荒井聡 衆議院議員
46期国会発言一覧

荒井聡[衆]在籍期 : 40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期
荒井聡[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは荒井聡衆議院議員の46期(2012/12/16〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は46期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院46期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
荒井聡[衆]本会議発言(全期間)
40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院46期)

荒井聡[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期
第182回国会(2012/12/26〜2012/12/28)

第182回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2012/12/27、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うこととなりました。  沖縄問題に関しましては、沖縄が本土に復帰して四十年という節目を経過し、さきの国会でも、沖縄振興特別措置法が改正されるなど、各般の施策が実行されてまいりました。  しかしながら、米軍基地に関連した問題が相次いでいることなど、沖縄には依然として多くの課題が残されております。  また、北方問題に関しましては、長年にわたる全国民の悲願である北方領土返還の実現という大きな問題があります。  その解決のためには、これまで以上に国民世論を広げていくことが重要であると存じます。  ……

第182回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2012/12/28、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 これより会議を開きます。  閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  沖縄及び北方問題に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。


■ページ上部へ

第183回国会(2013/01/28〜2013/06/26)

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2013/01/28、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、今国会も引き続き委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願いをいたします。  ありがとうございました。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの関芳弘君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       今津  寛君    関  芳弘君       西銘恒三郎君    宮腰 光寛君       宮路 和明君    生方 ……

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2013/05/22、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 これより会議を開きます。  沖縄及び北方問題に関する件について調査を進めます。  沖縄及び北方問題に関する政府の施策について、山本沖縄及び北方対策担当大臣及び岸田外務大臣から順次説明を求めます。山本沖縄及び北方対策担当大臣。
【次の発言】 次に、岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、沖縄及び北方関係予算について説明を求めます。伊達内閣府副大臣。
【次の発言】 以上で説明の聴取は終わりました。  次に、松山外務副大臣、島尻内閣府大臣政務官、あべ外務大臣政務官及び城内外務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。松山外務副大臣。

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2013/05/29、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 これより会議を開きます。  この際、若林外務大臣政務官から発言を求められておりますので、これを許します。若林外務大臣政務官。
【次の発言】 沖縄及び北方問題に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣府政策統括官井上源三君、内閣府沖縄振興局長竹澤正明君、内閣府北方対策本部審議官河合正保君、法務省大臣官房審議官吉池浩嗣君、外務省大臣官房審議官秋葉剛男君、外務省大臣官房参事官山田滝雄君、外務省欧州局長上月豊久君、厚生労働省大臣官房審議官神田裕二君、環境省自然環境局長伊藤哲夫君、防衛省経理装備局長伊藤盛夫君及び防衛省地方……

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2013/06/26、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、北方領土の早期返還を実現することに関する陳情書外一件、東部海浜開発事業の早期完成に関する意見書外三件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  沖縄及び北方問題に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいた……

第183回国会 環境委員会 第10号(2013/05/17、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井でございます。  きょうは、環境委員会で質問させていただく機会をいただきまして、ありがとうございます。  今、世界的に見て、私は、最も注目を浴びている日本の大臣は石原大臣ではないかと思っております。と申しますのは、あの原発事故で十六万人の被災者がいまだに地元に帰れないというか住居に戻れない、これは国際難民という認定になると思うんです。この国際難民が近代国家日本で発生をしていて、その解決にまだめどが立っていない。その大きな仕事は除染と健康管理です。この除染と健康管理をしっかりできるかどうかということが、私は日本の世界に対する発信の中でも最も大きな仕事だというふうに思います……

第183回国会 原子力問題調査特別委員会 第4号(2013/04/19、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井でございます。  思い起こせば、昨年の九月、民主党として、大きな議論をしながら、原子力規制委員会の委員長人事を決定していった思い出がございます。ちょっとこの間の経緯、そのときの議論の経緯をお話しさせていただきたいと思います。  当時、田中委員長は、今でもそうだと思いますけれども、原子力村の専門家であるということから、党の中から、原子力規制委員会の委員長としてふさわしくないのではないかという大きな意見がございました。そこで私は、田中さんの今までの活動、それをチェックさせていただきました。  一番大きな影響を私に与えましたのは、伊達市の市長さんでありました。事故の後、田中さ……

第183回国会 内閣委員会 第3号(2013/03/15、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井聰でございます。  久しぶりにこの場から発言をさせていただきます。  きょうは、主に内閣のかなめである菅官房長官と議論をさせていただければなというふうに思います。  内閣のかなめは、何といっても官房長官です。官房長官がどのように総理を支えていくのか、そして、官邸全体をどのように指揮をとっていくのかということが内閣の性格を決めるものだというふうに思っているからでございます。  冒頭、国家公務員制度の改革についてだけ、ちょっとお話をさせていただきます。  公務員制度改革は、民主党政権下で何度も挑戦をいたしましたが、特に自民党さんの異論によって、この議論が中途半端になってしま……

