岡田利春衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  1回発言   9629文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  0回発言      0文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  1回発言   9629文字発言

本会議発言一覧

第109回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/07/08、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、一昨日行われた総理の所信表明に関して質問を行うものであります。総理、あらかじめはっきり申し上げておきますが、私の質問の立場は、国政の今後の方向とありようについて、あなたに期待をしたり求めたりするものでは全くありません。もはや国民は、中曽根内閣に何らの期待も抱いて………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第106回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第107回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言  33763文字発言
第108回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  16292文字発言
第109回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
第110回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第111回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4960文字発言
第112回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   6236文字発言
第113回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4703文字発言
第114回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第115回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第116回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第117回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  38期通算  44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 43)  8回発言  65954文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 石炭対策特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  6回発言  53904文字発言

 外務委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  1回発言   5814文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言   6236文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第106回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1986/10/20、38期)

向坂先生御苦労さまでございます。先般、参議院のエネルギー調査会に出席をされて第八次政策の審議の状況、また昭和六十一年度の原料炭価の問題についていろいろ述べられておることを承知をいたしておるわけです。…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1986/12/02、38期)

参考人の皆さんには大変お忙しいところ御苦労さんでございます。また一年二カ月にわたって答申のために御努力された向坂先生、特に初めに私は向坂先生に、答申が決定される過程の問題、認識の問題についてお伺いをい…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1986/12/10、38期)

去る十一月二十八日に一年二カ月ぶりで第八次の答申が行われました。まず私は、この第八次の石炭答申に対して政府としてどういう取り扱いをなされたのか、御説明を願いたいと思います。今回の八次答申は、昨年の九…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1987/05/18、38期)

外務大臣、御苦労さまです。本来なれば、第百八回国会における外交演説について御質問いたしたいのでありますが、条約案件の審議の時間が詰まっておりますので、きょうは日ソ文化協定に限って御質問いたしたいと存…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1987/03/24、38期)

質問に入る前に、昨日アメリカ、イギリスにおける円の動向は極めて憂慮すべき状態でありましたけれども、伝えられるところによりますと、十時三十分には一ドル百四十八円七十銭、十一時には百四十八円八十銭という円…会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1987/12/18、38期)

石特の質問が行われた九月の七日以来、実は久しぶりに質問のある委員会であるわけです。その後、北炭真谷地炭鉱の閉山が行われまして、大変な社会的摩擦が発生するのではなかろうかという状況の中で、通産大臣初め通…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1988/02/27、38期)

私は、若干の与えられた時間、エネルギー問題と石炭問題についてお尋ねをいたしたい、かように存じます。政府は、昨年の十月に「長期エネルギー需給見通し」の改定を行われまして、いわばその基本方針は、セキュリ…会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1988/12/16、38期)

二十分の時間でありますので、簡潔に、かつまた問題を提起するという形で質問いたしたいと思います。先ほど来、石炭特会財源の問題でいろいろ議論がなされておったわけでありますが、私は、当初からこの石炭特会の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22