鈴木一弘 参議院議員
9期国会活動統計

鈴木一弘[参]在籍期 : 6期- 7期- 8期-| 9期|-10期-11期-12期-13期
鈴木一弘[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは鈴木一弘参議院議員の9期(1971/06/27〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は9期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院9期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第66回国会
(臨時:1971/07/14-1971/07/24)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第67回国会
(臨時:1971/10/16-1971/12/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1971/12/29-1972/06/16)
2回
8509文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第69回国会
(臨時:1972/07/06-1972/07/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第70回国会
(臨時:1972/10/27-1972/11/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(特別:1972/12/22-1973/09/27)
2回
9194文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1973/12/01-1974/06/03)
2回
5267文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



9期通算
(1971/06/27-)
6回
22970文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


鈴木一弘[参]本会議発言(全期間)
6期- 7期- 8期-| 9期|-10期-11期-12期-13期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院9期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


6回
(2回)
5回
(2回
0回)
9305文字
(1249文字
0文字)

8回
(3回)
3回
(3回
0回)
1187文字
(1187文字
0文字)

40回
(23回)
22回
(1回
0回)
100180文字
(310文字
0文字)

4回
(1回)
2回
(0回
0回)
11424文字
(0文字
0文字)

8回
(5回)
2回
(0回
0回)
15520文字
(0文字
0文字)

40回
(21回)
22回
(0回
0回)
61581文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
7回
(0回
0回)
63045文字
(0文字
0文字)


9期通算
120回
(55回)
63回
(6回
0回)
262242文字
(2746文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(0回)
1回
(0回
0回)
3270文字
(0文字
0文字)

8回
(2回)
7回
(0回
0回)
39747文字
(0文字
0文字)

3回
(1回)
2回
(0回
0回)
4703文字
(0文字
0文字)


9期通算
13回
(3回)
10回
(0回
0回)
47720文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
57回
(1回)
34回
(0回
0回)
大蔵委員会

2位
56回
(47回)
22回
(0回
0回)
予算委員会

3位
7回
(7回)
7回
(6回
0回)
科学技術振興対策特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
3回
(3回)
3回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

1位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

3位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

3位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会、大蔵委員会、社会労働委員会、商工委員会、運輸委員会連合審査会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
運輸委員会、地方行政委員会、大蔵委員会、農林水産委員会、物価等対策特別委員会連合審査会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
運輸委員会、地方行政委員会、大蔵委員会、農林水産委員会、商工委員会、物価等対策特別委員会連合審査会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会予算制度等調査小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

科学技術振興対策特別委員会(第66回国会)
科学技術振興対策特別委員会(第67回国会)
科学技術振興対策特別委員会(第68回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

予算委員会(第68回国会)
予算委員会(第69回国会)
予算委員会(第70回国会)
大蔵委員会(第71回国会)
予算委員会(第71回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

鈴木一弘[参]委員会統計発言一覧(全期間)
6期- 7期- 8期-| 9期|-10期-11期-12期-13期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院9期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)0本
第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)0本
第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)2本
第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)0本
第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)0本
第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)1本
第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)0本


9期通算(1971/06/27-)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第68回国会(1971/12/29〜1972/06/16)

財政経済運営に関する質問主意書

第68回国会 参議院 質問主意書 第1号(1972/01/24提出、9期、会派情報無し)
質問内容
一、戦後一貫してとられてきた輸出優先の政策が種々の国際的摩擦を生み出し、さらに、昨年末の大幅な対ドル・円切り上げに追いこまれた要因ともなつたこと等から考えてみるに、今後の経済運営は、国際経済と国内経済の調整と調和が不可欠な前提となると思うが、政府はどのような政策運営を目指しているか、まず総論的に伺いたい。
二、(1) つぎに政策運営の目標であるが、政府は国民総支出の各項目の増加率ならびに構成比を…
答弁内容
一について
内外の経済情勢にかんがみ、今後の経済運営に当たつては、当面の景気停滞をすみやかに回復するとともに、対外均衡と国民福祉の向上を基本として、均衡のとれた成長を図ることとしたい。
二(1)について
右のような経済運営により、四十七年度の国民総生産は九十兆五千五百億円程度、成長率は前年度比実質七・七%程度(沖縄の本土復帰による増加分を控除すれば七・二%程度)となり、遅くとも四十七年度の後…

