田中織之進 衆議院議員
26期国会発言一覧

田中織之進[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期
田中織之進[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは田中織之進衆議院議員の26期(1953/04/19〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は26期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院26期)

田中織之進[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 衆議院本会議 第13号(1953/06/27、26期、日本社会党(左))

○田中織之進君 ただいま議題となりました郵便法の一部を改正する法律案に関し、郵政委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本法律案は、去る第十五国会に政府より提出せられ、解散のため不成立に終つたものと同一内容でありまして、提案の理由とするところは次の通りであります。  現行小包料金は、昭和二十六年六月、鉄道小荷物運賃との均衡をはかるために、従来の均一料金制を地帯別料金制に改正したものでありますが、本年一月十五日から実施の鉄道小荷物運賃の改正に伴いまして、この料金をそのまますえ置くときは、本来鉄道に差出さるべきものが郵便に転嫁されるととなり、書状やはがき等の重要郵便物の送達に対……


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 衆議院本会議 第18号(1954/03/11、26期、日本社会党(左))

○田中織之進君 ただいま議題となりました簡易生命保険法の一部を改正する法律案につきまして、郵政委員会における審査の経過並びに結果につき簡単に御報告申し上げます。簡易生命保険の保険金の最高制限額は現在八万円に制限されておりますが、最近の経済事情の推移により、この金額では制度本来の機能を十分に発揮できない事情にありますため、これを引上げようとして政府は本法律案を提出するに至つたものであります。しこうして、その引上げようとする金額につきましては、今日における医療費、葬祭費、遺族生活費等にかんがみまして、さらに物価指数並びに最近における民間経営の保険事業の状況等を考慮の上、政府はこれを十三万円に引上げ……

第19回国会 衆議院本会議 第21号(1954/03/18、26期、日本社会党(左))

○田中織之進君 ただいま一括議題となりました郵便為替法の一部を改正する法律案及び郵便切手類売さばき所及び印紙売さばき所に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、郵政委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず、郵便為替法の一部を改正する法律案の提案理由でありますが、この法律案は、先般の奄美群島の復帰に伴いまして、特例を設けて郵便為替を取扱うべき南西諸島の範囲を改訂する必要が生じたため、所要の改正を行うとともに、わが国と米国、カナダ及び英国との各為替条約の復活に伴い、それ一らの料金を定める根拠規定を設けようとするものであります。すなわち、郵便為替法弟六条の規定によれば、……

第19回国会 衆議院本会議 第24号(1954/03/23、26期、日本社会党(左))

○田中織之進君 ただいま上程となりました郵便振替貯金法の一部を改正する法律案につきまして、郵政委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  本法律案は、郵便振替貯金に関し事業収支の均衡をはかるためにその料金の引上げを行うとともに、利用者の利便を増進するために新たに電話による通知の取扱い制度を設けようとして政府より提出せられたものであります。  すなわち、郵便振替貯金事業の経営は、各種の取扱い料金及び資金運用部から受ける利子をおもな収入としてこれをまかなうわけでありますが、現行料金は、郵便為替のみならず、他の各種の送金制度の料金に比べてもきわめて低いものであるため、必要経費をまかな……

田中織之進[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院26期)

田中織之進[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 議院運営委員会 第31号(1953/07/31、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 正木君の尋ねておることは、衆議院規則二十条に、常任委員長会議の意見を徴して、参議院の議長と協議し、議院がこれを議決する、こういう規定になつておるから、先ほど委員長が報告された、こういう申入れがあつて常任委員長会議を開いたという経過の報告だけわれわれ了承しておる。従つて、委員長の報告された会期延長に関する事項の報告のうちに、参議院議長と協議した事実があるかどうかということを正木君は尋ねておる。先ほど副議長の方で、それがないということになつておるのですから、そこでわれわれとして、これは委員長に伺つてみなければいかぬのですけれども、会期延長に関する議長の諮問をここで議題とするのかど……

第16回国会 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 まず官房長官にお幅いしたい点は、二十三日に総理大臣並びに官房長官から、八月十日は憲法五十三条で臨時国会の召集を要求したことに対する回答が出ております。この点について一昨日の議運の懇談会並びに本日午前の委員長会議におきまして官房長官から、この臨時国会開会要市に基いて今次国会が開かれたということの意思表示がなされておるのでありますが、二十三日の衆議院の公報を見ますと、議長あての総理大臣からの回答書によりますと、今度の臨時国会開会は、「政府は、本年度補正予算案等の審議を求めるため、臨時国会の必要を認め、来る十月二十九日にこれを召集することに決定しましたから、宜敷御取計らい下さい。追……

第16回国会 昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件特別委員会 第3号(1953/05/23、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 関連して。ただいま成田委員の質問に対して十日以内に暫定予算の衆議院における同意が得られないために、五十四条に従つて失効した場合の責任は、これを提出した事務管理内閣としての第四次吉田内閣にあるのか、現在の第五次吉田内閣にあるのかという点が明確に答えられないということになると、これはきわめて重大な問題だと思う。前年度の予算を踏襲することはやらないという新憲法の建前から見たら、暫定予算なるものが緊急集会に出せるかどうかということ自体が、これまた一つ大きな問題なんだ。きようは総理がおりませんから、その点の質問はただいまの成田委員も、先ほどの改進党の中村委員も、あさつてに譲つておるのだ……

第16回国会 昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件特別委員会 第4号(1953/05/25、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 関連して……。ただいいまの吉田総理の御答弁は納得が行かないのであります。いやしくも条約締結という国政のうちで最も重要なる案件を、不信任案の通過によつて、単に選挙終了まで、次の国会が召集されたならば総辞職をしなければならないということが憲法上明記されておる性格の内閣において締結することは、私は、これは責任政治の建前から見まして、きわめて重大な問題だと思うのであります。もし総理のような考え方からいたしますならば、あるいは憲法改正の問題にいたしましても、また憲法にこれは禁止いたしておる事項でありますけれども、現に保安隊のごとく、憲法第九条に違反したところの軍隊がつくられておるような……

第16回国会 昭和二十八年度一般会計暫定予算につき同意を求めるの件外六件特別委員会 第5号(1953/05/26、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 これは大蔵大臣に関連のある問題でありますが、私が外務大臣に昨日の成田委員の質問に関連して質問を申し上げたのに対して、外務大臣から一応答弁がございましたが、今回衆議院の同意を求めて参つております四月、五月の暫定予算の中に、百五十億円の防衛費の支出があるわけであります。説明によりますと、昨日も質問に申し上げました通り、行政協定に基くとりきめに従つて日本側が負担する部分を計上した、こういうことになつておるのであります。行政協定につきましては、われわれかかる事態を予想したわけではありませんが、これは申し上げるまでもなく、同じ性格をもつて国民の権利義務の上に重大なる影響を持つものであり……

第16回国会 郵政委員会 第1号(1953/05/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際一言ごあいさつを申し上げます。私今回郵政委員長に選任せられたのでございますが、何分にも従来ずつと野党の立場をとつて参りました関係から、委員長の職にはまつたくふなれでございますので、何とぞ皆さん方の御協力を得まして、大過なくこの職責を果すことができますように、この上とも皆さん方の格段の御協力と御援助を切にお願い申し上げる次第であります。  簡単でございますが、こあいさつにかえる次第でございます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。その方法についてお諮りいたします。

第16回国会 郵政委員会 第2号(1953/06/17、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際お諮りいたします。去る五月二十九日、理事廣瀬正雄君が委員を辞任されましたので、理事一名欠員になつておりますが、その補欠選任は委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、それでは大高康君を理事に指名いたします。
【次の発言】 次にお諮りいたします。すなわち目下外務委員会において審査中の千九百五十二年七月十一日にブラツセルで締結された万国郵便条約及び関係諸約定の批准について承認を求めるの件(条約第四号)、この件について連合審査会を開会いたしたいと思いますので、その旨を外務委員会に申し入……

