料で、特に復金と見返り資金の関係では残高がずいぶん数字が違うように思うわけです。通産省から…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1962/03/22、29期)

産炭地域振興事業団法の一、二の点について御質問申し上げます。実は先般問題になりました第十九条の業務の範囲でありますが、私どもとしては事業団の設立に期待することは、もちろん産炭地域における疲弊している…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1962/03/28、29期)

麻生参考人に二、三点お聞きしたいと思うのですが、今日の炭鉱の合理化の実態をどのように認識しておられるかという問題。もちろん経営者も努力をして、何とか一つ自分の山の経営が立ち行かなければならないというこ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1962/03/29、29期)

ちょっと関連して。保安法に基づく部長の命令は二十七条に定められておるわけですね。しかも、保安監督官が部長の権限を代行するわけです。そこで、運用上の問題として二つあるわけです。法に基づく命令を出す場合と…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第23号(1962/04/06、29期)

おとといですか、商工委員会と石炭の連合審査のときに、これからの政府のエネルギー政策について、私は質問をいたしたわけです。その際、通産省の企業局の方の答弁としては、総合的なエネルギー政策を検討していくの…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1962/04/09、29期)

政府が先般石炭対策について閣議決定をしたわけでありますが、その閣議決定に関連して、現在若干労使間に未解決の面がございますので、その点についてまず質問したいと思います。閣議決定の内容は、政府が強力な調…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 農林水産委員会 第23号(1962/03/23、29期)

私は今回の北洋のサケ・マスに対する政府の自主規制の案について質問いたしたいと思うわけであります。まず私は、ある程度の自主規制をとって資源の保護をはかる、こういう立場については是認をいたしておるわけであ…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1962/08/14、29期)

ただいま福田大臣から所信の表明があり、あわせて最近の災害についての報告があったわけですが、今所信表明の中にありましたように、石炭鉱業調査団がそれぞれ現地の調査を終了しまして、来月の中旬にはその答申を出…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1962/08/29、29期)

この際若干資料の要求をいたしたいと思いますが、現在の九社、並びに電発を含めて十社になるわけですが、現有火力発電所、特に石炭火力の問題なんですが、最近新鋭火力ができて、石炭と油の比率というものが、その場…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1962/09/01、29期)

ちょっと資料要求について。前回の石炭対策特別委員会で、私の方から資料の要求を実はいたしておるわけです。資料の提出を求めたのでありますが、その後その資料がなかなか出て参らないのです。すでに委員長も御存じ…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1962/10/18、29期)

石炭調査団が半歳の間わが国の石炭産業の方向をきめるために努力されましたことに対して、心から敬意を表します。まず、十三日の日に石炭鉱業調査団が、池田総理大臣に答申大綱を示されたわけです。これはあくまで…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1962/09/03、29期)

私は、北海道十勝太に建設予定をされておりますロラン・サイト施設並びに矢臼別の演習場の問題について、質問いたしたいと思います。時間がありませんので、端的にお尋ねをしますが、このロランCの問題は、すでに…会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1962/12/18、29期)

ただいま議題になっております石炭関係の四法案に関連して、御質問を申し上げたいと思います。有沢調査団の答申の中で特に、池田総理が炭鉱労働者に約束している雇用の安定を第一義的に考える、その趣旨に基づいて…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1963/03/12、29期)

私は、亜麻産業の問題について質問をいたします。まだ繊維局長が来ておりませんから、ほかの省の関係の質問を先に行ないたいと思います。今日、亜麻産業は、実は経営の合理化その他で多くの問題が発生いたしておる…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1963/02/01、29期)

政府は、前国会に石炭関係の四法案を提出いたしたわけでありますが、この致命的な欠陥は、石炭鉱業合理化臨時措置法の改正にあたって、何といっても有沢調査団の答申のかなめになる石炭鉱業審議会の改組強化を明確に…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1963/02/27、29期)

これから審議をするための資料を要求しておきたいと思います。労働省関係の再雇用計画の推定になるわけですが、失業保険の日額表、これのランク別の人員計画は一体どういう計画をしておるか、この資料をぜひ出して…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1963/03/05、29期)

初めに通産省関係の質問をいたしたいと思いますが、予算委員会で、わが党の成田委員の質問に対して、特にこれからのスクラップの計画は、地域経済に重大な関連のある場合についてはこれは再検討する、こういう御答弁…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1963/05/14、29期)

ただいま報告のありました宇部の大浜炭鉱の災害について、先ほど理事会で委員派遣が決定いたしておりますから、その調査に行く予備的な質問という形で、若干お尋ねいたしたいと思います。まず第一点は、今度保安監…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1963/05/21、29期)

関連してこの際、石炭局長にお伺いしておきます。大浜炭鉱といえば、実は災害復旧をしておるわけです。しかし鉱員は、危険であるという判断で就業拒否をするという傾向も、私どもが帰った以後起きておるように実は…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1963/05/23、29期)

石炭鉱山保安臨時措置法が施行されてから、私の手元にある資料では、今年の三月末までの石炭鉱山整理交付金を交付した炭鉱数は、四十八炭鉱の勧告が行なわれておって、しかも交付金を引き渡した炭鉱数が十炭鉱、こう…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1963/05/24、29期)

次会の石炭対策特別委員会で、合理化臨時措置法の一部を改正する法律案並びに電力用炭代金精算株式会社法案、石炭鉱業の経理規制に関する法案並びに重油ボイラーの規制に関する法案の四法案が一括審議をされるわけで…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1963/06/06、29期)

初めに、過般開かれました石炭鉱業審議会において、昭和三十八年度の閉山のワクが五百五十三万トンに決定されておるわけですが、調査団の答申に基づく閉山規模は、一応昭和三十七年度の閉山並びに昭和三十八年度の閉…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1963/06/07、29期)

佐藤通産大臣の時代に、私は石炭鉱業合理化臨時措置法の運用についていろいろだだしたのでありますが、特に合理化臨時措置法の目的にもありますように、本法は「石炭鉱業を整備し、石炭坑の近代化等を促進し、坑口の…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第23号(1963/06/12、29期)

ちょっと関連して。そうしますと、四十一年度の石炭専焼火力の総計の発電力はどのくらいあるのですか。委員長代理着席〕会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1963/06/13、29期)

ただいま当委員会で、四法案について審議をいたしておるわけです。今日まで四法案について審議を続けてまいったわけでありますが、その審議の過程から特に当委員会でも問題として煮詰めている点について、参考人から…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第25号(1963/06/15、29期)

本日私は、先般の石炭鉱業審議会で特にその対策規模の中で最もウエートを占める三井鉱山関係の問題についてお伺いしたいと思うのです。もちろん石炭鉱業審議会は、個別の山については個別的にその内容を明らかにして…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1963/06/24、29期)

合理化臨時措置法の改正案の中で、特にこれは有沢調査団の答申等に基づいて、坑内組夫の使用規制をする。したがって、その規制は省令においてその基準を定めるわけでありますが、一応資料として出されたその基準の内…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1967/07/04、31期)

わが国の石油の需要が爆発的に増加をしてきたことは御承知のとおりでありまして、特に石油では最大の輸入国であり、また第三位の石油消費国である、こういう状態から考えて、過般の中東動乱に基づくその後の影響とい…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1967/04/19、31期)

長い間、石炭政策が当委員会、国会で問題になってまいったわけですが、特に石炭の問題がわが国の政治の課題になってまいりましたのは、昭和三十年に合理化臨時措置法が制定されて以来であります。そして国際的なエネ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/04/20、31期)

石炭産業の合理化が進められてまいりまして、特に今年度の予算から考えましても、さらに三百三十万トンを上回る山の閉山が行なわれるわけです。特に政治的にも非常に注目をされました豊里鉱の閉山もすでに決定をいた…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1967/05/17、31期)

先ほど来の質問に対する答弁を聞いておりますと、石炭対策の抜本対策が打ち出されて一応昭和四十五年度で自立安定をしていく、したがって石炭特別会計も昭和四十五年あるいはまた今回の期限の延長についても四十五年…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1967/05/24、31期)

