深谷隆司 衆議院議員
37期国会発言一覧

深谷隆司[衆]在籍期 : 33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期
深谷隆司[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは深谷隆司衆議院議員の37期(1983/12/18〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は37期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院37期)

深谷隆司[衆]本会議発言(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期
第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

第103回国会 衆議院本会議 第4号(1985/11/12、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷隆司君 私は、自由民主党・新自由国民連合を代表いたしまして、ただいま提案されました規制緩和法案の趣旨説明につきまして、総理並びに関係大臣に対しまして御質問をいたしたいと存じます。  私は、かねてより、行政改革の推進に不退転の決意で臨むとの総理の御発言に大きな期待を抱いてまいった一人であります。実際、総理御就任後、極めて困難と言われた電電公社、専売公社を民営化し、また、戦後ふえ続けた行政組織を整理統合し、例えば総務庁の誕生を見るなど、着実にその実績を重ねてこられました。こうした総理の今日までの歩みに深い敬意を表するものであります。  我が国も、戦後四十年を経過し、その間、先輩諸先生方及び国……

深谷隆司[衆]本会議発言(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院37期)

深谷隆司[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 内閣委員会 第13号(1984/05/15、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 日本の教育を長期的な問題として取り上げて大きな改革を行おうとする臨時教育審議会の設置法案が、本日から委員会でいよいよ本格的な論議に入れますことを大変うれしく思います。また、担当大臣森文部大臣は、私にとりましてはかっての早稲田の同級生で、ともに雄弁会に籍を置いて教育問題に深い関心を持っていただけに、頼もしく存ずるとともに大きな期待を抱いておりますので、どうぞ頑張っていただきたいことをまず冒頭申し上げたいと存じます。  教育は国家百年の計であることは私どもから申し上げるまでもないことであります。たとえ今日の時代、その国がどんな大きな問題を抱えておりましても、教育がきちんと行われておれば……

第101回国会 内閣委員会 第20号(1984/07/10、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 ただいま議題となりました自由民主党・新自由国民連合、公明党・国民会議及び民社党・国民連合の共同提案に係る修正案につきまして、提案者を代表いたしまして御説明申し上げます。  案文はお手元に配付してありますので朗読は省略させていただき、その趣旨及び内容を御説明申し上げます。  修正の第一は、内閣総理大臣が審議会の答申等を受けたときは、これを国会に報告するものとするということであります。  教育改革は、今日、国民の最大関心事であり、また、我が国の将来を左右する最重要課題でありますので、審議会の答申等を適宜国会に報告して、国会及び国民に教育の問題点を明らかにし、論議を高めることにより、国民……


■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1985/04/22、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷委員長代理 瀬長亀次郎君。
【次の発言】 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後四時十一分散会

第102回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1985/06/21、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山丘君を委員長に推薦いたしたいと存じます。

第102回国会 内閣委員会 第12号(1985/04/23、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷委員長代理 田中慶秋君。

第102回国会 内閣委員会 第18号(1985/08/20、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷委員長代理 本日は、これにて散会いたします。     午後四時三十五分散会


■ページ上部へ

第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

第103回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1985/10/14、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山丘君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。


■ページ上部へ

第104回国会(1985/12/24〜1986/05/22)

第104回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1985/12/24、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、青山丘君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。

第104回国会 内閣委員会 第12号(1986/04/22、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷委員長代理 市川雄一君。

第104回国会 内閣委員会 第15号(1986/05/08、37期、自由民主党・新自由国民連合)

○深谷委員 私は、自由民主党・新自由国民連合を代表して、ただいま議題となっております安全保障会議設置法案に対し、賛成の討論を行います。  この法律案は、現行の国防会議の任務を継承するとともに、「重大緊急事態」への対処措置等を審議する機関として、内閣に安全保障会議を設置しようとするものであります。  御承知のとおり、国防会議は、自衛隊の発足後二年日に設置されたものでありますが、同会議の機能等について従来さまざまな議論が行われており、政府においてもかねてから、そのあり方について検討を行ってこられたところであります。  今回、この法律に基づいて安全保障会議が設けられ、そこで「国防に関する重要事項」と……


深谷隆司[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院37期)

深谷隆司[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期
第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 内閣委員会在外公館に関する小委員会 第1号(1984/08/07、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷小委員長 これより会議を開きます。  内閣委員会の在外公館小委員会の開会仁当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。  本小委員会は、昨年十月の第百国会で愛野先生を小委員長として、在外公館にかかわる諸問題の調査を目的として設立をされました。  その設立される前から国会にはよく、海外に出張いたしました際に、それぞれの国での日本の在外公館の施設等がどうも国力にふさわしくない、十分に改善の余地があるのではないか等々、さまざまな問題意識をお持ちになり、それなりの御意見が出されていたわけでございます。昨年の八月には、愛野先生を団長といたしまして、ユーゴスラビア、ハンガリー、オーストリア、ノルウェ……

第101回国会 内閣委員会在外公館に関する小委員会 第2号(1984/10/25、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷小委員長 これより会議を開きます。  在外公館にかかわる諸問題に関する件につきまして調査を進めます。  この際、懇談に入りますので速記をとめてください。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  この際、小委員間の協議により一言申し上げます。   本小委員会は、第百一回国会におきまして、外務省から在外公館にかかわる主要な問題について説明を聴取いたしましたが、本小委員会は、国会閉会後も存置され、本日、さらにこれらの問題について、外交実施体制強化の観点から、外務省としてどのように取り組んでいくかについて説明を聴取いたしました。   これらの説明を聴取した結果、本小委員会といたしましては、在外……


■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 内閣委員会在外公館に関する小委員会 第1号(1985/06/11、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷小委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  前国会に引き続き、私が本在外公館に関する小委員長に就任いたしました。  小委員各位の御協力により、公正円満なる運営に努めてまいりたいと存じますので、御指導、御鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。(拍手)  それでは、これより懇談に入るために休憩いたします。     午前十時三分休憩


■ページ上部へ

第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

第103回国会 内閣委員会在外公館に関する小委員会 第1号(1985/12/03、37期、自由民主党・新自由国民連合)【議会役職】

○深谷小委員長 これより会議を開きます。  在外公館にかかわる諸問題に関する件につきまして調査を進めます。  それでは、直ちに懇談に入ります。速記をとめてください。
【次の発言】 これにて懇談を閉じます。  この際、小委員間の協議により一言申し上げます。   本小委員会は、第百回国会において新たに設置され、第百一回国会以降は、閉会中も存置されておりますが、昨年八月七日には外務省から在外公館の直面する主要な問題について説明を聴取し、十月二十五日には、在外公館の整備等について小委員長所見を述べ、さらに本年六月十一日には、外務省から昭和六十年度予算の概要等について説明を聴取いたしました。また、内閣委……



深谷隆司[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

深谷隆司[衆]在籍期 : 33期-35期-36期-|37期|-38期-39期-40期-41期-44期
深谷隆司[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