保利耕輔 衆議院議員
46期国会発言一覧

保利耕輔[衆]在籍期 : 35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|
保利耕輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは保利耕輔衆議院議員の46期(2012/12/16〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は46期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院46期)

保利耕輔[衆]本会議発言(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|
第182回国会(2012/12/26〜2012/12/28)

第182回国会 衆議院本会議 第1号(2012/12/26、46期、自由民主党)

○保利耕輔君 私は、議員一同を代表して、ただいま御当選になりました議長及び副議長に対し、お祝いの言葉を申し上げます。  ただいま、伊吹文明君が本院議長に、赤松広隆君が本院副議長に当選されました。我々一同、心から祝意を表する次第でございます。  御承知のとおり、両君は、ともに議会政治に対する豊かな経験をお持ち合わせであるばかりでなく、そのすぐれた人格と識見は、その重任を託するにまことにふさわしい方々であると存じます。  特別国会の開会に当たり、国民の国会に寄せる期待と関心はいよいよ大なるものがあります。我々は、両君がその手腕と力量を遺憾なく発揮され、議院の円満な運営と健全なる議会政治の発展に十分……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 衆議院本会議 第22号(2014/05/09、46期、自由民主党)

○保利耕輔君 ただいま議題となりました七党共同提案による法律案につきまして、憲法審査会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、日本国憲法の改正手続に関する法律の附則第三条、第十一条及び第十二条に規定されている事項に関し必要な措置を講ずるもので、その主な内容は、次のとおりであります。  第一に、憲法改正国民投票の投票権年齢に関し、現行法の本則では「十八歳以上」とされている投票権年齢について、この法律の施行後四年を経過するまでの間は「二十歳以上」とし、その後は、自動的に「十八歳以上」とすることといたしております。  また、公職選挙法上の選挙権年齢等の引き下げにつきましては、この……

保利耕輔[衆]本会議発言(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院46期)

 期間中、委員会での発言なし。
保利耕輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院46期)

保利耕輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|
第182回国会(2012/12/26〜2012/12/28)

第182回国会 憲法審査会 第1号(2012/12/27、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、委員各位の御推挙により、私が憲法審査会会長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。  本審査会の任務は、日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議または国民投票に関する法律案等を審査するという、極めて重要なものであります。  現在我が国が直面する数多くの課題のうちには、国の根幹にかかわる重要な憲法問題をはらむものも少なくありません。  このような状況を踏まえれば、本審査会において、新しい日本の国家像を全国民的見地に立って議論することの意義は……


■ページ上部へ

第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 憲法審査会 第1号(2013/02/14、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  幹事辞任についてお諮りいたします。  幹事棚橋泰文君及び三日月大造君から、幹事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、幹事の補欠選任についてお諮りいたします。  ただいまの幹事辞任及び委員異動に伴い、現在幹事が六名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、会長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、幹事に       伊藤 達也君    岸  信夫君       葉梨 康弘君    船……

第183回国会 憲法審査会 第2号(2013/03/14、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  この際、御報告申し上げます。  去る平成二十三年十一月十七日の憲法審査会幹事会におきまして、「幹事の割当てのない会派の委員についても、オブザーバーとして、幹事会等における出席及び発言について、幹事と同等の扱いとする。」との申し合わせを行ったところでありますが、去る二月十四日の幹事会におきまして、この申し合わせに基づき、幹事会等へのオブザーバーの参加を認める旨を確認いたしましたので、御報告いたします。
【次の発言】 日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第一章及び第二章の論点について調査を進めます。  本……

第183回国会 憲法審査会 第3号(2013/03/21、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第三章及び第四章の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、日本国憲法第三章の論点について衆議院法制局当局から説明を聴取し、自由討議を行った後、第四章の論点について同様の進め方とすることといたします。  それでは、日本国憲法第三章の論点に入ります。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。

第183回国会 憲法審査会 第4号(2013/04/04、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第五章の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、その後、……