御存じのように石炭産業は、いま再建の第一歩を踏み出すわけですが、今年度のそれぞれ各産業の労使の賃金問題はほぼ終わったと見られるわけです。しかし石炭に限ってはまだその解決を見ていないわけですが、特に最近…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1967/06/07、31期)

たいへんけっこうな御意見だと思うわけです。しかもそういう労使ともに体制ができて、またさらに労使が十分石炭施策について意思統一、意見の交換をするという場合には、本委員会ですでに通産省、労働省もそういう点…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1967/06/08、31期)

お忙しいところ、貴重な参考意見を聞かしていただきまして、まことにありがとうございます。若干御質問を申し上げたいと存じます。いまお話もありましたように、電力用炭の引き取りがまだ順調にまいっておりません…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1967/06/09、31期)

再建整備臨時措置法案の第二条の「再建整備計画」についてお尋ねをしたいと思うのですが、特に「再建整備計画」の中で、一から四までの内容が本条では規定をされているわけです。そこで、「石炭の生産及び販売並びに…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1967/06/15、31期)

今回の石炭政策の抜本策の中で、特に堀進補助金の新しい制度が打ち出されたわけです。この内容は、起業坑道の場合には四割、沿層の場合には三割の補助ということで予算が計上されておるわけですが、この具体的な支給…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1967/06/22、31期)

大臣が時間がないそうですから、大臣の質問を先に行ないたいと思います。昨年の六月に当委員会で、これからの石炭事業対策として石炭火力の建設が八基決議されておるわけです。今日磯子、竹原の二基が追加をされて…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1967/06/23、31期)

どらも貴重な御意見ありがとうございました。大体参考人の述べられた意見というものは、私どもが当委員会で特にこれからの石炭対策として指摘をしている点とほぼその内容のすべてではなかったか、こう実は私承ったわ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1967/06/28、31期)

今年度の石炭特別会計の中で、産炭地域振興対策として、いわゆる活性炭工場の建設が予定をされておるわけです。この点について、今日どういう考え方で検討を進められておるのか、まず説明を賜わりたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1967/06/29、31期)

産炭地振興計画が今度五ヵ年間延長されていくわけですが、大体資料によれば、今月中くらいには一応できるのだ、こうめどを立てられておりますが、いつごろできるわけですか。ただいま岡田先生の御指摘の鉱工業等の…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第25号(1967/07/12、31期)

ちょっと関連して。会員構成ですから、たとえば三井鉱山のような大きい会社もありますし、中小炭鉱、小さい炭鉱もあるわけですね。会員というのは一社一会員であるとするならば、当然二分の一以上の賛成を得る場合と…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第26号(1967/07/13、31期)

本法案中、過去通算年数が十五年間で今後五年間坑内勤務をした者については、五十五歳からこの年金を支給することになるわけですが、しかし長期的に考えてまいりますと、今後二十年間あるいは三十年間、たとえば満十…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1967/07/19、31期)

自治省来ておりますか。――ちょっとお伺いいたしますが、いまいろいろ教育問題が出ましたけれども、一例をあげますと、北海道の留萌の近くに小平町という町があるのですが、今度新たに新日本炭業の福久炭鉱の閉山を…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第29号(1967/07/21、31期)

日ごろ石炭対策についていろいろ御協力を賜わっておりますことを心からお礼を申し上げたいと存じます。いま貴重な御意見を拝聴いたしたわけですが、若干、順次参考人の方々にお伺いいたしたいと思う次第です。初め…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1967/10/09、31期)

石炭対策特別委員会委員派遣九州班のうち、三井三池炭鉱坑内火災事故調査について御報告申し上げます。すでに御承知のとおり、去る九月二十八日、三池炭鉱三川鉱において死者七人に及ぶ大災害が発生いたしました。…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1967/11/11、31期)

先ほど、去る十月十一日の石炭鉱業保安確保に関する決議について鉱山保安局長から見解の表明があったわけですが、いずれも折衝中でいわゆる態度が不鮮明なわけです。この決議の実現のために通産大臣の決意のほどをこ…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1967/12/14、31期)

ただいま通産大臣から所信の表明が行なわれたわけですが、その中で、石炭鉱業の現状につきまして述べられておるわけです。去る十一月十一日の当委員会におきまして、菅野通産大臣は私の質問に対して実は答えたのであ…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/12/20、31期)

関連。本件の事故は、これは別に上凾の炭車もあって三両目から切断して炭車が逸走した、こういう事故なわけですが、巻き上げ機械の定凾違反とか、そういう事実はないわけですか。実は茨城県の大日本炭礦が不慮の自…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1967/12/22、31期)

炭鉱各社の経理状況が非常に悪化した。特に資金繰り上問題があり、今度の補正の場合にも財投で処置をいたしておるわけでありますが、大体今日の石炭会社の経理、金融状況について承りたい。御承知のように、本年の…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1968/03/29、31期)

理事会の決定で、二時から本会議がございますので、私の質問は一時でとめたいと思います。時間が足りませんから、質問はそのまま保留させていただきます。いま橋口委員から産金政策について質問がありましたので、…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1968/04/03、31期)

初めに四参考人に対して共通点について御質問申し上げます。先ほど来御意見を承っておったのでありますが、今回金属鉱業等安定臨時措置法が廃止になるわけです。もちろんこの法律ができた背景と今日の情勢は変わっ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1968/04/05、31期)

法律案の審議の前に、一、二鉱種対策についてお伺いをいたしますが、特に最近のわが国のS源供給の構造がいま大きく変わりつつあるわけです。したがって、鉱業審議会においても需給対策の分科会を設けて現在検討を進…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1968/04/10、31期)

自由民主党、日本社会党、民主社会党及び公明党共同提出にかかる鉱業政策の確立に関する決議案について、四党を代表して提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1968/01/30、31期)

美唄炭鉱の災害については、本委員会から調査団が派遣されますので、一点だけ要望を申し上げておきたいと思うわけです。今回の場合には、常盤坑二坑の災害でありますから、美唄炭鉱から見れば二割程度の出炭規模の…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/03/06、31期)

初めに三菱美唄の災害のその後の原因調査でありますけれども、作業個所の係の従業員が全員死亡しておりますから、なかなか原因の究明は困難とは思いますが、一応今後の保安対策の見地から、どういうことを想定をして…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/03/27、31期)

昭和四十二年の生産実績も三月末で集計をされるわけですが、過般の委員会で大体その見通しについて承ったわけです。しかも減産の最大の理由として労務者不足がその大きな原因である、こういう説明を実は受けたわけで…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1968/03/28、31期)

きのう、海外の原料炭の動向について質問いたしたのでありますが、私は、きのうの局長の答弁では非常に甘いのじゃないか、特に一昨年末以来の国外の原料炭の値上がりの動向、さらにまた最近の海外の供給の状態、加え…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/04/03、31期)

ちょっと関連いたしますけれども、およそ石炭鉱業の再編成問題がどうしても審議会の諮問事項になってくると思うのですが、その生産ベースについて全然触れない。問題は、そういうものごとの考え方でこの長期安定策が…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1968/05/10、31期)

初めに端的に山本参考人にお聞きいたします。実は私七日の日に帰ってまいりまして、八日釧路地区に参りまして、釧路地区の炭鉱の労働組合の幹部の諸君とお会いをしたわけです。このときにすでに四月の十五日労働賃金…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1968/05/15、31期)

時間がありませんから二問だけ質問いたします。第一点の質問は、山はね現象と推定をされるが、しかし、今度の災害は山はねそのもので死亡したのではない、山はね現象が起きて、おそらくケーブルが燃焼したことによ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1968/05/22、31期)

三菱美唄の炭鉱の災害については、当委員会から調査団を派遣する予定でございましたけれども、地震の関係で調査に行くことができなかったわけです。私、社会党の党派遣調査団として、美唄炭鉱の状況についていろいろ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1968/07/10、31期)

ただいま各炭鉱の災害並びに前回当委員会で決議をしたその後の内容実施について報告を受けたのです。また報告されない点では漆生災害が発生いたしておりますから、別途あらためて委員会でこれら保安問題については総…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/08/09、31期)

