平野博文 衆議院議員
48期国会発言一覧

平野博文[衆]在籍期 : 41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期| 今期は集計中です。
平野博文[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは平野博文衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
平野博文[衆]本会議発言(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

平野博文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 文部科学委員会 第1号(2017/11/15、48期、無所属の会)

○平野委員 無所属の会の平野博文でございます。  林大臣とこういう場面で質疑をできるということは思っておりませんでしたけれども、大変きょうはうれしく思っております。  大臣、きょうずっと各委員の質疑を聞いておりましたが、私もずっと文教が長いんですが、きょうの委員会の質疑のあり方を見ておられて、所管大臣としてはまずどう思いますか。通告しておりませんよ、もちろん。
【次の発言】 それでは、少し基本的なところを御質問させていただきたいと思うんです。  私、この委員会でも申し上げておりましたが、特区という仕組みに教育の分野を持ち込むということについては、ずっと私は疑問を感じてきたところでございます。特……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2018/04/12、48期、無所属の会)

○平野委員 無所属の会の平野博文です。  松山大臣と初めてこの委員会で議論をさせていただこう、こういうことでございます。よろしくお願いしたいと思います。  二十分ですので、余り多くのところについては語れませんが、先ほど、これは通告をいたしておりませんが、同僚の稲富さんが御質問されたと思うんですが、AI、いわゆる人工頭脳についての定義はない、こういう御発言をされたというふうに思いました。この資料によりますと、いろいろな考え方のもとに、人工頭脳とはこういうものだということでありますが、大臣、物すごくこれは広がっていくと思うんですが、単純に一つの技術なんだというふうに割り切っていいのか。  私は、や……

第196回国会 厚生労働委員会 第4号(2018/03/23、48期、無所属の会)

○平野委員 無所属の会の平野博文です。  私、初めて厚生労働委員会で質問をさせていただきます。ずっと聞いておりまして、何と活発な委員会だなと非常に感動と、いろいろ問題があるんだなということを素直に感じた次第です。  そういう中で、いろいろ議論の中に出てまいりました。先ほど岡本さんの話を聞きましても、昔の消えた年金五千万件という、また再来なのかな、こういう気もいたします。  改めて、私は、基本的にはデータというのは非常に大事な部分でありますし、全て、立法していく上においても、バックグラウンド、エビデンスを含めて、データをベースに物事が決められていくものだと思っています。そういう中で、厚生労働省の……

第196回国会 厚生労働委員会 第6号(2018/03/30、48期、無所属の会)

○平野委員 おはようございます。無所属の会の平野博文でございます。  早朝でございますので、元気が出るかどうかわかりませんが、頑張って、大臣並びに、きょう理事長にお越しもいただいておりますので、質疑を続けていきたいと思っています。  きょうは、年金データの入力ミスという、この問題についての集中でございますが、先般、大臣に質疑をしました働き方改革の少し残っている部分があるものですから、その部分について少し説明を受けたいと思っておりますので、その点はお許しをいただきたいと思います。  特に働き方改革、今にも、自民党の部会が了承した、こういうニュースがけさも伝わってまいりましたが、やはり、労働時間が……

第196回国会 災害対策特別委員会 第8号(2018/07/05、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○平野委員 国民民主の平野博文でございます。  きょうは、災害対策特別委員会での質問の機会を与えていただきまして、大変うれしく思います。  過日の十八日に発災をいたしました大阪北部の地震についてでございますが、四名のとうとい命が失われる、こういうことでございますし、先ほど大臣からも被災状況についての御報告がございました。負傷者四百名、さらには家屋の破損約二万戸ぐらい、こういうことでありますし、私の地元、枚方、交野におきましてもいろいろな被害が起こっている、こういう状況でございます。  改めて、私は、お亡くなりになった方の御冥福と、被災された方々に心からお見舞いを申し上げたいと思っております。 ……

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2018/03/22、48期、無所属の会)

○平野委員 民進党、無所属の会の平野博文です。  きょうは、こういう機会を与えていただきまして、大変うれしく思っています。  今、寺田委員の方から、大学の定員なんかどうでもいいよという発言がありましたが、私は大問題だと思っておりまして、これに絞って質問をしたいと思っております。  大臣、特に通告はいたしておりません、これは大臣にかかわるところですから。大臣、所管をしている担務は、地方創生大臣を含めて幾ら持っておられますか。
【次の発言】 それだけの担務を持ってやっておられることに対して敬意は表しますが、地方創生という立場で考えますと、どれぐらいのウエートを大臣は考えて仕事してはりますか。

第196回国会 文部科学委員会 第3号(2018/03/30、48期、無所属の会)

○平野委員 民進党、無所属の会の平野博文です。  きょうはもう朝からずっとですから、また長い本会議でしたから、随分疲れておると思いますので、エッジのきいた質問になるかどうかわかりませんが、お許しをいただきたいと思います。  午前中からいろいろ同僚議員また質問者から出ましたが、やはりこの前川氏に対する公開授業への問合せ問題というのは避けて通れませんし、これはやはり大変大事な問題だと思っています。  そういう視点で、それを中心にやりたいわけですが、一つ、きょうは財務副大臣もお越しいただいていますので、最初に、わざわざ来ていただきましたので、その点について少し簡単に質問をしたいと思っています。  ち……