第183回国会 憲法審査会 第5号(2013/04/11、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第六章の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたしたいと存じます。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い……

第183回国会 憲法審査会 第6号(2013/04/18、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第七章の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終了いたしました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、その……

第183回国会 憲法審査会 第7号(2013/04/25、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第八章地方自治の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、……

第183回国会 憲法審査会 第8号(2013/05/09、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第九章の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、その後、……

第183回国会 憲法審査会 第9号(2013/05/16、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の各条章のうち、第十章、第十一章及び前文の論点について調査を進めます。  本日の議事について申し上げます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取し、その後、各委員からの自由討議を行うことといたします。  衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発……

第183回国会 憲法審査会 第10号(2013/05/23、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に緊急事態と憲法をめぐる諸問題について調査を進めます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、その後、各委員が自由に発言を行うことといたします。  それでは、まず、各会派を代表する委員の発言に入ります。  発言時間は五分以内とし、その経過……

第183回国会 憲法審査会 第11号(2013/06/06、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の改正手続に関する法律における「三つの宿題」について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、内閣官房内閣総務官室内閣総務官河内隆君、人事院事務総局職員福祉局長井上利君、総務省自治行政局公務員部長三輪和夫君、総務省自治行政局選挙部長米田耕一郎君、法務省大臣官房審議官萩本修君、法務省刑事局長稲田伸夫君、文部科学省大臣官房審議官山脇良雄君、文部科学省初等中等教育局長布村幸彦君及び文部科学省高等教育局私学部長小松親次郎君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存……

第183回国会 憲法審査会 第12号(2013/06/13、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件、特に日本国憲法の改正手続に関する法律における「三つの宿題」のうち国民投票の対象拡大について調査を進めます。  まず、衆議院法制局当局から説明を聴取いたします。衆議院法制局法制企画調整部長橘幸信君。
【次の発言】 以上で衆議院法制局当局からの説明聴取は終わりました。
【次の発言】 これより自由討議に入ります。  この際、委員各位に申し上げます。  発言を希望される委員は、お手元にあるネームプレートをお立ていただき、会長の指名を受けた後、御発言ください。御発言が終わりましたら、ネームプレートは戻して……

第183回国会 憲法審査会 第13号(2013/06/26、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今国会中、憲法審査会に付託されました請願は十一種三十九件であります。各請願の取り扱いにつきましては、幹事会において慎重に協議いたしましたが、憲法審査会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしましたとおり、憲法審査会に参考送付されました陳情書は六件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は三件であります。念のため御報告いたします。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  馬場伸幸君外三名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する……


■ページ上部へ

第184回国会(2013/08/02〜2013/08/07)

第184回国会 憲法審査会 第1号(2013/08/07、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  お手元に配付いたしましたとおり、今会期中、憲法審査会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は十三件であります。念のため御報告いたします。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  第百八十三回国会、馬場伸幸君外三名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立多数。よって、そのように決しました。  次に、閉会中、憲法審査会において、参考人の出席を求め、意見を聴取す……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 憲法審査会 第1号(2013/11/28、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  幹事辞任についてお諮りいたします。  幹事斉藤鉄夫君から、幹事辞任の申し出がございます。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、幹事の補欠選任についてお諮りいたします。  ただいまの幹事辞任及び委員異動に伴い、現在幹事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、会長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、幹事に       齋藤  健君    平井たくや君       北側 一雄君 を指名いたします。

第185回国会 憲法審査会 第2号(2013/12/06、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民主党・無所属クラブ及び生活の党所属委員に対し、御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。  再度幹事をして御出席を要請させますので、しばらくお待ちください。  速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  再度幹事をして御出席を要請させましたが、民主党・無所属クラブ及び生活の党所属委員の出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。  この際、御報告いたします。  今会期中、憲法審査会に付託されました請願は十三種四十六件であります。各請願の取り扱いにつきましては、幹事会において慎重に協議いたしましたが、憲……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 憲法審査会 第1号(2014/04/10、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  第百八十三回国会、馬場伸幸君外三名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、提出者全員から撤回の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 次に、本日付託になりました船田元君外七名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  提出者より趣旨の説明を聴取いたします。船田元君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることと……