時間の関係で公取に質問いたしたいと思います。端的に伺いますけれども、日本歯科用品商業協同組合という組合がございますけれども、この組合については御存じですか。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/08/08、31期)

石炭産業の現状にかんがみて、この石炭産業の長期安定対策のために、通産大臣は四月の末に石炭鉱業審議会にその対策について諮問されたわけです。しかもこの答申は、今日の石炭産業の現状にかんがみて八月一ぱいに答…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/08/09、31期)

いま鹿野委員からも非常にきびしい御意見がありましたけれども、いまわが国の石炭産業は、まさしく長期的な安定策を樹立をする過程にあるわけです。こういう時期にあたって、炭鉱災害が続発することは、われわれ炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/08/23、31期)

いま多賀谷委員が質問いたしました石炭鉱業審議会に対して、私も同様審議会に対して非常に不審を抱いておるわけです。特に六月の十九日に小委員会が持たれておりますが、この小委員会に先立って、態谷通産事務次官…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1968/09/20、31期)

初めに、ただいま平和並びに夕張の炭鉱災害についての報告がありましたので、これに関連して一点だけまず質問いたしておきたいと思います。それは、去る八月の九日に、衆議院並びに参議院で当面の炭鉱保安を確保す…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/10/31、31期)

通産大臣、出張どうも御苦労さんでした。あなたが帰国をされてから植村石炭鉱業審議会会長とお会いになりましたか。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1968/11/07、31期)

石炭答申が延びておるわけですが、これからの日程では、小委員会で結論を出し、さらに総合部会を開き、総会を開き、答申を出される、大体このめどはどのように立てられておりますか。それから大蔵当局、これは主計…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1968/11/20、31期)

去る七日の日に当委員会で、石炭鉱業審議会の植村会長を参考人に出席願いましていろいろ見解を承ったわけです。そこで、その後小委員会の作業はどのように進んでいるか。さらにまた植村会長が当委員会で述べられた、…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/12/18、31期)

大臣、鉱山局長がまだ参議院のほうから見えませんから、その前に予備的な質問をいたしておきたいと思います。私は、本日わが国の硫黄政策についてお尋ねをいたしたいのでありますが、特にいま国内硫黄鉱山の中で最…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/12/20、31期)

私は、いま進められております小委員会の取りまとめに対するいわば基本的な問題の質問の前に、若干事務的な質問を行ないたいと思います。その第一点は、当初審議過程においていわば窓口整理をする、こういうことが…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/12/26、31期)

本委員会から派遣されました九州班の調査について御報告を申し上げます。当調査に参加いたしました派遣委員は委員長堂森芳夫君、大坪保夫君、田畑金光君及び私、岡田利春の四名でありますが、このほか現地におきま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1969/04/08、31期)

本法案の提案理由の説明がすでに行なわれているわけでありますが、この提案理由の説明の中で、北方領土とは歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島、このように提案なされておられます。この北方領土の提案の見解をまと…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 商工委員会 第32号(1969/06/13、31期)

いま同僚千葉委員から質問もありましたし、なお人事院の関係が、時間の都合があるそうですから、初めに関連して質問いたしたいと存じます。審査官の確保の問題、また部門別の審査官の養成、また審査官の待遇問題は…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1969/01/09、31期)

二点だけ御質問します。いままで植村さんの御意見を聞き、今度の答申を見まして、非常に実は失望をいたしておるわけであります。いわゆる自主的自主的と言われますけれども、事実これを具体的に進める場合には、む…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1969/02/25、31期)

本日は委員会の開会もおそい時間でありますので、短い時間で当面見解を承っておかなければならない問題点、また特に問題点として政府が検討しなければならぬ事項について質問いたしたいと存じます。その第一点は、…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1969/03/19、31期)

一、二点御質問申し上げますが、初めに橘内参考人にお伺いします。今度北海道では、明治二山が企業ぐるみ閉山ということで、いま閉山提案が行なわれておるわけです。また、いま述べられたように、本年明治を除いて…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1969/03/20、31期)

昭和四十四年度の予算の中にある十億円の産炭地地方自治体に対する交付金について、予算も四月二日には成立するわけですから、具体的な構想が当然固まっておるのではないか、こう思いますので、この際明確にしていた…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1969/04/03、31期)

今回の茂尻の災害の質問に入る前に、最近の、昭和四十四年一月から以降でけっこうですが、炭鉱の災害の傾向についてお伺いしたいと思います。それで、巡回検査の点でございますけれども、四十三年九月から例をとっ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1969/04/17、31期)

第四次答申が去る十二月の二十五日に出されて、政府はこれを受けて一月の十日閣議決定をし、本委員会に石炭関係法案それぞれが提出をされておるわけです。しかも今日までの議論を通じて、石炭問題というのはいわば体…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1969/04/18、31期)

私は実は今回の政府の石炭新政策に反対の立場にあるものです。それはもちろん非常にきめこまやかな政策ではありますけれども、はたしてこれでわが国の石炭産業というものが、長期的な視点に立つ場合に産業として安定…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1969/07/02、31期)

初めに、企業ぐるみ閉山企業の特別交付金交付のため、特に債権者の場合それぞれ申し出をするように措置されておるわけですが、この場合、当委員会で問題になりました公租公課については一般債務として取り扱っておる…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1969/07/09、31期)

石炭対策特別委員会が最近あまり開かれぬものですから、参考人の方に御出席を願って質問が逆になりましたが、私は参考人の方だけに御質問いたしますので、時間がございませんから、ひとつ端的に意見をお聞かせ願いた…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1969/07/30、31期)

たいへん貴重な御意見ありがとうございました。原料炭の関係についてはいろいろ御意見がございましたけれども、確かに今日の原料炭の供給事情はいま述べられたとおりである、同感でございます。そこで、今日の国際的…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1969/11/10、31期)

ただいま六人の参考人の方々から御意見を拝聴いたしたわけですが、私の今日の炭鉱保安確保に関する諸問題に対する認識と、きょう述べられた意見がまさしく一致していると実は拝聴いたしたわけです。したがって、あま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1969/02/10、31期)

私は、石炭問題に入る前に、ただいま報告のありました金沢におけるF104ジェット戦闘機の墜落事故に関連して御質問いたしたいと存じます。まず、私は社会党を代表いたしまして、今回のなくなられた犠牲者に対し…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第14号(1970/05/07、32期)

松本さんにちょっとお伺いいたしたいのでございますけれども、サンフランシスコ平和条約を締結する講和会議での第二回総会で、当時アメリカ合衆国の代表であったダレスが演説をいたしておるわけですが、この議事録の…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1970/03/19、32期)

昨年の通常国会の本委員会で、私は硫黄鉱業安定法を提案いたしたのでありますが、その後、鉱業政策の小委員会が設置されて、この委員会で各党間の意見の一致を見て硫黄鉱業安定に関する決議を実は行なったわけです。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1970/03/20、32期)

機械類賦払い信用保険制度ができましてから、ちょうど八カ年間経過をいたしておるわけです。今回ローン保険を取り入れてこの法律案の改正が出されているわけですが、この割賦保険の実施以来の運用の動向、この総括に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1970/04/28、32期)

特許法の改正について質問いたしますが、第六十一通常国会で本法の改正が出されて、長時間の本委員会においての審議が行なわれておるわけです。したがって私は、その後の経過を含めて、若干御質問いたしたいと存じま…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1970/08/20、32期)

きょうは時間がありませんから、私は、公害関係について、若干問題提起の形で御質問いたしたいと存じます。政府は、先般、昨今の公害のゆゆしき社会問題、政治問題に対処して、総理を本部長として公害対策本部を発…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1970/03/06、32期)

ただいま夕張炭鉱、清水沢炭鉱の災害の報告がございました。夕張炭鉱の災害については、その後委員会をつくられて、大体今後の対策がいま述べられたわけです。私は、確かにこの対策は一応こういう災害の場合常識的な…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1970/03/11、32期)

ただいま相沢同僚委員の質問に対して答弁されたことをお聞きいたしておりますと、昭和四十四年度の閉山はいわばなだれ閉山でない、そういう実は印象を持たれておるように私は拝聴いたしたわけです。何を一体基準にし…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1970/05/09、32期)

