国会議員白書トップ衆議院議員菅直人>44期国会活動まとめ

菅直人衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  0回発言      0文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  0回発言      0文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  1回発言  10766文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  1回発言   7213文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  0回発言      0文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  0回発言      0文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  0回発言      0文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  0回発言      0文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29)  2回発言  17979文字発言

本会議発言一覧

第165回国会 衆議院 本会議 第23号(2006/12/15、44期)

私は、民主党の菅直人でございます。私は、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合、国民新党・無所属の会を代表し、安倍内閣に対する不信任決議案の提案の趣旨を説明いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第49号(2007/06/29、44期)

民主党の菅直人です。趣旨説明に入ります前に、昨日亡くなられました宮沢元総理、戦後の日本の政治の中で大きな役割を果たされ、足跡を残されました。最近に至るまで、現状の日本の政治に対して大変な心配もされていたとお聞きをいたしておりますが、その宮沢先生が亡くなられたことに、心から哀悼の意をあらわし、御冥福を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第163回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第164回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  32478文字発言
第165回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  21194文字発言
第166回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  21673文字発言
第168回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  30466文字発言
第169回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  30709文字発言
第170回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  22178文字発言
第171回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  1)  5回発言  64292文字発言

  44期通算  50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 24) 18回発言 222990文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  8) 13回発言 167608文字発言

 懲罰委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 国家基本政策委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 行政改革に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  24636文字発言

 決算行政監視委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   7842文字発言

 教育再生に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10281文字発言

 厚生労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  12623文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第171回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第164回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第3号(2006/04/03、44期)

昨日は、皇居を一周いたしまして、桜の下を歩きながらきょうの質問を考えておりました。何人かの方から、菅さん頑張って、民主党頑張ってという言葉もいただきまして、そういう皆さんのエネルギーとあのすばらしい桜…会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第13号(2006/04/19、44期)

大変きれいな桜も散りまして、総理も、総裁任期があと四カ月ということで、そろそろ散り際を考えられているのかな、そんなふうにも思います。最後になるかどうかわかりませんが、きょうの質疑は国民の皆さんもテレビ…会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第7号(2006/06/12、44期)

小泉総理、五年間の小泉政権が、九月にはもう総裁選に出られないということですので、いよいよ終わりが近づいてまいりまして、私と小泉総理、数えてみますと、きょうで二十四回目の委員会質疑になろうとしております…会議録へ(外部リンク)

第165回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2006/10/05、44期)

民主党の菅直人でございます。安倍総理、総理就任、おめでとうございます。会議録へ(外部リンク)

第165回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2006/10/06、44期)

昨日に引き続き、質疑を続けさせていただきます。まず、北朝鮮の核実験を行うという宣言に関して、最近の報道では、実際に近日中にも実験が行われるのではないか、そういう憶測といいましょうか報道も飛び交ってお…会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 予算委員会 第7号(2007/02/13、44期)

まず冒頭、これは質問通告はしておりませんが、大変大きなニュースですので、お聞きをいたしておきたいと思います。六カ国協議が合意に向かっているという報道がなされております。これが北朝鮮の核放棄、さらには…会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 教育再生に関する特別委員会 第2号(2007/04/20、44期)

総理が最も重視される教育再生に関する、本格的に議論が始まるということで、私も民主党の質疑者の一人として、きょうはこの場所に出てまいりました。本題に入る前に、先日の、大変痛ましい、長崎市長銃撃、そして…会議録へ(外部リンク)

第168回国会 衆議院 厚生労働委員会 第2号(2007/10/24、44期)

昨日は、舛添大臣がお留守のときに、厚生労働省地下三階の倉庫にお邪魔をいたしました。医薬食品局の倉庫でありまして、大臣の方からの指示で扉を開いていただきまして、お約束でしたので中に入ることは控えましたけ…会議録へ(外部リンク)

第168回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2007/10/10、44期)

福田総理、総理になられて初めての私の質疑でありまして、まずは、総理就任おめでとうございます。一般には、突然の登板とか期せずしてとか、そういう言い方がされておりますが、実は私は、福田総理の登板はちょっ…会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2008/01/28、44期)

福田総理、ダボス会議、御苦労さまでした。きょうは、私、午前、午後と分かれての質疑になっておりますので、環境問題等は午後の質疑に取り上げさせていただきたいと思っております。午前中は、この国の形、特に国…会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 予算委員会 第12号(2008/02/21、44期)

総理、本題に入る前に一つだけお聞きしたいことがあります。イージス艦が清徳丸と衝突をした。まずは、お二人の本当に無事をお祈りいたしたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 予算委員会 第4号(2008/10/07、44期)

麻生総理、総理就任おめでとうございます。私もJCに属したことがありますが、総理はJCの会頭までやられて、そういう点では若干の親しみを感じております。しかし、予算委員会は国民の皆さんの前での真摯な議論で…会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 予算委員会 第6号(2008/12/05、44期)

十月の七日の予算委員会に続いて、麻生総理に御質問をさせていただきます。実は、総理誕生の直後の十月の七日の質疑の中で、私は、このままいくと総理は、解散も総選挙もしないまま、また次の人に移るのではないか…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2009/01/08、44期)

予算委員会の理事という初めての立場になりまして、よろしくお願いしたいと思います。まず総理に、ちょっと個人的なことで恐縮なんですが、総理は、タイムカードを押すような、そういう仕事をされたことはあります…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第8号(2009/02/04、44期)

一月の予算委員会に引き続きまして、総理を中心に御質問を申し上げます。アメリカではオバマ大統領が一月二十日に就任をされて、大変高い支持率を誇っておられます。私は、オバマ大統領がこれだけ高い支持率を誇っ…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第16号(2009/02/19、44期)

私、総理が本当にどんなふうに中川財務大臣の辞任について言われるのかなと耳をそばだてて聞いておりました。私は、多くの国民の皆さんも、麻生総理の盟友とも言われ、お友達という言い方もありますけれども、その中…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第22号(2009/02/27、44期)

きょうは、締めくくり総括という形になっておりますが、私たちとしては、まだまだ大きな課題、重要な課題が残っていて、もっと議論を続けるべきだということを冒頭に申し上げた上で、しかし、委員長の職権で締めくく…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第24号(2009/05/07、44期)

百年に一度と言われるこの景気、経済の落ち込みの中で、十四兆を超える大型の補正予算が提出をされて、いよいよ本格的な議論がスタートいたしました。野党のトップバッターとして、私、菅直人、質問に立たせていただ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 44期(2005/09/11〜)  3本提出

質問主意書一覧

国民年金納付の扱いに関する質問主意書
第163回国会 衆議院 質問主意書 第5号(2005/09/30提出、44期、民主党・無所属クラブ)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

戦没者遺骨収集に関する質問主意書
第164回国会 衆議院 質問主意書 第183号(2006/03/27提出、44期、民主党・無所属クラブ)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

戦没者遺骨収集に関する再質問主意書
第164回国会 衆議院 質問主意書 第328号(2006/06/12提出、44期、民主党・無所属クラブ)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22