第186回国会 憲法審査会 第2号(2014/04/17、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  船田元君外七名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、来る二十二日火曜日午前九時、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、会長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。平沢勝栄君。

第186回国会 憲法審査会 第3号(2014/04/22、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  船田元君外七名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として特定非営利活動法人Rights代表理事・中央大学商学部特任准教授高橋亮平君、一般社団法人リビジョン代表理事・ティーンズライツムーブメント発起人斎木陽平君、日本大学法学部教授百地章君及び弁護士・元自由法曹団幹事長田中隆君に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中にもかかわらず御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。参考人それぞれのお立場から忌憚のない御意……

第186回国会 憲法審査会 第4号(2014/04/24、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  船田元君外七名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣総務官室内閣総務官河内隆君、内閣官房内閣参事官大村慎一君、内閣官房内閣参事官中村芳生君、内閣法制局第一部長近藤正春君、消費者庁次長山崎史郎君、総務省自治行政局選挙部長安田充君、法務省大臣官房審議官萩本修君、法務省大臣官房審議官上冨敏伸君及び文部科学省初等中等教育局長前川喜平君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第186回国会 憲法審査会 第5号(2014/05/08、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  船田元君外七名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、参考人として上智大学総合人間科学部教育学科教授田中治彦君、元慶應義塾大学大学院法学研究科講師南部義典君、日本自治体労働組合総連合副中央執行委員長松繁美和君及び日本弁護士連合会副会長水地啓子君に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中にもかかわらず御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。参考人それぞれのお立場から忌憚のない御意見をお述べいただき、審査の参考にいたした……

第186回国会 憲法審査会 第6号(2014/06/20、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、憲法審査会に付託されました請願は二十六種七十九件であります。各請願の取り扱いにつきましては、幹事会において慎重に協議いたしましたが、憲法審査会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしましたとおり、憲法審査会に参考送付されました陳情書は十三件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は七十件であります。念のため御報告いたします。
【次の発言】 次に、閉会中、憲法審査会において、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることと……


■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

第187回国会 憲法審査会 第1号(2014/10/16、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  幹事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴いまして、現在幹事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、会長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。  それでは、幹事に       根本  匠君    古屋 圭司君       保岡 興治君 を指名いたします。
【次の発言】 次に、委員派遣承認申請に関する件についてお諮りいたします。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する調査のため、来る十一月十七日月曜日、岩手県に委員を派遣いたしたいと存じます。  つきまして……

第187回国会 憲法審査会 第2号(2014/11/06、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件について調査を進めます。  本日は、今後の憲法審査会で議論すべきことについて自由討議を行います。  この自由討議につきましては、幹事会の協議に基づき、まず、各会派を代表する委員が順次発言を行い、その後、各委員が自由に発言を行うことといたします。  それでは、まず、各会派を代表する委員の発言に入ります。  発言時間は十分以内とし、その経過については、終了時間一分前及び終了時にブザーを鳴らしてお知らせいたします。  発言は自席から着席のままで結構でございます。  発言の申し出がありますので、順次これを……

第187回国会 憲法審査会 第3号(2014/11/19、46期、自由民主党)【議会役職】

○保利会長 これより会議を開きます。  日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件について調査を進めます。  この際、本件調査のため、去る十一月十七日、岩手県に委員を派遣いたしましたので、派遣委員から報告を聴取いたします。武正公一君。
【次の発言】 以上で派遣委員からの報告は終わりました。  お諮りいたします。  ただいま報告のありました現地における会議の記録は、本日の会議録に参照掲載することに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 本日は、これにて散会いたします。     午前九時三十八分散会



保利耕輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

保利耕輔[衆]在籍期 : 35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-42期-43期-44期-45期-|46期|
保利耕輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。