先般の当委員会で大臣に、当面の石炭政策の課題についていろいろ御質問をいたしたわけです。私はその答弁を聞いておりまして、実はいたく失望を感じたわけです。しかし、その時点で議論しても議論の前進というものが…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1970/09/18、32期)

さきに実施をされました石炭対策特別委員会現地調査常磐班の概要を御報告申し上げます。まず、日程は、七月七日より九日に至る間、福島県及び茨城県の産炭地域におもむき、石炭鉱業の現状について調査を行なうとと…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1970/12/08、32期)

法案に入る前に、これに関連して二、三御質問いたしたいと思います。政府は今日の公害問題について、いわばこれは高度経済成長のひずみである、こういうようなことがしばしば公式的にも発表されておるわけです。私…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1970/12/10、32期)

本法の採決にあたって、二、三点だけ質問をいたしておきたいと思います。第五条の「特定施設の設置の届出」について。いわば届け出制度と許可制度という二つの制度があるわけですが、工場立地の調査等に関する法律…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1970/12/16、32期)

初めに、稲葉参考人にお尋ねいたしたいと思います。第四次政策が実施されましてから、昨年は八百四十万トン、今年度もおそらく、へたをすると七百万トンに達するのではなかろうか、こう私は情勢認識をいたしており…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1971/03/12、32期)

時間がありませんから、簡単に御質問いたします。大体、私の言いたいこと、聞きたいことは、先ほど石川委員から質問もございましたので、ごく簡潔に申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1971/03/17、32期)

私は、本法の具体的な内容の質問の前に、特恵に関連する若干の問題についてまず御質問いたしたいと思います。いろいろ長い間経過がございましたけれども、結果的に、先進国が後進国に対して一方的に特恵を供与する…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1971/05/11、32期)

私は、S源対策、なかんずく硫黄問題を中心にして、若干質問を行ないたいと存じます。初めに事務的な点から質問をいたしますので、事務的な面は事務当局からお答え願いたいと思うわけです。硫黄対策は、硫黄需給懇…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1971/05/21、32期)

関連して若干御質問したいと思うのです。一つは、すでに対ソ経済協力の関係で、シベリア、サハリン、北海道をガスパイプラインで結ぶ天然ガスの供給について、もう長い間折衝を続けられておるわけです。最近の報道…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1971/02/18、32期)

大臣の時間がないようでありますから、与えられた時間で、きょうは問題点をしぼって質問いたしたいと存じます。昨年の二月は、御承知のように雄別炭礦の企業ぐるみ閉山が話題になって、閉山の方向に進んでいったわ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1971/03/02、32期)

時間がありませんから、端的に御質問したいと思います。初めに徳永参考人と倉持参考人にお尋ねをしますが、今度の答申を見ますと、何といっても、法律を十カ年延長するというのが画期的な目玉商品といいますか、そ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1971/03/04、32期)

時間もありませんから、重複を避けて重点的に質問をいたします。あと残ったところは、質問を留保しておきたいと思うのです。まず第一点は、電炭会社法の単純期限延長という法律案が出されておるわけですね。実は、…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1971/03/11、32期)

いま細谷委員から、六条指定並びに十一条の問題で質問がありましたので、それと初めの質問は関連さして御質問いたしたいと思います。一つは、いま十一条のかさ上げの問題についての矛盾というものが明確になってお…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1971/05/19、32期)

先ほど局長から、今後の石炭政策について、六月に体制委員会を再開をする、そうして問題点を整理しながら、この体制委員会で問題点を議論をしていく、こういう答弁がなされているわけです。もちろん、体制委員会が六…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1971/08/26、32期)

田中通産大臣は、大臣に就任されて、来年度の予算に向けて、特にこれからの通産行政の重点施策としてエネルギー問題を取り上げて、特にその大宗を占めておる石油政策を具体的に強力に展開をする、こういう方針をきめ…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1971/12/07、32期)

輸出保険法の質問に当初関連しまして、今回の法律案の提出理由の中にも融資買鉱に対する保険制度の拡充がうたわれておるわけです。非常に資源の少ないわが国として、経済の成長発展のためには安定的な資源の確保とい…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1971/12/22、32期)

先ほど来からお話がありますように、まさしくわが国の石炭鉱業は重大な危機にあると私は思うわけです。最近の動向を見ますと、いわば閉山ラッシュという表現がぴったりと当てはまるのではなかろうか、実はこういう受…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1971/12/23、32期)

過般十二月十日、石炭鉱業審議会体制委員会で「新長期石炭対策実施までの間における緊急対策について」の決議がなされておるわけです。初めに、これに関してお伺いいたしたいと思うのでありますが、まず、この決議の…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1972/03/21、32期)

私は、北方問題並びに北方領土問題対策協会の運用内容等について質問いたしたいと思います。外務大臣が来る前に、北方対策協会関係を中心にして御質問いたしますが、まず第一点は、今度新しく改組されて、北方地域…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1972/04/05、32期)

私は、初めに国内石油資源開発の問題にまず触れて御質問いたしたいと思います。すでに、第四次五カ年計画が昭和四十五年度を初年度として、今年度は三年目を迎えておるわけです。しかし、国内の石油開発政策は従来…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1972/04/14、32期)

ただいま中村委員との間の大臣の答弁を聞いておりまして、いわば公団法の改正は非常に不十分である、なおさらその感を非常に強くいたしておるわけです。そこで当然大臣の答弁を発展させてまいりますと、石油開発公団…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1972/05/17、32期)

法案の質問に先立って、通産大臣に承っておきたいのでありますが、円切り上げ要請にこたえてこれに対するわが国の対策は、本委員会でもしばしば大臣から答弁があったところであります。伝えられるところによると、新…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1972/05/25、32期)

本日は、同僚議員の質問がありますので、時間が限られておりますから、端的に御質問いたしますので、答弁も簡潔明瞭にひとつお願いいたしたいと思います。今日までの工業立地政策を見てまいりますと、新産法あるい…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1972/03/16、32期)

通産大臣は、きょう午前中、北海道知事はじめ、超党派、総地域ぐるみの陳情を受けられたと思うわけです。いま体制委員会で第五次政策についてせっかく審議が進められておるわけですが、先般事務当局の説明によれば、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/03/29、32期)

私は、今日のわが国石炭産業の現状は、いわば公害、環境破壊、こういうことがいま経済社会で起きているわけですが、全くそういう状態であるのだと思うわけであります。したがって、基本的には、なりふりかまわず高度…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1972/04/06、32期)

いまの相沢委員の質問に関連して初めに伺っておきたいと思うのですが、三十一日、石炭鉱業審議会が昭和五十年度における石炭需要量について決議をしたわけです。昨年の暮れに緊急対策について同様決議をいたしており…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1972/04/20、32期)

関連して、若干いまの問題をお伺いしたいと思うのですが、問題は、エネルギーをどう比較をするのかという点が非常に基本の問題だと思うのです。一応原則的には、カロリー当たり幾らするかという比較論になるのではな…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1972/04/24、32期)

初めに大臣に御質問いたしたいのは、先般来、体制委員会で、第五次政策について、特に需要の問題をめぐり各般のいろいろな反響を呼んでいることは、御承知のとおりであります。そこで、当委員会で宮沢通産大臣から、…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1972/08/03、32期)

時間がありませんので、端的にお聞きいたしたいと思います。今度の答申は二千万トン体制でありますから、まあ大体九州、常磐含めて九百万トン程度、北海道が千百万トンというのが、昭和五十年の一応の落ちつきでは…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/10/26、32期)

初めに、田中前通産大臣は、工業再配置促進法の審議にあたって、公団が発足をして過密地帯から工場を配置する場合には北海道の美唄を第一号にします、私が委員会で聞いているだけで六回お伺いいたしております。すで…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1972/11/08、32期)

中村委員の質問を聞いておりまして、答弁と提案理由の説明というのがずいぶん食い違いがあるのじゃなかろうかという感じがするわけです。大臣の提案理由の説明には、「当面の対外経済関係の調整に資するとともに国際…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1977/03/14、34期)

