松本善明衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  1回発言   3864文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  1回発言   2131文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  2回発言   5995文字発言

本会議発言一覧

第75回国会 衆議院 本会議 第19号(1975/05/06、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました核兵器の不拡散に関する条約の批准承認案件について、総理並びに外務大臣に質問をいたします。日本共産党は、この核防条約につきまして、当初から、そこに含まれていた問題点の重大さを一貫して指摘をし、批准反対の態度をとってまいりました。日本………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第8号(1975/10/24、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、議院運営委員長田沢吉郎君解任決議案に賛成の討論を行うものであります。(拍手)議院運営委員長田沢吉郎君は、昨日から本日にかけて、わが党を初め野党の反対を押し切って、議題さえない本会議の設定を行い、その本会議の開会を強行したのであります。その行為は、国権の最高機関で………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  13362文字発言
 第72回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 20) 20回発言 105970文字発言
 第73回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  3回発言  13299文字発言
 第74回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  2回発言   6349文字発言
 第75回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  36563文字発言
 第76回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  11496文字発言
 第77回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員  4) 13回発言  56276文字発言
 第78回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  3)  2回発言   9687文字発言

  33期通算 155回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 98 委員 57) 50回発言 253002文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 39) 12回発言  92798文字発言

 外務委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 14) 31回発言 136595文字発言

 ロッキード問題に関する調査特別委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  1)  6回発言  19345文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4264文字発言

 交通安全対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第72回国会)
 外務委員会理事(第73回国会)
 外務委員会理事(第74回国会)
 予算委員会理事(第77回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第77回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 商工委員会 第30号(1973/06/15、33期)

私は、通産大臣のいわゆる王制発言というのが国務大臣としての政治姿勢の問題としてたいへん重要な問題だと思いますので、また、だからこそ通産大臣は遺憾の意を表されたのだと思いますので、その点について若干お聞…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1973/02/03、33期)

昨日、わが党の不破議員の質問に対して、ベトナム問題についての政府の考え方が、アメリカのいうことをうのみにしておる、あるいはそれすらも十分研究してないということがずいぶん明らかになりましたけれども、この…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1974/02/14、33期)

三木副総理にいろいろ伺いたいのでありますが、中東へ行かれましてこれからの石油のいろいろな事情についても考えてこられたと思いますが、私はまず最初に、中東での国有化問題についての副総理のお考えをお聞きして…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1974/02/20、33期)

最初に、天皇訪米問題について、先ほど外務大臣が言われた点について少しお聞きしておきたいと思います。天皇訪米問題については部内で検討して慎重に処理したい、この訪米時期は白紙である、希望するという以外に…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1974/02/22、33期)

外務大臣に若干伺いたいのでありますが、天然資源に関する国連総会の問題でいまも議論がありましたが、私は前回の議論からずっと聞いておりまして、外務省の態度が非常に場当たりといいますか、しっかりした考え方が…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1974/02/27、33期)

ベトナム民主共和国との国交が昨年樹立されて以来の大使館設置問題について、外務大臣に外務省当局のお話を伺いたいと思っております。これは国交が樹立をされたので、当然早急に大使館を設置して、外交関係が密接…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1974/03/04、33期)

両参考人に簡単に、若干お伺いしたいと思うのでありますが、この外交案件につきましては、一般論よりも一つ一つの案件が国会にかけられるかどうか、そのときに妥当であるかどうかということがかなり論じられるもので…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1974/03/06、33期)

この条約締結がされても、国の保護、政策がちゃんとなされていなければならないということはいままでも論じられているわけですけれども、鳥類保護についての現状を日本政府としてはどういうふうに考えているのか、そ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1974/03/08、33期)

外務大臣に渡り鳥条約についてお聞きする前に、一言環境庁に聞いておきたいのですが、それは鳥獣保護に必要なことは干がたの保護だということについてはもう言うまでもないわけですが、前回も少しお聞きしましたけれ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1974/03/20、33期)

二重課税の回避に関する条約は、わが党はずっと一貫して反対をしてきたのですが、いまの時点に来ますとさらに重要性を加えているように思います。これは突っ込んだ政策論争がやはり必要なんで、外務大臣出席の機会に…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1974/03/22、33期)

最初に、チリの債権国会議のことについて若干伺いたいと思います。三月末にパリクラブといわれる債権国会議が開かれることになっているということでありますが、いまチリの軍事独裁政権の非人道的な態度というのは…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1974/03/27、33期)

相模補給廠で戦車その他の戦闘車両の修理が行なわれ、そしてそれが深夜荷台にほろをかけて搬出をされる、そして横浜港のノースピアからさらに海外に搬出をされている、こういうことがたびたびいまでも報道をされてお…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1974/03/28、33期)

日中貿易協定について、若干質問をしたいと思います。中国との国交回復が行なわれて以来の実務的な諸協定、貿易協定のみならず、全体が大体どういうふうに進んでおり、それから見通しとしてはどうなっていくのか、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1974/04/27、33期)

