中野四郎 衆議院議員
25期国会発言一覧

中野四郎[衆]在籍期 : 23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期
中野四郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは中野四郎衆議院議員の25期(1952/10/01〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院25期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
中野四郎[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院25期)

中野四郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 行政監察特別委員会 第1号(1952/12/20、25期、改進党)

○中野(四)委員 ちよつと待つてください。この委員会が成立して、会期はあと二日しかない。そうして、この委員会で取上ぐべき緊急を要する問題が、第十三国会以来提出されておると思うのです。従つて、次会といつても、明日は日曜日で、明後日は、本来から言えば、延期されざる限りにおいては終りなんです。してみれば、行政監察委員会は、ただ形式的に開いたというだけであつて、実際上審議の裏づけがない。たとい三日間の延長、あるいは数日の延長になるかもしれませんけれども、それは仮定論であつて、ここで論ずべきでないと思うのです。従つて、最終日の二十二日にでも行政監察委員会を開き、何を取上げるかということを、今日ここで決し……

第15回国会 行政監察特別委員会 第3号(1953/02/13、25期、改進党)

○中野(四)委員 たいへん御苦労さまでございます。ただいま大体委員長からお尋ねをいたしましたが、特にこの際、私から数点にわたつてお尋ねをいたしたい疑義があるのであります。  第一番に伺つておきたいことは、先ほど委員長からの御質問の際にもありましたように、昭和十九年の十月、十一月というころは、日本にとつて最も深刻な影響を与えた戦争のさ中でありまして、特に十月の半ばごろ、海軍の参謀付の人かなんかで、そうして武官連中が来て、特に買上げにあたつて督励をしたという例があるがごとく、非常に戦争が峻烈な間であつたのですが、当時の国民感情は、勝ち抜くためにもう全力をあげておつたのでありまして、女子にすれば、あ……

第15回国会 行政監察特別委員会 第4号(1953/02/18、25期、改進党)

○中野(四)委員 この際動議を提出したいと思います。それは、かねて十三日にこのダイヤモンド事件について証人を喚問いたしました結果、本日証人に喚問いたしておりまするところの橋井君並びに福田君、中田君、黒瀬君、巽君というような人々は、本件を調査する上において重要なる証人でありまして、相当に時間をかけなければ、この真相を究明することはなかなかかなわぬことだと思いますので、この際、本日の証人尋問は、午前中においては橋井証人、午後においては黒瀬証人をば喚問されて、他の証人は後日適当なる機会を委員長の方において選ばれて喚問されんことをば提案いたします。どうぞお諮りを願つて、満場の御賛成を得たいと思います。

第15回国会 行政監察特別委員会 第5号(1953/02/19、25期、改進党)

○中野(四)委員 ただいま委員長からお聞きしました点で、私の宮内省関係等を調査しました点について食い違いがありますので、二、三伺いたいと思います。まことにこまかいことから伺つて恐縮なのですが、今廣幡さんは、王冠は各宮様でもあるいは皇后様、皇太后様が各自にお持ちになつていらつしやると言うておられましたが、実はこの問題は、ダイヤを買い上げまして、そして進駐車が日本に進駐をして、その後日本国内の金、銀、白金、ダイヤモンド等をば接収いたしまして、日本銀行の地下室に一時保管をしまして、この処分について国会が、行政が適正に行われておるかどうかという点について、今日調査を進行しておりますその過程に、当時ダイ……

第15回国会 行政監察特別委員会 第6号(1953/02/21、25期、改進党)

○中野(四)委員 二、三点お伺いします。証人に伺つておきたいのは、接収という意味です。コンフイスケーシヨンといいますか、接収という意味をどういうふうに外務省では解釈しておられますか、この点を伺いたい。
【次の発言】 そうしますと、今の御答弁を伺つておりますと、一九〇七年十月十八日の調印による、あるいは一九一二年の一月十三日公布によります、ペーグの陸戦法規によるところの国際法の慣例から申しますと、接収というのは大体没収と見てよろしゆうございましようか、あるいはほかに解釈の方法がありましようか。
【次の発言】 平和条約の条項に従う今度の接収解除というのは何を意味するものか、すなわち個人の所有権を認……