二時十分までの短い質問時間ですから、それぞれ問題提起を含めて御質問いたしたいと思います。ただいま細谷委員に対する大臣の答弁もあったわけですが、政府は去る五日の日に総合エネルギー対策推進閣僚会議を開催…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1977/03/24、34期)

石炭政策の第一次から第五次政策、そして今度の新政策と、合理化法制定以来二十年以上にわたって政策を展開してまいったわけです。私はこの総括として、日本の炭鉱というのは、非常に激動する中で、しかもエネルギー…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1977/03/30、34期)

初めに有吉参考人に承りたいと思うのですが、私ども石炭政策を進める場合に、率直な感じとして、どうも石炭協会の場合には石炭企業としての連帯性といいますか、そういう面については非常に欠けているのではないか、…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1977/04/06、34期)

私は三点について、この際、大臣に質問を申し上げておきたいと思います。第一点は、大臣もすでに報告を受けておられると思いますけれども、松島炭鉱の池島鉱業所において去る四月一日に、排気立て坑の開削現場にお…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1977/05/18、34期)

三井石炭鉱業株式会社芦別炭鉱の災害現地調査の結果を御報告申し上げます。日程は、五月十三日、十四日の二日間でありまして、現地では、まず病院に負傷者を御見舞いし、坑口において黙祷をささげ、犠牲者の御冥福…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1977/03/10、34期)

まず初めに、今回鈴木農林大臣が訪ソをされて、漁業交渉、大変御苦労さんでありました。私は主として今回の日ソ関係の漁業交渉と若干の水産問題に限って、大臣の所信をお尋ねいたしたいと思う次第です。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1977/03/23、34期)

漁港関係二件についての質問に先立って、農林大臣に二、三の問題について御質問いたしたいと思います。すでに十五日から日ソ漁業交渉が行われて、その状況はそれぞれ報道関係を通じて知らされておるわけですが、こ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1977/04/05、34期)

いまの船員保険法の問題ですが、船員保険法というのは、わが国で、官公庁の恩給以外、民間の保険法としてはたしか昭和十四年にこれが制定をされて、いわば先進的な役割りを私は果たしてきたものだと思うのです。御…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1977/05/25、34期)

農用地開発公団が旧農地開発機械公団の二十年間続いた業務を継承して四十九年に発足をいたしたわけですが、特に旧機械公団業務として今年度四十億に上る受託業務が今日も継続されておるわけです。これは三カ年間で解…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1977/11/16、34期)

当面の石炭諸政策の問題について、若干質問いたしたいと思います。今年度から来年度を見通して、来年度の石炭政策の課題は、石炭の需給の安定をどうするかというのが第一であり、第二は、炭価政策をどのように来年…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1977/11/24、34期)

いま野村委員から北海道の産炭地振興について御質問があったわけですが、北海道全体を考えてみますと、北海道の石炭産業の安定、閉山跡地の再開発、これが両々相またなければ、北海道の産炭地振興とは言えないと私は…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1977/10/25、34期)

初めに農林大臣にお伺いいたしたいと思うのですが、実はきのう、日本時間ではゆうべになりますけれども、ソ連のノーボスチ通信のカチューラ評議員が論文を発表した。この論文によりますと、来年度の漁獲の割り当ての…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1977/11/22、34期)

本法の提案理由の説明の中で、いま最後に大臣が声を強められて――去る十八日に本法は閣議決定をされて、あと二日間残した国会で審議をすることになったわけです。延長国会でありますので、こういう法案の審議は私も…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1978/04/26、34期)

日ソのサケ・マス漁業交渉についてせっかくの努力をなさった農林大臣、御苦労さんでした。同僚議員が質問いたしておりますので、できるだけ重複しないで端的に質問いたしたい、かように思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1978/03/30、34期)

参考人の皆さんには、時間が遅くなって大変恐縮です。私ども、ケミカルの方はなかなか理解できないところもあるわけですが、端的に御質問いたしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1978/04/10、34期)

初めに、わが国のエネルギー政策について若干承っておきたいと思います。すでに政府は、昭和六十五年度を目標年次にして、エネルギーの本格答申をいま得ようといたしておるわけですが、中間答申がすでに出されてお…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1978/06/01、34期)

参考人の皆さん、どうもありがとうございました。伊木参考人には、私、他の参考人に聞いた後、所見をひとつ承りたい、こういう形で参考人の皆さんにお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1978/06/15、34期)

北炭の本来の災害の復旧が、水没炭鉱としては世界に類例のない復旧が行われた、これも一つには二千万トン体制を維持をしていく、さらにまた、地域経済を十分配慮する、こういう中でとられた措置であったと私は思うわ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1978/01/28、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました政府提出の昭和五十二年度一般会計補正予算(第2号)、昭和五十二年度特別会計補正予算(特第2号)、昭和五十二年度政府関係機関補正予算(機第2号)の三案…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1978/02/07、34期)

私は、いままでの質問にできるだけ重複を避けまして、端的に四、五点にわたって政府の見解を承りたいと思う次第です。まず初めに、私は予算の反対討論でも申し上げたのでありますが、昭和五十一年から五十二年にか…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1978/02/17、34期)

私は、質問に入る前に一点この際伺っておきたいのでありますが、きのう北京において、日中の貿易協定が調印をされたわけであります。しかも往復二百億ドル、八年間の長期にわたって、わが国からはプラントあるいは建…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1978/02/22、34期)

私は、主として労働団体の参考人の皆さん、また、関連して政府関係者に質問いたしたいと思います。特に、中小企業関係については、後から同僚の上坂君から質問がありますので、この点ひとつ御理解をまず願っておき…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1978/10/17、34期)

石炭政策は今日新政策として二千万トン体制の維持、こういう一つの位置づけがなされておるわけです。過般、エネルギー答申の中間報告の中でも、国内炭は二千万トンということが位置づけられておりますし、恐らく今月…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1978/12/22、34期)

私は、今回議題になりました日ソ及びソ日漁業協定に関連しまして、きのうの参議院の決算委員会において、園田外務大臣は、わが党の小野参議院議員の質問に対して、今日ソ連の提案している善隣協力条約は受け入れられ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1979/02/10、34期)

前の質問者と重複をしないように、ひとつ御質問をいたしたいと思います。今年度予算一千二百九十三億の予算が決まったわけですが、これを分析をしますと、石炭鉱業にかかわるものは四四%、ボタ山を除くとまだ比率…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1979/03/15、34期)

新しい石油情勢の危機、いろいろいままでそれぞれ受けとめ方がございましたけれども、大体八〇年代の前半には第二の石油危機が来るだろうというのがきわめてシビアな見方であったろうと思うのです。それがイランの革…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1979/04/25、34期)

きょうは大変お忙しいところ、貴重な御意見をありがとうございました。いま山下委員の方から総括的な質問がありましたので、各論に触れて端的に御意見を承りたい、こう思いますので、よろしくお願い申し上げます。…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1979/05/25、34期)

今回の災害現場である一卸六片の下層第二ガス抜き卸。問題は、この坑道で、すでに一号から八号までのガス抜き座が設けられて、ガス抜きが行われておるわけです。そこで私お聞きいたしたいのは、一号から六号までの…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1979/02/06、34期)

昨年ボンにおいて七カ国の首脳会議が行われて、今年は六月の末に東京サミットがすでに予定をされておるわけです。ボン会議の後、東京サミットの議題は、前回の会議と同じように通貨、金融あるいは通商、貿易、景気と…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1979/02/20、34期)

日韓の漁業問題に関する水産庁の次長会談が十五、十六日に行われたと伺っております。この結果、韓国漁船の操業問題について何らか進展があったのかどうか、進展がないとすれば、今後政府間レベルでこれらの問題の解…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1979/03/03、34期)

藤田委員の質問に引き続いて、若干関連して御質問申し上げたいと思います。今国会は雇用国会とも言われて、各党とも熱心に雇用問題について議論を進めてまいったわけです。また過般来の各党首会談においても、もち…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1979/12/21、35期)

いわゆる日ソ、ソ日の漁業協定の交渉、大変御苦労さんであります。私は、本件に入る前に一つ政府に伺っておきたいのでありますが、すでに新しい海洋新秩序については、過般来海洋法会議で継続的に審議をされておる…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1980/04/18、35期)

