国会議員白書トップ衆議院議員菅直人>45期国会活動まとめ

菅直人衆議院議員 45期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院統計 45期衆議院議員


衆議院本会議(45期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)  0回発言      0文字発言
 第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)  2回発言   4222文字発言
 第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16) 15回発言  77722文字発言
 第175回国会(臨時:2010/07/30-2010/08/06)  0回発言      0文字発言
 第176回国会(臨時:2010/10/01-2010/12/03)  6回発言  70149文字発言
 第177回国会(通常:2011/01/24-2011/08/31) 10回発言 139709文字発言
 第178回国会(臨時:2011/09/13-2011/09/30)  0回発言      0文字発言
 第179回国会(臨時:2011/10/20-2011/12/09)  0回発言      0文字発言
 第180回国会(通常:2012/01/24-2012/09/08)  0回発言      0文字発言
 第181回国会(臨時:2012/10/29-2012/11/16)  0回発言      0文字発言

       45期通算   (2009/08/30-2012/12/15) 33回発言 291802文字発言

本会議発言一覧

第173回国会 衆議院 本会議 第2号(2009/10/28、45期)

予算編成の方針に関連して、国家戦略室と私にいろいろと御心配をいただきまして、ありがとうございました。多分、しばらくすると、心配して損をしたと思われるのではないかと思っております。もう総理からも触れていただきましたけれども、今進行していることについて西村議員の方に少し説明をさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第173回国会 衆議院 本会議 第4号(2009/11/17、45期)

竹内譲議員の質問にお答えいたします。新政権のマクロ経済政策、さらには中長期の経済成長戦略、財政再建計画についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第1号(2010/01/18、45期)

このたび財務大臣を拝命いたしました菅直人でございます。これまでも、副総理兼国家戦略担当大臣として、藤井前大臣とともに、予算編成及び税制改正を初めとする経済財政運営に携わってまいりましたが、引き続き鳩山内閣の一員として、政治主導、国民主導の新しい行政を実現し、国民生活に安心と活力をもたらすため、全力で………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第2号(2010/01/19、45期)

大島幹事長にお答えをいたします。まず、政治資金問題、脱税の疑いについての質問であります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第4号(2010/01/29、45期)

平成二十二年度予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明申し上げます。去る総選挙において国民の皆様から大いなる御支持を賜り、鳩山内閣が成立してから四カ月余りがたちました。今ここに、新政権として最初の本予算を提出するに至りましたことに対し、御………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第5号(2010/02/01、45期)

石原議員からの私への質問は一問でありまして、無駄遣いと天下りの根絶ではどのくらいの財源が捻出されたのか、また、国の総予算二百七兆円の組み替えにより実際に捻出されたのは幾らだったか、こういうことだったと思います。平成二十二年度予算においては、マニフェストの主要事項を実現するために、各省庁における概算要………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第6号(2010/02/02、45期)

井上議員からの御質問にお答えをいたします。まず、名目の経済成長についての御質問でありました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第7号(2010/02/16、45期)

ただいま議題となりました平成二十二年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案、所得税法等の一部を改正する法律案及び租税特別措置の適用状況の透明化等に関する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成二十二年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について御説明申し………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第9号(2010/02/23、45期)

高橋千鶴子議員にお答えを申し上げます。まず、年少扶養控除の廃止による影響等についての御質問です。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第10号(2010/02/25、45期)

西博義議員にお答えを申し上げます。まず、民主党のマニフェストには高校生分の特定扶養控除廃止の記述がなかったのではないかという御指摘であります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第12号(2010/03/09、45期)

金子恭之議員にお答えを申し上げます。私には、二十三年度以降の公共事業関係費を削減するつもりか、それを継続するつもりかという問いが一つであります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第16号(2010/03/25、45期)

私には、B型肝炎訴訟に関する御質問であります。野党の時代にB型肝炎対策本部長をしていたそのころの考え方と変わりはないかという趣旨の御質問でありました。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第19号(2010/04/06、45期)

後藤祐一議員の、みずからの体験も踏まえた、提案を含めた御質問にお答えしたいと思います。まず、天下りについてでありますが、御指摘のとおり、天下りの場合には、秘書とか車ということもありますし、さらに言えば、その団体に過大な利益を確保させるために、談合とかあるいは随契による過大な費用がそこにかかっていると………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第28号(2010/05/13、45期)

遠山議員の方から、国家戦略局、財務省、税制調査会の権限と役割分担について、所掌事務が重複することになるのではないかという趣旨の御質問をいただきました。既に総理の方からも詳しく答弁をしていただいていますので、若干重なりますけれども、簡単に答弁をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第32号(2010/05/27、45期)

三ッ矢議員の方から、日本航空経営再建問題に関連して、何点か御質問をいただいております。まず最初に申し上げておきたいのは、言うまでもありませんが、航空行政を所管するのは、第一義的には国土交通大臣であります。私は、企業再生機構を所管する経済財政担当大臣として、また政投銀及び国庫一般を担当する財務大臣とし………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第35号(2010/06/11、45期)

