国会議員白書トップ衆議院議員大原亨>30期国会活動まとめ

大原亨衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   7147文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言   7147文字発言

本会議発言一覧

第51回国会 衆議院 本会議 第23号(1966/03/05、30期)

討論に先立ちまして、私は、日本社会党を代表して、昨日のカナダ航空の事故に引き続き、本日のBOAC機の事故に対し衷心より哀悼の意を表するとともに、被災者の家族、関係者に心からなる弔意を表したいと存じます。(拍手)この際、われわれは、引き続き三回にわたる事故の原因を徹底的に究明をして、このあやまちを四た………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 15)  7回発言  70258文字発言
 第47回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  17808文字発言
 第48回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 13回発言 150572文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  25646文字発言
 第51回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  8回発言 101138文字発言
 第52回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  21875文字発言

  30期通算 137回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員113) 32回発言 387297文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

社会労働委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 33)  10回発言 125602文字発言

予算委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52)  11回発言 167028文字発言

内閣委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)   4回発言  31240文字発言

建設委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   2回発言  29122文字発言

地方行政委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言  17808文字発言

災害対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   3866文字発言

文教委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   2回発言   9010文字発言

オリンピック東京大会準備促進特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   3621文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

社会労働委員会理事(第45回国会)
社会労働委員会理事(第46回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1964/02/06、30期)

日本の経済は非常に重大なときにきておるわけですが、そういう中におきまして、労働行政の基本的な姿勢につきまして最初に一つ質問をいたしたいと思います。これは原則的な質問のようですけれども、大切な問題です…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1964/02/20、30期)

私は、きょうは厚生行政全般の問題について質問いたしたいのですが、その問題は、逐次各論から総論へ行くということで結論のほうへ持ってまいりまして、きょうは最初に薬事行政全般の問題につきまして質問をいたした…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1964/02/25、30期)

労働関係の基本施策ということですが、きょうは、総務長官、官房長官それから労働大臣、厚生大臣、防衛庁長官その他関係各省大臣に対して部落対策の問題につきまして逐次これから質問いたしてまいります。まず最初…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1964/04/08、30期)

最近、また生ワクの使用に伴うていろいろな事故が起きたのが新聞その他で報道されているわけですが、先般私が名古屋に参りましたときに、二件ほど問題が持ち上がっておりました。この問題につきまして厚生省はどうい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1964/04/15、30期)

関連。労働大臣、非常に重要な問題です。労働大臣の御答弁は、非常に頭脳明晰で筋が通ったようだけれども、さか立ちしておるのです。というのは、つまり労使関係の問題、特に賃金という労働条件の中心問題を解決する…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第50号(1964/06/03、30期)

私は、先般四月三日に衆議院の本会議におきまして、全会一致で可決されました原爆被爆者援護強化に関する決議、この決議に基づく政府側の措置につきまして、主としてこれを中心として質問をいたしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1964/02/28、30期)

私はきょうは、昨年の十二月七日に出されました東京地裁の古関判決、原爆判決についてお尋ねいたします。この問題につきましては、国際的にも相当大きな反響があるわけでございます。したがって、今日までいろいろな…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1964/11/18、30期)

いままで同僚の議員からいろいろと質問があったわけですが、私はその中で納得できない点や、あるいは十分触れられなかった点を中心といたしまして、事態の真相を究明したいと思います。ただいまの江口長官とそれか…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1965/02/16、30期)

新計画に関連いたしまして、具体的な問題で恐縮なんですけれども、非常に大切な問題ですから、いろいろと質問をいたしたいと思います。というのは、これは一地域の問題ですが、桟橋の新設、改修をめぐりまして、こ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 建設委員会 第13号(1965/03/31、30期)

地方住宅供給公社法案、こういうのが出たのですが、これを中心といたしまして、住宅政策をお聞きするわけです。世上、この公社は日本住宅公団の小型の公団、つまり豆公団、あるいはあまり内容のないトンネル会社だ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1965/04/02、30期)

前回の委員会で、住宅供給公社法案について審議をいたしておりました問題点は、供給公社という一つの政策、法律案だけで、これが単なるサラリーマン住宅というふうな選挙対策になったのではだめなんです。やはり総合…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1965/03/26、30期)

戦後二十年たったわけですが、最初にこの戦争の、つまり犠牲者の実態について、第二次大戦で軍人、軍属、準軍属の死没者と傷病者の実態をまずひとつ明らかにしてもらいたい。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1965/04/13、30期)

原子爆弾被爆者の医療等に関する法律の改正案が出たわけですが、昨年の衆参両院の本会議での特別決議もございますし、その前の東京地方裁判所の判決もあるわけでございますが、特に本年は被爆二十周年という戦後二十…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 内閣委員会 第39号(1965/04/28、30期)

総理府では、各省でやってない行政をやっておるわけですが、人事については、各省にわたる事項については、どのようなことをどのような法律に基づいてやっておられるか、これをひとつ伺います。それから質問通告い…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 内閣委員会 第40号(1965/04/30、30期)