今日、日ソ関係は、アフガン問題を中心にして微妙な情勢にもあるわけです。こういう情勢の中で、従来にない十二日間の交渉で、今回のサケ・マス漁業協定が締結できたわけであります。私は、この条約締結に当たって…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1980/04/30、35期)

私は、ラムサール条約と南極のあざらしの保存に関する条約関係について質問をいたしたいと思います。ラムサール条約については、特に水鳥の生息地として、そして国際的に重要な湿地に関する条約、水鳥は湿地帯に生…会議録へ(外部リンク)

第92回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1980/07/24、36期)

提案者を代表いたしまして、決議案の趣旨の御説明を申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1980/10/16、36期)

業界は安い石炭が欲しいけれども石炭はない。油は節約しなければならない。油の方が高いけれどもあるから買いやすい。こんな矛盾が起きるわけですね。私はそういう意味で、ぴしっとした見通しじゃなく、大まかなこと…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1980/11/06、36期)

林参考人に前段二、三お聞きいたしたいと思う点があります。一つは、北炭三社分離をして、それぞれ分離された会社の負債というものは、明確に分離した炭鉱に整理をされておるはずであります。そこで現在、夕張炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1980/11/20、36期)

今回の答申をずっと読みますと、やはり産炭地の特性として、鋭角的なスクラップが進んで、現在残存鉱害が多く残されているわけです。しかもその鉱害は、無資力のものもございますし、また有資力のものもある。有資力…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1980/11/26、36期)

いま通産大臣は新しい石炭政策を諮問しているのですが、事務局として、石鉱審の審議の状況は年内どの程度まで一体審議ができるのか、事務的に御答弁願いたいと思います。明年に入りまして、さらにそれを順次検討を…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1980/12/22、36期)

ただいま議題になりました日ソ、ソ日暫定協定の内容に入る前に、外務大臣に二、三の問題についてまずお尋ねいたしたいと思います。その第一点は、今日の日ソ関係は、アフガン問題以来、いわば冷たい関係にある、こ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1981/04/24、36期)

日米の首脳会談の日程が迫ってまいっておるわけです。今国会でも対ソ政策についていろいろ外務省の見解も承ってまいったわけですが、今日の時点でわが国の対ソ外交、経済政策、いわばこの基本方針については、従来国…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1981/02/12、36期)

私は、委員長のお許しを得て、議事進行の立場から、産炭地域における地方交通線の問題について、これまでの当委員会の審議の経過を踏まえて申し上げたいと存じます。現在、政府は、さきに成立した日本国有鉄道経営…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1981/03/26、36期)

冒頭に、今年度特別会計の石炭勘定、特に原重油の関税の関係では、一千二百七十三億予算が計上されて、前年度対比十六億の伸びになっています。次の前年度剰余金受け入れ、前年は五十一億一千二百万円、今年度は百十…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1981/04/02、36期)

私の時間は十分よりございませんので、一問ずつ御質問申し上げたいと思います。初めに西村参考人にお伺いいたしますけれども、昭和三十六年という年は、考えてみますと、ちょうどわが国のエネルギーの石炭と油が全…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1981/04/09、36期)

私は、ちょっと午前中の質問から角度を変えて若干質問をいたしたいと思います。先ほど来も産炭地振興、いわば産炭地と旧産炭地がこの概念の中には含まれておるわけです。また、答申の中にも鉱工業の振興ということ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1981/05/07、36期)

私は、いままでの石炭政策を振り返ってみて、第五次政策まではスクラップ・アンド・ビルド政策がその基調であったと思うわけです。そして第四次、第五次政策は原料炭重点主義、そして良質一般炭を一応意識しながら原…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1981/05/14、36期)

参考人の皆さんには、お忙しいところ大変ありがとうございます。初めに大垣さんと奥村さんにお尋ねいたしたいと思いますが、先ほど第七次政策の財源の問題について触れられておるわけです。財源の問題については、…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1981/05/28、36期)

私は、第七次政策に関連して、政策に関する提言を含めながら質問をいたしたい、かように思います。まず第一点は、第七次政策に取り組む姿勢の問題でありますが、先般の向坂さんの参考人としての意見の中で、石油価…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1981/08/07、36期)

九州地区の現地調査につきまして、派遣委員を代表して御報告申し上げます。派遣委員は、三原朝雄君、渡辺省一君、小渕正義君、塚田庄平君、石原健太郎君と私、岡田利春の六名で、私が団長を務めさせていただきまし…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1981/02/14、36期)

本予算委員会が憲法問題に関連する竹田発言、また武器輸出に関連する問題で中断されまして、途中、補正予算及び公聴会が入りましたから、ちょうど八日目で総括質問が再開をされたわけであります。私は、この際、端的…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1981/02/19、36期)

きょうの午前十一時に米レーガン大統領の一般教書、今後四年間のアメリカの経済政策を織り込んだ教書が発表になっておるわけです。すでにその骨子については実はいろいろ報道もされておるわけであります。ちょうど昨…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1981/10/22、36期)

今次の災害は、私自身としては、一言で言えば残念至極であり、断腸の思いだ、こういう気持ちでいっぱいであります。大臣が、災害が起きた翌日現地を視察されたということについて、私は敬意を表したいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1981/10/29、36期)

北炭夕張炭鉱株式会社のガス突出災害の実情調査につきまして、便宜私から御報告を申し上げます。派遣委員は、森中守義委員長を団長として、愛野興一郎君、田中昭二君、小渕正義君、北村義和君、小沢和秋君、伊藤公…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第11号(1982/08/06、36期)

実はきょうの私の質問は、きのう理事会で決定いただきまして、本法案の審議に関連して政府委員の出席を要求いたしたわけです。特に北方対策本部長である総理府長官の出席を要求したのでありますけれども、きょう委員…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1981/12/21、36期)

いまも日ソ関係の問題について質問がありましたけれども、冒頭に、これからの日ソの関係についてお伺いをいたしたいと思います。日ソ国交回復以来、ちょうど二十五周年を経過いたしたわけであります。七九年のアフ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1982/02/23、36期)

初めに向坂参考人にお伺いしますけれども、いまの政府のエネルギーの暫定見通し、需給見通しの改定作業が進められておるわけです。大体三月末くらいを目途にして答申をする、こう言われておるわけですが、先般エネル…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1982/02/25、36期)

労働省関係の若干の質問からお伺いをいたしたい、こう思います。今回の炭鉱離職者臨時措置法がさらに五年間延長されることになっておるわけであります。そこで、私はこの五年間の延長と他の法案との関連を考えてま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1982/02/26、36期)

堂垣内参考人にまずお伺いをしたいと存じます。先ほど御意見を拝聴いたしておったわけですが、特に北海道の一つの柱の産業として石炭産業があるわけですけれども、その中で特に石炭の果たしている役割りという意味…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1982/03/11、36期)

限られた時間でありますので、ひとつ端的に質問いたしますから、できればどんぴしゃりお答え願いたい、こう思うわけでございます。まず初めに、私は北炭問題についてお伺いをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1982/03/19、36期)

若干関連質問を申し上げたいと思います。去る十一日の当委員会において、ちょうど大臣が出席できなかったわけですが、北炭問題についてるる御質問申し上げたわけであります。そこで、きょうせっかく大臣もお見えで…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1982/04/01、36期)

初めに、先ほど北炭の問題について御報告がありましたから、二点ほどお尋ねいたしたいと思います。当初見込みよりも罹災者の救出が早まって、三十一日に完了いたしたわけですが、この状況からまいりますと、これか…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1982/04/22、36期)

後から大臣に対する質問がありますので、いまの与えられた時間は、きわめて事務的な問題に限って御質問いたしたい、こう思います。まず第一点、北炭は、関係炭鉱で従来まで十一山、炭鉱閉山をいたしておるわけです…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1982/07/08、36期)

夕張新炭鉱の事故調査委員会の報告書をずっと拝読しまして、非常によくまとまっている報告書である、私はこう実は評価をいたしておるわけです。これだけの大災害があって、現場の直接担当者が死亡しているという状況…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1982/08/19、36期)