第16回国会 郵政委員会 第3号(1953/06/19、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関する件及び郵政職員の給与体系是正の調停案に関する件について調査を進めたいと思います。  郵政職員の給与体系是正の調停案に関する件につきましては、初めに参考人の方々より御意見を聴取した後、質疑を行いたいと思います。参考人の方は、各位のお手元にありますように、公共企業体等中央調停委員会第二小委員会委員長石井照久君、全逓信従業員組合中央執行委員長代理横川正市君の両君でありますが、石井君の方は少し時間が遅れてお見えとのことでありますから、横川さんから御意見を拝聴いたしてから参考人に質疑を願いたいと存じます。政府当局への質疑は、これは郵政……

第16回国会 郵政委員会 第4号(1953/06/20、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政職員の給与体系是正の調停案に関する件について協議いたしたいと思いますが、都合により二十二日まで延期することにいたします。次会は二十二日午後一時より開会いたします。  本日はこれにて散会いたします。     午後零時二十一分散会

第16回国会 郵政委員会 第5号(1953/06/22、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  過日来調査を進めました郵政職員の給与体系是正の調停案に関する件について、本委員会としての意見をとりまとめたいと思います。
【次の発言】 ただいま改進党の大高君より提案になりました申入れについて、この際各党の御意見を表明願います。大上司君。
【次の発言】 次に社会党の片島港君。
【次の発言】 社会党吉田賢一君。
【次の発言】 自由党。
【次の発言】 それでは態度を保留された自由党を除いて、各党が賛成のようでありますから、この際委員会の決定として、先ほど大高君から提案せられた通り申入れすることにいたしたいと思います。申入れの方法は、委員長の方か……

第16回国会 郵政委員会 第6号(1953/06/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  去る六月二十二日本委員会に付託になりました郵便法の一部を改正する法律案、及び郵便物運送委託法の一部を改正する法律案の両案を一括議題として審査に入ります。両案の提案趣旨について、政府の説明を求めます。塚田郵政大臣。
【次の発言】 これより郵便法の一部を改正する法律案の質疑に入ります。質疑は通告順によつてこれを許します。吉田賢一君。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を始めて。  これにて郵便法の一部を改正する法律案の質疑は終了いたしました。これより討論に付します。
【次の発言】 ただいまの櫻内義雄君の動議に御異議ありませんか。

第16回国会 郵政委員会 第7号(1953/06/30、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  この際お諮りいたします。郵政行政に関する件について、本日の日程に追加して調査を進めたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、それでは郵政行政に関する件について調査を進めることにいたします。  なおこの際、今般の九州地方の水害に関し、通信関係も相当被害を受けたようであり、これが復旧は水害対策実施上きわめて緊要と認められますので、政府側よりその状況及び郵政省として今次水書に対する対策をそれぞれ実施中のことと思いまするので、その間の事情等を御報告願いたいと思います。簡易保険局長。

第16回国会 郵政委員会 第8号(1953/07/03、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  九州地方の豪雨による被害状況につき、その後の御報告があるようでありますから、それをお伺いいたします。塚田郵政大臣。
【次の発言】 ただいまの郵政大臣の水害状況報告に対して質疑はございませんか。――別に質疑もないようでありますから、以上で終ります。
【次の発言】 次に、昭和二十八年度総予算中郵政省所管につきまして、政府より説明を求めたい七思います。中村経理局長。
【次の発言】 次に郵政省の各局別に、その所管事項について御説明を願う予定でございましたが、これは次回に延期いたしまして、先ほど理事会で御相談申し上げた電話料値上げ問題について、懇談会において日本……

第16回国会 郵政委員会 第9号(1953/07/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政行政に関する件について調査を進めたいと思います。これより昭和二十八年度の各局別事業計画等について、まず政府側より説明を求めたいと思います。小野政府委員。
【次の発言】 白根政府委員。
【次の発言】 それではただいま御説明のありました事項について質疑を行いたいと思います。
【次の発言】 この際、先般の本委員会において御決定を願いました郵政職員の給与の是正に関する調停案の実施のその後の状況について、委員長より皆さんに経過だけを御報告申し上げておきたいと思います。  委員会の決定に基きまして、尾崎衆議院予算委員長並びに塚出郵政大臣及び小笠原大蔵大臣に、そ……

第16回国会 郵政委員会 第10号(1953/07/09、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政行政に関する件について、前会に引続き調査を進めたいと思います。  委員長より御報告申し上げることがございますが、先般本委員会で決定をいたしまして、予算委員会に対して申し入れました全逓に関する調停案につきましては、本日は一応調停委員会と郵政省及び全逓従業員労働組合と両当事者との間に、諾否を調停委員会あてに回答する最終日になつておりますので、ただいま委員長から予算委員長あてに先般本委員会の決議をもつて申入れいたしました予算的措置を講ずることについて、予算委員会の取扱いがどうなつたかということについて、回答を求めておるのであります。予算委員長は今委員長席……

第16回国会 郵政委員会 第11号(1953/07/10、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  この際お諮りいたします。理事片島港君が昨九日理事を辞任されましたので、理事一名が欠員となつております。理事の補欠選任は委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、それでは片島港君を理事に指名いたします。
【次の発言】 郵政行政に関する件及び郵便物運送委託法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を許します。片島港君。
【次の発言】 郵政大臣が見えましたから、大臣に対する質疑を先に行います。吉田賢一君。
【次の発言】 吉田さん、ちよつと関連して委員長より一点だけ質問したいのですが……。

第16回国会 郵政委員会 第12号(1953/07/14、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵便物運送委託法の一部を改正する法律案及び郵政行政に関する件について、前会に引続き質疑を許します。船越弘委員。
【次の発言】 井手以誠君。
【次の発言】 郵政行政に関する件の調査もあわせてやつておりますから、よろしゆうございます。
【次の発言】 委員長から、先ほど井手君から要求のありました資料の問題について、さきに本委員会に提出のあつた郵便物運送委託法の一部を改正する法律案資料の八ページにある、郵便物連送委託法第五條に基く運輸省告示、それから道路運送法第八條の三号にある「第一項の運賃及び料金は、定額をもつて明確に定められなければならない。」という、この……

第16回国会 郵政委員会 第13号(1953/07/16、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  この際お諮りいたします。理事濱地文平君が去る十三日委員を辞任されましたので理事が欠員になつておりますが、その補欠選任は委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、濱地文平君を理事に指名いたします。
【次の発言】 これより郵便物運送委託法の一部を改正する法律案及び郵政行政に関する事件について、前会に引続き質疑を許します。片島港岩。
【次の発言】 それではちよつと委員長からお伺いいたします。十三億五千万円の節約のうち、局舎の建設関係の節約も含まれているように承つたのでありますが、この十三億五千万円のうち……

第16回国会 郵政委員会 第14号(1953/07/17、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵便物運送委託法の一部を改正する法律案及び郵政行政に関する件について、前会に引続き質疑を許します。井手以誠君。
【次の発言】 委員長から一、二伺いますが、過日資料としていただきました委託会社と郵政省との契約書の第四条の一に、「乙は、甲又は甲の指定する郵便局の指定する時刻および場所において別紙に定める「郵便物運送等受託者の郵便物授受手続」により郵便物を授受する。」こういうことが契約の主たる内容になつておるのであります。通例これはこの契約の文字から考えましても、郵便局から受取つて別の郵便局までの運送委託という、こういう観念でありますが、現実には東京都等にお……