財政経済運営に関する再質問主意書

第68回国会 参議院 質問主意書 第3号(1972/02/21提出、9期、会派情報無し)
質問内容
昭和四十七年一月二十四日の私の財政経済運営に関する質問に対する昭和四十七年二月一日付の政府答弁は抽象的で質問に充分答えていないので、再度質問主意書を提出する。
一、今後の経済運営に関する質問に対する答弁は「対外均衡と国民福祉の向上を基本として、均衡のとれた成長を図る」となつているが、これは、今後相当長期にわたるわが国の経済運営の方針と理解してよいか。
二、長期の方針であれば、国民総支出の各項目…
答弁内容
一について
貴見のとおりである。
二について
こうした長期の方針が国民総支出の各項目に長期的にどのような影響を及ぼすかについては、四十七年度に予定している新しい長期経済計画の策定の過程において、検討してまいりたい。
三について
政府としては、輸出品の高度化、研究開発集約商品の重視、日本貿易振興会等の調査・広報活動の拡充、各市場の需要への適応等により、輸出構造の高度化多角化に努めることとし…

■ページ上部へ

第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

物価等政府の経済財政運営に関する質問主意書

第71回国会 参議院 質問主意書 第19号(1973/08/23提出、9期、会派情報無し)
質問内容
一、昭和四十八年度のわが国経済は、景気が過熱し、卸売物価、消費者物価がともに、対前年同月比一〇パーセントを超えて上昇し、しかも月を逐つて上昇率が高まる傾向にある。七月の卸売物価は、一年前に比べて一五・七パーセントもの騰貴となつている。このように最近の物価動向は、上昇率においても長期上昇持続の点においても、戦後の混乱期を除いては経験したことのない異常高騰の事態が生じている。
政府は、四月以来三回に…
答弁内容
一、について
本年初来、公定歩合の引上げ、預金準備率の引上げ、公共事業等の施行時期の調整等、財政金融面から総需要抑制を強めてきているが、民間設備投資、民間住宅投資等の需要は引き続き旺盛に推移している。他方、生産、出荷も依然高い伸びを続けているが、生産面の制約もあつて需給ひつ迫の度合は一段と強まつている。
このようななかで、卸売物価は根強い実需の増大や海外素材高等を背景に騰勢を強めており、また、…

鈴木一弘[参]質問主意書(全期間)
6期- 7期- 8期-| 9期|-10期-11期-12期-13期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院9期 ※参考情報)

公明党 (第66回国会、初出日付:1971/07/20、会議録より)
公明党 (第67回国会、初出日付:1971/11/05、会議録より)
公明党 (第68回国会、初出日付:1971/12/29、会議録より)
公明党 (第69回国会、初出日付:1972/09/19、会議録より)
公明党 (第70回国会、初出日付:1972/11/11、会議録より)
公明党 (第71回国会、初出日付:1973/02/15、会議録より)
公明党 (第72回国会、初出日付:1973/12/12、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院9期 ※参考情報)

第66回国会
科学技術振興対策特別委員長議会

第67回国会
科学技術振興対策特別委員長議会

第68回国会
科学技術振興対策特別委員長議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

鈴木一弘[参]在籍期 : 6期- 7期- 8期-| 9期|-10期-11期-12期-13期
鈴木一弘[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 9期在籍の他の議員はこちら→ 9期参議院議員(五十音順)  9期参議院議員(選挙区順)  9期参議院統計