第196回国会 文部科学委員会 第6号(2018/04/11、48期、無所属の会)

○平野委員 無所属の会の平野博文でございます。  きょうは、著作権法の一部を改正する法律案として、三人の参考人の先生方に貴重な陳述を頂戴いたしました。改めて、しっかり聞かせていただきましたし、その上で少し御意見を拝聴したい、かように思っているところであります。  まず、土肥先生にお聞きしたいと思うんですが、先生は、今回の法改正に当たって、文化審議会著作権部会の部会長をお務めいただいておりますし、平成二十三年のときにも、ちょうど私が文科大臣のときにも、この分野の専門家として、プロとして取りまとめをしていただいたと思っております。特に、法制問題の小委員会の主査をされておられる、こういうことでござい……

第196回国会 文部科学委員会 第7号(2018/04/13、48期、無所属の会)

○平野委員 無所属の会の平野博文でございます。  短い時間ですので、簡潔に質問もしたいと思っていますが、御答弁も簡潔にお願いしたいと思います。  私、きょう、隣の厚生労働委員会と行ったり来たりをいたしておりますが、向こうでは、この国会、やはり働き方改革だ、こういう目玉で、裁量労働制でありますとか過労死でありますとか、いろいろな働き方の問題についていろいろなところで議論をされている。これはもう皆さん方御案内のとおりだと思っています。  そういう意味で、きょう、文部科学委員会ですから、教員の働き方の問題について、大臣とは課題と背景については共有し合いながら、何点か御質問をさせていただきたいと思いま……

第196回国会 文部科学委員会 第12号(2018/05/18、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○平野委員 国民民主に変わりました平野博文でございます。ありがとうございます。  改めて質問に立たせていただきました。我が党の城井理事の方から、質問しろ、こういうことでございますので、質問させてもらいたいと思います。  特に、この文部科学委員会という委員会ですが、科学技術についての質問というのが余りないものですから、私、これからできるだけ科学技術について質問をしてまいりたいと思います。  つい先日でございましたが、少し気になる点がございましたので、この点についてまず質問をしたいと思います。  「もんじゅ」が廃炉に決定をされた、こういうことでございましたけれども、一週間前でしたか、五月の十一日に……

第196回国会 文部科学委員会 第17号(2018/06/06、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○平野委員 おはようございます。国民民主の平野博文でございます。  きょうは、バッター順を変えていただいて、一番にさせていただいたことに感謝を申し上げます。ただ、一番というのはなかなか、きょうはAIをやろうと思っているんですが、自分の頭脳がまだ起きておりませんので、どうなるかわかりませんが、ぜひよろしくお願いしたいと思います。  さて、私も、四十年前に民間の研究機関にいたときに、その当時に、未来を開くセンサー技術という資料、レポートをまとめたことがございます。これからは、センサー技術によって我が国のあらゆるところに大きな影響を及ぼす、こういうことでまとめたのですが、今まさに我が国は、二〇一六年……


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 懲罰委員会 第1号(2019/11/21、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)【議会役職】

○平野委員長 これより会議を開きます。  一言御挨拶を申し上げます。  去る十月の四日の本会議におきまして、懲罰委員長に選任されました平野博文でございます。  当委員会は、議院の秩序維持及び規律保持に関し重大なる責務を課せられており、その職責の重大さを痛感をいたしている次第であります。  委員各位の御協力と御支援を賜りまして、誠心誠意努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 この際、去る十月四日の議院運営委員会における理事の各会派割当基準の変更等に伴い、理事の補欠選任を行いたいと存じます。  現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきま……


平野博文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

平野博文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2018/02/26、48期、無所属の会)

○平野分科員 おはようございます。無所属の会の平野博文でございます。  きょうは、久々にまた質問の時間を与えていただきまして、ありがとうございます。  林大臣におかれても大変御苦労いただいている部分もあると思いますが、きょうは特に内閣府の副大臣にも来ていただいておりますが、特に昨今、東京二十三区の大学の学生の定員抑制、こういうことについて少し、どういう背景からこういうことになっているのかということを含めて聞きたいというふうに思っております。  特に、定員抑制をする根拠、エビデンス等々について。私も文科大臣を担当したときがございました。こういうのはやるべきでないというふうに私は思っておりました。……

第196回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2018/02/26、48期、無所属の会)

○平野分科員 おはようございます。  佐藤先生が委員長でやっていただいて、恐縮でございます。  世耕大臣とこういう分科会の機会で質問をさせていただくことは、大変光栄に思っております。  同じ郷里の立場で、最近、私、家庭の事情で、和歌山に時々戻ることがございます。世耕大臣のポスターを見ながら、特に農免道路とかそういうところを走りますと、ああ、ここにまで太陽光パネルが張りついてきたなということを実感しておりまして、特にきょうは再生エネルギーのあり方について、少し大臣に、細かいことはもう聞きませんが、確認と、今後のあり方についての部分については意見交換をさせてもらいたい、こういう思いでございます。 ……



平野博文[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

平野博文[衆]在籍期 : 41期-42期-43期-44期-45期-47期-|48期| 今期は集計中です。
平野博文[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計