第16回国会 郵政委員会 第16号(1953/07/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  この際お諮りいたします。理事濱地文平君が去る二十日委員を辞任されましたので、理事が欠員になつておりますが、その補欠選任は先例により委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、濱地文平君を理事に指名いたします。
【次の発言】 これより本日の公報に掲載せられました請願の審査に入ります。日程は、紹介議員の御出席の都合もあり、委員長において適宜変更いたしますから、御了承願います。紹介議員のお見えになりません請願につきましては、先例により専門員をして朗読いたさせます。御了承を得たいと存じます。  それでは紹介……

第16回国会 郵政委員会 第17号(1953/07/30、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政行政に関する件を議題といたしまして、前回の委員会において委員長より質問いたしました特定郵便局長等の恩給にする関する件について、人事部長より補足答弁があるとのことでございますから、この際これを許します。
【次の発言】 本件については、一方恩給年限への加算の積極的な利益も与えられておる反面、通例本人に利益にならないものは遡及しないという法律の建前とちよつと矛盾する点があると思うのです。事情はただいまの八藤政府委員の答弁の通りだといたしましても、残つておる人たちの分納の問題について、なお五百円では金額が少いということで、会計検査院等から警告というか、そう……

第16回国会 郵政委員会 第18号(1953/07/31、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  この際お諮りいたしすことがございます。理事船越弘君が去る二十八日委員を辞任されましたので、理事が欠員になつておりますが、その補欠選任は委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、船越弘君を理事に指名いたします。
【次の発言】 本日で会期が一応終ることになつておりますので、閉会中の審査に関してお諮りいたしたいと思います。本会期中、本委員会におきましては国政調査事件について種々検討を加えて参りましたが、いまだに問題が山積いたしております。さらに問題の緊急性から見ましても、閉会中もなおこれらの諸問題について……

第16回国会 郵政委員会 第19号(1953/08/06、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政行政に関する件について質疑を行いたいと思います。船越弘君。
【次の発言】 中村経理局長に委員長からもお伺いしたいと思います。それはただいま大蔵省関係から関係官が見えれば、船越委員からの質疑で明白になると思うのですが、先般来当委員会で採択をいたしました請願にも多数出て参つたのでありますけれども、郵便切手あるいは収入印紙等の取扱い手数料を、最近の物価情勢等を考慮して適当に引上げてもらいたいという要請があることを御承知のことと思うのであります。この点について郵務局長の方ではできるだけ考慮したい、こういうことでございますけれども、収入印紙の関係は主として大……

第16回国会 郵政委員会 第20号(1953/08/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政行政に関する件について前会に引続き質疑を許します。
【次の発言】 速記をやめて……。
【次の発言】 速記を始めて。
【次の発言】 これて先般来持越しの収入印紙の取扱い手数料等の問題についての質疑は終つたのであります。  この際委員長から大蔵省側にお願いしておきます。これはすぐでなくてけつこうでありますが、ちようど今郵政職員のうち公労法の適用を受けておる諸君に対する調停案が出ております。会期もなお延長になるやに伝えられておりますけれども、今会期中その問題についての調査はなかなかむずかしいと思つておりますが、当然次期国会においても問題になると思いますの……

第16回国会 郵政委員会 第21号(1953/10/06、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  実は閉会中委員会を開会する予定を持つていなかつたのでありますが、閉会中の現地の調査の関係並びに当然予想されました臨時国会の開会が相当延びるようでございますので、閉会中、本日委員会を開会いたしたわけでおりますが、いろいろ御多忙の中を差繰り合せて委員諸君の御出席を得たことを、厚くお礼を申し上げたいと思います。  郵政事業並びに監察制度に関する件及び派遣委員より報告聴取の両件について調査を進めたいと思います。まず派遣委員より報告を聴取いたしましてから、郵政事業並びに監察制度に関する件について質疑に入りたいと思います。  それではこれより派遣委員よ……

第16回国会 郵政委員会 第22号(1953/10/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政事業並びに監察制度に関する件及び派遣委員より報告聴取の件について、前会に引続き調査を進めたいと思います。  まず派遣委員より報告を聴取いたします。羽田武嗣郎君。
【次の発言】 なお他の委員よりも報告事項があるかもしれませんが、その点を保留いたしまして、これより郵政事業並びに監察制度に関する件について、昨日に引続き質疑に入りたいと思います。佐々木更三君。
【次の発言】 間もなく見えるそうです。
【次の発言】 今連絡をとつています。
【次の発言】 見えております。労働基準局の監督課長です。
【次の発言】 ちよつとこの際委員長から監督課長に一点だけ伺いた……

第16回国会 郵政委員会 第23号(1953/10/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより開会いたします。  郵政事業並びに監察制度に関する件について調査を進めたいと思います。  まず郵政事業並びに監察制度に関する小委員長より報告を求めます。羽田武嗣郎君。
【次の発言】 小委員長羽田武嗣郎君よりただいま御報告を聴取いたしました通り、公労法適用外の職員の給与是正に関しまして、小委員会として要望書を決定されておるのでありますが、この要望書を本委員会としてここで皆さん方の御承認が得られまするならば、来るべき臨時国会を通じて実現できるように、本委員会としても政府に強く善処を促したいと思いますので、その点をお諮りいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。


■ページ上部へ

第17回国会(1953/10/29〜1953/11/07)

第17回国会 郵政委員会 第1号(1953/10/30、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際お諮りいたします。本委員会の活動を一層活発ならしめるとともに、遅滞なく運営いたすため、国政調査の承認を要求いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは衆議院規則第九十四条によりまして、国政調査承認要求書を議長に提出いたさねばなりません。要求書の内容につきましては、前例により委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてそのように決しました。  なお本日郵政大臣より、前国会以来の郵政行政につきまして、御報告を求めることに予定いたしており……

第17回国会 郵政委員会 第2号(1953/10/31、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政の近況につきまして、当局より説明を聴取いたします。塚田郵政大臣。
【次の発言】 ちよつと皆さんに御了解を求めたいと思いますが、郵政大臣は十一時から本省でちよつと行事が予定されておるので、大体そのころまでに本省に帰らなければならないような事情を委員長まで申し出ておられますので、それをお含みの上、大臣にただいまの報告に対して質疑がございますれば、お許ししたいと思います。
【次の発言】 大臣に対する質疑はほかにもあろうかと思いますが、先ほど御了承を得ましたように、次会に継続いたしたいと思います。

第17回国会 郵政委員会 第3号(1953/11/02、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ここれより会議を開きます。  郵政行政に関する件について調査を進めたいと思います。  中村経理局長に委員長より二、三お伺いをしたいと思います。閉会中に本委員会に当局より提出されました資料の中に、二十八年度の補正予算で五つの項目について、ぜひとも予算化をして実施したいという事項をあげられておるのでありますが、今国会に提出されました予算には、災害予算という特殊的な関係から、これらの郵政省関係は盛られておらないように見受けるのでありますが、当然この国会ないしは次の国会に、第二次補正予算として諸般の事情から提出しなければならぬことは必至の情勢にあると思うのであります。それには郵政省として……

第17回国会 郵政委員会 第4号(1953/11/04、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際お諮りいたしたいと思います。すなわち労働委員会において審査中の、公共企業体等労働関係法第十六条第二項の規定に基き、国会の議決を求めるの件(郵政事業に関する件)(内閣提出、議決第七号)について、連合審査会を開会いたしたいと思いますので、その旨労働委員会に申し入れたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。  なお連合審査会の開会日時は、本日の本会議で会期延長が行われる模様でありますから、六日、七日を労働委員会側としては予定しているようでありますが、なお公報で通知をいたしますので、本委……

