大島理森 衆議院議員
37期国会発言一覧

大島理森[衆]在籍期 : |37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期
大島理森[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは大島理森衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

大島理森[衆]本会議発言(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期
第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 衆議院本会議 第15号(1985/03/20、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○大島理森君 私は、この機会を与えてくださいました諸先輩に感謝を申し上げながら、自由民主党・新自由国民連合を代表いたしまして、国の補助金等の整理合理化並びに臨時特例等に関する法律案の趣旨説明に対し、質問を行うものであります。(拍手)  現在、国の財政はまことに厳しい環境に置かれており、こうした状態が継続すれば、今後の高齢化社会、国際化等社会経済の変化に財政が適切に対応することがますます困難になるばかりでなく、子や孫たちに大きな負担を負わせることになりかねない状況にあります。したがって、今ここでさらに徹底した行財政の改革に取り組み、財政の対応力の回復を図らなければ、将来に大きな禍根を残すことは明……

大島理森[衆]本会議発言(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

大島理森[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 内閣委員会 第6号(1984/04/05、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○大島委員 ただいま大臣からこのたびの提案の趣旨説明をお伺いしたわけでありますが、まず最初に、ただいまの運輸省設置法の一部を改正する法律案に関連いたしましてお伺いしたいと思います。  大臣の趣旨説明をお伺いしたように、臨調答申、さらにまたいろいろな運輸行政を取り巻く環境がかなりいろいろと構造的に変化をしてきた、そういうことに伴って運輸省内の抜本的な改革をされたというふうなことを承っておるわけでありますが、まずそこで、その運輸省の機構改革に伴う基本的な理由、また考え方、方針などをお伺いをしたいと思うのであります。
【次の発言】 大変ありがとうございました。  簡単に言いますと、輸送機関の縦割りの……


■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○大島委員 私は、自由民主党・新自由国民連合を代表いたしまして、ただいま議題となりました両法律案に対しまして、賛成の意見を表明するものであります。  御案内のとおり、我が国の経済は、物価の安定のもとで着実な成長を達成してまいりましたが、一方、我が国の財政は依然として厳しい状況にあり、その中にあって、歳出の徹底した見直しと、あわせて税制面においても、前年度に引き続き税負担の公平化、適正化に努めるとともに、二十一世紀へのたくましい高度先端技術産業社会への誘導策として、技術開発研究の推進あるいは民間活力の活用等、最近の我が国の社会経済情勢にも最大限に配慮された政府の努力に対しまして、私はこれを極めて……

第102回国会 大蔵委員会 第17号(1985/04/10、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○大島委員 私は自由民主党の大島でございます。時間がありませんので二、三点だけ御質問を申し上げさせていただきます。  きょうは陳述者の皆様方、本当に御苦労さまでございます。私は実は隣の青森県でございまして、地方議会も経験したものでありますから、地方自治の今日抱えておる諸問題というのはよく理解させていただいているつもりでありますが、それと同時にまた国の抱える諸問題も、非常に逼迫した状況にあるということもよくわかるものであります。  とやかく申し上げるまでもなく、政治は将来を見ながら現実を踏まえなければならないものだと思っております。やがて来る大変な老齢化社会あるいは国際化社会、そういう中にあって……


大島理森[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

大島理森[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期
第104回国会(1985/12/24〜1986/05/22)

第104回国会 予算委員会公聴会 第1号(1986/02/14、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○大島委員 きょうは各公述人の皆様方、大変御苦労さまでございました。また、貴重な御意見を伺わせていただきました。  私は、特に税制についてお伺いをしてまいりたいと思っております。  実は昨年の五月に内閣総理大臣官房の広報室で「国民生活に関する世論調査」、この中で何が政府に対する要望として一番大きいかというと、もはや物価ではありませんし、あるいは福祉ではありませんし、教育よりも、税の問題が非常に多いんですね。さらに、いろいろな調査をとったり、新聞でもありますが、ともかく税は不公平だ、七四%も例えば読売新聞の調査では出ている。あるいは今各公述人の皆様方がお話しされたように、地方と国の財源の分配の問……



大島理森[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

大島理森[衆]在籍期 : |37期|-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-46期-47期-48期
大島理森[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計