国民の皆様、国会議員の皆様、菅直人です。このたび、国会の指名により、内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。国民の皆様の期待にこたえるべく、力の限りを尽くして頑張る覚悟です。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第36号(2010/06/14、45期)

谷垣総裁に誠実にお答えしたいと思いますが、質問をいただいたのがわずか二時間前、そして菅原議員に至っては、十二時四十五分という、わずか十五分前に質問通告をいただきました。そうした形で、誠実に精いっぱいお答えはさせていただきますけれども、そうした時間的制約をつくったのは質問者の谷垣総裁であることをまずも………会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第1号(2010/10/01、45期)

国民の皆さん、国会議員の皆さん、菅直人です。六月に政権を担って四カ月、九月に民主党の代表に再選され、党と内閣の改造を行い、政権を本格稼働させる段階に入りました。有言実行内閣のスタートであります。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第2号(2010/10/06、45期)

谷垣総裁から多くの点について御質問をいただきました。私としては、真摯にお答えをしてまいりたいと思っております。まず最初に、小沢元幹事長の説明責任、また、鳩山前総理の資料提出に関する質問についてお答えを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第3号(2010/10/07、45期)

答弁に入る前に一言申し上げます。昨日の本会議での私の発言に関し、不適切との御指摘をいただきました。御指摘を真摯に受けとめ、以後、与野党が十分議論に臨めるよう努めたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第6号(2010/11/04、45期)

伊吹議員にお答えを申し上げます。まず冒頭、宰相としての経綸を堂々と国民に向かって語ってほしいということでありますので、私も精いっぱい、私の言葉でできるだけ語ってまいりたいと思いますので、ぜひお聞きをいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第9号(2010/11/16、45期)

APEC首脳会議に関する報告をさせていただきます。私は、十一月十三日から十四日まで、横浜で、第十八回アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議に出席し、議長を務めました。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第12号(2010/11/26、45期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。今回の北朝鮮による砲撃は許しがたい暴挙であり、我が国は北朝鮮の行為を強く非難する旨表明いたしました。また、私は、一昨日、李明博大統領と電話会談を行い、韓国政府の立場への強い支持を伝えました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第1号(2011/01/24、45期)

演説に先立ち、一言申し上げます。一昨日、宮崎県において高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。政府は、当日中に鳥インフルエンザ対策本部を開催し、初動対応を行ったところです。本件も含め、感染拡大の防止など、対応には万全を期してまいります。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第2号(2011/01/26、45期)

谷垣総裁の御質問に、聞いておられる国民の皆さんにもわかりやすいように、私の考え方も紹介しながらしっかり答弁をさせていただきたいと思います。また、質問によっては、内容に応じてまとめてお答えさせていただくことを御了解いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第3号(2011/01/27、45期)

昨日の小池百合子議員の質問において二つの答弁漏れがあったことをおわび申し上げ、改めて答弁させていただきます。またさらに、一層丁寧にお答えした方がよい質問が二問ありましたので、あわせて答弁をさせていただきます。まず、来年度の予算についての御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第4号(2011/02/15、45期)

岡田康裕議員にお答えをいたします。今、経済、財政、社会保障の一体的な強化といったことに真正面から取り組んでいくには、まず隗より始めよ、そういう覚悟で臨まなければならないという御指摘をいただきました。私も、そのとおりだ、このように考えております。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第5号(2011/02/24、45期)

郡議員にお答えを申し上げます。まず、ニュージーランドの地震についてのお尋ねです。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第16号(2011/04/22、45期)

今般の東日本大震災は、かつてない多くの犠牲者と甚大な被害をもたらしました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族や被災された方々に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。また、福島での原子力発電所の事故により、多大の御不便をおかけし、農水産物などへの被害をもたらしたことに対し、深くおわ………会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第17号(2011/04/28、45期)

石原伸晃議員にお答えを申し上げます。まず、冒頭、東日本大震災の対策については、自由民主党を初め各政党には、党首会談や実務者会合など熱心にお取り組みをいただき、建設的な御提案を賜り、さらに、国会審議においても御協力をいただいてきたことに心から感謝を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第21号(2011/05/19、45期)

山口壯議員にお答えを申し上げます。まず、今回の内閣法の改正について、増員する国務大臣等についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第31号(2011/07/08、45期)

まず冒頭、高邑議員におかれましては、福島県南相馬を初め被災地に寄り添って、長く滞在をして支援を行っていただいていることに、心から敬意をあらわしたいと思います。大変御苦労さまです。まず、この法案が成立しなかった場合に予測される事態についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第33号(2011/07/15、45期)

山本公一議員にお答えを申し上げます。まず、補正予算の規模についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(45期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(45期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院統計 45期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22