第17回国会 郵政委員会 第5号(1953/11/06、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  明日で本国会の会期が終ることになつておりますので、閉会中の審査申出に関しお諮りいたしたいと思います。本会期中、本委員会におきましては、国政調査の件について種々検討を加えて参りましたが、いまだ問題が山積いたしております。さらに問題の緊急性から見ましても、閉会中もなおこれらの問題につきまして、引続き調査検討する必要があると考えますが、委員会が閉会中審査をいたしますには、国会法第四十七条第二項によりまして、審査しようとする事件につきまして、特に議院の議決によつて付託されねばなりません。従いまして郵政事業の合理化をはかるため、特に郵政従業員の待遇問……

第17回国会 郵政委員会 第6号(1953/11/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政従業員の待遇問題について調査を進めます。委員長より人事院の政府委員にお伺いをいたしたい点がございます。郵政従業員のうちで公労法適用外の人たちの給与の問題が主でございますが、お伺いしたい第一点は、俸給の特別調整額についてであります。郵政省は特定局があります関係から、御承知のように甲、乙、丙、丁まで決定をされておるわけでありますが、この特別調整額を昭和二十八年二月七日の人事院規則に基いて決定された当時のいきさつと申しますか、これは各省に通ずることでありますが、甲は二五%、順次丁に至りましては六%と決定された根拠についてまず伺いたいと思います……

第17回国会 郵政委員会 第7号(1953/11/26、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政従業員の待遇問題等に関する件について調査を進めたいと思います。  まず派遣委員より報告を聴取いたしましてから、郵政従業員の待遇問題等に関する件について検討をいたしたいと思います。  これより派遣委員より御報告を聴取いたします。片島港君。
【次の発言】 それでは特定郵便局における電信電話従業員の断続勤務に関する派遣委員、田中委員長、大高、浜地両理事、山戸専門員の第一班について、私より御報告を申し上げたいと存じます。第一班は去る十三日より一週間、名古屋管内へ出張し、斎藤郵政局長等の案内を受けまして、同管内の愛知県羽黒、猪高、三重県伊勢上野、……


■ページ上部へ

第18回国会(1953/11/30〜1953/12/08)

第18回国会 郵政委員会 第1号(1953/12/02、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際お諮りいたします。本委員会の活動を一層活発ならしめるとともに、遅滞なく運営いたすために、国政調査の承認を要求いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは衆議院規則第九十四条によりまして、国政調査承認の要求書を議長に提出いたさねばなりません。要求書の内容につきましては委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よつてそのように決定いたしました。
【次の発言】 それではただいまより郵政行政の近況について、当局より説明を聴取いたします。塚田郵政……

第18回国会 郵政委員会 第2号(1953/12/03、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政従業員の待遇問題等に関する件及び郵政行政に関する件について調査を進めたいと思います。大臣は各委員会から要求されておりますので、質疑は郵政大臣に集中的にお願いいたしたいと思います。吉田賢一君。
【次の発言】 ちよつと委員長から大臣にその点について念を押したいのですが、労働省の見解を政府の統一した解釈として、郵政大臣もそれに従う、こう今言われたのですが、資金上可能であるということについては、これは裁定の中にもうたつておるわけなんです。従つて資金上可能であるという点が、十六条の一項に関連して、実はそれは予算の方が重点があるので、資金の点は実質……

第18回国会 郵政委員会 第3号(1953/12/04、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関する件及び郵政従業員の待遇問題等に関する件について、前会に引続き調査を進めます。井手以誠君。
【次の発言】 ちよつと委員長から伺いますが、郵便固有の会計においては、今井、手以誠君が質問確認をされたようにはできる見通しのもとに努力をされるということでございますが、他会計の関係になりますけれども、電電公社の委託業務の関係のことについては、昨日も大臣から、電電公社の方の団交で弾力条項に基いて出るということになれば、その部分だけ繰入れられるからこれはもう可能だ。簡易保険の関係に約二割というと七億五千万円で、一億五千万円ばかりになるわけで……

第18回国会 郵政委員会 第4号(1953/12/05、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより会議を開きます。  郵政行政に関する件及び郵政従業員の待遇問題等に関する件について、前会に引続き調査を進めたいと思います。吉田賢一君。
【次の発言】 それではただいま吉田委員から要望のありました点で、大臣も緒方副総理と連絡をとつた上でという御意向のようでありますから、午後一時半まで本委員会を休憩することにいたします。     午後零時十一分休憩
【次の発言】 休憩前に引続き会議を開きます。  質疑を許します。吉田賢一君。
【次の発言】 この際委員長からも伺いますが、赤松労働委員長は同じ党である関係から、今朝来昨夜の話合いの内容についても、われわれ実は伺つおるわけであります……

第18回国会 郵政委員会 第5号(1953/12/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会します。  郵政行政に関する件及び郵政従業員の待遇問題等について、前会に引続き調査を進めたいと思います。  今大臣は参議院の予算委員会に出席しておりますので、こちらへおいで願うように連絡をいたしておりますが、八藤人事部長及び佐方経理局主計課長がお見えでございますが、御質疑がございますか。
【次の発言】 この際ちよつと委員長からもお伺いをいたしますが、先ほど昨夜の団交が妥結に至らなかつた点は、政府が〇・二五は何とかして確保しようというのに対して、組合側がさらにそれにプラス・アルフアが出るという労働委員会の決議の趣旨を考慮しないということでは、省側の誠意がない……


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 議院運営委員会 第61号(1954/05/20、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 関連して……。官房長官がきよう最初に委員会に出て発言せられた趣旨は、端的に言えば、きようのところは、ひとつ外遊についての緊急質問は待つてもらえないかということですね。従つて、そのことについての取扱いは議運でこれから協議するわけですが、土井委員からも、また山本委員からも質疑しておるように、少くともこの国会が終らなければ総理は出発しないわけです。従つて、会期延長の問題も事実問題として当然考慮に入れて、この国会が終了するまでに、少くとも外遊の問題について大まかな線で、こういうことでおれば国民を代表して行くのだということを議会を通じて国民に明らかにすることは、総理として当然やらなけれ……

第19回国会 郵政委員会 第1号(1953/12/10、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  この際お諮りいたすことがございます。今国会には御承知のように二十九年度予算案及び関係法律案が提出せられる予定でございますが、その間本委員会の活動を活発に行うとともに、遅滞なく運営いたすため、国政調査の承認を要求いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。それでは衆議院規則第九十四条によりまして、国政調査承認要求書を議長に提出いたさねばなりません。要求書の内容につきましては、前例によつて委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第19回国会 郵政委員会 第2号(1953/12/11、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政の近況について政府当局より大体の説明を聴取してから、質疑を許したいと思いますが、去る第十八回国会において郵政大臣より郵政行政の近況について説明を聴取してから、いまだ十日くらいしか経過しておりませんので、本日はその後の郵政行政の近況について説明を伺つて、その後に質疑を行いたいと思います。政府側におきましては、特に二十九年度の予算案及びこれに関連した二十九年度中における郵政行政の重要な諸問題について、簡潔にそれぞれ御説明を願いたいと思います。飯塚郵政政務次官。
【次の発言】 なおただいまお見えの各局長は、小野貯金局長・白根保険局長、中村……

第19回国会 郵政委員会 第3号(1953/12/24、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政省関係の機構改革問題に関し、調査を進めたいと思います。郵政大臣は行政管理庁長官を兼ねておられますので、郵政省関係の機構改革案について、一応政府の案もできたように伺いますので、塚田行政管理庁長官より御説明を伺つた後、若干の質疑を行いたいと思います。塚田行政管理庁長官。
【次の発言】 ただいまの大臣の御説明に対して、御質疑はございませんか。
【次の発言】 その点について伺いますが、そういたしますと、現在地方の郵政局の中にある建築部、資材部ですが、それもあるいは地方局の経理部なり、あるいは建築関係はどこの部にくつけるのか、地方の方も整理するお……

