岡田春夫衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


衆議院本会議(35期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  1回発言    137文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  2回発言   1060文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  9回発言   3156文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21) 12回発言   4353文字発言

本会議発言一覧

第89回国会 衆議院 本会議 第1号(1979/10/30、35期)

諸君の御推挙をいただき、本院副議長に就任いたすことになりました。まことに光栄に存じます。私は、この職務の重大さに深く思いをいたし、公正を旨とし、職責の遂行に全力を注ぐ所存であります。会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/11/30、35期)

金子満広君。会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 本会議 第8号(1979/12/10、35期)

両案を一括して採決いたします。両案の委員長の報告はいずれも修正であります。両案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第3号(1980/01/28、35期)

玉沢徳一郎君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第4号(1980/01/29、35期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑 (前会の続)会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第6号(1980/02/12、35期)

多田光雄君。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第9号(1980/03/08、35期)

採決いたします。本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第11号(1980/03/18、35期)

永江一仁君。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第12号(1980/03/25、35期)

中路雅弘君。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第16号(1980/04/08、35期)

則武真一君。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第19号(1980/04/18、35期)

四ツ谷光子君。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第1号(1979/12/21、35期)

休憩前に引き続き会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22