厚生省設置法の改正案は、提案の理由にもありますように、相当広範な所管がえやあるいは新しい機構の設置でありますが、厚生行政のこれらに関係する基本姿勢につきまして質問いたしたいと思うのです。いろいろと機構…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 内閣委員会 第41号(1965/05/07、30期)

第一の質問は、建設省の綱紀粛正ですが、建設者の高級公務員がその地位を利用し、あるいはそういう行政上の権限をもって金を集めたり票を集める、票を割りつける、こういうふうなことは、私は公職選挙法あるいは公務…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1965/02/06、30期)

私は、ただいまから、医療問題を中心といたしまして総理大臣ほか各関係閣僚に質問いたしたいと存じます。まず最初に佐藤総理大臣にお尋ねいたしますが、現在、御承知のように、中央医療協、社会保険審議会、社会保…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1965/02/08、30期)

前回の予算委員会の散会まぎわに神田厚生大臣から問題の覚え書きにつきましてお答えがあったのであります。その覚え書きの原文とおぼしきものを私は持っております。若干違うところもあるのですが、大体同じです。最…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1965/02/19、30期)

神田厚生大臣の答弁はおかしいのです。田中大蔵大臣の答弁と違うのです。それから、この間指摘したことをあなたは聞いてないのです。私は、二つの点だけ審議を後退させないために申し上げておくのですが、あなたのい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1965/03/01、30期)

私は、第三分科会におきまして議論いたしました問題点につきまして、あらためてここに質問をいたしまして、関係大臣の所信をただしたいと存じます。最初に質問をいたしたい点は、二十七日の土曜日の支払い側と政府…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1965/04/27、30期)

私は、委員長からお話がありましたように、本日は、非常に、重大な事態になっております医療問題を中心といたしまして、総理大臣、関係大臣の所信をただしたいと存じます。その質問に入ります前に、これらの問題を処…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1965/08/02、30期)

大きな声で質問いたしますから、よく聞こえるようにお願いします。それでは、簡潔に御質問をいたすのですが、農林大臣はおられませんが、建設大臣と、それから防災会議を主宰しておる総務副長官が列席の上でいま質…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1965/08/07、30期)

きょうは、私は二人分ほど質問いたします。これは、質問者が二人のところを一人になりまして、二人分やりますから、要領よくひとつ簡潔にお答えいただきたい。第一番目は、公務員、公共企業体の労使関係について、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1966/04/14、30期)

だいぶ審議も煮詰まってきたわけですが、私は、いままでの質疑応答を振り返って、ひとつ締めくくりをしながら問題点についてさらに明らかにしていきたい、中間総括をしながらやっていきたいと思っております。大体…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1966/06/09、30期)

最初に厚生省にお尋ねするのですが、戦傷病者戦没者遺族等援護法が制定されましてから、軍人軍属、準軍属というふうにそれぞれ範囲が拡大されたわけであります。軍属についても先般の改正で相当拡大をされました。準…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1966/03/03、30期)

昨年の八月に、科学技術庁は予算を相当ばく大に使われまして、中性洗剤ABSの毒性や公害問題についていろいろと調査をなさった、その結果を昨年八月に発表されておるわけです。大体予算を幾ら使って、どのくらい年…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1966/04/01、30期)

簡潔に質問しますから、ひとつはっきりと明確に答弁してください。私が質問をいたすのは、義務教育関係の老朽校舎及びすし詰め教室解消のための予算、起債に関係いたしまして、文部省と自治省に質問をいたしたいと…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1966/04/22、30期)

時間がありませんので、ひとつ簡単に。これは、いま皆さん方が御意見を述べられたように、あらゆる制度に関係している。特に、皆保険下の医療の研究、技術の研究、あるいは教育体制をどうするかという根本問題に関…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1965/12/24、30期)

私は、今日までの社会党の各委員の質問を受けまして、主として、非常に微々たるものですが、減税の影響を受けない、逆に物価の値上がりあるいは公共料金の値上げの追い打ち、そういうものの深刻な影響を受ける国民の…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1966/02/11、30期)

私は、ただいまから社会保障、住宅政策等を中心といたしまして質問いたしますが、質問に入ります前に、社会党の私どもの機関の決定に従いまして、新潟県知事の問題につきまして質問をいたします。新潟地検は、新聞…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1966/03/03、30期)

私は第五分科会その他の分科会で問題になった、この際特に予算を審議する上において明らかにしておきたい、こういう問題点につきまして二、三の問題を集中的に取り上げまして質問いたします。第一に厚生大臣に、生…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1966/07/19、30期)

私は、ただいまから内政問題一般について、当面の国民の重大関心事につきまして逐次質問をいたしたいと思うのですが、回答はひとつ簡潔にお願いいたします。議事妨害にならぬように、長い演説をしないように、ひとつ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12