第19回国会 郵政委員会 第4号(1954/02/04、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  去る十月二十八日理事濱地文平君、一月二十六日理事片島港君がいずれも委員を辞任されましたので、理事が二名欠員となつておりますが、その補欠選任は先例により委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして小林絹治君及び山花秀雄君を理事に指名いたします。
【次の発言】 これより郵政行政の近況につきまして、当局より説明を聴取いたします。塚田郵政大臣。
【次の発言】 ただいまの郵政大臣の説明に対する質疑は次の委員会から行いたいと思いますが、この際委員長より一点だけ大臣に伺つておきたい問題があります。ただい……

第19回国会 郵政委員会 第5号(1954/02/06、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会郵政大臣より所管事項の説明を聴取いたしましたが、本日はこれについて質疑を行いたいと思います。吉田賢一君。
【次の発言】 その点について一点だけ委員長から伺つておきたいのですが、新規の増員になる三千五百十二名、これの先ほど言われた郵便、貯金、保険、電通、それからその他の部門の内訳が明確になれば、ある程度片島委員なり、吉田委員から質疑されている具体的な各局別の数字が出て出るのじやないか。特に新規増員は、業務日量の増加と断続勤務の関係の基準法関係の増員というように伺つておりますので、その関係から、特に業務量の増加の面で見れば郵便、貯金、保険、……

第19回国会 郵政委員会 第6号(1954/02/09、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き、郵政行政一般について質疑を続行いたします。  この際委員長より二、三点伺いたいと思いますが、前回の委員会で、大臣及び前の人事部長より、公労法非適用職員の待遇是正問題について、いわゆる五現業同一歩調で本国会に立法的な処置を講ずるような準備が進められておるというお話で、ございましたが、その立法の方向については、公労法の特例法としてお取扱いになるのか、また郵政の公労法非適用職員の範囲も相当あるわけでありますが、そのいわゆる企業官庁の管理職のうちでどの程度の範囲を、今回一般公務員と切り離した形において法的処置を講ずることによつて、いわ……

第19回国会 郵政委員会 第7号(1954/02/13、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き郵政行政一般について調査を進めます。質疑の通告がございますから、順次これを許します。吉田賢一君。
【次の発言】 今吉田さんの伺つておるのは、毎年度の決算報告の中に、簡易保険特別会計としての報告書は出るかどうかということを聞いておる。
【次の発言】 ちよつと委員長から……。吉田さんの質問されようとする趣旨は、普通の保険会社がやはり保険の加入者、契約高に基いて、それだけの保険を募集するための営業費というか、そういうものが算定できるわけなんです。従つて今度契約制限高を引上げると、加入者もふえるであろうし、契約高もふえて来る、そういうこ……

第19回国会 郵政委員会 第8号(1954/02/17、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  簡易保険に関して調査を進めたいと思います。質疑の通告がありますので、これを許します。吉田賢一君。
【次の発言】 吉田さん、今大蔵省銀行局の狩谷保険課長がお見えになりましたから、民間保険の件について御質問があればお願いします。
【次の発言】 そこで委員長からお聞きしますが、別の角度からそのことについて御説明を願いたいと思うのであります。郵政省の方から出していただいておる資料によりますと、民営保険の一番最近の二十八年度の件数が二百五十七万五千件、金額にいたしますと、三千百八十八億九千四百八十三万円になりますが、それに対して、同時にいただいておる……

第19回国会 郵政委員会 第9号(1954/02/25、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き、まず簡易生命保険に関し調査を続行いたします。この点につきましては、現に郵政当局と大蔵当局との間に、事務当局の折衝と併行いたしまして、郵政大臣並びに大蔵大臣間の政治的な話合いも進んでおる段階でございますが、本日の理事会において協議いたしましたところ、簡易生命保険金の最高制限額は、最近の経済情勢にかんがみまして、現行の八万円では低きに過ぎますので、これを二十万円程度に引上げることを適当とするという結論に到達いたしましたので、理事会の決定に基きまして、左記のような申合せをいたしたいと存じます。申合せは、   簡易生命保険の保険金の最……

第19回国会 郵政委員会 第10号(1954/03/05、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関して調査を進めたいと思います。  まず先般の横浜における郵便自動車襲撃事件について当局より説明を求めます。斎藤監察局長。
【次の発言】 本件について質疑があればこれを許したいと思います。
【次の発言】 委員長から一、二点伺いますが、新聞紙の伝えるところによると、この郵便車には通常乗るべきでない郵政部内の職員が乗つておつたやに聞いておるのであります。しかもおそらくこの襲撃犯人が乗り捨てたと思われる自動車の遺棄しておつたところから通勤しておる者が、たまたま乗り合せておつたというような新聞の報道があつたのです。それで襲撃犯人とこれ……

第19回国会 郵政委員会 第11号(1954/03/09、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  まず昨日本委員会に付託になりました簡易生命保険法の一部を改正する法律案を議題といたし、審査に入りたいと思います。まずその趣旨の説明を求めます。郵政大臣塚田十一郎君。
【次の発言】 これより質疑に入ります。吉田賢一君。
【次の発言】 この際議員片島君より委員外の発言を求められておりますので、これを許したいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なければそのようにとりはからいたいと思います。片島港君。
【次の発言】 ただいまの吉田委員の議事進行に関する発言でございますが、委員長といたしましては、本日本法案に対する大体の質疑……

第19回国会 郵政委員会 第12号(1954/03/11、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政について調査を進めたいと思います。目下外務委員会で審査中の、日本国とアメリカ合衆国との間の国際郵便為替の交換に関する約定の締結について承認を求めるの件は、本委員会としてもその所管事項とも密接な関連がありますので、その内容について政府当局より説明を聴取いたしたいと思います。なお本件につきましては、外務委員長の方より連絡がございまして、連合審査寺本委員会からの希望があればということで、目下外務委員会の審査は質疑を続行してくださつておるわけでありますが、本日説明を伺つた後にもし疑義の点がありますれば、連合審査会という形にいたしますか、ある……

第19回国会 郵政委員会 第13号(1954/03/13、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き郵便振替貯金法の一部を改正する法律案、郵便為替法の一部を改正する法律案、郵便切手類売さばき所及び印紙売さばき所に関する法律の一部を改正する法律案、以上三案を一括議題として質疑を続行いたします。吉田賢一君。
【次の発言】 片島港君。
【次の発言】 ただいま吉田委員から質問の形で要求のありました点については、できるだけ詳細な資料を、できるだけ早く本委員会に御提出願いたいと思います。
【次の発言】 その点の資料を出していただきたいというお話ですが……。ちよつと速記をとめてくだざい。

第19回国会 郵政委員会 第14号(1954/03/17、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  郵便振替貯金法の一部を改正する法律案、郵便切手類売さばき所及び印紙売さばき所に関する法律の一部を改正する法律案、以上両案を一括議題とし、審査を進めます。  ただいま、先日要求しました資料が提出されておりますので、その内容について説明を求めたいと思います。まず郵便切手類及び印紙売りさばきに面する経費について、郵務局長より説明を求めます。郵務局長。
【次の発言】 ただいまの説明に対する質疑を……。
【次の発言】 答弁する前に委員長からも申し上げますが、説明から行くと、百万円以上の場合には百万円までの手数料、いわゆる百分の一と同じ率で行くとい……

第19回国会 郵政委員会 第15号(1954/03/18、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  先般来本委員会は郵政省関係の行政整理に関して調査を進めて参りましたが、ただいま郵政省の定員改定を含む行政機関職員定員法の一部を改正する法律案が提案され、内閣委員会において審査中であります。本委員会は本案に関し重大な関心を持つておりますので、この際内閣委員会に連合審査会の開会を申し入れたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なきものと認め、さよう決します。
【次の発言】 次に本日公報に掲載されました請願四十二件を一括議題といたします。日程は紹介議員の御出席の都合もあり、委員長において適宜変更いたしますから御了承願いたいと……