第183回国会 内閣委員会 第5号(2013/04/03、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 マイナンバー制の審議がとうとうここまで来たのかという感慨でいっぱいでございます。  と申しますのは、先ほども後藤さんからお話がありましたけれども、二〇〇〇年の年にIT基本法という法律ができたんですね。このIT基本法の民主党側の審査担当官といいますか、担当を私がいたしました。そのときに、政府が提出したIT基本法を、野党として修正要請をしたんです。その修正要請の内容は、「社会経済構造の変化に伴う雇用その他の分野における各般の新たな課題について、適確かつ積極的に対応しなければならない。」という項目を入れたんですね。  これはどういうことかというと、ITというのは確かに便利なんです。とても……


■ページ上部へ

第184回国会(2013/08/02〜2013/08/07)

第184回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(2013/08/02、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、今国会も引き続き委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援と御協力を賜りまして、円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願いをいたします。  ありがとうございました。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの関芳弘君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       今津  寛君    関  芳弘君       西銘恒三郎君    宮腰 光寛君       宮路 和明君    生方 ……

第184回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2013/08/07、46期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○荒井委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、本委員会に参考送付されました意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、北方領土問題の早期解決に関する意見書一件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  沖縄及び北方問題に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長……


■ページ上部へ

第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 環境委員会 第2号(2013/11/01、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 石原大臣と論戦をさせていただきますのはこれで二回目か三回目になると思いますけれども、この間、国会事故調の黒川委員長とお話しする機会がありました。黒川さんは国際的にも非常に発信力の高い方で、我が国の原発事故にかかわる国会事故調のアクティビティーといいましょうか、そういうものを国際的にも発信してきて、現在、ヨーロッパやアメリカでこの汚染水の問題は非常に関心を持たれているという話をされておりました。その意味で、環境行政あるいは原子力行政を扱う石原大臣の御活躍というか、あるいは行動というのは国際的にも非常に関心を持たれていると思いますので、ぜひ積極的な発信をしていただきたいなというふうに思……

第185回国会 原子力問題調査特別委員会 第3号(2013/11/21、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井聰でございます。  きょうは、田中委員長あるいは東電の廣瀬社長に御質問させていただきたいと思います。  原発の事故というのは、これはどうやって解決ができるのか、本当に難しい問題だなということをつくづく思っております。  冒頭、これはお配りをしていたと思いますけれども、朝日新聞の十一月十日の、脱原発団体に対するサイバー攻撃、こういう新聞記事を参考に皆さんにお出しいたしましたけれども、民間団体に対するサイバー攻撃というのは初めての例のようであります。  私が原発問題を担当するというか携わったのは、二年前のこの事故以降初めてなんですけれども、そのときに本当にびっくりいたしまし……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 環境委員会 第4号(2014/04/01、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井聰でございます。  本審議を始める前に、まず大臣にお伺いをしたいと思います。  大臣は、参議院の環境委員会で審議時間に遅刻されたということで、新聞紙上でもそのことが書かれていますけれども、大臣はいつものとおりの時間にちゃんと家を出られたのかどうかも含めて、事実関係も含めて、この件に関する大臣の見解を明らかにしてください。
【次の発言】 大臣は今、約十六万人にわたる人たちの避難生活に直接影響を与える行政を担っておられ、また、世界的に見ても、チェルノブイリに続いた、あるいはチェルノブイリよりももっと大きな事故の規模かもしれません、その規模の事故について世界じゅうが注視してい……

第186回国会 原子力問題調査特別委員会 第3号(2014/04/17、46期、民主党・無所属クラブ)

○荒井委員 民主党の荒井聰でございます。  民主党は、政権末期ではありましたが、二〇三〇年代に原発をゼロにするためのあらゆる政策資源を投入するということを党として決めてございます。この視点は今もいささかも変わってございません。  そんな中で、大間原発の対岸であります函館市から、大間原発の建設工事に対して差しとめ請求が出されました。原発に関する訴訟というのはたくさんあるんだと思うんです。後でその概要について総括的にお話しいただければいいんですけれども、この提訴は、地方自治体が提訴した初めての例だと思います。  この提訴による法的な影響というものを政府はどのように考えているのか、それをお答えいただ……


荒井聡[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院46期)

 期間中、各種会議での発言なし。

荒井聡[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

荒井聡[衆]在籍期 : 40期-42期-43期-44期-45期-|46期|-47期-48期
荒井聡[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院議員(五十音順) 46期衆議院議員(選挙区順) 46期衆議院統計