私は、初めに当面問題になっております北炭夕張新鉱の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。大沢管財人はきのう記者会見をして、二十一日にも正式な提案をする。そして、その骨子について大体説明になってお…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1982/08/26、36期)

本日議題になっている北炭夕張炭鉱の問題は、私に言わせると、いままで一貫した石炭政策の個別企業対策の矛盾のあらわれである、こう指摘せざるを得ないと思うのです。したがって、このまま推移すれば、今後も第二、…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1982/02/09、36期)

つい先ほどのニュースで、八時四十分ごろ、福岡発の羽田行きの日航DC8が、百六十人乗りでありますけれども、着陸に失敗して海に突っ込んで死者も出た模様であるということを、実はテレビで聞いたわけであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1982/02/22、36期)

昨年の十月十六日に北炭夕張で災害がございまして、九十三名の方々が亡くなっておるわけです。そして、年を越えて一月六日、ベーリング海において第二十八あけぼの丸の転覆事故がございまして、一名だけが奇跡的に生…会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1982/12/16、36期)

ただいま議題になっております日ソ、日米の漁業条約は、いわゆるわが国の北洋漁業に関する協定であるわけです。二百海里時代を迎えて、わが国の北洋漁業も大変困難な事態に直面をいたしてまいったわけでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1983/04/26、36期)

サケ・マス漁業協定の質問に入る前に、二、三日ソ関係についてお伺いをいたしたいと思います。先般、第三回の日ソ事務レベル協議が行われたわけであります。この双方の主張点を冷静に読んで判断をいたしますと、い…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1983/03/25、36期)

初めに国際石油の動向の予測についてお尋ねしたい、こう思っておりましたけれども、いま大臣から一応の見解を述べられたわけであります。そこで、日本の権威あるエネルギー機関が実は今後の動向について予測をいた…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1983/05/24、36期)

参考人の皆さん、大変御苦労さまです。限られた時間でありますので端的に参考への皆さんに御質問をいたしたいと思います。まず初めに有吉参考人にお尋ねをいたしますけれども、先ほど大沢構想と石炭協会の答申のい…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1983/05/25、36期)

夕張再建問題がいままでいろいろ議論されてまいりましたけれども、いままでの間、夕張再建の方向を示したのは、第一には大沢構想であると思います。これは明確に再建の方向を示唆をいたしておるわけです。そして今日…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1983/07/07、36期)

両参考人、大変御苦労さまです。初めに有吉参考人にお尋ねいたしたいと思うのですが、いわば石炭産業、炭鉱の特殊性から考えて、しかも夕張の場合には非常に深部の、ガスの湧出量の多い鉱区である。露頭とか、きわ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1983/02/08、36期)

私は、主として外交問題を中心にして質疑を行いたいと思うわけです。きわめて素直に私は質問いたしたいと思いますので、総理の率直な御答弁をまず心からお願いを申し上げておきたいと思います。まず、本論に入る前…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1983/02/22、36期)

エネルギー問題に関連して質問をいたしたいと思っておりますが、まだ通産大臣が参りませんから、その前に運輸大臣に、関係する問題について御質問いたしたいと思います。特にいま問題になっておりますのは、ことし…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1983/03/08、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日本社会党・護憲共同提出の昭和五十八年度一般会計予算、同特別会計予算及び同政府関係機関予算を撤回のうえ編成替えを求めるの動議に賛成し、政府提出の予算三案に反対する…会議録へ(外部リンク)

第99回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1983/08/04、36期)

質問に入る前に一つお伺いいたしておきたいと思うのですが、去る七月十三日の産炭地域振興関係各省庁等連絡会、ここで配付された資料の中に、「大臣、石炭協会に対して、道が中心となって再開発する場合に協力するよ…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1983/10/05、36期)

北炭夕張炭鉱の問題で、閉山が決定して以来、大野労働大臣は非常に繁忙の中、現地を訪れて、現地の実態調査また生の声を聞かれたわけですが、この現地訪問について私も心から敬意を表したいと思う次第であります。…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1983/12/28、37期)

私は土井委員の質問に先立って、主として今次漁業協定の具体的な内容について御質問いたしたいと思います。その前提として、今次交渉が昨年に比べて非常に難航したということであります。交渉期間に三十四日間も要…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1984/05/08、37期)

サケ・マス問題の質問に入る前に、二、三外務省にお伺いいたしたいと思います。去る四月二十五日の参議院の外交・総合安保特別委員会における議員の質問に対する岡崎調査企画部長の発言が報道されておるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1984/05/09、37期)

先般の大臣の所信表明に関連して若干お尋ねをいたしたいと存じます。所信表明に盛られておることは具体的に今年度の予算で示しておるもの、こう思うのであります。そういう意味で、今年度の石炭政策の顔はいわば特…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1984/07/11、37期)

鉱害問題で今いろいろ議論されておるわけです。去る五月九日、石炭対策特別委員会が開かれて、この委員会が終了後、朝日新聞がキャンペーンを会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1984/08/02、37期)

時間の関係がありまして、運輸省の方に先に質問をいたします。今回の第二次地方交通線の問題をめぐって、貨物取扱いの場合、四線は貨物の取扱駅廃止について特段の措置をとるということで、歌志内線、幌内線、それ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1984/11/08、37期)

きょうは、与えられた時間が余り長くありませんので、四、五点、端的に御質問いたしたいと思います。実は、中曽根総理大臣は内遊の第一号として北海道の釧路を訪れまして、釧路の漁業環境を視察すると同時に、太平…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1984/02/17、37期)

私は、政府に対して、政治姿勢、また主として外交問題を中心にして、見解をお尋ねいたしたいと存じます。特に、私の持ち時間の中で関議員が三十分間関連質問をする予定になっておりますので、委員長の方でしかるべ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1984/03/03、37期)

本予算委員会で対ソ外交について多面的な角度から質問が行われて、外務大臣からは積極的な対ソ外交の展開、いわば日ソ関係の改善についてそれぞれ答弁がなされておるわけであります。それに関連しまして初めに二、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

予定の質問に入る前に一、二点承っておきたいと思います。きのう、去る一月十八日に三井三池炭鉱で発生しました八十三名の死亡者を出した坑内火災の事故調査委員会の中間報告がなされたわけであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1985/05/13、37期)

日ソ漁業経済協力協定の経過並びに今後の政府の姿勢についてお伺いいたしたいと思います。昨年以来、日ソ間におけるいわゆる地先沖合の日ソ漁業協定、その後の実態交渉、そしてまた日ソ間の漁業協力協定、いずれも…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1985/03/29、37期)

昭和五十九年度のエネルギー情勢は、五十八年度と違って環境の変化が伴っているだろうと私は思うのです。しかし、原油価格は引き続きまた一ドル値下げが行われる、そういう非常に望ましい条件もあるわけですけれども…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1985/06/19、37期)

きょう参考人においでを願って、保安問題また石炭政策の問題について御意見を伺っておるわけですが、最近の頻発する炭鉱災害を振り返って考えてみますと、今日的保安問題というのが一体どこから発生したのか、このこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1985/02/14、37期)

私は、本論の質問に入る前に、きのうカネミ油症訴訟の判決が行われておるわけです。これはカネミ油症訴訟の全図統一第三陣の訴訟に対する判決でありまして、ちょうど昨年の三月十六日、福岡において第一陣の控訴審の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

きょうは土曜日で、亀井委員長にはお忙しいところを大変ありがとうございます。今、作業の状況について御報告をいただいたわけでありますが、最近特に国鉄監理委員会の動向について、しばしば報道も行われておるわ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1985/02/25、37期)

私は率直に質問いたしますので、簡潔に素直にひとつお答えをいただきたい、かように存じます。初めに、補助金の一割カットと、また、これに関連する若干の問題についてお伺いをいたしたいと思うわけであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

今の大蔵大臣の答弁の内容は、残念ながら了承するわけにはまいらぬのであります。と言いますのは、第五次答申というのは、これは最終答申であります。そして、答申の性格からいって、第一次に答申をされたものは、こ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1985/12/11、37期)

今臨時国会初めての石炭対策特別委員会でありますが、既に通産大臣は、第七次政策に引き続いて新しい政策についての諮問を石炭審議会に行っておる、こういう状況でありますので、これらに関連して若干質問をいたした…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/10/30、37期)