第19回国会 郵政委員会 第16号(1954/03/19、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  郵便振替貯金法の一部を改正する法律案を議題といたします。本案につきましては、一昨日質疑を終了いたしております。  これより本案を討論に付しますが、討論の通告がありますので、順次これを許します。山花秀雄君。
【次の発言】 大高康君。
【次の発言】 吉田賢一君。
【次の発言】 自由党、小林絹治君。
【次の発言】 これにて討論は終局いたしました。  郵便振替貯金法の一部を改正する法律案について採決いたします。本案を原案の通り可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立総員。よつて本案は全会一致、原案の通り可決すべき……

第19回国会 郵政委員会 第17号(1954/03/26、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政につきまして調査を進めます。郵政関係の行政整理につきましては、先日当局よりその概略の説明を聴取いたしましたが、本日はこれに関しまして質疑を行いたいと存じます。質疑の通告がありますので、これを許します。山花秀雄君。
【次の発言】 人事院関係の政府委員がお見えくださつておりますので、委員長から二、三点お伺いたしたいと思います。  今回の行政整理の問題に関連いたしまして郵政省のような現在の公共企業体労働関係法を適用されている企業官庁といいますか、この職員をやはり現行のように国家公務員のわく内にとどめておくことが適当であるかどうかということ……

第19回国会 郵政委員会 第18号(1954/03/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関し調査を進めたいと思います。郵政省関係の行政整理に関しましては、本委員会調査並びに内閣委員会との連合審査会等において審査を行つて参りましたが、この際本委員会としての意見をとりまとめまして、内閣委員会に対し正式の申入れをいたしたいと思います。その内容は、    行政機関職員定員法の一部を改    正する法律案修正に関する申入    れの件   目下貴委員会において御審議中の  「行政機関職員定員法の一部を改正  する法律案」に依れば、郵政省の定  員は現在に比し三、一四四人を減ず  ることとなつているのであるが、   一、郵政業務……

第19回国会 郵政委員会 第19号(1954/04/03、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関して調査を進めます。まず先般の上田市における公安調査官による郵便物の調査事件について、その概要の説明を聴取いたしたいと思います。まず郵政省側から説明を願います。
【次の発言】 次にその点について公安調査庁側から説明を求めます。高橋公安調査庁次長。
【次の発言】 ただいまの説明に対して質疑があればこれを許します。
【次の発言】 吉田賢一君。
【次の発言】 要点だけを簡明にお願いいたします。
【次の発言】 この点について郵政省部内の意見を統一してお答え願いたいと思います。
【次の発言】 九条二項についての郵務局側の見解はいかがですか……

第19回国会 郵政委員会 第20号(1954/04/16、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政行政に関して調査を進めます。本日は郵政省の公労法適用職員と非適用職員の給与の不均衡是正に関する問題、旧外地並びに旧占領地における未払い郵便貯金等の払いもどしに関する問題、調布郵便局における郵便切手及び印紙の盗難事件、その他について調査を進める予定であります。  まず郵政省の公労法適用職員と非適用職員の給与の不均衡是正の問題について調査を進めますが、先般塚田郵政大臣より、本問題の解決のために法律案を作成しておる旨の御発言がございましたが、その後の経過並びに提出の見通し等について、御説明を願いたいと思います。宮本人事部長。

第19回国会 郵政委員会 第21号(1954/04/28、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  去る二十四日、本委員会に付託になりました軍事郵便貯金等特別処理法案を議題として、その審査に入ります。まずその趣旨の説明を求めます。
【次の発言】 ただいま説明を伺いました軍事郵便貯金等特別処理法案は、特に復員者、引揚者等に深い関連を持つ法案で、その速急なる成立を待望されておるわけでございますが、本案に対する質疑は次会に行うことにいたします。
【次の発言】 次に郵政行政について調査を進めたいと思います。郵政省の公労法適用職員と非適用職員の給与の不均衝是正につきましては、本委員会において今日までしばしば調査を進めて参りましたところ、昨日ようやく……

第19回国会 郵政委員会 第22号(1954/05/06、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  軍事郵便貯金等特別処理法案を議題として、質疑に入ります。  まず委員長から簡単に伺います。事前審査のときに一応概括的にはお伺いをして、断片的にはお答えを願つたのでありますが、この法律の実施に伴いまして、軍事郵便貯金、旧外地郵便貯金、及び軍事郵便為替及び旧外地郵便為替の大体三つについて、それぞれ払いもどしが可能になるわけでありますが、現在払いもどしをしなければならないこ郵政省の方で押えてある金額を、その三つにわけて一応明らかにしていただきたい。
【次の発言】 次に、この法案が通過した場合に確定して払いもどし可能にばるそれぞれの金額は、ただいま……

第19回国会 郵政委員会 第23号(1954/05/07、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  本日公報に掲載されました請願日程中、第四三ないし第七九を一括議題といたし、審査を進めます。  ただいま日程第六八、清瀬村医療地区に簡易郵便局設置の請願、第三六九六号の紹介議員山花秀雄君より、本請願を取下げたいとの申出がありましたので、これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めまして、さよう決しました。  なお日程は紹介議員の御出席の都合もあり、委員長において適宜変更いたしますから、御了承を願いたいと思います。  なお本日の日程中、郵便切手類及び印紙売さばき手数料引上げに関する請願並びに簡易生命保険契約額引上げに関す……

第19回国会 郵政委員会 第24号(1954/05/08、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  まず軍事郵便貯金等特別処理法案を議題といたします。  本案については、前々回の委員会ですでに質疑は終了いたしておりますので、これより本案について討論に入ります。討論は通告順にこれを許します。山花秀雄君。
【次の発言】 吉田賢一君。
【次の発言】 これにて討論は終局いたしました。  それでは軍事郵便貯金等特別処理法案について採決いたします。本案を原案の通り可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立総員。よつて本案は全会一致、原案の通り可決すべきものと決しました。  ただいま羽田武嗣郎君より本案に対する附帯決議につ……

第19回国会 郵政委員会 第25号(1954/05/29、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  まず本日の公報に掲載されました請願五件を一括議題として審査に入ります。紹介議員のお見えの部分から進めることにいたします。なお紹介議員のお見えにならない分については、便宜上専門員より請願の趣旨を説明させることにいたしたいと思いますから、御了承を願います。  まず請願日程第四、古河郵便局区内に無集配特定郵便局設置の請願、丹羽喬四郎君紹介、第五〇〇九号を議題として、紹介議員の説明を求めます。
【次の発言】 本件について政府側の所見を求めます。
【次の発言】 本件の採否については、他の請願日程と一括して後ほどきめたいと思います。

第19回国会 郵政委員会 第26号(1954/06/03、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  本日は会期の最終日でございますが、先般来調査を続行いたしております町村合併に伴う郵便局の統合に関する件並びに郵政弘済会の事業運営についての調査を進める予定でございましたが、それぞれ質疑通告のございました委員諸君の御出席もございませんので、これは閉会中にも郵政行政一般に関して本委員会を開くこともあろうと思いますので、その機会にまで保留いたしたいと思います。  なお閉会中の審査案件についての議長への手続並びに閉会中の委員派遣等の問題については、前回の委員会で皆さんに御承認を願いましたので、委員長よりそれぞれ手続をとつております。細部の、特に委員……