日中航空協定の締結は、わが党もこれを歓迎するものであります。いま同僚委員が質問をいたしましたけれども、今後の日中関係についてもう少しお聞きしておきたいと思います。平和条約の締結について、外務大臣はま…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1974/05/08、33期)

国際協力事業団法案に関係して、まず対外援助についての根本的な考え方を外務大臣に少し伺っておきたいと思うわけであります。第一に私が伺いたいのは、わが国の対外援助の基本方針とアメリカの対外政策との関係で…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1974/05/10、33期)

外務大臣に若干確認の質問ですが、海外移住事業団や海外技術協力事業団で働いている人たちの問題、先ほども御質問があったわけですけれども、これについては労働条件その他は引き継ぐというのが外務省としての方針だ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1974/05/15、33期)

まず、ECの代表部を設置するということになりました経過をお話し願いたいと思います。たとえば関税につきましては、ローマ条約にございますECの共通関税を動かすことは、あるいはまたその共通関税に関しまして…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1974/05/21、33期)

ベルヌ条約について伺いますが、この条約の七条の一項には「条約によって許与される保護期間は、著作者の生存の間及びその死後五十年とする。」ということが規定されております。ところが、写真の著作物については、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1974/05/24、33期)

この事件は、学生運動の幹部と会った、デモの計画を聞いた、デモの写真をとったというのは、これは客観的に見ればまさに取材活動であって、本人の取材目的であったということをまさに裏づけることであると思うのです…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1973/12/07、33期)

政府は、いまの見解のように、いまの状態をインフレと認めることをどうしてもやりません。しかし、国民のほとんどが悪性インフレの状態になっている、ほんとうに切実な状態になっていると感じております。ある乳児…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1974/02/01、33期)

午前中、総理の本会議での発言の問題で若干の質疑が行なわれましたけれども、これについて、私はもうちょっとはっきりしておかなければならぬ点があるかと思うので、若干聞きたいと思います。総理の言われた趣旨は…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1974/02/07、33期)

前回、私が質問をいたしました自衛隊の精神教育の問題について、防衛庁長官は、点検をして、予算委員会に報告をするということを述べられましたけれども、結果はどうでありますか。内容でございますが、「教育関係…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1974/08/02、33期)

OTHについてまとめて伺いますが、まず第一に、四十二年に通報があったということについての通報内容、アメリカ軍からどういうものとして通報があったかということが第一点。それからOTHをどういうものとして…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1974/09/05、33期)

外務大臣に、先ほどからの質疑で朝鮮外交の根本問題がいろいろな立場から論議をされておりますが、そういう時期にいま当面をしていると思いますので、私もこの点について若干の質疑をこの際行ないたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1974/10/14、33期)

外務大臣に質問いたしますが、いままでのこの委員会での討議を聞いておりますと、外務大臣はインガソル国務長官代理の見解を唯一のよりどころにして答弁をされましたけれども、これはラロック氏の名前すらあげていな…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1974/12/19、33期)

著作権の保護に関するベルヌ条約について質問いたしますが、条約によりますと、著作権の保護期間については制作のときから二十五年よりも短くてはならないというふうになっているわけですが、わが国の著作権法では、…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1974/12/24、33期)

私は韓国問題について若干伺いたいと思うのですが、外務大臣が就任以来いろいろ新聞で語っておられますが、十二月二十一日の朝日新聞によりますと、日韓問題について金大中事件以後、木村前外務大臣が言われた二との…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1975/06/13、33期)

核防条約について若干の質疑をしたいと思いますが、外務大田にまず伺いますが、この条約は今後二十年にわたって日本の国民を拘束をすることになるわけでありますが、現在のことだけではなくて、そういう将来にわたっ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1975/06/18、33期)

この核防条約といいますのは、日本をアメリカの核のかさにますます深く縛りつけていくということにもなりますし、それから、いま御存じのように、国際情勢がインドシナの完全解放ということを迎えまして非常に大きく…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1975/08/22、33期)

今回の三木首相の訪米と共同声明、共同新聞発表について引き続いて質問したいと思います。韓国条項の問題について、いままでの質疑を前提としてお聞きしたいと思うわけですが、これは、六九年の共同声明と比べるな…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1975/03/01、33期)

きょうこの委員会では、核問題についてのいろいろの議論がありましたが、午後の冒頭の質疑での最後に委員長が発言されたことは、大変興味のあることであります。それは予算委員長自身が、政府の言うことを聞いていて…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1975/11/12、33期)

首脳会議に明日出席をされますので、私もこの問題についてお聞きしたいわけですが、事柄の性質上、若干重複するところもあるかもしれませんけれども、お答えをいだきたいと思います。まず最初に私が伺いたいのは、…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1975/11/19、33期)