本来なれば私の質問は初日に終了いたしたわけですが、大変遅い時間に質問するめぐり合わせになったものでありますが、私は、主として外交問題、また中曽根さんの政治姿勢の問題、そして当面の我が国の課題である貿易…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1986/04/11、37期)

石炭問題に関する所信表明に関連して質問いたしたい、かように存じます。最近、石炭をめぐる情勢は、言うなれば円高の日照りの中で、また石油価格の急落という相反するどしゃ降りの中で、大変な環境の中にあると私…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/05/15、37期)

参考人の皆さん、大変貴重な御意見をいただきましてありがとうございました。与えられた時間で率直にお尋ねいたしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。私は、まず第一点として向坂参考人に、今日の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1986/02/18、37期)

昨年の臨時国会において、予算委員会の席上、総理が国連四十周年記念に出席をして演説をされたその内容について私は質問したわけであります。今回の総理の施政方針の演説を承って、特に相当スペースを割いて、いわば…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1986/02/20、37期)

私は、初めに外交関係の問題について二、三外務大臣に見解をただしたい、こう思います。伝えられるところによりますと、安倍外務大臣は、最近のアジア諸国の情勢、このような分析の中から外務大臣の諮問機関として…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

総理は、新しい年を迎えて、ことしはとら年でありますからトラにちなんだ話が随分多かったわけであります。しかし、今年のとら年は戦後四回目のとら年であります。過去三回のとら年はどういう年だったか、総理は御存…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1986/10/20、38期)

向坂先生御苦労さまでございます。先般、参議院のエネルギー調査会に出席をされて第八次政策の審議の状況、また昭和六十一年度の原料炭価の問題についていろいろ述べられておることを承知をいたしておるわけです。…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/12/02、38期)

参考人の皆さんには大変お忙しいところ御苦労さんでございます。また一年二カ月にわたって答申のために御努力された向坂先生、特に初めに私は向坂先生に、答申が決定される過程の問題、認識の問題についてお伺いをい…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1986/12/10、38期)

去る十一月二十八日に一年二カ月ぶりで第八次の答申が行われました。まず私は、この第八次の石炭答申に対して政府としてどういう取り扱いをなされたのか、御説明を願いたいと思います。今回の八次答申は、昨年の九…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1987/05/18、38期)

外務大臣、御苦労さまです。本来なれば、第百八回国会における外交演説について御質問いたしたいのでありますが、条約案件の審議の時間が詰まっておりますので、きょうは日ソ文化協定に限って御質問いたしたいと存…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1987/03/24、38期)

質問に入る前に、昨日アメリカ、イギリスにおける円の動向は極めて憂慮すべき状態でありましたけれども、伝えられるところによりますと、十時三十分には一ドル百四十八円七十銭、十一時には百四十八円八十銭という円…会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1987/12/18、38期)

石特の質問が行われた九月の七日以来、実は久しぶりに質問のある委員会であるわけです。その後、北炭真谷地炭鉱の閉山が行われまして、大変な社会的摩擦が発生するのではなかろうかという状況の中で、通産大臣初め通…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1988/02/27、38期)

私は、若干の与えられた時間、エネルギー問題と石炭問題についてお尋ねをいたしたい、かように存じます。政府は、昨年の十月に「長期エネルギー需給見通し」の改定を行われまして、いわばその基本方針は、セキュリ…会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1988/12/16、38期)

二十分の時間でありますので、簡潔に、かつまた問題を提起するという形で質問いたしたいと思います。先ほど来、石炭特会財源の問題でいろいろ議論がなされておったわけでありますが、私は、当初からこの石炭特会の…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1990/06/13、39期)

私は、与えられた時間、過般行われた米ソ首脳会談、またこれに関連する諸問題について、外務大臣、政府の見解をお伺いしたいと思います。中山外務大臣は、海部内閣の外務大臣としてちょうど十カ月問の時間を若干経…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1990/03/01、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1990/06/22、39期)

時間がありませんから端的に質問いたしたいと思います。平成二年度の予算編成は大変苦労いたしたわけです。平成三年度の石炭特会の予算の問題は、今度は返済金が二百八十三億あるという点で憂慮されるわけです。昨…会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 国際連合平和協力に関する特別委員会 第3号(1990/10/25、39期)

私は、きのうの川崎議員の質問に引き続いて、政府の所信をただしたい、かように存じます。海部総理はこの国会の始まる前、中東五カ国を訪問をされてまいりました。私も党の調査団の一員としてヨルダンそしてイラク…会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1990/10/12、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1990/11/20、39期)

私は生田参考人にお伺いいたしたいと思います。私は、国内石炭産業の政策は、エネルギーに対する思想と意識と構造に関する問題ではないか、こんな感じがするわけです、言うなれば自国の唯一の国内エネルギーに一体…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1991/04/12、39期)

日ソ関係の問題に絞って御質問いたしたい、かように思います。十六日にはゴルバチョフ・ソ連大統領が日本を訪問するわけであります。したがって、これからの質問もある一定の節度を持ちながら、そしてまたこの日ソ…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1991/04/24、39期)

今上原議員から掃海艇派遣の問題について質問が行われたわけです。あす本会議でも本件は質問が行われる、こういう議事運びになるように承知をいたしておるわけです。したがって、今解明されていない諸点については外…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1990/12/10、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1991/02/21、39期)

先般の通産大臣、労働大臣の所信に対して質問いたしたい、かように存じます。特に、通産大臣に御質問申し上げますけれども、昨年の六月五日に総合エネルギー調査会は長期エネルギー需給見通しを発表いたしたわけで…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1991/03/07、39期)

質問に関連して若干、各党で今附帯決議の内容を詰めておりますので、これに関連して三、四点伺っておきたいと思います。今度の改正案は、旧法第四条第三項に二年以内に実施計画を定めるという期限があるのですが、…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1991/08/02、39期)

昨年の九月二十五日に、通商産業大臣からポスト八次石炭政策について石炭鉱業審議会に諮問されました。ちょうど九カ月間を経て、今年の六月七日に答申をされたわけであります。その間、政策部会長として生田参考人が…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1991/08/30、39期)

今次のソ連の政変の問題について、ある人は、かつてのアメリカのジャーナリストのジョン・リードの言葉をつかまえて、世界を揺るがせる七日間であった。こう表現をする方もおりますし、またロシア革命に対比してロシ…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1991/10/03、39期)

通産大臣、大変国際的な日程で御苦労さんです。第九次石炭答申が行われてもう四カ月間経過をいたしたわけです。初年度である平成四年度の石炭関係予算の概算要求が既に行われている。また、来年の通常国会には石炭…会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 第3号(1991/11/18、39期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題になっております国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律案について以下御質問をいたしたいと存ずる次第であります。私は、質問に入る前に林…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1992/02/26、39期)

今、井出先生の質問を聞いていて、二十年前の日本という話も出てまいったわけです。私は、商工委員会で質問するのは、実は十五年ぶりできょう御質問の機会を得ました。最近の経済、産業社会の動向を考えながら、率直…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1992/04/14、39期)

私は、本法の審議に入る前に、当面する景気動向について若干の質問をいたしたい、こう思います。先般も、大臣の施政方針の質問の中でいろいろ所信を実はただしたわけであります。政府は既に緊急経済対策を先月末に…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1992/01/24、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1992/03/04、39期)

お忙しいところ、参考人の皆さんには大変どうもありがとうございました。若干の時間、御質問をいたしたい、こう思います。今度の第九次政策が十年間の期限をもって構造的最終調整を図る、こういう形で今答申がなさ…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1992/03/05、39期)

渡部通産大臣に当委員会で質問するのは、大臣に就任されてきようが初めてなわけであります。一回質問したいなと思っていたのですが、ようやくその機会が訪れたということであります。石炭というのは、国内炭は条件…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1992/03/04、39期)

きょうは、経済問題を重点にして集中審議でございますので、その趣旨に基づいて御質問いたしたいと思います、…会議録へ(外部リンク)

第124回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1992/08/07、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1992/10/30、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1993/01/22、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12