第19回国会 郵政委員会 第27号(1954/09/02、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  本日は閉会中にもかかわりませず、多数委員諸君の御出席を願いましたことを、委員長として厚くお礼を申し上げます。本委員会はさきに閉会中審査の付託を受けまして、去る六月より全国に委員を派遣し実地調査を行つて参りましたが、このほど各班の調査の結果がまとまりましたので、この御報告を願うとともに、視察の結果、郵便局の局舎改善その他熾烈な要望もございますので、これらの問題も検討して参りたいと存じます。ちようど時期的には明年度の予算編成にとりかかる時期でもございますので、委員会としての意向もとりまとめたいと存じた次第でございます。その意味で本日御参集を願つ……

第19回国会 郵政委員会 第28号(1954/09/03、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政事業並びに監察制度に関する件について調査を進めたいと思います。昨日各班の派遣委員より報告を聴取いたしましたが、本日はその調査の結果に基いて局舎の改善その他当面の諸問題について質疑を行い、検討を進めたいと存じます。  なお本日郵政大臣の出席を要求いたしておいたのでありますが、からだのぐあいがすぐれないので、閣議にも欠席されたような事情でありますので、本日は大臣出席ができないようでありますが、明日は出ていただく予定でございますので、大臣に対する質疑は明日にお願いしたいと思います。  これより質疑を許します。並木芳雄君。

第19回国会 郵政委員会 第29号(1954/09/04、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政事業並びに監察制度について調査を進めます。  質疑を続行する前に、昨日要求いたしました資料、一、明年度の郵便局舎改善計画、一、簡易生命保険及び郵便年金積立金の二十九年度短期融資状況並びにその対策、一、郵便貯金の増加状況、以上三点について資料が提出されておりますので、まず政府側よりこれについて説明を求めます。簡潔にひとつ説明を願います。松井郵務局長。
【次の発言】 それでは次に保険局長。
【次の発言】 それではこれから質疑に入ります。大臣がお見えでありますから、大臣に対する質疑を先にお願いいたします。佐藤觀次郎君。

第19回国会 郵政委員会 第30号(1954/10/21、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。本日は閉会中にもかかわらず再度委員会に御出席を願いまして厚くお礼を申し上げます。本委員会は去る九月、三日間にわたつて委員派遣の報告を聴取し、あわせて局舎の改善、簡保及び郵便年金の・融資、郵便貯金の増加状況、行政整理後の人員の配置転換等について検討いたしましたが、本日よりなお三日間これらの諸問題について調査を続行いたしたいと存じます。局舎の改善については、前回の委員会におきましても各委員より積極的な御発言もありましたので、この際何らかの委員会としての意向をまとめたいと存じますし、できればこの三日間のうちにこれをとりまとめたいと存じますので、御了承……

第19回国会 郵政委員会 第31号(1954/10/22、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。去る九月十四日、理事山花秀雄君が委員を辞任され、理事が欠員になつておりますが、同君は再び委員に選任されましたので、山花君を理事に指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないものと認め、さよう決します。
【次の発言】 郵政事業について調査を進めたいと思います。昨日、郵政省関係の明年度の予算編成について説明を聴取しましたので、これについて質疑を続行いたしたいと存じますが、まず局舎の改善に関連いたしまして、現在なお駐留軍に接収されております名古屋郵政局、福岡並びに仙台簡易保険……

第19回国会 郵政委員会 第32号(1954/10/23、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  郵政事業に関し引続き調査を進めます。まず去る九月二十六日の青函連絡船洞爺丸の遭難に関連して、同船に佳載をいたしておりました郵便物の被出状況、並びに従事員に不幸遭難せられた方が五名あるように伺つておるのでありますが、その救援関係等の状況がどういうようになつておるか、郵政省側より御報告を願いたいと思います。松井郵務局長。
【次の発言】 ただいま報告のありました点について御質疑はございませんか。――委員長からただいま報告のありました郵便物の輸送中に遭難せられた方の郵政省としての救護の処置について、もう少し詳細に御報告願いたいと思います。

第19回国会 郵政委員会 第33号(1954/10/25、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 ただいまより郵政委員会を開会いたします。  まず本日は、郵政従業員の賃金改訂に関する調停について、中央調停委員会の全逓所管の中村小委員長に参考人として出席を願い、経過報告を受けるとともに、質疑を行う予定でありましたが、中村参考人は公務のため出席できかねるとの連絡が、中央調停委員会の近藤事務局長よりございましたので、日を改めて出席を願うことにいたしたいと思います。  つきまして、本問題に関する調査を進めるために、本委員会に郵政従業員の賃金改訂問題に関する調査小委員会を設置することにいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

第19回国会 郵政委員会 第34号(1954/11/26、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 それではただいまより郵政委員会を開会いたします。  本日は御多用中にもかかわらず差繰り合せて御出席を願い、厚くお礼を申し上げます。  まず理事の補欠選任についてお諮りをいたします。去る十月二十五日理事山花秀雄君が委員を辞任され、理事が欠員となつております。先例により委員長においてその補欠として山花秀雄君を再び理事に指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないものと認め、さように決します。
【次の発言】 次に、郵政従業員の賃金改訂問題については、本委員会において閉会中しばしば調査を進めて参りましたが、去る二十四日組合側に対して中央調停委員会よりその調……

第19回国会 郵政委員会 第35号(1954/11/27、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き、郵政従業員の賃金改訂問題について調査を進めたいと存じます。参考人が出席されるまで、郵政当局に質議を行いたいと思います。まず人事部長に委員長からお伺いをいたしますが、今回の調停の主文の第一項に関連をいたしまして、目下郵政職員の現行の賃金体系の改訂に関連して、組合及び当局の両者間で検討が進められておるということが理由書の中にも入つておるわけでありますが、現行の賃金体系を大体どういうような線で改訂されようとするのか。その改訂の話合いの方向が、すでに団体交渉の運びになつておれば、ある程度の省側の御方針もきまつておるのではないかと思うの……

第19回国会 郵政委員会 第36号(1954/11/29、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  前会に引続き郵政従業員の賃金改訂問題について調査を進めたいと存じます。本日はまず参考人として御出席を願いました公共企業体等中央調停委員会の中村第二小委員長より、郵政従業員の賃金改訂に関する去る二十四日出されました調停案について、説明を聴取いたしたいと思います。調停案はわれわれも資料として手先に持つておるのでありますが、この調停案が決定するまでの経過及びいかなる根拠に基いて作定されたか等の点について、勧告内容から見ますと非常に抽象的でありますので、できれば具体的に御説明を願いたいと存じます。参考人中村常次郎君。


■ページ上部へ

第20回国会(1954/11/30〜1954/12/09)

第20回国会 郵政委員会 第1号(1954/12/02、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  今国会には、現在までのところ法律案と政府より提出されて参ります案件は、今のところ予定されないのでありますが、補正予算等も提出されておりますので、それに関連いたしまして国政調査承認要求に関してお諮りいたしたいと思います。  本委員会は、本会期中、郵便、為替貯金、保険年金及び郵政従業員の待遇等、郵政行政に関する事項並びに郵政監察制度に関する事項について、国政に関する調査をいたしたいと存じますので、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めることにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。


■ページ上部へ

第21回国会(1954/12/10〜1955/01/24)

第21回国会 郵政委員会 第1号(1954/12/13、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中(織)委員長代理 これより郵政委員会を開会いたします。  去る十一日私は郵政委員長を辞任いたしましたが、後任の委員長がいまだ選任されておりませんので、本日は私が委員長の職務を行いたいと存じます。さよう御了承願います。  この際お諮りいたしたいと思います。理事の補欠選任についてでございますが、去る三日理事山花秀雄君が委員を一辞任され、理事が一名欠員になつておりますが、山花君が去る七日再び本委員会の委員に選任されましたので、同君を再び理事に指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認め、さよう決します。