第15回国会 行政監察特別委員会 第7号(1953/02/23、25期、改進党)

○中野(四)委員 阪田さんは、一昨日理財局長の石田さんにいろいろと証言を伺つております間、うしろにおられて、お聞き及びのようでありましたから、きようお尋ね申し上げることも、大体の要点はおわかりだと思うのです。しかし、前もつてお断りしておかなければならぬことは、その節も石田さんに申し上げましたように、かねて接収解除の実際上の行為が昭和二十六年の六月の二十九日に行われまして以来、その後の処置等に関して立案計画を立てられました石田さんが、本問題に対しては一番よく知つておられるのです。私はかねて、接収貴金属等の数量等の報告に関する法律案を大蔵委員会に出されたときから、ずつとこれに関連をして参りまして、……

第15回国会 行政監察特別委員会 第8号(1953/03/02、25期、改進党)

○中野(四)委員 ちよつと関連して。橋井さんにちよつと伺うのですが、あなたは昭和十八年の十一月に軍需大臣官房秘書課長をしておられるはずです。それから二十年の四月あなたが機械局長に就任までは、たしかそういう職におられたはずでありますから、当時の皇室のお下渡しになつた王冠というものは、当時、現通産省の政務次官室に飾つてあつたのでありまして、各部課長は珍しいというので、みな拝観に出ておつたように思いますが、橋井さんは一体そのときに行かれなかつたかどうですか。たしかここには、あなたのあれから言えば、大体お行きになつたように思うのですが、どうなんですか。

第15回国会 行政監察特別委員会 第9号(1953/03/03、25期、改進党)

○中野(四)委員 それは室町ですね。
【次の発言】 ちよつと関連して……。あなたのところは日本政府より確かに電話で知らされておつて、昭和二十年十月十八日午前に、わが方からあなたのところの所有の金剛石、白金、金、銀並びに金剛石以外の他の貴石をも占領軍に引渡すために行くという電話があつたはずです。あらかじめ事前に報告がないというのはどういう意味ですか。
【次の発言】 事前にあなたの方へ確かに電話連絡がなかつたとおつしやるのですか。
【次の発言】 交易営団のあなたの方からお出しになつた書類の中には、明らかにそれが書いてある。日本政府より電話によつて知らされて、昭和二十年十月十八日午前、わが方所有の金……

第15回国会 行政監察特別委員会 第10号(1953/03/04、25期、改進党)

○中野(四)委員 先日お尋ねをする時間が足りなかつた関係と、それから、あなたが資料を持つて来られなかつたと言われた御趣旨に沿つて、きよう新たにおいでを願つたわけです。前回、書類の提出のできてないものはすみやかに書類を出していただきたいということをお願い申し上げてありますが、まだその書類の来てない分がありますし、さらに、こちらから調査員が伺つた際に、新宮という第二部長が非常に冷淡な、しかも国会の尊厳をば傷つけるような態度で接しられたという点を、はなはだ遺憾に思つておりますが、私がお尋ねして行く過程において、黒瀬証人よりお答えを願つて参ります。  第一番に伺つておきたいのは、この前お尋ねした鑑定人……

第15回国会 地方行政委員会 第4号(1952/11/29、25期、改進党)

○中野(四)委員 各党の理事を通じて委員長に一任するようにして……。


中野四郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院25期)

 期間中、各種会議での発言なし。

中野四郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

中野四郎[衆]在籍期 : 23期-24期-|25期|-26期-29期-30期-31期-32期-34期-35期-36期-37期
中野四郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院議員(五十音順) 25期衆議院議員(選挙区順) 25期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