国会議員白書トップ衆議院議員大原亨>36期国会活動まとめ

大原亨衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第93回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  10624文字発言
 第94回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  3回発言  59183文字発言
 第95回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  32970文字発言
 第96回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  4回発言  61191文字発言
 第97回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  14425文字発言
 第98回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  23401文字発言
第100回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  36期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 71) 13回発言 201794文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50)  6回発言 114398文字発言

 社会労働委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  7回発言  87396文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1980/11/18、36期)

いままでの質問を受けまして、続けたいと思います。全体的なことですが、国際障害者年を国連で決定いたしまして勧告を出しましたことに基づいて、国内においても、それぞれ施策を進めておるわけですが、その中で雇…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1981/04/23、36期)

中村委員の質問に対しまして園田厚生大臣から、いままでの答弁もそうですが、重ねてかなり前向きな見解が表明をされておるわけです。園田さんは外務大臣をしておられたときに、先ほどのお話にありましたように国連の…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1981/02/09、36期)

補正予算の審議に入るわけですが、いままでの審議全体を通じまして鈴木内閣の議会政治に対する考え方というものが、一問一答を通じて明らかになったと私は思うのですが、私はここで、質問に入る前に念のためにお聞き…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1981/02/26、36期)

最初は官房長官ですが、きょうは、御承知のように二月二十六日で、二・二六事件の日であります。ちょうどきのうまでは雪が降っておりましたが、きょうはローマ法王のせいか天気になっておる。一九三六年ですから昭和…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1981/10/22、36期)

最初に、いままでの老人福祉法は、御承知のように昭和三十八年、歴史的な法律として制定をされたわけでありますが、老人福祉法と今度提案をされております老人保健法、名前はよく似ておるわけですが、この法律の関係…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1981/10/03、36期)

鳴り物入りで臨時国会が開かれまして、行財政改革に政治生命をかける、こういうふうに総理も言っておられるわけでありますが、出てきました行革の特例法案は、いままで質問がございましたように、三十六の法律案に手…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1982/04/15、36期)

第一の質問は、いま政府の間において行われておる、年金に関係いたしました各種の諮問機関、審議機関があるわけですが、それらについて、厚生年金、国民年金、船員保険等の年金の大部分を掌握している厚生省は全体の…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1982/04/22、36期)

基本的な問題は最後に回しまして、各論的なところから入っていきます。午前中森井委員から基本的な問題についてかなりあったわけでありますが、私もそれらを踏まえまして最後に質問いたしたいと思います。これはそ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1982/02/19、36期)

第一番目にお尋ねしたい点は、予算の編成の仕方の問題であります。五十七年度予算編成に当たりましては、周知のように、昨年の八月の概算要求までゼロシーリング、こういう方針を出しまして、防衛費その他若干の例…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1982/02/20、36期)

昨日に続きまして重要な問題につきまして順次質問いたしますが、大臣の連絡の都合上順序を変えまして、最初に、中曽根長官に地方事務官の問題、分権の問題、この問題につきまして質問をいたしたいと思います。そこ…会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1982/12/17、36期)

私は、行革と医療改革、行革と年金改革、二つを焦点として質問をいたしますが、最初に、それらをめぐる政治姿勢の問題につきまして質問をいたします。一つは、これはいろいろといままで、神戸市の近藤病院とかある…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1983/03/03、36期)

五十分間ですから、時間を有効に使って質問いたしますので、答弁もひとつ簡潔にお願いします。第一は、最近国会の外、自治体等におきまして優生保護法の改正をめぐりましてかなり議論をされておるわけでありますが…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1983/05/19、36期)

いま白川委員から非常に興味のある質問がありました。この議論をいたしますと、いままで二十年間も議論したことをもう一回やることになりますし、この問題をやりますと時間がかかりますが、簡潔に触れておきます。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 36期(1980/06/22〜)  3本提出

質問主意書一覧

原爆被害者に対する「国家補償の理念」による援護法制定に関する質問主意書
第93回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1980/10/20提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

原爆被爆者に対する「国家補償の理念」による援護法制定に関する再質問主意書
第93回国会 衆議院 質問主意書 第14号(1980/11/28提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

診療報酬改定に当たつて厚生大臣の中医協諮問事項作成に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1981/03/20提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22