第21回国会 郵政委員会 第2号(1954/12/14、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 昨日の委員会で人事部長初め郵政当局に、各委員の諸君からいろいろ質疑が行われたのであります。聞くところによりますると、公労協の関係では、なお年末手当等に対する政府当局との交渉が明確にならないという点から、十六日からさらに新しい闘争に入るという方針が決定されたように聞いておるのであります。特に郵政関係につきましては、今月の半ば過ぎからは年賀郵便等の、一年中で最も繁忙をきわめる時期に突入いたしますので、先般来閣僚懇談会等において、一応の方針の決定を見ておりまする特に年末手当の問題についてのいわゆる一般公務員並の一・二五月分、すなわち現に予算できまつておる一箇月分にプラスする〇・二五……

第21回国会 郵政委員会 第3号(1955/01/22、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 ただいま議題にされましたわが国の領土である竹島を取材した韓国切手の問題につきましては、先国会から、本委員会においても問題にされておったわけであります。昨年末、当局の方ではこれを流入制圧と申しますか、そういう関係から法案を提出されるように伺っておったのでありますが、いろいろの関係から、今日までまだ法案を出しておらず、この韓国切手が日本の国内で流通するというか、これを使用した郵便物を受け付けないということについての何らかの法的な処置を講ずることも、まだそのままになっておるのですけれども、かりに法的な処置を講じないといたしますならば、現行の郵便条約等の関係から、この種切手をどういう……

第21回国会 予算委員会 第3号(1954/12/23、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 ただいまのわが党の佐藤觀次郎委員の質問に関連して、一点だけ大蔵大臣にお伺いしたいと思います。  大蔵大臣は、明年度の本予算について鋭意作業を進めておるということでございますが、新聞紙等によりますと大蔵事務当局の方のいろいろの作業の関係から見て、なかなか休会明けまでに本予算は組めないのではないか。そこで、休会明けには予算大綱を示す程度になりやしないかということが伝えられておるのでありまするが、どうしても本予算を休会明けまでに提出するという御方針で現在作業を進めておるのかどうかという点が一点。それからもう一点は、ただいまの佐藤君に対する御答弁の中で、もし本予算が提出できない場合に……

第21回国会 労働委員会 第2号(1954/12/16、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 関連して。ただいまの多賀谷委員の質問に関連して、労働大臣に伺いたいのであります。委員会の決議は、昨年と同様程度のものを出してやつてほしい、こういうことで満場一致きまつておる。昨年はどの程度年末に一時金が渡されたかということについては、先ほど中西労政局長からお話がありましたように、一・二五にプラス・アルフア――これは企業体によつて〇・二のところもあれば、〇・二五のところもあつて不同であつたと思いますけれども、少くとも一・二五に、さらにプラス・アルフア分が支給されておるのであります。私らの理解といたしましては、労働委員会の決議は、少くとも昨年の支給された額を支出してやつてほしいと……


田中織之進[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院26期)

田中織之進[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 外務委員会郵政委員会連合審査会 第1号(1953/06/18、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中(郵政)委員長 ごく基礎的な問題から教えていただきたいのですが、一八七七年に万国郵便連合に加盟して以来、日本は万国郵便条約を批准して、それに従つて来たと思うのです。先ほど吉田委員の質問に対する条約局長のお答えから、敗戦に伴つてそれが一時中断したが、占領軍の了解があつて、再び復帰することにきまつたということですが、その復帰することにきまつたのは正式にはいつなのか。十八七七年に加盟して以来、この郵便条約に関連する郵便に関連する国際条約には、どういうようなものが締結されておるか。それから五年前のパリで改訂されたものに占領軍の承認を得て復帰したときに自動的に日本もそれに加盟するという形になつたも……


■ページ上部へ

第17回国会(1953/10/29〜1953/11/07)

第17回国会 労働委員会人事委員会運輸委員会郵政委員会電気通信委員会連合審査会 第1号(1953/11/25、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 郵政職員に対する仲裁裁定に関連して人事院総裁にお伺いいたします。私が人事院総裁に質問を申し上げるのは郵政職員のうち全逓従組に加入しておる者は、御承知のように公共企業体等労働関係法の適用を受けて、今回仲裁裁定が下つておるのでございます。総裁も御承知のように、郵政省の関係におきましては公労法適用外の職員が、現在なお約三万人ございます。これらの人の給与改善の問題は、勢い一般公務員と同様に、人事院の勧告に基いて行われなければならない建前になつております。仲裁裁定は、われわれとしてもきわめて不満足ではありますけれども、八月一日から一万四千何がしのこの前の調停案と同額の裁定が下つておるの……

第17回国会 労働委員会人事委員会運輸委員会郵政委員会電気通信委員会連合審査会 第2号(1953/11/26、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 本委員会は、労働委員会と関係のある郵政・人事・運輸・電通、それに労働を加えた五委員会の連合審査会であります。私ら郵政委員会側といたしましても、昨日から関係大臣の要求をいたしておるのであります。昨日、特に委員長から、政府側の本日の出席について強い要求があり、これは労働政務次官を通じての正式の通告だと私は承知したのでありますか、本日三時になれば、かも猟から帰つて来た閣僚も出て来る、こういうことで、実は私らの郵政委員会も目下この連合審査会の進行状況とにらみ合せて委員会を続行いたしたいと思つて、待機をいたしておる次第であります。二時まで延ばしたについては、与党側の方で、関係大臣を本委……

第17回国会 労働委員会人事委員会運輸委員会郵政委員会電気通信委員会連合審査会公聴会 第1号(1953/11/27、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 今井さんに二、三点伺いたいのでありますが、公労法十六条の現行の法文上から見ると、どうも裁定そのものを議会にかけるというような形である、こういうのは非常に不都合であるという御見解でありますが、政府はそういうような解釈のもとに、今回もこれをいわゆる予算上資金上不可能だという理由で国会に、いわば不承認の議決を求めるような形で出して来ておるのであります。その後事情が変化いたしまして二十一日の閣議で、一月一日から実施するということにきめて、来る臨時国会に第二補正予算でこれに必要な予算的措置を講ずるように決定したようであります。従つて私は一昨日の連合審査会においても、政府当局に、この裁定……


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 内閣委員会郵政委員会電気通信委員会連合審査会 第2号(1954/03/27、26期、日本社会党(左))

○田中(織)委員 まだ質問者が相当多いようでありますから、簡単に要点だけを伺います。なお私は郵政委員長という立場にありますが、その意味で郵政省に関する問題について郵政大臣としての塚田さんの答弁を求めておるのでございますので、その点もお含みおきの上、御答弁願いたい。  これは今度の整理に直接関係しなくともけつこうだと思うのでありますが、国会には御承知のように、毎国会国民の要望として郵便局を設置してもらいたい、あるいは集配事務を開始してもらいたいという請願が多数出て参つております。本日内閣委員長に提出いたしました私の方の委員会の申入書の中にもその点が出ておるのであります。その意味から見て、文化の面……

第19回国会 郵政委員会郵政従業員の賃金改訂問題に関する小委員会 第1号(1954/11/05、26期、日本社会党(左))【議会役職】

○田中委員長 それではただいまより郵政従業員の賃金改訂問題に関する調査小委員会を開会いたします。  御承知のように全逓従業員の組合が公共企業体等関係労働法に基きまして、現在公共企業体等中央調停委員会に給与改訂に関する調停申請を行つておるわけでありますが、本日はこの全逓従組より申請いたしました調停を処理いたしております第二小委員会の委員長の中村常次郎君が参考人として本委員会に出席をされる予定になつておりますので、中村小委員長より本調停案に関する調停小委員会の取扱いの経過報告を受けて、小委員長に対する質疑を行いたいと思うのであります。間もなくお見えの予定でありますが、その前に郵政省側から出席されて……



田中織之進[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

田中織之進[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|26期|-27期-28期-29期-30期
田中織之進[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院議員(五十音順) 26期衆議院議員(選挙区順) 26期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