六カ国首脳会議については、私どもは帝国主義諸国の世界支配が大きな脅威に立たされているという中でのこれに対処するものであるということを指摘をしてまいりました。この会議が行われた結果はやはり私たちの主張ど…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1975/12/17、33期)

三木外務大臣代理に伺いますが、外務大臣代理は同時に総理を兼ねてもおられますから、日米安保条約の運用、特に軍事協議の問題についての大きな観点からの、どういうふうにしていくつもりなのかということを少し伺い…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1975/10/29、33期)

この十月十一日の日本共産党の本部襲撃事件といいますのは、政党の本部に対する襲撃であります。そうしてしかも、私がきょう取り上げますのは、いま私たちの党の機関紙であります赤旗が、小佐野賢治氏、田中前首相の…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第12号(1976/06/30、33期)

捜査当局に若干聞いた上で、運輸大臣その他に聞きたいと思います。児玉の強制捜査の問題がいま論議をされておりますが、法務省に伺いたいのは、いまのままで、任意捜査で児玉自身について効果を上げるという自信が…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第18号(1976/07/28、33期)

総理に伺いますが、昨日田中角栄が逮捕されました。この総理までやったという政治家がいまは賄賂の代名詞ということで子供までが知っている。このピーナツを食べていた、これが明らかになって、しかも逮捕をされるま…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第26号(1976/08/26、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、野党四党提案の動議に賛成の討論を行います。中曽根康弘証人につきましては、昭和四十七年七月から九月、いわゆる箱根会談からハワイ会談にかけて問題になったいわゆる緊急…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第28号(1976/09/02、33期)

いま東中委員の質問でありました小佐野の偽証の捜査について、午後の冒頭に調べた上で法務省から報告をしていただきたい。これを委員長から御指示をいただきたい、こう思います。休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1976/04/23、33期)

核防条約についての審議でありますが、この核問題についての論議はわが国の国会ではほとんど核持ち込みの問題に集中をしている。いま宮沢外務大臣や三木総理大臣は、非核三原則と事前協議の制度があるから国民は心配…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1976/04/27、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、核兵器の不拡散に関する条約に反対の討論を行います。本条約に反対する第一の理由は、この条約が現在の核保有国の核軍備を何ら制限、縮小しようとせず、アメリカを初めとす…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1976/05/12、33期)

外務大臣に伺いたいと思いますが、三月十七日にアメリカの国務省の前韓国部長でありますドナルド・レイナード氏が、アメリカの下院の外交委員会の国際機関小委員会の聴聞会で、金大中氏の誘拐はKCIAによってなさ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1976/02/04、33期)

私は外交、防衛問題について質問をします。まず総理に伺いますが、ベトナムでアメリカがアメリカの史上初めてという敗北をしてからアメリカのアジア政策は新しい展開をしております。フォード大統領の新太平洋ドク…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1976/02/26、33期)

このロッキード疑獄の問題というのは、先ほどから論じられておりますように、戦後のどの黒い霧と比べても上回るような深刻な疑獄事件でございます。そして、この問題の徹底的な解明ということを三木総理は言っておら…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1976/02/27、33期)

二月の四日の本委員会で、航空自衛隊のレーダーを米軍が使って攻撃的な空対空訓練計画をやっているという問題を問題にいたしました。このバーナム中佐のガリガン米第五空軍司令官に対する報告については、防衛庁ない…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1976/06/25、33期)

第一に、この国会での証人が偽証をするということは、これは国権の最高機関での証言の権威を傷つけるし、国会の権威を傷つけるものであります。これについては、やはり国会へ出てきては絶対にうそを言うことはできな…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1976/07/06、33期)

最初に、この国会における証言についての偽証ということによる逮捕の問題でありますが、国会での証言というものが絶対にうそを言ってはならぬものだということを国民にはっきりさせるという点では、私は、これはやは…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1976/07/16、33期)

この偽証の捜査と当委員会における告発の問題は、国会で証言をする場合に一切うそを言わせないという点を確立をするという点で、ロッキード事件の真相解明と同時に、非常に重要なことであるというふうに私は思ってお…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第4号(1976/10/15、33期)

法務大臣に、私はまず、この中間報告は三木内閣の後退姿勢、ロッキード事件の幕引きということを顕著に示したものであると思います。先ほどの質疑の中でもそれが指摘をされましたが、たとえばこの中で、国会決議で、…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第7号(1976/10/27、33期)

鬼頭判事補のにせ電話事件も、これはロッキード事件の真相究明のために非常に重大な関係があると思いますが、きょうは時間も短いので、これは改めての機会にしたいと思います。全日空の中間報告に関する簿外資金の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 33期(1972/12/10〜)  3本提出

質問主意書一覧

公害健康被害補償法による指定地域に関する質問主意書
第77回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1976/05/14提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

東京都中野区におけるテレビ受信障害問題に関する質問主意書
第77回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1976/05/20提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国鉄の複々線拡張、高架化による被害補償に関する質問主意書
第78回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1976/11/04提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22